「W杯で優勝したのはフランスではなくアフリカ!」←これ

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽


1: 2018/07/20(金) 11:42:38.36 ID:CAP_USER9
[パリ 19日 ロイター] - 米国の人気テレビ番組「ザ・デイリー・ショー」の司会を務めるコメディアン、トレバー・ノアは、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で優勝したのはフランスではなくアフリカだとジョークを言ったことで、駐米フランス大使から批判を受け、さらに反論する展開になっている。

15日の決勝戦で、さまざまなルーツを持つ選手から成るフランス代表は、クロアチアを4─2で破り5大会ぶり2度目の栄冠に輝いた。多様性の勝利として賞賛を集める一方、一部では人種差別的な意見も出た。

南アフリカ出身のノアは番組で「ワールドカップで勝ったのはアフリカだ。フランス代表だと言わなくてはならないのは分かっているが。選手らを見てごらん。南フランスに長くいてもあんなに日焼けしない」と語った。

フランス代表23人のうち、15人がカメルーン、コンゴ、マリなどのアフリカ系。ただ、アフリカで生まれて幼少期にフランスに移住したのは2選手にすぎない。

ノアの発言に対して駐米仏大使のジェラール・アロー氏は大使館のツイッターアカウントに「彼らをアフリカチームと呼ぶのは、フランス人としての彼らを否定することになる。冗談半分でも、白人であることがフランス人の唯一の定義、との考えを是認することになる」と書き込み反論した。

ノアは18日夜の番組で再び反論、「私はフランス人としての彼らを否定しているわけではない。彼らには私と同じくアフリカ人としてのルーツもあると言っているだけだ」と述べた。

7/20(金) 11:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000046-reut-ent

4: 2018/07/20(金) 11:45:41.93 ID:V+Qyzwgy0
これは偉大なアフリカの勝利だろう。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532054558

続きを読む

フェアプレー賞にスペイン代表を選出したFIFAのTwitterが炎上!

元の記事へ移動


サッカー_01

▽おすすめ記事▽


1: 2018/07/18(水) 21:01:05.65 ID:CAP_USER9
1ヶ月に渡り熱戦が繰り広げられたサッカーW杯が閉幕し、FIFAは大会の各賞を発表した。
フェアプレー賞にはスペイン代表が選ばれたが、この選出に異論が続出。
FIFAのワールドカップ公式Twitterアカウントが炎上状態となっている。

スペイン代表は、日本代表と同じベスト16敗退ながらも受けたイエローカードは日本の5枚よりも少ない2枚だった。
イエローカードの少なさなどが評価され、フェアプレー賞に選出されたとみられる。
一方の日本代表は、フェアプレーポイントの差でベスト16に進出。決
勝トーナメント1回戦では、優勝候補のベルギー代表相手を最後まで追い詰め、世界を驚かせた。
また、プレー外でも試合後のサポーターによるゴミ拾いや綺麗なロッカールームでも称賛を集めた。

世界に与えた衝撃は日本代表の方が大きかったからか、フ
ェアプレー賞を発表したFIFAワールドカップ公式のツイートには異論が噴出。
スペイン人やベルギー人とみられるアカウントをはじめ、
世界から日本代表がこの賞に値するという意見が多く寄せられている。
また、スペイン代表には激しいチャージを行うDFセルヒオ・ラモスがいることも批判の一因になっているようだ。

「私はスペイン人だけど日本がこの賞に値すると思う」

「私たちが一番クリーンなチームだとは恥ずかしい」

「日本は本当にフェアプレーを考えているチーム」

「ベルギー戦ではファウルをしてリードを守らなかった」

「日本かロシアがふさわしい」

「スペインにはセルヒオ・ラモスがいるのになぜ?」

「セルヒオ・ラモスとフェアプレー?」

一方、日本代表がフェアプレー賞にふさわしくないという意見では、
「ポーランドの試合を見たか?」「彼らはポーランドに対して恥ずかしかった」
「決勝トーナメント進出を知った時にプレーを止めました」など、物議を醸したポーランド戦のプレーが挙げられている。

http://news.livedoor.com/article/detail/15028157/

日本代表はロシアW杯・グループステージにおけるファール数が「28」であり、
これはグループステージ3試合のみでの比較で最少となっている。
まさにフェアプレーに徹したことが数字上でも示されているサムライブルーに対するフットボールファンも見方は、
このスペイン代表のフェアプレー賞選出に対する非難という形で表れている。

https://football-tribe.com/japan/2018/07/17/61963/

3: 2018/07/18(水) 21:02:01.55 ID:8UxEpy790
ツイッター毎日世界各地で炎上しとるのう

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531915265

続きを読む

「ティキ・タカの終焉・・・もはや、美のために死を選ぶことが評価される時代は去った」by オシム

元の記事へ移動


サッカー_02

▽おすすめ記事▽



1: 2018/07/18(水) 18:36:50.03 ID:CAP_USER9
スーパースターが勝ち残れず、予想を裏切る「番狂わせのW杯」だった。これだからサッカーは面白い。

