W杯ポーランド戦後、西野監督「後手を踏むサッカーを選択させて申し訳ない」→ 長谷部「謝らないでください!」

元の記事へ移動


サッカー_02

▽おすすめ記事▽

1: 2018/07/30(月) 18:03:25.88 ID:CAP_USER9
 ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場したサッカー日本代表MF宇佐美貴史(26)が29日放送のフジテレビ「ジャンクSPORTS」(日曜後7・00)に出演。物議を呼んだポーランド戦後にチームを団結させた主将・長谷部誠(34=フランクフルト)の言葉を明かした。

 1次リーグ突破が懸かった3戦目のポーランド戦。1点ビハインドの日本はイチかバチかの“他力本願”での突破に懸けてラスト10分間でボール回しに終始。その戦い方は世界中で物議を呼んだが、結果的に日本は1次リーグ突破を果たした。

 当時の心境を問われた宇佐美は「正々堂々と戦いたいというのはあった」と本音をもらしつつも「リスクを冒して、決勝トーナメントに出られないというよりは他力本願でも勝利を選択するということしかなかったので、すごく複雑ではありました」と語った。

 また試合後のミーティングでは「選手全員、スタッフ全員集められて、『後手を踏むサッカーを選択させて申し訳ない』とおっしゃって」と苦渋の決断を下した西野監督が謝罪。「途中で長谷部さんが『ちょっといいですか』って手を挙げて、『謝られる覚えはないし、ベスト16の舞台に連れていってくれたことを選手全員が感謝しています』」と発言。「(チーム全体が)あとはベルギーに全力でぶつかっていくだけだね、となったので。あそこでチームが1つになったと思います」と振り返っていた。

7/30(月) 13:51
スポニチアネックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000108-spnannex-socc

2: 2018/07/30(月) 18:04:55.06 ID:CU+Pu+u70
あの試合

勝っていればな...
ベスト8はいけたはず

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532941405

続きを読む

「ロシアW杯でドイツは早々と敗退したが、その後日本を応援するドイツ人も多かった!大迫ハンパナイ!」by ドイツ外相

元の記事へ移動


サッカー_02

▽おすすめ記事▽


1: 2018/07/25(水) 21:53:34.58 ID:CAP_USER9
日本を訪問したドイツのマース外相は、日本とドイツの関係などについて25日都内で講演し、先のサッカーワールドカップでの日本の健闘をたたえながら快進撃に貢献した大迫選手に触れ、「ハンパナイ!」と日本語で発言し、会場の笑いを誘いました。

この中で、マース外相はドイツのサッカーリーグ「ブンデスリーガ」で、7人の日本代表選手が活躍しているとして、サッカーを通じた両国の友好や交流が進んでいることを指摘しました。

そのうえで、先のサッカーワールドカップロシア大会について「ドイツは早々と敗退したが、そのショックのあと、日本を応援するドイツ人も多かった」と振り返りました。

そして、「ワールドカップ以来、私たちの日本に対する称賛は、スポーツ分野での活躍ぶりにも向けられている。日本チームが最後まで力を振り絞る姿勢は世界中に感動を与えた」と述べ、健闘をたたえました。

さらに、日本の快進撃に大きく貢献した大迫勇也選手について触れ、「大迫勇也選手のおかげで、私たちは新しいことばも覚えた。ハンパナイ!」と日本語で発言し、会場の笑いを誘いました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180725/k10011549041000.html

6: 2018/07/25(水) 21:54:56.71 ID:gqMJStMI0
>>1
3回も繰り返してるやんか!

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532523214

続きを読む

「今回のW杯のレベルは高いわけではなかった・・・優勝したフランスよりも優れたチームは幾つもあった」by オシム

元の記事へ移動


サッカー_01

▽おすすめ記事▽


1: 2018/07/25(水) 20:25:25.47 ID:CAP_USER9
 決勝が終了した直後に電話をすると、アシマ夫人が「セレモニーを見たいからあとでかけ直してください」という。結局、この日は話が出来ず、翌日に改めて電話をすることになった。  ところが次の日も、夕方に起きるとクロアチアの凱旋の様子をテレビで見たいとのこと。実際に話が聞けたのは、さらにその翌日だった。

