サッカーファンって好きなチームの選手が他チームに移籍しても許せる?

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽

1: 2018/03/21(水) 23:02:38.76 0
移籍は仕方ないものだと思って受け入れる?
それとも許せない?

2: 2018/03/21(水) 23:05:01.76 0
許せないってほどではないが関心はなくなる

3: 2018/03/21(水) 23:09:38.85 0
選手の権利だから別に怒りはしない
好きな選手なら残念ではあるけど
箱推しだからやめたら興味薄れるし

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1521640958/0-

続きを読む

大迫勇也「自分にボールが集まるように。W杯の結果は僕の出来次第で変わってくる」

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/03/21(水) 08:23:48.41 _USER9
ドイツ・ブンデスリーガのケルンに所属する日本代表FW大迫勇也(27)が、2度目のW杯(ワールドカップ)に向かう覚悟を打ち明けた。19日から始まった日本代表のベルギー遠征合流前に、ケルン市内で取材に応じ「W杯の結果は自分の出来次第」と力強く宣言。開幕まで3カ月を切ったロシア大会へ、不動の1トップが自負を口にした。

 森の中に開かれたケルンの練習場で、大迫は味方選手に激しく体をぶつけていた。気温が氷点下10度を下回る中、選手たちから湯気が立つ。「代表の前にクラブ。実力と自信をつける場所はここ」。

そこから車で1時間半と近い、雪の舞うリエージュへ。練習初日。大迫はジョギングで最後方を走った。隣には半年ぶりに招集されたFW本田。笑顔で言葉をかわす。日本のために戦う10日間へ、頭を代表モードに切り替えた。

 合流前には、インタビューで代表への覚悟を語っていた。ハリルホジッチ監督の信頼は厚く、ロシア行き当確の1人と目される。代表復帰した16年11月以降、出場した9試合にすべて先発。しかし「正直、気にしてない。『必要なければ選んでくれなくていい』。それくらいの開き直り、攻めていく気持ちでいい」。28歳で迎えるW杯へ、臆することない精神状態にある。

 4年前のブラジル大会はコートジボワール、ギリシャ戦に先発も無得点。1分け1敗で迎えた最終コロンビア戦でスタメンから外され、ベンチの中で敗退の笛を聞いた。「悔しさ、ふがいなさしか味わえなかった。できない自分がいた。ただそれだけ」。もう出場するだけでは意味がない。

 大会後に移籍したケルンで牙を磨き直した。ドイツは娯楽が少なく、サッカーを愛する国民が多い。「スポーツする人間にとって本当に素晴らしい環境。この国に来て、心の底から『サッカーって楽しいな』と思えるようになった」。失意の大迫には心地よかった。

 昨季は自己最多の30試合7得点。チームを5位に押し上げ、25年ぶりとなる欧州リーグ出場権の獲得に貢献した。今季前半は過密日程を初体験。「木曜にセルビアで試合して金曜の朝6時に帰ってきて、土曜調整、日曜にリーグ戦。シーズン中なのに対人練習もバチバチやるし。そこに代表も重なってきて」。

チームは計13人もの負傷者を出し、大迫も年末年始は肺炎で離脱した。強行出場を続けた結果。同時に、代えの利かない存在であることを際立たせた。

 「ようやく万全」と笑う今は、絶好調だ。日本人FWでは高原、岡崎以来となるブンデス通算100試合に2月26日ライプチヒ戦で到達した。ケルンでは攻撃の「全権」を任され、大迫がボールに触ってリズムが刻まれる。

ポストプレー、パス出しに守備。その上で「点を取るために、わざと練習で守備をサボってみたり。いかに『戻ってこい』から『前に残っとけ』と言わせるか、毎日が勝負」。今月18日のレーバークーゼン戦では、2戦連発となる今季4点目に加え、計8回あった決定機のうち6回に絡んだ。

 代表でも、より得点を求められる。「ハリルホジッチ監督から、すごく言われる。元FWだからか、映像を見せられながら『こうやってゴール前に入っていけ』と。だけど…」。

例えば相手の背後を突く動きも必要だが「監督から言われたことしかやらないなら誰が出ても同じ。自分は嫌。いい意味で割り切って自分にできること、自分しかできないことをやりたい。まず自分にボールが集まるように」。前線で起点になった上でゴールに迫っていく。

 精神的にも充実の一途をたどる。昨年11月のブラジル、ベルギー戦では、同ポジションの岡崎に本田、香川の「ビッグ3」が初めて全員招集されなかった。高まる責任感。日本を引っ張る思いが熱くほとばしった。

 大迫 正直、W杯の結果は僕の出来次第で変わってくる。それくらいの気持ちで準備しないといけない。

 2度目のW杯。「戦うのは前提だけど、楽しみしかない」。ドイツで対戦し「半端ない」と思ったFWは第3戦の相手ポーランドのレバンドフスキだ。「ゴールに対して貪欲。どこからでも、苦しい時でも点が取れる」。欧州予選10戦16発の男を筆頭に難敵だらけの舞台だが、引く気はない。「W杯でゴールを決める」夢へ-。まず親善試合のマリとウクライナに勝ち、日本国民の夢も膨らませる。【木下淳】

3/21(水) 7:46配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00155434-nksports-socc

写真
no title

続きを読む

サッカーにおいて身長デカイってのはむしろマイナス?

元の記事へ移動

612: 名無し@サカサカ10 2018/03/21(水) 20:56:39.99
2000年以降のバロンドーラーで190cm超えてるやつはいないって知ってた?

