元ドイツ代表!「BVBのヴィッツェルはまだヨーロッパでプレーした事もないのにスター補強と言うのはおかしい!」《ドイツの反応》

元の記事へ移動

【ユーロスポーツ】シュテファン・エッフェンベルク!補強政策を批判!!“ブンデスリーガのクオリティーはますます下がっている。“元ドイツ代表のシュテファン・エッフェン

【動画】アトレティコ、UEFAスーパー杯制覇!レアルに逆転勝利!

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/08/16(木) 06:33:13.02
 【レアル・マドリー 2-4 アトレティコ・マドリー UEFAスーパーカップ】

 現地時間15日にUEFAスーパーカップの試合が行われ、レアル・マドリーはアトレティコ・マドリーと対戦した。試合は延長戦の末アトレティコが4-2で勝利した。

20180816-00285570-footballc-000-1-view[1]

 試合は開始直後に動きを見せる。DFからのロングフィードを頭で落としたジエゴ・コスタがペナルティーエリア内で強烈な右足のシュート、これがゴール左上に決まりアトレティコが先制点を挙げる。

 失点後はマドリーが徐々にペースを握ると27分に同点に追いつく。右サイドでボールを受けたガレス・ベイルが相手DFを交わしセンタリング、このボールにファーサイドでカリム・ベンゼマが頭で合わせた。29分にはアセンシオがペナルティーエリア内に入り右足でシュートを狙うもポスト右に僅かに外れる。

 後半は両チームとも大きなチャンスがない中で迎えた63分、アトレティコDFディエゴ・ゴディンがペナルティーエリアでハンドをしてしまいマドリーがPKを獲得。これをセルヒオ・ラモスが落ち着いて決め逆転に成功する。

 諦めないアトレティコは79分、右サイドを崩すと途中出場のアンヘル・コレアの折り返しにジエゴ・コスタが合わせ同点に追いつく。その後は両チームとも勝ち越し点を奪うことが出来ず延長戦へ。

 98分、マドリーDF陣の連係ミスからボールを奪ったアトレティコのトーマス・パーテイがペナルティーエリア内で折り返したボールをサウール・ニゲスが左足の強烈なボレーシュート、これが決まりアトレティコが勝ち越しに成功する。勢いに乗ったアトレティコは103分にもダメ押しとなるゴールを決めマドリー相手に勝利を収め3度目のUEFAスーパーカップ制覇を達成した。

【得点者】
1分 0-1 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリー)
27分 1-1 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)
63分 2-1 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
79分 2-2 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリー)
98分 2-3 サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリー)
103分 2-4 コケ(アトレティコ・マドリー

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180816-00285570-footballc-socc



続きを読む

韓国「日本よ、韓日中のプロサッカーリーグを統合するのはどうだろうか?」

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/08/16(木) 00:31:11.69 ● BE:324064431-2BP(2000)
 
【コラム】大韓民国がサッカー崛起をするためには

11日に開幕したイングランドのプレミアリーグではこれよりはるかに大きな金額が行き来する。選手の移籍料や収入もプレミア級だ。
BBCによると、プレミアリーグは2016-17シーズンに約45億ポンド(約6700億円)の収益を出した。
これほどならサッカーは金の卵を産むガチョウであり21世紀の有望産業だ。

サッカーは地球村の共通言語でもある。女性が最も嫌がるのが「軍隊でサッカーをした」話というが、それは必ずしも事実というわけではなかった。
ロシアW杯当時は全国民がサッカー博士だった。女性も例外ではなかった。

世界的にサッカー熱気が高まる中、大韓民国のサッカーは後退している。韓国代表チームの競技力は2002年韓日W杯当時よりも退歩した。
韓国プロサッカーKリーグは「自分たちだけのリーグ」になりつつある。大衆はKリーグに無関心だ。
その理由は幼い子どもたちも知っている。スピードがなく、バックパスが多い。サッカーの生命はゴールだが、0-0の引き分け試合が多い。
ロシアW杯で0-0試合は計64試合のうち1試合しかなかった。昨季のプレミアリーグでも0-0の引き分け試合は8.4%にすぎない。
ところが今季のKリーグでは132試合のうち15試合(11.36%)は得点のない引き分けだ。

韓国サッカーを盛り上げるために大韓サッカー協会会長は40億ウォン(約4億円)を話している。
ヒディンク監督に劣らない外国人監督を連れてくるということだ。ところが外国人監督1人を迎えるだけで韓国サッカーが変わるだろうか。
中国は習近平主席が立ち上がって「サッカー崛起」を叫んでいる。本当にサッカー崛起が必要なのは大韓民国だ。

