ポルト中島翔哉、10試合ぶり先発で存在感・・・!?

元の記事へ移動

1: 2019/12/06(金) 22:46:49.38 ID:jYUqJqnp9
no title

ポルトに所属する日本代表MF中島翔哉が、およそ2ヶ月ぶりの先発フル出場で存在感をアピールした。

 現地5日に行われたポルトガルのリーグカップにあたるタッサ・ダ・リーガのグループD第2節、カーサ・ピア戦に中島は左サイドで先発出場。公式戦では10試合ぶりのスタメン復帰となった。

 ポルトは前半こそスコアレスで折り返したものの、終わってみれば3-0の快勝。中島も2点目の起点となるボールキープや、終盤の惜しいミドルシュートなどで勝利の一端を担った。

 試合から一夜明けた現地ポルトガル各紙は、中島の久しぶりの90分間を概ね高く評価している。

『レコード』紙は5点満点の採点で中島に「3」をつけ、寸評で「後半に上昇し、ルイス・ディアスのゴールの場面でプレーが始まった。終盤にはポストを叩くシュートも」と、得点に近づいた2つのプレーに言及していた。

 中島は68分、DFジオゴ・レイチのヘディングクリアを最前線でコントロールして収め、走りこんできたMFブルーノ・コスタに展開。これがFWルイス・ディアスが決めたチーム2点目の起点となった。

 さらに終盤の89分には得意とするゴール左からポスト直撃のミドルシュートを放ち、 スタンドを沸かせた。

 この活躍に『ア・ボラ』紙は10点満点の採点で及第点と言える「6」をつけている。ただ、寸評では中島に対してポジティブな印象とネガティブな印象の両方を抱いているようだった。

「スタメンに戻り、日本人は断続的にあらゆる場所でチームから切り離されていた。いくつかのパスで違いを作ろうと試みていたが、前半はまだアウトサイドで怖がっていた。最も注目に値するのは、89分にポスト直撃のシュートを放ってゴールの匂いを感じさせたことだ」

 持ち味を生かしたプレーには高評価、課題の部分には疑念という中島の現状をよく把握した寸評と言えそうだ。

 ポルトは次戦、中2日でアウェイに乗り込みベレネンセスとのリーグ戦に臨む。徐々にゴールへ近づいている中島に再びチャンスは巡ってくるか。そしてポルトでの初ゴールにも期待が高まる。

12/6(金) 22:30 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191206-00351652-footballc-socc


3: 2019/12/06(金) 22:48:26.36 ID:iyO12CxK0
晩年の俊輔の評価じゃん

【 外部記事 】





6: 2019/12/06(金) 22:51:02.58 ID:IzQ33LW00
香川、中島見てるとスポーツ選手も継続して活躍するには、ある程度知能が必要だと良く分かる。

7: 2019/12/06(金) 22:51:17.51 ID:+OYxbqJG0
・相手は二部でブービーのチーム
・ポルトは3-0で勝った
・中島はフル出場でノーゴールノーアシスト

8: 2019/12/06(金) 22:58:18.08 ID:Og9BEr/h0
2部17位が相手でも微妙なのか

続きを読む

「日本代表・森保監督はふさわしい人材なのか? 疑問だ、疑問だ、疑問だ――。」by 英記者

元の記事へ移動

1: 2019/12/06(金) 23:42:59.07 ID:jYUqJqnp9
no title


消極的な姿勢を崩さない森保Jに警鐘「新たなレベルへ導く能力が備わっているのか?」

 日本代表は4日、E-1選手権に臨むメンバー22人を発表した。2019年を締めくくる大会となるが、かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ(W杯)を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏は、森保ジャパンについて「問いただすべき疑問がある」として、「森保監督はふさわしい人材なのか?」と指摘している。

◇   ◇   ◇

 疑問だ、疑問だ、疑問だ――。森保体制が発足してから1年4カ月もの月日が経った。彼は今、J1リーグ連覇の実績を代表チームに還元できているだろうか? A代表と五輪世代を両立する責任を果たせていると言えるだろうか? そして、最も重要な疑問は、次なるW杯でサムライブルー(日本代表)を率いるうえでふさわしい人材なのだろうか?