最大の事件はクロアチアの準優勝。注目したのは、ダリッチ監督のパーソナリティーだ。
造反を起こした選手は追放し、誰をも特別扱いしないことをはっきりさせた。選手も監督を信頼し、チームは結束した。

クロアチアを含む旧ユーゴスラビア諸国はこれまで、少し勝つと自分が空を飛べるかのように傲慢になる傾向があった。
今回のクロアチアは、監督の謙虚さがチームに平常心、落ち着きを与えたのではないか。

何より粘り強さが印象に残った。決勝でも、疲労など不利な条件にかかわらず攻撃的姿勢を貫いた。 VARによるPKがなければ、どう転ぶか分からなかった。

VARは、うまく活用すればゴール近くで反則ができなくなり、サッカー全体に変化を与えるだろう。
ただ今大会は運用に安定性、一貫性がなかった。次回も採用するなら改善が必要だ。

大会全体を通じて、攻撃面での戦術的革新は見られなかった。一方で目立ったのは組織的守備だ。

メッシ(アルゼンチン)やロナルド(ポルトガル)も、守備網に抑えられた。
「ティキ・タカ」(スペイン独特のパス回し)も、ロシアの超守備的戦術を破れなかった。
もはや、「美のために死を選ぶ」ことが評価される時代は去ったのだろう。

この守備的戦術の台頭を打ち破るような、攻撃面での戦術革新には時間がかかるかもしれない。 エムバペ(仏)、ケーン(イングランド)など新しい世代の長所を生かすためにも、組織的な戦術が必要だ。 戦術の進歩がなければ、サッカーはつまらないものに逆戻りしかねない。 4年後には、もっとスペクタクルな試合をたくさん見たいものだ。

https://worldcup2018.yomiuri.co.jp/news/4212/

3: 2018/07/18(水) 18:37:42.72 ID:/OXEJ80S0
スペインのサッカーは

つまんなかったな


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531906610

続きを読む

フランス、W杯優勝も内容に相次ぐ批判の声!?

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽

1: 2018/07/18(水) 19:26:38.15 ID:CAP_USER9

フランスW杯優勝も内容に相次ぐ批判の声…母国選手から「相手のミスに頼っているだけ」
7/18(水) 16:47配信 GOAL
http://www.goal.com/jp/%E3%8B%E3%A5%E3%BC%・・・
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000017-goal-socc

no title


かつてフランス代表でもプレーし、今夏にパリ・サンジェルマンを退団したウィンガー、ハテム・ベン・アルファが、ロシア・ワールドカップでの“レ・ブルー”(フランス代表の愛称)の戦いぶりを批判している。『フランス・フットボール』のコラムで伝えた。

フランスは今夏に行われたロシアW杯で優勝。決勝でクロアチアを4-2と一蹴し、20年ぶり2度目の世界王者となった。
一方で、元ドイツ代表MFローター・マテウス氏からは「スタイルがない」と批判されるなど、プレー内容に関しては否定的な向きも多い。ベン・アルファも決して美しくないフランスの姿に落胆した一人だったようだ。

「このチームの選手は何人か知っているけど、彼らがプレースタイルを気にしたり、試合の中で進化しているという感じはしなかったね。
僕がもしデシャンだったら、もっと技術的な可能性を生かし、タレントたちを自由にさせて美しいフランスの試合を見せようとしただろう。ブラジルのようにね。結果だけでは喜びを感じないよ」

実際、グループリーグを首位通過した後も、現地で取材した『Goal』フランス版編集部のジャン・シャルレス・ダンレー氏は「試合での明確なプランが見られない」と厳しい指摘をした。ベン・アルファも同様で、2年後のユーロでは厳しくなると予想している。

「その方法がもっとも効果的で、とてもよく適用されていることは認識している。フランスは対戦相手のミスに頼っているだけだ。しかし、次のユーロでは安全ではなく、悪いサプライズが起こる可能性があると思う。これからは相手が罠を仕掛け、フランスのミスを待ってくるだろうからね」

カウンター主体のスタイルで頂点に立ったフランスだが、かつて“シャンパンサッカー”と称されたチームを知っている者からすると、物足りない出来だったようだ。

4: 2018/07/18(水) 19:28:29.98 ID:MIv+4AX40
組織的に守備固められたら下位相手でもまともに崩せない時代になってる
カウンターメインになるのは必然

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531909598

続きを読む

【 日本代表×ベルギー 】ベルギーの1得点目、W杯記録だった模様・・・

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽


198: 2018/07/17(火) 21:57:03.01 ID:AACCPmN00
あんな遠い距離からのヘディングで失点とか
今まで一度も見たことがないってオリバー・カーンが言ってたっけか

204: 2018/07/17(火) 21:58:30.21 ID:EX9RYV8u0
>>198
距離自体はファンペルシーの美しいダイビングヘッドでのゴールの方が長くないかなぁ?
まぁ、あんな間抜けなふんわりヘッドで決まったのは見たことないけどねー

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531829758/0-

続きを読む

香川真司がスゴイ!W杯出場602人「全選手採点」でクリロナ、メッシ、ムバッペよりも高い全体5位!

