日本代表の試合っぷりに世界中が魅了される!「日本は根性があった!長谷部は戦術というものを教示し、乾のプレーは詩的だった」

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽


1: 2018/06/25(月) 03:32:18.94 ID:CAP_USER9
24日に行われたロシア・ワールドカップのグループH第2節、セネガル対日本は2-2のドローに終わった。スコアが何度も動く一進一退の攻防が繰り広げられたこの試合に、
世界中が魅了された模様。世界中の有識者が、この試合が興奮するものであったとの見解を述べている。

スペインの有名ジャーナリスト、ルベン・ウリア氏は『ツイッター』で、この試合を「ジェットコースターのような試合」であったと形容。目一杯楽しめたとの感想を記した。

「ジェットコースターのような試合で、息つく暇がなかった。攻守が激しく入れかわり、プレーミス、プレーの的中、ゴールに満たされた一戦だったね。
用心せず、計算もなし。二つの異なるスタイルを持つ良チームは、野心にあふれていた。無秩序で、クレイジーで、楽しい試合だった」

また『ESPN』の記者エティアン・ベネスラ氏もウリア氏と同じ見解を示し、「グループステージで最も楽しい試合」とつぶやいている。

「日本対セネガルはグループステージで最も楽しい試合の一つだ。私たち全員が待ち望んでいた類のものだよ」

その一方でスペインのスポーツ紙『アス』の記者アリツ・ガビロンド氏は、二度にわたってビハインドを追いながらも追いついた日本を賞賛した。

「日本は好ましかった。根性があり、2点のビハインドを克服したね。長谷部は戦術というものを教示し、乾のプレーは詩的だった」

加えて、『アス』でモトGPなどモータースポーツを取材する記者メラ・チェルコレス氏は、有名バイクメーカー、ホンダと同姓の本田圭佑がゴールを決めたことを喜んでいる。

「日本対セネガルは、なんて素晴らしいんだ!!! ホンダが78分に日本にとって二度目の同点ゴールを決めた。そう、ホンダであるべきだったんだ」

最後に、元アルゼンチン代表DFで、現解説者のフアン・パブロ・ソリン氏は、この試合を見なかった人たちが極上のスペクタクルを見逃したとの感想を述べている。

「日本がホンダのゴールで追いついたぞ!! もし、古い臭い考えや判断でこの試合を見ていなかったとしたら……フットボールのじつに興味深い一戦を見逃したことになるよ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00000055-goal-socc

14: 2018/06/25(月) 03:35:42.57 ID:Xu53V7//0
>>1
ブラジル対コスタリカ
ドイツ対スウェーデン

客観的に見たらこっちの方が面白い試合だっただろ

引用元;http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529865138

続きを読む

本田圭佑「僕以外の日本代表選手は叩かないで!!」

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/06/25(月) 06:16:58.88 _USER9
6/25(月) 6:09配信
本田、自分以外は“叩かないで”「上げ下げ楽しむのは僕だけに」

 「ロシアW杯・H組、日本2-2セネガル」(24日、エカテリンブルク)

 値千金の同点ゴールを決め、日本人初のW杯3大会連続ゴールを決めたMF本田圭佑(パチューカ)が、自分以外の日本代表選手を“叩く”ことを控えるように願った。

 今大会はスーパーサブの立ち位置で、コロンビア戦はCKから大迫の決勝ヘッドをアシスト。この試合では自ら決めて日本を救った。W杯では日本人唯一の3大会連続ゴールとなり、大舞台での強さを見せつけたが、その秘訣や理由を問われると「けっこうここで喋ってきましたけどね。逆にそれ、まだ気付いてないのって感じですよね」と本田節も絶好調だった。

 これまでも「僕は環境先行型の人間」と発言したり、逆境になるたびに自分を奮い立たせたりと本田なりの思考でプレーし続けてきている。「ずっと2010年初めてのW杯からやってきてるのが、結果だけを見るんじゃなくて、それは僕だけじゃなくてね、ここの代表にいる連中っていうのは、出てないメンバーも含めて、ホント日本人が想像もできひんような努力をしてきて、この場にいるという」と自分以外の選手も含めて、プロセスも考慮してほしいと求めた。

 その上で、「僕はね、割と叩かれるのホントに感謝してる部分があるんで、楽しんでる部分もあるんですけど」と切り出した。「そうじゃない人もたくさんいるから、それはちゃんとみんなが守ってあげないといけないと僕は思っているんで、メディアの皆さんもね、割とそこの上げ下げを楽しむのは僕だけにしておいて欲しいなというふうに思います」と、自分以外の選手には温かく見守るように願い出ていた。

 日本はセネガルと引き分けたことで勝ち点を4にした。28日のポーランド戦で引き分け以上なら自力で10年南ア大会以来となる決勝トーナメント進出が決まる。負けた場合は他会場のセネガル-コロンビアの結果を待つことになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00000033-dal-socc
no title