 森保監督がふさわしい人物なのかを見極めるにあたり、これまでの成績で評価するだけではなく、これからの3年間に向けた日本サッカーの野心と照らし合わせるべきだ。UAEではハラハラさせるパフォーマンスだったものの、就任してから数カ月でアジア競技大会とアジアカップで日本を決勝へと導く功績を残した。

 勝利したアジアカップ・ラウンド16のサウジアラビア戦でチームは活気に欠け、消極的なアプローチを見せたが、自信の欠如を露呈したのか、またはあくまで今後を見据える戦術面のテストをこの試合で実施したのか、そのどちらかを提示した形となった。どちらにしても、最近の日本代表の戦いはアジアレベルでもまったく面白みがなく、退屈に映る機会が何度かある。多くの選手のクオリティーが損なわれているようだった。

 森保監督がサンフレッチェ広島時代に体現していた“現実主義を”呼び起こすような内容だったが、その際はパフォーマンスよりも結果が先立ち、4シーズンで3つのタイトルをもたらす時代を切り開いた。議論を打ち出すには難しい記録だ。

2019.12.05
https://www.football-zone.net/archives/232643?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=232846_1

2: 2019/12/06(金) 23:43:24.10 ID:RXZ3ZKsG0
血迷ってます

【 外部記事 】





5: 2019/12/06(金) 23:45:48.14 ID:rsiZzkgZ0
コミュニケーション不足による解任くるか?

6: 2019/12/06(金) 23:46:32.33 ID:2OUCtS4e0
E1が代表戦にふさわしくないのでは?

13: 2019/12/06(金) 23:51:38.00 ID:EFexPE/a0
森保の意見が無い。協会の操り人形感が強い。

続きを読む

【動画】ポルト中島翔哉さん、10試合ぶり先発で存在感をアピール!!!!

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2019/12/06(金) 22:46:49.38
ポルトに所属する日本代表MF中島翔哉が、およそ2ヶ月ぶりの先発フル出場で存在感をアピールした。

 現地5日に行われたポルトガルのリーグカップにあたるタッサ・ダ・リーガのグループD第2節、カーサ・ピア戦に中島は左サイドで先発出場。公式戦では10試合ぶりのスタメン復帰となった。

 ポルトは前半こそスコアレスで折り返したものの、終わってみれば3-0の快勝。中島も2点目の起点となるボールキープや、終盤の惜しいミドルシュートなどで勝利の一端を担った。

 試合から一夜明けた現地ポルトガル各紙は、中島の久しぶりの90分間を概ね高く評価している。

『レコード』紙は5点満点の採点で中島に「3」をつけ、寸評で「後半に上昇し、ルイス・ディアスのゴールの場面でプレーが始まった。終盤にはポストを叩くシュートも」と、得点に近づいた2つのプレーに言及していた。

 中島は68分、DFジオゴ・レイチのヘディングクリアを最前線でコントロールして収め、走りこんできたMFブルーノ・コスタに展開。これがFWルイス・ディアスが決めたチーム2点目の起点となった。

 さらに終盤の89分には得意とするゴール左からポスト直撃のミドルシュートを放ち、 スタンドを沸かせた。

 この活躍に『ア・ボラ』紙は10点満点の採点で及第点と言える「6」をつけている。ただ、寸評では中島に対してポジティブな印象とネガティブな印象の両方を抱いているようだった。

「スタメンに戻り、日本人は断続的にあらゆる場所でチームから切り離されていた。いくつかのパスで違いを作ろうと試みていたが、前半はまだアウトサイドで怖がっていた。最も注目に値するのは、89分にポスト直撃のシュートを放ってゴールの匂いを感じさせたことだ」

 持ち味を生かしたプレーには高評価、課題の部分には疑念という中島の現状をよく把握した寸評と言えそうだ。

 ポルトは次戦、中2日でアウェイに乗り込みベレネンセスとのリーグ戦に臨む。徐々にゴールへ近づいている中島に再びチャンスは巡ってくるか。そしてポルトでの初ゴールにも期待が高まる。

12/6(金) 22:30 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191206-00351652-footballc-socc

写真
no title




続きを読む

情報漏れ!? 日本代表のアウェイユニについてアディダスがコメント!「申し上げられることはない」

元の記事へ移動

1: 2019/12/06(金) 22:56:38.73 ID:jYUqJqnp9
no title

 サッカー日本代表の新しいアウェーユニフォームだとするデザインが一部メディアで掲載され、真偽をめぐってインターネット上で注目を集めている。同サイトではシャツ・パンツ・ソックスを12枚にわたる写真で紹介し、国旗や日本サッカー協会(JFA)のロゴ、サッカー日本代表オフィシャルサプライヤーであるアディダスのロゴもあしらわれている。