――フランスの優勝についてはどうですか。

「サッカー万歳、そしてフランス万歳。今大会もサッカー大国が優勝した。私が思うには、フランスよりも優れたチームは幾つもあった。

 選手もそうだ。彼らは同じ方向を向きプレーにも共通のベースがあった。目にしたものを正しく理解しなければならない。
世界チャンピオンはたしかに素晴らしいが、もしかしたら別の道を見いださねばならないかも知れない。それからどうなっていくのかを見極める」



――あなた自身はこのワールドカップに満足していますか。プレーのレベルや試合の内容、選手たちについて。

「素晴らしい大会だった。すべてがうまくいったといえる。幸いなことにクロアチアが、長い間望まれていたところまで到達することができた。
彼らは優勝候補ではなくアウトサイダーの位置づけだったが、様々な困難を克服して世界2位の地位にまで到達したのはとてもポジティブな出来事だった。
クロアチアは資源も何もない小国だが、ことサッカーでは才能に恵まれている。そんな国が成功を収めることができた。


 アフリカのチームがひとつもノックアウトラウンドに残らなかったのは残念だった。それはサッカーが生き物であり、
世界のどこでも行われていることの証拠でもあった」


――それではワールドカップ全体はどう評価しますか?

「サッカーのレベルという点では、もの凄く高いわけではなかった。莫大な金がサッカーに流入し、誰もが金への関心を強く抱いている状況では、選手や試合のクオリティも上がらず、平均的なものになってしまうのかも知れない。誰もが金の力に取りつかれている。

 政治面から見ると、世界チャンピオンになるのはとてもポジティブだ。サッカーを介して人と人との距離が縮まる。それが契機となり戦争や政治的な問題を話すこともできる。世界は問題が多すぎる」

http://number.bunshun.jp/articles/-/831417?page=3
http://number.bunshun.jp/articles/-/831417?page=4

2: 2018/07/25(水) 20:26:38.60 ID:xGstyy6D0
スポーツのたらればは禁止だろ


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532517925

続きを読む

韓国がドイツに勝ったのはアジアの誇り・・・?

元の記事へ移動


サッカー_01

▽おすすめ記事▽


1: 2018/07/23(月) 12:29:34.22 ID:CAP_USER
Record china
配信日時:2018年7月23日(月) 9時40分


2018年7月20日、晶報は、韓国サッカー界のレジェンド、車範根(チャ・ブングン)氏が、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で、韓国がドイツに勝ったことについて評論したことを伝えた。

記事によると、ドイツ・ブンデスリーガで活躍した車氏はロシア大会の1次リーグで韓国がドイツと対戦した際、ドイツのシュレーダー元首相と個室で一緒に観戦していたという。試合開始前にシュレーダー元首相は、「ドイツは韓国から5点を取って勝つ」と言ったが、車氏は「韓国がドイツに勝つ」と答えていたそうだ。

また記事は、車氏の話として、「この韓国の勝利で、メキシコは16強入りを果たすことができたため、試合後にメキシコの伝説のゴールキーパー・カンポス氏が車氏に会った時に、大げさなほど腰を低くして頭を下げる韓国式の礼儀をとり、車氏と韓国サッカーに対する感謝を示した」と伝えた。

記事によると、車氏は韓国がドイツに勝利したことについて、「アジアサッカーの勝利」と形容することを好んでいるという。車氏は「韓国がドイツに勝利したことは、韓国代表を奮い立たせただけでなく、アジアサッカーに対しても非常にプラスの作用となった」と語った。そして「アジアサッカーの歴史的な勝利ということができる」とも述べたという。(翻訳・編集/山中)

https://www.recordchina.co.jp/b626990-s0-c50-d0062.html

7: 2018/07/23(月) 12:33:00.30 ID:xRdOaM+a
どっちも敗退だろ


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1532316574

続きを読む

アフリカ勢がW杯1次リーグ全滅した理由って・・・?

元の記事へ移動


サッカー_02

▽おすすめ記事▽


1: 2018/07/22(日) 12:50:41.58 ID:CAP_USER9
[ラバト 21日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会では、アフリカ勢が1次リーグで全滅。出場した5カ国のコーチ陣や関係者らが敗因を検証するという。

W杯ロシア大会ではエジプト、モロッコ、チュニジア、ナイジェリア、セネガルが1次リーグで敗退。W杯決勝トーナメントにアフリカ勢が残らなかったのは、1982年スペイン大会以来だった。

アフリカ・サッカー連盟とモロッコ・サッカー連盟は22日と23日、ラバトでW杯ロシア大会の結果を振り返るシンポジウムを実施する予定。不本意な結果に終わった原因について話し合うという。

シンポジウムに出席するという元ナイジェリア代表のエマニュエル・アムニケ氏は「アフリカ勢とアフリカ大陸にとって残念な結果だった」と発言。「アフリカ勢にこれまで以上の成績を残してほしいと、大勢の人が期待していたが、それは実現しなかった」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000008-reut-spo

144: 2018/07/22(日) 13:20:34.21 ID:TRSqOyS30
>>1
そもそも国にサッカーやるインフラが無いから厳しいな。
まともな協会、育成機関、国内プロリーグが無いのに強化すると言っても無理だ。
弱くて当たり前、なんで逆に強いはずと思えるのか。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532231441

続きを読む

FIFAが発表した『W杯ドリームチーム』が話題!

元の記事へ移動


サッカー_01

▽おすすめ記事▽


1: 2018/07/20(金) 13:09:00.20 ID:CAP_USER9
 国際サッカー連盟(FIFA)がファン投票による『ロシアW杯ドリームチーム』の11人を発表した。

 最多投票を獲得したのは、クロアチア代表を同国史上初の準優勝に導き、ゴールデンボール賞(MVP)も受賞したMFルカ・モドリッチ(6万5177票)。ブラジル代表からは2位にランクインしたMFコウチーニョをはじめ、7位のDFチアゴ・シウバ、11位のDFマルセロと最多3名が選出されたが、エースのFWネイマールは選外となった。

 そのほか、優勝したフランス代表からはFWキリアン・ムバッペが3位、DFラファエル・バランが5位にランクイン。ゴールデンブーツ賞(得点王)のイングランド代表FWハリー・ケインは4位だった。

 また、決勝トーナメント1回戦で敗退したポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドが9位に入った一方、同じく決勝トーナメント1回戦で姿を消したアルゼンチン代表のFWリオネル・メッシは選外。ブロンズボール賞を獲得したフランスのFWアントワーヌ・グリエーズマンも選ばれなかった。

 今回のファン投票は、W杯で3試合以上に出場した選手の中からベストイレブンを選ぶ方式で行われ、同じ国から選出できるのは最大3名までとなっている。

上位11人は以下の通り

1. ルカ・モドリッチ(クロアチア)/6万5177票
2. コウチーニョ(ブラジル)/5万9093票
3. キリアン・ムバッペ(フランス)/5万4325票
4. ハリー・ケイン(イングランド)/4万7139票
5. ラファエル・バラン(フランス)/4万1897票
6. ケビン・デ・ブルイネ(ベルギー)/4万728票
7. チアゴ・シウバ(ブラジル)/3万7017票
8. ディエゴ・ゴディン(ウルグアイ)/3万3050票
9. クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)/3万1971票
10.ティボー・クルトワ(ベルギー)/2万8190票
11.マルセロ(ブラジル)/2万2874票

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-01656367-gekisaka-socc

2: 2018/07/20(金) 13:09:29.73 ID:6+faviET0
川島は?


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532059740

続きを読む

「W杯で優勝したのはフランスではなくアフリカ!」←これ

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽


1: 2018/07/20(金) 11:42:38.36 ID:CAP_USER9
[パリ 19日 ロイター] - 米国の人気テレビ番組「ザ・デイリー・ショー」の司会を務めるコメディアン、トレバー・ノアは、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で優勝したのはフランスではなくアフリカだとジョークを言ったことで、駐米フランス大使から批判を受け、さらに反論する展開になっている。

15日の決勝戦で、さまざまなルーツを持つ選手から成るフランス代表は、クロアチアを4─2で破り5大会ぶり2度目の栄冠に輝いた。多様性の勝利として賞賛を集める一方、一部では人種差別的な意見も出た。

南アフリカ出身のノアは番組で「ワールドカップで勝ったのはアフリカだ。フランス代表だと言わなくてはならないのは分かっているが。選手らを見てごらん。南フランスに長くいてもあんなに日焼けしない」と語った。

フランス代表23人のうち、15人がカメルーン、コンゴ、マリなどのアフリカ系。ただ、アフリカで生まれて幼少期にフランスに移住したのは2選手にすぎない。

ノアの発言に対して駐米仏大使のジェラール・アロー氏は大使館のツイッターアカウントに「彼らをアフリカチームと呼ぶのは、フランス人としての彼らを否定することになる。冗談半分でも、白人であることがフランス人の唯一の定義、との考えを是認することになる」と書き込み反論した。

ノアは18日夜の番組で再び反論、「私はフランス人としての彼らを否定しているわけではない。彼らには私と同じくアフリカ人としてのルーツもあると言っているだけだ」と述べた。

7/20(金) 11:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000046-reut-ent

4: 2018/07/20(金) 11:45:41.93 ID:V+Qyzwgy0
これは偉大なアフリカの勝利だろう。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532054558

続きを読む

フェアプレー賞にスペイン代表を選出したFIFAのTwitterが炎上!

元の記事へ移動


サッカー_01

▽おすすめ記事▽


1: 2018/07/18(水) 21:01:05.65 ID:CAP_USER9
1ヶ月に渡り熱戦が繰り広げられたサッカーW杯が閉幕し、FIFAは大会の各賞を発表した。
フェアプレー賞にはスペイン代表が選ばれたが、この選出に異論が続出。
FIFAのワールドカップ公式Twitterアカウントが炎上状態となっている。

スペイン代表は、日本代表と同じベスト16敗退ながらも受けたイエローカードは日本の5枚よりも少ない2枚だった。
イエローカードの少なさなどが評価され、フェアプレー賞に選出されたとみられる。
一方の日本代表は、フェアプレーポイントの差でベスト16に進出。決
勝トーナメント1回戦では、優勝候補のベルギー代表相手を最後まで追い詰め、世界を驚かせた。
また、プレー外でも試合後のサポーターによるゴミ拾いや綺麗なロッカールームでも称賛を集めた。

世界に与えた衝撃は日本代表の方が大きかったからか、フ
ェアプレー賞を発表したFIFAワールドカップ公式のツイートには異論が噴出。
スペイン人やベルギー人とみられるアカウントをはじめ、
世界から日本代表がこの賞に値するという意見が多く寄せられている。
また、スペイン代表には激しいチャージを行うDFセルヒオ・ラモスがいることも批判の一因になっているようだ。

「私はスペイン人だけど日本がこの賞に値すると思う」

「私たちが一番クリーンなチームだとは恥ずかしい」

「日本は本当にフェアプレーを考えているチーム」

「ベルギー戦ではファウルをしてリードを守らなかった」

「日本かロシアがふさわしい」

「スペインにはセルヒオ・ラモスがいるのになぜ?」

「セルヒオ・ラモスとフェアプレー?」

一方、日本代表がフェアプレー賞にふさわしくないという意見では、
「ポーランドの試合を見たか?」「彼らはポーランドに対して恥ずかしかった」
「決勝トーナメント進出を知った時にプレーを止めました」など、物議を醸したポーランド戦のプレーが挙げられている。

http://news.livedoor.com/article/detail/15028157/

日本代表はロシアW杯・グループステージにおけるファール数が「28」であり、
これはグループステージ3試合のみでの比較で最少となっている。
まさにフェアプレーに徹したことが数字上でも示されているサムライブルーに対するフットボールファンも見方は、
このスペイン代表のフェアプレー賞選出に対する非難という形で表れている。

https://football-tribe.com/japan/2018/07/17/61963/

3: 2018/07/18(水) 21:02:01.55 ID:8UxEpy790
ツイッター毎日世界各地で炎上しとるのう

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531915265

続きを読む

「ティキ・タカの終焉・・・もはや、美のために死を選ぶことが評価される時代は去った」by オシム

元の記事へ移動


サッカー_02

▽おすすめ記事▽



1: 2018/07/18(水) 18:36:50.03 ID:CAP_USER9
スーパースターが勝ち残れず、予想を裏切る「番狂わせのW杯」だった。これだからサッカーは面白い。

最大の事件はクロアチアの準優勝。注目したのは、ダリッチ監督のパーソナリティーだ。
造反を起こした選手は追放し、誰をも特別扱いしないことをはっきりさせた。選手も監督を信頼し、チームは結束した。

クロアチアを含む旧ユーゴスラビア諸国はこれまで、少し勝つと自分が空を飛べるかのように傲慢になる傾向があった。
今回のクロアチアは、監督の謙虚さがチームに平常心、落ち着きを与えたのではないか。

何より粘り強さが印象に残った。決勝でも、疲労など不利な条件にかかわらず攻撃的姿勢を貫いた。 VARによるPKがなければ、どう転ぶか分からなかった。

VARは、うまく活用すればゴール近くで反則ができなくなり、サッカー全体に変化を与えるだろう。
ただ今大会は運用に安定性、一貫性がなかった。次回も採用するなら改善が必要だ。

大会全体を通じて、攻撃面での戦術的革新は見られなかった。一方で目立ったのは組織的守備だ。

メッシ(アルゼンチン)やロナルド(ポルトガル)も、守備網に抑えられた。
「ティキ・タカ」(スペイン独特のパス回し)も、ロシアの超守備的戦術を破れなかった。
もはや、「美のために死を選ぶ」ことが評価される時代は去ったのだろう。

この守備的戦術の台頭を打ち破るような、攻撃面での戦術革新には時間がかかるかもしれない。 エムバペ(仏)、ケーン(イングランド)など新しい世代の長所を生かすためにも、組織的な戦術が必要だ。 戦術の進歩がなければ、サッカーはつまらないものに逆戻りしかねない。 4年後には、もっとスペクタクルな試合をたくさん見たいものだ。

https://worldcup2018.yomiuri.co.jp/news/4212/

3: 2018/07/18(水) 18:37:42.72 ID:/OXEJ80S0
スペインのサッカーは

つまんなかったな


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531906610

続きを読む

フランス、W杯優勝も内容に相次ぐ批判の声!?

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽

1: 2018/07/18(水) 19:26:38.15 ID:CAP_USER9

フランスW杯優勝も内容に相次ぐ批判の声…母国選手から「相手のミスに頼っているだけ」
7/18(水) 16:47配信 GOAL
http://www.goal.com/jp/%E3%8B%E3%A5%E3%BC%・・・
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000017-goal-socc

no title


かつてフランス代表でもプレーし、今夏にパリ・サンジェルマンを退団したウィンガー、ハテム・ベン・アルファが、ロシア・ワールドカップでの“レ・ブルー”(フランス代表の愛称)の戦いぶりを批判している。『フランス・フットボール』のコラムで伝えた。

フランスは今夏に行われたロシアW杯で優勝。決勝でクロアチアを4-2と一蹴し、20年ぶり2度目の世界王者となった。
一方で、元ドイツ代表MFローター・マテウス氏からは「スタイルがない」と批判されるなど、プレー内容に関しては否定的な向きも多い。ベン・アルファも決して美しくないフランスの姿に落胆した一人だったようだ。

「このチームの選手は何人か知っているけど、彼らがプレースタイルを気にしたり、試合の中で進化しているという感じはしなかったね。
僕がもしデシャンだったら、もっと技術的な可能性を生かし、タレントたちを自由にさせて美しいフランスの試合を見せようとしただろう。ブラジルのようにね。結果だけでは喜びを感じないよ」

実際、グループリーグを首位通過した後も、現地で取材した『Goal』フランス版編集部のジャン・シャルレス・ダンレー氏は「試合での明確なプランが見られない」と厳しい指摘をした。ベン・アルファも同様で、2年後のユーロでは厳しくなると予想している。

「その方法がもっとも効果的で、とてもよく適用されていることは認識している。フランスは対戦相手のミスに頼っているだけだ。しかし、次のユーロでは安全ではなく、悪いサプライズが起こる可能性があると思う。これからは相手が罠を仕掛け、フランスのミスを待ってくるだろうからね」

カウンター主体のスタイルで頂点に立ったフランスだが、かつて“シャンパンサッカー”と称されたチームを知っている者からすると、物足りない出来だったようだ。

4: 2018/07/18(水) 19:28:29.98 ID:MIv+4AX40
組織的に守備固められたら下位相手でもまともに崩せない時代になってる
カウンターメインになるのは必然

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531909598

続きを読む