JFA × KIRIN × KDDI 5G時代を見据えて新たな「観戦体験」を。XRテクノロジーを日本代表戦に導入開始 #jfa #daihyo

元の記事へ移動

「キリンチャレンジカップ2019」で、新しい応援はじまる!
第1弾は3月26日ボリビア戦で「ARサッカー観戦」を実施

公益財団法人日本サッカー協会(東京都文京区、会長:田嶋幸三、以下 JFA)、サッカー日本代表オフィシャルパートナーであるキリン株式会社(東京都中野区、代表取締役社長:磯崎功典、以下 キリン)、サッカー日本代表サポーティングカンパニーであるKDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI)の3社は、JFAが主催する「キリンチャレンジカップ2019」において、お客さまの応援体験をより価値あるものにすることを目的に、5G時代を見据えて「XRテクノロジー」を導入します。サッカー日本代表戦のスタジアム観戦に通信やXRのテクノロジーを導入することで、より楽しく、より快適で、臨場感のある観戦体験の提供を目指します。

XRテクノロジー導入の第1弾として、2019年3月26日「キリンチャレンジカップ2019」日本対ボリビア戦では、AR技術を活用した「ARサッカー観戦」のサービスをスタジアムの一部シートで実施します。本施策では、様々な角度からのカメラ映像観戦に加え、スタッツを用いた試合結果の予想、ハーフタイム中に楽しめるカジュアルARゲーム「KIRIN CHALLENGE CUP キックターゲット」が、自席に設置されたタブレットでお楽しみいただけます。

JFA、キリン、KDDIの3社は、今後最新テクノロジーを活用し「キリンチャレンジカップ」の観戦を盛り上げていきます。

XRテクノロジーの1つとして今回導入する「ARサッカー観戦」

「ARサッカー観戦」の概要

対象試合:「キリンチャレンジカップ2019」SAMURAI BLUE(日本代表) 対 ボリビア代表戦
開催日時:2019年3月26日(火) 19:30キックオフ(予定)
テレビ放送:フジテレビ系列にて全国生中継 19:00〜21:30
開催地:ノエビアスタジアム神戸(兵庫県神戸市兵庫区御崎町1丁目2-2)

1. 視点ジャンプとスタッツ表示

自分の好きな視点から試合を観戦できる視点ジャンプと、チーム・選手ごとのスタッツを表示。
スタッツはリアルタイムに更新され、観戦中の試合をより詳細に楽しめる。視点ジャンプではTV中継を
行うフジテレビジョンの協力も得て実現。

2. スタッツゲーム

試合前に、シュート数やボール支配率などの様々なスタッツで試合結果を予想するゲーム。

3. ARゲーム

ARのカジュアルゲーム「KIRIN CHALLENGE CUP キックターゲット」。
ハーフタイムなど、試合中以外の時間でAR空間上に現れたゴールの的を打ち抜くゲームを楽しめる。

<視点ジャンプ>

<スタッツゲーム>

<ARゲーム>

<視点ジャンプ>

<スタッツゲーム>

<ARゲーム>

キリンのサッカー日本代表応援

キリンは1978年からサッカー日本代表を応援し、2015年4月よりオフィシャルパートナーとなりました。
新コーポレートスローガン「よろこびがつなぐ世界へ」のもと、2019年は「新しい応援、はじまる」をメッセージとし、
ファンとサッカー日本代表の応援をするとともに、人と人の絆づくりのための取り組みなど、サッカーを通じた様々な
応援活動を実施していきます。
キリンのサッカー応援について詳細はこちら

au BLUE CHALLENGE

全力を全力で応援する。懸命なプレーをする選手たちとともに、わたしたちauも挑戦します。
勝利へのサポートから、新視聴スタイルの提案、あるいはプロダクトの開発まで。
auがもつ通信テクノロジーを生かして、「あたらしいサッカー体験」の創出に挑み、サッカー日本代表を全力で応援していきます。味わったことのない興奮を、みなさんと。
au BLUE CHALLENGEについて詳細はこちら

 

SAMURAI BLUE(日本代表)対 ボリビア代表
開催日時:2019年3月26日(火) 19:30キックオフ(予定)
会場:兵庫/ノエビアスタジアム神戸

大会情報はこちら

 

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANY
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD

トークショー「日本の女子サッカーの歩み~around FIFA Women’s World Cups」を開催 優勝メンバーがなでしこジャパンにエール #jfa #daihyo #nadeshiko #なでしこ

元の記事へ移動

国際サッカー連盟(FIFA)が主催する「FIFA Women’s World Cup™ Trophy Tour」にともない、3月24日(日)、日本サッカーミュージアムでFIFA女子ワールドカップの優勝トロフィーが特別展示されました。

このイベントは6月7日(金)に開幕するFIFA女子ワールドカップフランス2019のプロモーションの一環として開催されるもので、トロフィーは日本を含む出場24カ国を順番に回っています。