 アディダス広報事務局はJ-CASTニュースの取材に、代表の新アウェーユニフォームは「まだ発表していない」と回答。上記サイトの真偽不明情報について「申し上げられることはない」とした。

■白地に、袖口は赤と黒

 「Footy Headlines」が2019年12月5日に写真付きの英語記事で伝えたのは、日本代表の20年新アウェーユニフォームだとするもののデザイン。シャツは白地に薄いグレーで迷彩柄にも似た模様が描かれており、袖口には黒と赤のライン、脇腹にはアディダスおなじみの3本線が入る。パンツは模様のない白で外側には3本線。ソックスは赤という組み合わせだ。

 この情報は同日、日本のネットユーザーの間でも注目を浴びた。ツイッター上では、

「ホームより断然アリだね」
「テンプレートだし何もかもつまらない」
「これがリークされてる日本代表のアウェイユニか」
「リークされている日本代表のアウェイユニフォーム、
 かっこいいけどドイツ代表にしか見えない(笑)」

などと意見が交わされている。

 日本代表の新ユニフォームといえば、ホーム版も正式発表に先立つ10月14日、同じメディアで新デザインだとするものが報じられた。ベースは従来どおりの青ながら、迷彩柄というデザインは世間を驚かせた。

 アディダスは10月23日、この事態を受け「一部報道機関においてサッカー日本代表のユニフォームに関する報道がございましたが、当社の発表に基づくものではございません」などとする声明を発表。そして11月6日に正式発表したホームユニフォームは、「リーク」情報と同じとみられる迷彩柄だった。

12/6(金) 20:44配信 JCASTニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00000009-jct-spo

JFAも「何もコメントできることはありません」

 今回飛び出した真偽不明のアウェーユニフォームのように、シャツの袖口に国旗のカラーをあしらうのは、アディダスが製造する20年のドイツ代表やベルギー代表など、新しい他国代表ユニフォームにもある。ロシア代表については11月14日、新ユニフォームが袖口から順に白・青・赤と配色されているのが国旗の並びと逆だとして、20年の欧州選手権(ユーロ2020)で着用しないと表明したことが報じられ、話題となった。

 日本代表のアウェーユニフォームとされている今回のデザインについて、アディダス広報事務局の担当者は12月6日、J-CASTニュースの取材に「申し上げられることはありません」とだけ答えた。アウェーユニフォームはまだ正式発表しておらず、発表の時期は取材時点で未定とした。

 JFA広報担当者も同日、上記のアウェーユニフォーム情報について「本件は、私どもで何ら関与しているものではないので、何もコメントできることはありません」と述べた。そのうえで「発表のタイミングが来たら、JFAからアディダスとともにお知らせします。その時までお待ちいただければ」と話した。

5: 2019/12/06(金) 22:58:50.21 ID:tnyK26NW0
空自のF2みたいな色だよね

【 外部記事 】





6: 2019/12/06(金) 22:58:54.31 ID:RX/RzNzF0
こういうのでいいんだよと思ったらドイツやらベルギーやらとほとんど同じなだけじゃん

続きを読む

フィルジル・ファンダイクとかいうサッカー選手!

元の記事へ移動


sakka-



1: 2019/12/06(金) 03:56:09.43 ID:Pu9ueuxJp
全盛期ラモス超えてるよな

【 外部記事 】





2: 2019/12/06(金) 03:56:58.31 ID:hvfn7ai7p
歴代ナンバーワンのCBよな

3: 2019/12/06(金) 03:57:32.80 ID:H/XYtrRoM
ネスタやカンナヴァーロより上なんか?

5: 2019/12/06(金) 03:58:10.85 ID:hvfn7ai7p
>>3
全然上やではっきり言って比べもんにならん

続きを読む

【朗報】U-16日本代表にとんでもない大型ルーキー現る!!!!!