サッカーにおいて身長デカイってのはむしろマイナス
小回りが利かない
イブラヒモビッチは身長181ぐらいならバロンドーラーにもなれたかもしれない


B4o-J19CAAAgELN[1]





続きを読む

<シャビ>ウサイン・ボルトのサッカー挑戦一刀両断「サッカーにおける頭の良さはフィジカルでは置きかえることができない」

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★:2018/03/21(水) 18:37:33.60 ID:CAP_USER9.net

人類最速の男ウサイン・ボルト(31=ジャマイカ)はこれまでも度々サッカーへの愛を公言してきた。
マンチェスター・ユナイテッドに入団することが夢だと語り、欧州メディアによると今回の代表ウイークの間に、ドルトムントの練習(トライアウト?)にも参加するという。

それに先がけ、ボルトは自身のツイッターにドルトムントのユニホーム姿でサッカーをプレーする映像をアップした。
ジャマイカのグラウンドと思われる場所で、地元のチームに混じってボールを蹴るボルト。右クロスをヘディングでゴールするシーンもあった。

そこには「最初の日からみんなが、オレにはできっこないと言い続けてきた」という一文と、#AnythingIsPossible(何だって可能)#DontThinkLimits(限界を考えるな)というハッシュタグが添えられていた。
ただ、ボルトの挑戦を一刀両断で否定するレジェンドもいる。

ESPN電子版がサッカー情報サイト「ソー・フット」の記事を元に報じたところによると、
かつてバルセロナとスペイン代表を世界の頂点へと導き、38歳となった現在もアルサド(カタール)でプレーするMFシャビが、ボルトの挑戦を「不可能だ」と言い切っている。

シャビは「私はウサイン・ボルトが大好きだ。素晴らしいアスリートで、フィジカルでは誰もかなわない。誰が彼より速く走れるというんだ」と前置き。
その上で「失礼を承知で言うが、彼はサッカーのピッチでは違いを生み出すことはできない。判断の速さや、サッカーにおける頭の良さは、決してフィジカルでは置きかえることができない。それは不可能なんだ」と断言した。

サッカー界の多くの人がシャビの考えに同調するとは思う。ただ、ボルトの破天荒な挑戦を温かい目で見守りたいと考える人も、案外多いのではないか、とも思う。

【千葉修宏】(ニッカンスポーツ・コム/サッカーコラム「海外サッカーよもやま話」)

3/21(水) 16:25配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00155911-nksports-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180321-00155911-nksports-000-view.jpg

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521625053
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<ハリル監督>不本意だった?本田の欧州遠征メンバー招集「同じベテランなら香川の方がいいとの判断じゃないか」

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★:2018/03/16(金) 19:53:33.45 ID:CAP_USER9.net

日本サッカー協会は15日、国際親善試合マリ戦(23日)とキリンチャレンジカップのウクライナ戦(27日、ともにベルギー・リエージュ)に臨む日本代表メンバー26人を発表した。
ロシアW杯に向けて注目のFW本田圭佑(31=パチューカ)が昨年9月以来の復帰を果たしたが、バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は元エースに話題が及ぶと、なぜか歯切れが悪かった。本田選出の裏にある事情とは――。

約半年ぶりに招集した本田に対し、ハリルホジッチ監督の口からは最後まで評価の高さをうかがわせる言葉は出なかった。
指揮官は「このチャンスをつかんでほしい」と現状が厳しい立場にあることをにおわせると「本田、(初招集のFW)中島に要求したい」と、こう続けた。

「単純に良いプレーをしてほしい。FWだけど守備の役割も大事だ。まずは点を取る、取らせる。いつも(中盤まで)下りてきて足元でボールをもらってしまうのはダメだ。
やはり(DFラインの)背後にも抜けるようにしてほしい」とまるでダメ出しだ。さらに起用法に話が及ぶと、表情はさらに険しさを増し
「彼のベストポジションはどこ? トップ下?(2014年ブラジルW杯の)コロンビア戦がそうだった。その時は4失点でしたね」と吐き捨てるように言ったのだ。

自らが日本代表に復帰させておきながら、なぜここまで厳しい姿勢をあらわにするのか。それは本田を高く評価していないからだ。特にハリルホジッチ監督の戦術に適応できないことが要因。
堅守速攻で、縦に速くボールを運ぶ戦い方に不可欠なスピードと、ハードワークに必要な運動量が足りていないという。

代表チームの内情に詳しいJクラブの強化担当者は「例えば本田と同じように代表から外れている香川(真司=28、ドルトムント)の評価は高い。
ハイレベルな環境でプレーし運動量もあっていろいろなポジションができる。だが現状の本田はその点でも難しいようだ。同じベテランなら香川の方がいいとの判断じゃないか」と指摘した。

ポジションが異なる2人を直接比較しているわけではないものの、ハリルホジッチ監督の中では本田と香川の評価に大きな差があるわけだ。
それでも選出したのは、指揮官が「みなさん(報道陣)やスタッフと、私の意見は違う」と話していたように、チーム内で本田を推す意見を取り入れたにすぎないようだ。

実際に、本田がポジションを争う右サイドは、FW浅野拓磨(23=シュツットガルト)がクラブで出場機会を失って落選したが、指揮官が会見で何度も名前を連呼したように“スピードスター”への期待は大きい。
また1トップで選出されたFW小林悠(30=川崎)は、これまで右サイドの枠で高評価されていた。

いずれにしても元エースにとっては“ラストチャンス”となるが、好パフォーマンスでアピールに成功すれば指揮官の評価を覆せる可能性も十分にある。
10年南アフリカW杯以降、日本のエースとして君臨してきた本田。3度目のW杯出場に向けて今遠征で“最後の審判”が下りそうだ。

3/16(金) 16:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000030-tospoweb-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180316-00000030-tospoweb-000-view.jpg


【サッカー】<ハリルホジッチ監督>「本当にひとりで違いを生める選手をこれからも探していく」 中島翔哉はメッシやハメスになれるか?
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1521108363/
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521197613
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)