韓国のサッカーファンはいつまでイングランドやスペインのリーグをうらやましく眺めるのだろうか。
韓国はサッカーを通じて金の卵を産むことができないのか。中国・日本と共に韓日中プロサッカー単一リーグを結成するのはどうだろうか。
現在、韓国にはKリーグ、日本にはJリーグがある。中国はスーパーリーグ(CSL)だ。3カ国のプロサッカーを統合して「ワールドサッカーリーグ」と命名する。
イングランドは「プレミア」だが、アジアは「ワールド」という名称を使えばどうか。


japan_china_and_korea_flag[1]


http://japanese.joins.com/article/039/244039.html?servcode=100&sectcode=120

続きを読む

トーレス師匠、初のフル出場!ノーゴールも前向き!「ドローにできて良かった。」

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/08/15(水) 22:30:38.57 _USER9
[8.15 J1第22節 川崎F0-0鳥栖 等々力]

 加入後初めてのフル出場を果たしたが、ここまで6試合ノーゴール。だが、サガン鳥栖FWフェルナンド・トーレスのコンディションは上がっているようだ。スコアレスドローに終わった川崎F戦の試合後、「来る前は1か月間練習ができなかったけど、これまでの間に良くなっている」と手応えを口にした。

 来日したのはちょうど1か月前の7月15日。1週間後の第22節仙台戦の途中出場でJリーグデビューを果たすと、その後は5試合連続でスタメンが続いている。「とても競争的で、多くのチームの戦力が拮抗している。どのチームもバランスが良い」。そう評価するJリーグにも徐々に適応している。

 指揮官やチームメートが「最初から結果が出るわけではない」とフォローするように、前線でのポストワークでチャンスメイクには関わっているが、ここまで6試合でノーゴール。この日はチーム全体が圧倒的な劣勢の中でシュートゼロに終わり、「みんなよく守って戦っていたし、カウンターしたかったけど……」と悔しそうな素振りを見せた。

 だが、自身のプレーについて「自分にボールが来なかったのはそんなに大事なことではない」と強調すると、引き分けという結果を悲観していない様子。「よく走って、よく守って、よく闘って、ドローにできて良かった。川崎Fは高いポゼッションがあったし、良いドローだったと思う」と総括し、「このチームはこれからもっと頑張れるし、もっと良くなるよ」と前を向いた。

8/15(水) 22:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-01674679-gekisaka-socc 
  
no title

続きを読む

【動画】名古屋のジョーが止まらない!4試合連続ゴール!

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/08/15(水) 21:31:10.59 _USER9
 【横浜F・マリノス 1-2 名古屋グランパス J1第22節】

明治安田生命J1リーグ第22節の試合が15日に行われ、横浜F・マリノス名古屋グランパスが対戦した。

20180815-01674571-gekisaka-000-2-view[1]

 今季は開幕2連勝を収めたあと全く勝てず、最下位が定位置となってしまっていた名古屋。だが第19節のベガルタ仙台戦で16試合ぶりの白星を挙げると、そこから3連勝と調子を取り戻していた。

 この試合でも名古屋は順調なスタートを切ることに成功。前半4分、ガブリエル・シャビエルからのパスを受けたジョーが4試合連続となるゴールを決めて先制し、前半を1-0で折り返す。

 横浜FMも反撃に転じ、後半立ち上がりに同点に追いつく。49分、松原健が自身のJ1通算100試合出場を祝うゴールを決めて1-1とした。

 同点のまま終盤を迎えたが、勝負を物にしたのは名古屋。90分、相馬勇紀が右サイドから上げたクロスにジョーが頭で合わせて値千金の決勝ゴール。ジョーは最近4試合で7ゴールを叩き出し、得点ランク2位につけている。

 勝ち点3を加えた名古屋は、4月の第8節以来約4ヶ月ぶりに最下位を脱出。ガンバ大阪が最下位に転落し、V・ファーレン長崎が17位となった。プレーオフ出場圏の16位に浮上した名古屋は長崎やG大阪より延期分の1試合を多く残し、残留に向けて前進している。

【得点者】
4分 0-1 ジョー(名古屋)
49分 1-1 松原健(横浜FM)
90分 1-2 ジョー(名古屋)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180815-00285543-footballc-socc







続きを読む

【動画】イニエスタ強烈ミドル!神戸、首位広島と1-1ドロー

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/08/15(水) 20:29:31.20
 明治安田生命J1リーグ第22節が15日に行われ、ヴィッセル神戸とサンフレッチェ広島が対戦した。

20180815-00812976-soccerk-000-1-view[1]
 
15分、青山敏弘のロングフィードにパトリックが抜け出す。戻ってきたティーラトンが先に触りクリアを試みるも、このルーズボールをパトリックが押し込み、広島が先制する。対する神戸はその2分後、ピッチ中央でボールを持ったルーカス・ポドルスキが左サイドのアンドレス・イニエスタに展開。イニエスタはフェイントで相手をかわして中へ切れ込むと、強烈なミドルシュートを突き刺す。イニエスタの2試合連続ゴールで神戸が同点に追いついた。

 試合は1-1で終了。次節は19日、神戸はアウェイで湘南ベルマーレ、広島はホームで川崎フロンターレと対戦する。

【スコア】
ヴィッセル神戸 1-1 サンフレッチェ広島

【得点者】
0-1 15分 パトリック(広島)
1-1 17分 アンドレス・イニエスタ(神戸)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00812976-soccerk-socc



続きを読む