展示後には「日本の女子サッカーの歩み~around FIFA Women’s World Cups」と題し、なでしこジャパン(日本女子代表)の高倉麻子監督、佐々木則夫さん(なでしこジャパン前監督)、澤穂希さん(元なでしこジャパン FIFA女子ワールドカップドイツ2011優勝メンバー)、そして「FIFAレジェンド」メンバーの宮間あやさん(元なでしこジャパン FIFA女子ワールドカップドイツ2011優勝メンバー)によるトークショーを開催しました。特に宮間さんはサプライズでの登場となったため、会場からは驚きの声が上がりました。

トークショーでは、FIFA女子ワールドカップを中心に日本女子サッカーの歴史をたどりながら、なでしこジャパンが優勝したFIFA女子ワールドカップドイツ2011での秘話も飛び出しました。

最後には、6月7日(金)開幕のFIFA女子ワールドカップフランス2019を戦うなでしこジャパンへ、佐々木さん、澤さん、宮間さんからエール。高倉監督は「実際にFIFA女子ワールドカップで優勝した3人の言葉は力強い。ファンの皆さんにいい結果をお知らせできるよう精一杯頑張りたい」と決意を新たにしました。

トークショーに参加した女性は「楽しい話を聞きながら2011年大会を思い出していた。今年の大会も応援しようと思う」と、なでしこジャパンに期待を膨らませた様子。また、男性参加者は「宮間さんの登場にはびっくりした。2019 SheBelieves Cupではいい戦いをしていたので、ワールドカップも期待している」と、なでしこジャパンの活躍を待ち望んでいる様子でした。

登壇者コメント

高倉麻子 監督
このトロフィーに触ることができるのは、優勝したメンバーなど限られた人のみと聞いていますので、私たちも早くその仲間入りがしたい思いです。私たちは常に挑戦者で、どんな戦いも簡単なものはないと思いますが、先輩から受け継いできた魂をまた次につなげるためにも、いい結果を出そうと選手とは話しています。選手は正々堂々と、フェアプレーで最後まで諦めず戦ってくれると思います。

佐々木則夫 さん
高倉ジャパンは可能性を持った若い世代をどんどん登用して、いい状況にあると思います。先日のアメリカ遠征を見ても、厳しい戦いでもしっかり勝ち切ってきています。そういう意味では(登録メンバーを)選ぶのは大変だと思いますが、これからのヨーロッパ遠征でさまざまな検証して、いい準備をして大会に臨んでほしいです。

澤穂希 さん
ワールドカップとなると、普段感じることができない緊張感や雰囲気があって、時には飲み込まれそうな状況に置かれることもあると思いますが、なでしこジャパンの選手は自信を持って、自分たちが持っているものを全て出してほしいです。なでしこジャパンのひたむきさや最後まで諦めないという、いいところを発揮し、見ている人がもっと応援したくなるようなプレーをぜひ見せてほしいと思います。

宮間あや さん
女子サッカーは日々進化・進歩しているので、今は以前より高いレベルになってきています。私個人の気持ちとしては、たくさんの方々に女子サッカーの試合を見ていただきたいです。私も今のなでしこジャパンを応援したいという気持ちですので、高倉さんをはじめ、出場する方々が納得いくような大会になることを願っています。

ワイ、柏のスタジアムに子供連れて行ったら・・・

元の記事へ移動

585: 名無し@サカサカ10 2019/03/24(日) 20:28:04.37
9e39c2ed


柏のスタジアムに子供連れて行ったら、サポーターのリーダーみたいなのが仕切っててウンザリした。
それを避けるために初心者向けの席を選んだのに、各所にそういう奴が配置されてんのな。
こっちは普通にサッカーの試合を見たいだけやねん。

続きを読む

U-22日本代表、東ティモールに6-0で勝利~AFC U-23選手権タイ2020予選~ #jfa #daihyo

元の記事へ移動

U-22日本代表は24日(日)、AFC U-23選手権タイ2020予選の第2戦で東ティモールと対戦し、6-0で勝利を収めました。

先発メンバーはGK波多野豪選手(FC東京)、最終ラインに橋岡大樹選手(浦和レッズ)、立田悠悟選手(清水エスパルス)、原輝綺選手(サガン鳥栖)、中盤の底に板倉滉選手(FCフローニンゲン)、中山雄太選手(PECズヴォレ)、右サイドに長沼洋一選手(愛媛FC)、左サイドに杉岡大暉選手(湘南ベルマーレ)、そして1トップ2シャドーに田川亨介選手(FC東京)、久保建英選手(FC東京)、伊藤達哉選手(ハンブルガーSV)が入りました。

連日の猛暑となっているミャンマーの首都ヤンゴンで中1日の連戦となるだけに、コンディション面を考慮して第1戦から10人を入れ替える布陣となりました。立ち上がりから日本がボールを支配して相手を押し込む時間帯が続く試合となりましたが、「東ティモールもいいチームで、なかなか自由にさせてもらえなかった」と横内監督代行が振り返ったように、日本から派遣されている築舘範男監督の率いる東ティモールをなかなか攻め崩せません。