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2019/12/06(金) 21:16:41.56
日本サッカー協会(JFA)は6日、チュニジア遠征に臨むU-16日本代表メンバー20名を発表した。

U-16日本代表は13日に日本を発つと、17日と21日には国際親善試合でU-16チュニジア代表と2度の対戦を行う。
20名のメンバーは19名がクラブユースからの選出。1名のみ日大藤沢高のFW鈴木輪太朗イブラヒーム(2年)が選ばれている。

以下、メンバー
▽スタッフ
監督:山橋貴史
コーチ:濱崎芳己
GKコーチ:川口能活

▽GK
12 木村凌也(横浜FMユース)
1 高橋一平(神戸U-18)

▽DF
15 小澤希海(C大阪U-18)
2 諏訪間幸成(横浜FMユース)
13 森田翔(FC東京U-18)
3 工藤孝太(浦和ユース)
4 松田隼風(JFAアカデミー福島U18)
5 石塚心(横浜FMユース)

▽MF
6 東廉(清水ユース)
7 豊田晃大(名古屋U-18)
8 棚田遼(広島ユース)
11 中村仁郎(G大阪ユース)
16 佐藤陽成(札幌U-18)
14 甲田英將(名古屋U-18)
17 遠山悠希(京都U-18)
19 藤原健介(磐田U-18)

▽FW
18 鈴木輪太朗イブラヒーム(日大藤沢高)
20 山根顕星(福岡U-18)
10 千葉寛汰(清水ユース)
9 勝島新之助(京都U-18)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-43474838-gekisaka-socc
12/6(金) 16:58配信 
no title


鈴木輪太朗イブラヒーム
スズキ リンタロウ イブラヒーム
■所属:日大藤沢高
■ポジション:FW
■2003-01-31
■191cm/85kg
■学年 :2年

続きを読む

チュニジア遠征のU16日本代表メンバー発表! 191cmの日大藤沢FW鈴木輪太朗イブラヒームが選出!

元の記事へ移動

1: 2019/12/06(金) 21:16:41.56 ID:21sbE9p59
no title

日本サッカー協会(JFA)は6日、チュニジア遠征に臨むU-16日本代表メンバー20名を発表した。

U-16日本代表は13日に日本を発つと、17日と21日には国際親善試合でU-16チュニジア代表と2度の対戦を行う。
20名のメンバーは19名がクラブユースからの選出。1名のみ日大藤沢高のFW鈴木輪太朗イブラヒーム(2年)が選ばれている。

以下、メンバー
▽スタッフ
監督:山橋貴史
コーチ:濱崎芳己
GKコーチ:川口能活

▽GK
12 木村凌也(横浜FMユース)
1 高橋一平(神戸U-18)

▽DF
15 小澤希海(C大阪U-18)
2 諏訪間幸成(横浜FMユース)
13 森田翔(FC東京U-18)
3 工藤孝太(浦和ユース)
4 松田隼風(JFAアカデミー福島U18)
5 石塚心(横浜FMユース)

▽MF
6 東廉(清水ユース)
7 豊田晃大(名古屋U-18)
8 棚田遼(広島ユース)
11 中村仁郎(G大阪ユース)
16 佐藤陽成(札幌U-18)
14 甲田英將(名古屋U-18)
17 遠山悠希(京都U-18)
19 藤原健介(磐田U-18)

▽FW
18 鈴木輪太朗イブラヒーム(日大藤沢高)
20 山根顕星(福岡U-18)
10 千葉寛汰(清水ユース)
9 勝島新之助(京都U-18)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-43474838-gekisaka-socc
12/6(金) 16:58配信


鈴木輪太朗イブラヒーム
スズキ リンタロウ イブラヒーム
■所属:日大藤沢高
■ポジション:FW
■2003-01-31
■191cm/85kg
■学年 :2年


10: 2019/12/06(金) 21:20:01.37 ID:GcIuHfJz0
>GKコーチ:川口能活

うぉぉー!

【 外部記事 】





23: 2019/12/06(金) 21:33:10.31 ID:DAL2hPHe0
>>10
そっちに目が行っちゃうよね、なんか楽しみになってきた

11: 2019/12/06(金) 21:20:17.84 ID:4obiSjEe0
スタイルすごw
ハーフが増えれば高さが武器になるな

13: 2019/12/06(金) 21:21:44.27 ID:+cJKvRm/0
ヒームって伸ばすの?

20: 2019/12/06(金) 21:27:34.88 ID:AqMbuQHp0
イブラヒーム以外全員ユースじゃん

続きを読む