【J1】 全18クラブの開幕前の戦力評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ) (2020年)

元の記事へ移動

コンサドーレ札幌 ・・・ B+

→ ルヴァン杯は準優勝に輝いたもののリーグ戦は10位。期待以下の成績に終わった札幌だったがオフの補強には動かなかった。新たに加入するのはMF田中駿(大阪体育大)とMF金子拓(日本大)とMF高嶺(筑波大)の大学生の3人のみ。チームを離れたのも期限付き移籍のMF岩崎(→湘南)のみ。Jリーグの長い歴史を振り返ってみても「ここまでオフ期間中に選手の入れ替えを行われなかったチームは珍しい。」と言える。

ある意味では思い切った方法を取ったがこれが吉と出るか?凶と出るか?は注目点になる。主力の多くが働き盛りの年齢の選手であり、現有戦力のままでも十分に上位争いに参加できるとフロントは考えていると思うがメンバーが変わらないとマンネリ化や停滞感が生まれる。新たにポジションを獲得する選手が出てこないといけないので大卒の3人にかかる期待は大きい。特にMF田中駿にかかる期待は大きい。

【J1】 2020年に躍進するクラブはどこか?~候補は仙台・柏・横浜FC・名古屋など~

元の記事へ移動

■ 大型補強を敢行したベガルタ仙台

渡邉晋監督が退任して木山監督を招聘した仙台は「長期政権の後」ということもあって「主力の大量流出」の心配もあったが主力で流出したのは左SBのDF永戸(→鹿島)くらい。DFシマオ・マテ、GKスウォビィク、MF松下佳、FW長沢駿などの主力は早い段階で残留が確定した。その上でMFクエンカ(鳥栖)、MF吉野恭(広島)、FWアレクサンドレ・ゲデス(ヴィトーリア)、DFパラ(ボタフォゴ)などの獲得に成功した。

他にもFW赤崎(名古屋)やDF浜崎(水戸)を獲得しているので「戦力は大幅にアップした。」と言える。心配されるのは「DF永戸の抜けた穴」になる。10アシストを記録した攻撃的な左SBの穴を埋めるのは簡単なことではないので左SBで起用されるだろう新外国人のDFパラがキーマンになる。タイプ的にはDF永戸とよく似ており、左足のキックの精度は高い。彼がしっかりと穴を埋めることが出来ると上位進出もあり得る。