開始15分、ペナルティエリア内での接触プレーからペナルティキックのチャンスを得ますが、田川選手のキックは枠の上へとそれてしまい、先制点のチャンスを逃してしまいました。しかし24分にゴールネットを初めて揺らしたのも田川選手でした。セットプレーの流れから久保選手のクロスをファーサイドで板倉選手が折り返し、最後は中央で田川選手がダイビングヘッド。「折り返しの形は狙っていた」というストライカーの一発で日本が先行します。

後半に入ると、「相手が少し前掛かりになってスペースができた」(横内昭展監督代行)こともあり、日本の得点のチャンスが増えていきます。54分には久保選手が「ニアに強いボールで狙った」というFKを直接突き刺して2-0とすると、60分にもCKのチャンスから立田選手が押し込み、3-0とリードを広げます。さらに71分には板倉選手が見事なミドルシュートを突き刺し、75分には「後半の一つの狙い」(横内監督代行)だったサイドからのクロスを久保選手がワントラップボレーで決めて、5-0。最後は77分に、交代出場のFW上田綺世選手(法政大)が杉岡選手のクロスからのシュートを突き刺して、6-0としました。

このまま試合終了となりましたが、横内監督代行はこの予選グループの直接的なライバルであるミャンマーが7-0で勝利していた相手だったことを踏まえ、「終盤のところでまだ得点できた。僕も得点させるためにもっと彼らを鼓舞しないといけなかった。そして彼らにも、もう1点取るんだという強い気持ちを見せて欲しかった」と反省点を述べ、チームを引き締めました。

これで今予選は3試合中2試合を消化。最後の一戦は地元ミャンマーと、2勝同士のチームによる直接対決となりました。26日(火)18時(日本時間20時30分)キックオフとなります。

監督・選手コメント

横内昭展 監督代行
初戦と同じように、前半は少し難しい試合にしてしまって苦労したなという印象です。後半もう一回リフレッシュして、狙いとしていたことが少し出るようになった。(狙いの)一つはクロスからの得点です。前半も多少そういう形も作れていたと思いますが、クオリティが少し付いてきていませんでした。三戦目に向けて一番修正したいのはコンディションです。一戦目に出た選手も中3日ですし、完全には戻り切れていない選手もいます。今日出た選手を含めて、まずは回復させたいな、と思います。こういう状況のためにトレーニングで課題を改善するのは難しいので、ミーティングを通じて準備をしたいです。

DF #4 板倉滉 選手(FCフローニンゲン/オランダ)
(ゴールは)狙い通りです。きれいに入ってくれた。次からもどんどん狙っていきます。今日は自分たちのミスからボールを奪われるシーンもありましたし、もう少し揺さぶりをうまくできても良かったかなと。少しミスが続いたあとなどは、もっとボールをテンポよく簡単に回してもよかったと思います。ただ、ボールを取られても、前のほうで奪い返すことはできていたし、そこはプラスに捉えていきたいです。

MF #3 中山雄太 選手(PECズヴォレ/オランダ)
得点が取れたことはポジティブですが、もっと取れたシーンはありましたし、失点しかけた流れもありました。課題として捉えたいです。チームとしてやりたいことに対しても、トライはできてもクオリティをもっと高めないといけません。チーム内で話し合って、最終戦はいいかたちで締めくくりたいです。

MF #5 杉岡大暉 選手(湘南ベルマーレ)
日本との気温差がすごく大きいので厳しさはありました。試合としては(左シャドーの)伊藤選手と良い関係を作れていたと思います。いろいろな形のクロスを入れることができて、前半からチャンスを作れました。クロスの狙いどころはハッキリ持っていて、久保選手のゴールになったクロスも、普段の練習から久保選手に要求されていたボールです。あの場面は蹴る前に目が合っていて、狙いどおりのボールを蹴ることができました。ただ、次の相手は本当に強いと思いますし、あらためてしっかり準備したいと思います。

FW #18 田川亨介 選手(FC東京)
こういう試合は最初の1点がすごく大事になってくると思っていたので、PKの場面は……。あれを決めていれば、気持ちとしても楽な展開になっていたかなと思いますし、そこはすごい後悔があります。ただ、その後に決められたのは良かったです。(ゴールシーンは)クロスからの攻撃が多くなっていましたし、ゴール前に常に入っていくのが、ゴールへの近道だと思っていました。ああいう折り返しからの形は狙っていて、セットプレーでも狙っているところでした。あれは板倉選手の折り返しもドンピシャで良いボールだったので、うまく合わせられて良かったです。

スケジュール

AFC U-23選手権タイ2020予選
3月22日(金) 8-0 第1戦 vs マカオ(ヤンゴン/Thuwanna Stadium)
3月23日(土) AM トレーニング
3月24日(日) 6-0 第2戦 vs 東ティモール(ヤンゴン/Thuwunna Stadium)
3月25日(月) AM トレーニング
3月26日(火) 18:00 第3戦 vs ミャンマー(ヤンゴン/Thuwunna Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

AFC U-23選手権タイ2020予選

大会期間:2019年3月22日(金)~2019年3月26日(火)
大会会場:Thuwunna Stadium

大会情報はこちら

 

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANY
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD