メッシ活躍なるか!?【 アルゼンチン vs クロアチア 】スタメン発表!

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽

1: 2018/06/22(金) 02:05:15.74 ID:CAP_USER9
ロシア・ワールドカップは21日にグループDの試合が開催。アルゼンチンとクロアチアのスターティングメンバーが発表された。

優勝候補の一角にも数えられながら、初戦で初出場のアイスランドに苦戦の末引き分けたアルゼンチン。グループ最大のライバルとの一戦で勝ち点0に終われば、敗退が濃厚に。クロアチア戦は是が非でも勝利が欲しい状況だ。

対するクロアチアは、初戦でナイジェリア相手に勝利。大きなアバンテージを持って強豪との試合に臨むこととなった。

グループD最大のビッグマッチで、アルゼンチンではもちろんメッシが先発。前節ゴールを挙げたセルヒオ・アグエロらもメンバー入り。ホルヘ・サンパオリ監督は会見で示唆したとおり、3バックで臨むと見られている。

一方のクロアチアでは、主将ルカ・モドリッチやイヴァン・ラキティッチ、マリオ・マンジュキッチら主力が軒並み先発。前節はトップ下にアンドレイ・クラマリッチを起用する攻撃的な布陣だったが、大一番ではマルセロ・ブロゾビッチを起用している。

サッカー_01

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00010001-goal-socc

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529600715

続きを読む

あれはサッカーじゃない!スポーツのスピリットとは違う!スペイン代表DFがイランの戦術を非難!

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽

1: 2018/06/21(木) 19:28:45.29 ID:CAP_USER9
【イラン 0-1 スペイン ロシアワールドカップ・グループリーグB組第2節】

 スペイン代表は現地時間20日、ロシアワールドカップのグループリーグ第2節でイラン代表に1-0の勝利を収めた。試合後の談話をスペイン紙『アス』などが伝えている。

 すでに初戦でモロッコを下して勝ち点3を得ていたイランは、序盤から超守備的戦術でスペインに対抗した。54分に先制されるまでの大半の時間、守備時は「6バック」とも言える“ドン引き”でゴール前を固めたのである。

 当然、この戦いに疑問を投げかける選手もいる。スペイン代表の右サイドバックとして先発出場したDFダニ・カルバハルは「あのような試合になることはわかっていたし、イランには明確なプランがあった」と述べた上で、カルロス・ケイロス監督が採用した守備的なアプローチに批判的な見方を示した。

「あのようなやり方で戦い、攻撃を寸断することはサッカーの一部ではある。だが、すべての時間を無駄にし、怪我で痛んでいるふりをするような試合だよ。僕はこれをサッカーだとは思わない。これはこのスポーツのスピリットとは違う」

 ゴール前にフィールドプレーヤー全員が固まってスペインの攻撃を跳ね返し続け、時には痛んでピッチに倒れる選手もいた。カルバハルはこの姿勢が気に食わなかったようで「あいつらは理由もないのに繰り返し倒れた。痛くもないのに。ファウルを受けてもいないのに」と、度重なる“時間稼ぎ”を非難している。

 それでも「大事なのは試合に勝ったことで、グループのトップにいる必要があるのは確かだ」と勝利そのものの成果はあった。グループBはポルトガルとスペインが勝ち点4、イランが勝ち点3と、最終戦を残して混戦模様になっている。

 現地時間25日に行われるグループリーグ最終戦でポルトガルと対戦するイランは、確実に決勝トーナメント進出を決めるために勝利したいところ。スペイン戦ほどの守備的な戦いはもう見られないだろうが、今回はある意味でワールドカップを象徴する1試合が生まれたと言えそうだ。

4c7f708b32ddd3f3f3fd8db33ed82f3a

6/21(木) 13:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180621-00276504-footballc-socc

512: 2018/06/21(木) 20:02:31.45 ID:hNNjp6EF0
>>1
アンチフットボール復活!!

続きを読む