続きを読む

日本代表GK川島のプレーは世界を騒然とさせた模様・・・w

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽

1: 2018/06/25(月) 02:50:10.92 ID:CAP_USER9
パンチングミスでセネガルに先制点献上、世界のファンが辛辣コメントを書き込む

 日本代表GK川島永嗣(メス)が、現地時間24日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のセネガル戦に2試合連続で先発出場し、前半11分にパンチングミスから先制点を献上してしまった。初戦のコロンビア戦に続くミスによる失点に、世界のサッカーファンもツイッター上で騒然。「ワールドカップ最低のゴールキーパー」「大災害」など、辛辣なコメントで炎上している。

 前半11分、日本の左サイドを崩されセネガルDFムサ・ワゲがクロス。逆サイドのMF原口元気がバックヘッドでクリアを試みたが甘くなり、こぼれ球をDFユースフ・サバリに詰められた。右足で放たれた低弾道のシュートを川島は両手でパンチング。しかし、真正面に弾いたボールは目の前にいたFWサディオ・マネを直撃。はね返りがゴールに吸い込まれ、先制点となってしまった。

 川島は19日に行われたW杯初陣のコロンビア戦(2-1)でも、壁下を通した相手の直接FKに反応し切れず、ゴールラインを越えた地点でボールを止めて失点。大会直前に行われた国際親善試合スイス戦(0-2)でも致命的なスローイングミスなどを犯していた。

 中途半端なパンチングでセネガルに先制点を献上した凡ミスに、世界のサッカーファンも騒然。ツイッター上には辛辣なコメントが飛び交っている。

「カワシマはワールドカップ最低のGK。メスでもおかしなプレーをしていた」
「カワシマというよりカーウォッシュだ。ボロボロだ」
「いずれにしても、カワシマによる究極的に酷いセーブだった」
「なぜカワシマはパンチングしたんだ。キャッチしてグラウンドに倒れれば良かったじゃないか」
「カワシマは大災害だ」
「カワシマによる、ショッキングなゴールキーピング」
「メルシー・カワシマ」

 失点後は勇敢な飛び出しでチームの危機回避に成功するなど好プレーも見せた守護神だが、現在リーグ・アンに所属するだけにフランス語での批判が目立っていた。 

2: 2018/06/25(月) 02:50:29.92 ID:SvWZmFFo0
>>1
wwwww

25: 2018/06/25(月) 02:52:52.93 ID:aFf7mPhQ0
>>1
やっぱ、見てんだなw

続きを読む

これで日本代表は次節ポーランド戦に引き分け以上で決勝T出場が決まるわけだが・・・

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽

1: 2018/06/25(月) 05:02:56.99 ID:CAP_USER9
6/25(月) 4:56配信
デイリースポーツ

 「ロシアW杯・H組、ポーランド0-3コロンビア」(24日、カザン)

 日本の1次リーグ突破の条件が固まった。28日のポーランド戦は引き分け以上なら無条件で決勝トーナメントに進出が決定。負けても、コロンビアがセネガルに負ければセネガルと日本の組み合わせで1次リーグ突破となる。

 ただし、コロンビアがポーランド戦で3-0で勝利したため、得失点差の関係で日本が負けた場合はコロンビアが引き分け以上で日本の敗退、コロンビアの決勝トーナメント進出が決まる。

4c7f708b32ddd3f3f3fd8db33ed82f3a

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000191-dal-socc

続きを読む

【ロシアW杯/動画】コロンビア3発快勝!ポーランド敗退決定!

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/06/25(月) 04:55
 
Dge19EIX4AApUyl[1]


◇W杯1次リーグH組 コロンビア3―0ポーランド(2018年6月24日 カザン)

 H組のコロンビア―ポーランドの一戦は、コロンビアが3―0で快勝。ポーランドの敗退が決まり、1次リーグ突破は日本、セネガル、コロンビアの3チームに絞られた。

 コロンビアは0―0の前半40分、スタメン復帰した司令塔ハメス・ロドリゲスが絶妙アシスト。ペナルティエリア右から柔らかいクロスを上げると、中央でDFミナが頭で合わせた。

 後半25分にはFWファルカオがW杯初得点を決め、同30分にはMFクアドラードもゴール。3―0の快勝劇で勝ち点を3とし、16強進出へ可能性を残した。

 FWレバンドフスキが不発に終わったポーランドは、2連敗で1次リーグ敗退が決定。日本代表は28日のポーランド戦で引き分け以上であれば1次リーグ突破が決まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00000012-spnannex-socc












続きを読む

「ゴールは本当に足が当たったという感じ・・・日本には勝てると思っていた。みんなガッカリしている」by セネガルFWマネ

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽

1: 2018/06/25(月) 02:21:59.16 ID:CAP_USER9
[6.24 ロシアW杯グループリーグ第2節 日本2-2セネガル エカテリンブルク]

先制ゴールを決めたセネガル代表FWサディオ・マネがマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、試合後、記者会見に出席した。

セネガルは前半11分、DFムサ・ワゲが右サイドの高い位置からクロス。ファーサイドでクリアしたMF原口元気のヘディングが小さくなり、
こぼれ球を拾ったDFユスフ・サバリが右足でシュートを放つと、GK川島永嗣のパンチングが目の前のマネに当たってゴールマウスに吸い込まれた。