元の記事へ移動


no title

▽おすすめ記事▽


1: 2018/07/18(水) 06:22:06.90 ID:CAP_USER9
「ガーディアン」紙が602選手を採点 大会MVPのモドリッチがアザールと並んで2位

初の東欧開催となったロシア・ワールドカップ(W杯)は、フランスの20年ぶりとなる優勝で幕を閉じた。32カ国、全736選手が参加したなか、その81.8%にあたる602人が出番を獲得。英紙「ガーディアン」は大会を通じて査定していた出場選手全員の採点を公開。日本代表MF香川真司が全体5位に入る大健闘を見せた。

「ワールドカップ2018選手レーティング:ロシアでの各試合パフォーマンスの採点」と題し、データを公開したのはサッカーの母国イングランドの大手紙「ガーディアン」だった。

 特集では、試合に出場した各試合の採点(10点満点)と大会を通しての平均採点を公開。全736人のうち、81.8%にあたる602人がその対象となった。

 公平性を期すため、ここでは“自国の消化試合数の半分以上に出場した選手”を条件に加えるが、栄えある1位はイランのGKアリレザ・ベイランバンドの「8.67点」だ。チームは1勝1分1敗でグループリーグ敗退となったが、初戦のモロッコ戦(1-0)で完封勝利を飾ると、残り2試合も最少失点でしのぐなど最後の砦として孤軍奮闘。スペイン戦、ポルトガル戦は「9点」の高評価が与えられていた。

 2位には「8点」で3選手がランクイン。史上初の3位に輝いたベルギーを主将として牽引したFWエデン・アザール、大会MVPに輝いたクロアチアの主将MFルカ・モドリッチのほか、36年ぶりの出場となったペルーのFWアンドレ・カリージョが名を連ねた。

3位躍進のベルギーMFデ・ブライネと同率

 そして、次点の「7.67点」だったのが香川だ。W杯でアジア勢として初めて南米勢を破ったグループリーグ初戦のコロンビア戦(2-1)で先制PKを決めると、決勝トーナメント1回戦のベルギー戦(2-3)ではMF乾貴士の無回転ミドルをアシストするなど抜群のゲームメークを披露。4試合中3試合に出場してチーム最高点をマークするとともに、全体で5位タイ(韓国GKチョ・ヒョヌ、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネと同率)に入った。

 世界一と最優秀若手に輝いた19歳の神童FWキリアン・ムバッペ(7.43)ら優勝国フランスの全選手を上回ったほか、現代フットボール界の二大巨頭であるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(6.00)とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(7.25)をよりも高い採点だったことは大いに価値があるだろう。

フットボールZONE7/18(水) 5:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180718-00122744-soccermzw-socc

9: 2018/07/18(水) 06:27:04.48 ID:FpyX0NCJ0
ブラジル大会の低迷ぶりが嘘のようだな


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531862526

続きを読む

結局W杯フランスが優勝した訳だがあの決勝お前らはどう思うんや?

元の記事へ移動


4c7f708b32ddd3f3f3fd8db33ed82f3a

▽おすすめ記事▽


1: 2018/07/16(月) 21:34:35.624 ID:l/ImGgGF0
やっぱり最初のグリーズマンのダイブが全てを変えたわ

2: 2018/07/16(月) 21:35:19.679 ID:l/ImGgGF0
なんのためのVARなのか

5: 2018/07/16(月) 21:37:11.481 ID:YI6jbhst0
選手と一緒に走り回る主審に、すべての反則の判断出来るわけないわな


引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1531744475/0-

続きを読む

フランス代表10番・19歳のムバッペ、ボーナス5,000万円以上を寄付!

元の記事へ移動


サッカー_01

▽おすすめ記事▽


1: 2018/07/16(月) 19:41:22.78 ID:CAP_USER9
2018年7月16日 19時0分
Qoly

19歳にしてフランス代表の10番を背負い、ワールドカップ優勝に貢献したキリアン・エンバペ。

最優秀若手選手にも選出された彼は、今大会7試合に出場し4ゴールを記録した。

彼はワールドカップで得られるボーナスを全額寄付すると伝えられている。

フランス代表は1試合出場につき2万ユーロ(263万円)のボーナス、さらに優勝した場合には30万ユーロ(3948万円)を選手に支給するとされていた。

見事優勝となった結果、ボーナスの総額は4400万ユーロ(5790万円)になると思われる。

http://news.livedoor.com/article/detail/15019986/

2: 2018/07/16(月) 19:41:59.83 ID:Xl1j6y5z0
前回エジルも寄付してたな

3: 2018/07/16(月) 19:42:27.70 ID:5GJshd7C0
ドンダケー


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531737682

続きを読む

W杯優勝したけどフランスの時代は来ない?

