新潟矢野が完全合流 新監督の戦術を分析し水戸戦へ

元の記事へ移動

J2アルビレックス新潟がクラブハウス隣接ピッチで行った24日の練習に、FW矢野貴章(35)が完全合流した。 今季初先発した3日のホーム町田ゼルビア戦で、右太ももの裏を負傷。18日に部分合流していたがこの日、フルメニューをこなした。アウェ…

山形の礎築いた中井川元GM退任 J1昇格2度導く

元の記事へ移動

J2モンテディオ山形は23日、定時株主総会及び臨時取締役会を開催し、相田健太郎代表取締役社長(44)の再任など、役員人事を発表した。 その中で、かつてGMとしてチーム強化に尽力した中井川茂敏取締役(61)の任期満了(2年)に伴う退任も発…

難しすぎる名前のJリーガー5人。勝手に想像!その名に込められた意味とは?(3)【編集部フォーカス】

元の記事へ移動

時代が進むにつれてどんどんとバリエーションが豊かになってきた人の名前。いわゆる“キラキラネーム”と呼ばれる名前だけでなく、常識を覆すような珍しい名前や、単純に読解が困難な漢字が用いられる場合も多数存在する。今回は珍しい名前をもつJリーガーを5人集め、漢字の読み方や意味から名前に込められた意味、思いを勝手に想像した。読み方の難易度を5段階に分けたので、クイズとしてもどうぞ!(※漢字の読み方は主に新漢語林を参照。大辞泉を参照した場合はその都度記載します)

新潟が東京Vとドロー、吉永監督Jデビュー戦飾れず

元の記事へ移動

アルビレックス新潟は東京ヴェルディと1-1で引き分けた。3試合連続のドローゲームで、J初采配の吉永一明監督(51)にはホロ苦いデビュー戦になった。 前半5分、右CKからのこぼれ球をFWレオナルド(21)が右足で押し込み先制も、後半20分…

大分FW藤本憲明、その得点力の真髄。ゴールゲッター出世の3要素、確信に満ちた8割の無駄【西部の目】

元の記事へ移動

今季6年ぶりにJ1復帰を果たした大分トリニータは、現在5勝2敗で3位につける。ここまで6ゴールを挙げ、得点ランキングトップに立つ藤本憲明が好調なチームのけん引役だ。下部カテゴリーから実績を残し、J1の舞台でもその得点感覚を発揮。彼はなぜネットを揺らし続けられるのか。(取材・文:西部謙司)

新潟吉永新監督チーム改造着々 ベテラン小川は歓迎

元の記事へ移動

J2アルビレックス新潟は17日、次節アウェー東京ヴェルディ戦(20日=味の素スタジアム)に向けてクラブハウス隣接のピッチで練習した。冒頭だけ公開し、練習内容は非公開だった。吉永一明監督(51)が指導して2日目。メンバーを組み替えながら1…

難しすぎる名前のJリーガー5人。勝手に想像!その名に込められた意味とは?(2)【編集部フォーカス】

元の記事へ移動

時代が進むにつれてどんどんとバリエーションが豊かになってきた人の名前。いわゆる“キラキラネーム”と呼ばれる名前だけでなく、常識を覆すような珍しい名前や、単純に読解が困難な漢字が用いられる場合も多数存在する。今回は珍しい名前をもつJリーガーを5人集め、漢字の読み方や意味から名前に込められた意味、思いを勝手に想像した。読み方の難易度を5段階に分けたので、クイズとしてもどうぞ!(※漢字の読み方は主に新漢語林を参照。大辞泉を参照した場合はその都度記載します)

新潟DF大武、首位山形戦はノーファウルで守り抜く

元の記事へ移動

J2アルビレックス新潟は11日、クラブハウスの隣接ピッチで非公開練習した。集中した環境の中で、首位モンテディオ山形とのホーム戦(13日・デンカS)に備えた。片渕浩一郎監督(43)はゲームのキーポイントにセットプレーを挙げただけに、CKで…