得点シーンについて「私の足に当たってネットに入った」と指摘したセネガルの背番号10は「本当に足が当たったという感じだった」と、自身のW杯初ゴールを振り返った。

2度リードしながらそのたびに追いつかれる展開に「ちょっと残念に思っている。勝てると思っていた」と悔しさを隠さなかった。
「得点をして、同点にされて、後半も同じことが起きた。たくさんのチャンスもつくり、いいプレーをしたが、2点目も同点にされてしまった」。
初戦を白星で飾ったチーム同士の第2戦は勝ち点1を分け合い、日本とセネガルが勝ち点4で並んだまま最終節を迎えることになった。

「正直に言って、みんなガッカリしている」。そう率直に認めるマネは「(グループリーグ突破は)次の試合に懸かっている。
準備をしないといけない」と自分たちに言い聞かせるように話した。

6/25(月) 2:18配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-01655506-gekisaka-socc

no title

9: 2018/06/25(月) 02:23:08.60 ID:SvWZmFFo0
>>1
むしろ後半あれだけチャンスあったのにシュート外しまくった日本にガッカリ


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529860919

続きを読む

【 GIF 】「完全に自分のミス!目の前が気になりすぎた・・・チームメイトに感謝」by 日本代表GK川島永嗣

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽

1: 2018/06/25(月) 02:08:03.48 ID:CAP_USER9
日本代表は24日、ロシア・ワールドカップグループH第2節でセネガルに2-2で引き分けた。試合後、GK川島永嗣がフラッシュインタビューに応じた。

コロンビア戦で白星スタートを切った日本は、セネガル戦で11分に川島のパンチングが甘くなったところをサディオ・マネに決められて先制されるも、34分にボックス左から乾貴士がファーサイドに決めて同点とする。後半も好勝負を演じた日本は、70分にムサ・ワゲにネットを揺らされるも、78分に本田圭佑が同点弾を記録し、2-2で試合を終えた。

試合後、この試合で先発した川島は、「自分のミスから厳しい状況になってしまった。引き分けにできた良かった」とコメントし、以下のように続けた。

「完全に自分のミスです。目の前が気になりすぎた。コロンビア戦もそうですけど、チーム一丸となって厳しい状況の中でも結果が出てチームメイトに感謝しています。試合の内容については自信も得られた。次は結果も大事なので切り替えたいです」

なお日本は今後、ロシアW杯グループH最終節でポーランドと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00010012-goal-socc

322: 2018/06/25(月) 02:14:01.96 ID:p5LwquRp0
>>1

川島へ


次は
ベンチですwww


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529860083

続きを読む

【悲報】GK川島永嗣さん、海外でも叩かれる…「W杯最低GK」「大災害」

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/06/25(月) 02:50:10.92 _USER9
パンチングミスでセネガルに先制点献上、世界のファンが辛辣コメントを書き込む

20180625-00115137-soccermzw-000-8-view[1]


 日本代表GK川島永嗣(メス)が、現地時間24日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のセネガル戦に2試合連続で先発出場し、前半11分にパンチングミスから先制点を献上してしまった。初戦のコロンビア戦に続くミスによる失点に、世界のサッカーファンもツイッター上で騒然。「ワールドカップ最低のゴールキーパー」「大災害」など、辛辣なコメントで炎上している。

 前半11分、日本の左サイドを崩されセネガルDFムサ・ワゲがクロス。逆サイドのMF原口元気がバックヘッドでクリアを試みたが甘くなり、こぼれ球をDFユースフ・サバリに詰められた。右足で放たれた低弾道のシュートを川島は両手でパンチング。しかし、真正面に弾いたボールは目の前にいたFWサディオ・マネを直撃。はね返りがゴールに吸い込まれ、先制点となってしまった。

 川島は19日に行われたW杯初陣のコロンビア戦(2-1)でも、壁下を通した相手の直接FKに反応し切れず、ゴールラインを越えた地点でボールを止めて失点。大会直前に行われた国際親善試合スイス戦(0-2)でも致命的なスローイングミスなどを犯していた。

 中途半端なパンチングでセネガルに先制点を献上した凡ミスに、世界のサッカーファンも騒然。ツイッター上には辛辣なコメントが飛び交っている。

「カワシマはワールドカップ最低のGK。メスでもおかしなプレーをしていた」
「カワシマというよりカーウォッシュだ。ボロボロだ」
「いずれにしても、カワシマによる究極的に酷いセーブだった」
「なぜカワシマはパンチングしたんだ。キャッチしてグラウンドに倒れれば良かったじゃないか」
「カワシマは大災害だ」
「カワシマによる、ショッキングなゴールキーピング」
「メルシー・カワシマ」

 失点後は勇敢な飛び出しでチームの危機回避に成功するなど好プレーも見せた守護神だが、現在リーグ・アンに所属するだけにフランス語での批判が目立っていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180625-00115137-soccermzw-socc

続きを読む