元の記事へ移動


4c7f708b32ddd3f3f3fd8db33ed82f3a

▽おすすめ記事▽


1: 2018/07/16(月) 18:17:15.72 ID:CAP_USER9
元ドイツ代表MFローター・マテウス氏は、ロシア・ワールドカップはフランスの優勝で幕を閉じたものの、フランスの時代が来るとは考えていないようだ。ドイツ紙『ビルト』のコラムで綴っている。

フランスはロシアW杯決勝でクロアチアと対戦し、4-2で勝利を収めて20年ぶり2度目の優勝を果たした。フランスはグループリーグから無敗で優勝まで到達。メンバーを落としたGL3戦目デンマーク戦を除き、全て90分間で勝利を収めた。

しかし、マテウス氏はアントワーヌ・グリーズマンやキリアン・ムバッペを擁したチームについて「素晴らしいタレントがいた」と評した一方で、チームに対してはそれほど高い評価を下していないようだ。

「フランスにはしっかりとした自分たちの形や魅力的なフットボールのスタイルというものがない。壁を作り、相手にプレーさせなかっただけだ」

また、最優秀若手選手賞を獲得したムバッペに関しては「若く、とても簡単そうにプレーしているが、しっかりと地に足が着いている。世界王者というタイトルを獲得し、ワールドクラスの選手となるための大きなチャンスを得た」と述べている。

GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000019-goal-socc

104: 2018/07/16(月) 18:39:51.44 ID:DyA+igzo0
>>1
そのスタイル言ってるとこに勝ったんだろw

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531732635

続きを読む

イタリア紙がW杯での日本代表をはじめ “小国” を絶賛!なお、韓国はスルー・・・

元の記事へ移動


4c7f708b32ddd3f3f3fd8db33ed82f3a

▽おすすめ記事▽


1: 2018/07/16(月) 17:51:43.96 ID:CAP_USER9
15日、ロシア・ワールドカップが幕を閉じ、『FOXスポーツ』イタリア版は大会を総括し、特集を組んだ。日本についても紹介されている。

ロシアW杯では、VAR(ビデオアシスタント・レフェリー制度)が史上初めて導入されて注目を集めたほか、前回ブラジル大会の優勝国ドイツがグループリーグで姿を消すなど波乱も起きた。「2018年ロシアW杯、何が印象に残ったか」と題し、特集が組まれている。その中で「偉大な男たちと小国」がテーマに掲げられている。偉大な男たちには、クロアチア代表MFルカ・モドリッチが“新たなアンドレア・ピルロ”として、FWエデン・アザールやFWキリアン・ムバッペが“新たなCR7”として紹介されたが、“『キャプテン翼』効果”を見せた国として日本も紹介されている。

■日本を含め小国が躍進したロシアW杯

「日本はラウンド16へと勝ち抜き、今回のW杯で3位となったベルギーと戦い、94分に敗れた。監督が就任したばかりの代表チームだったが、決して平凡にはならず、予想もつかなかった。型にはまることがなく、面白いサッカーを見せたからとも言えよう。今回のW杯の小国すべてを象徴するチームが日本だ」

「彼らは観客を喜ばせ、時には英雄のような結果をもたらした。そして時には、本当に『ワオ』と驚かされるようなのびのびとしたサッカーをして見せて、観客の心をつかんだ。『キャプテン翼』の世界ではこれらすべてが当たり前だろうが」

今大会では、人口35万人のアイスランドがグループリーグでアルゼンチンと引き分け、FWズラタン・イブラヒモヴィッチのいないスウェーデンが準々決勝に進出するなど、いわゆる“小国”が番狂わせを見せ、大会を盛り上げた。「日本だけではなく、セネガルやイラン、アイスランド、スウェーデン、モロッコ…すべての国が何らかの形で今回のW杯で誇りを見せた。もちろん、最大のサプライズはクロアチアだったが、他のいわゆる“小国”も注目するに値する」と締めくくっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00010011-goal-socc

4: 2018/07/16(月) 17:53:59.96 ID:b+VMBeIy0
「日本だけではなく、セネガルやイラン、アイスランド、スウェーデン、モロッコ…すべての国が何らかの形で今回のW杯で誇りを見せた。もちろん、最大のサプライズはクロアチアだったが、他のいわゆる“小国”も注目するに値する」と締めくくっている。

あれ韓国

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531731103

続きを読む