中島翔哉は日本代表スタメンでも十分に活躍できる!?

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽

1: 2018/05/21(月) 12:31:32.34 ID:CAP_USER9
 「非常に1年間の成果を、ポルトガルリーグで出した選手ではあります。ただポリバレントでは彼は1年間、なかったですね」

 5月18日、西野朗監督によりロシアワールドカップ(W杯)直前のガーナ戦(5月30日・日産スタジアム)に挑む27人の日本代表候補メンバーが発表された。

 そのメンバーの中には、今季ポルトガルで大ブレイクを遂げ、3月の日本代表のヨーロッパ遠征で唯一の収穫と言われたFW中島翔哉の名前がなかった。

 このニュースは、日本だけでなく、ヨーロッパ各地でも大きく報道された。

 「ポリバレントではない」と攻撃で複数のポジションができない選手として西野朗監督が決断を下したが、この発言を真っ向から反論する元Jリーガーがいた。

 2007年にJ1・浦和レッズ時代にJリーグ最優秀選手賞を受賞し、中島翔哉が所属するポルティモネンセで2016年よりテクニカルディレクターを務めるロブソン・ポンテだ。日本に来日中ともあり、今回インタビュー取材が実現した。

■代表メンバー落選には驚きを隠せない

 ――今シーズン、中島翔哉のポルティモネンセでの活躍をどう見ていますか。

 今シーズン10得点、12アシストで90%の試合に出場しました。フル出場も多く、怪我もなかった。ポルトガルリーグの監督は、全員彼の実力を認めている。(落選し)びっくりしましたと。そのくらいの活躍をしました。ポルトガルリーグで若い選手がそこまでの評価を受けることはありません。

 ――西野朗監督の「ポリバレント」発言をどう受け止めていますか。

 西野さんにはリスペクトがあるけども、ポリバレントの意味や捉え方はわかっていません。

 ポルトガルでも新聞の一面になったのですが、なぜ、ポリバレントをわかっていないかというと、翔哉はサイドバックでも出たし、トップ下でも出ていた。

 FCポルト戦ではセンターフォワードで出て、GKのカシージャス選手(元スペイン代表)から点を取ったし、SLベンフィカ戦では右サイドも左サイドもやった。

 彼は試合の流れに応じて、両サイド、センターフォワード、トップ下ができる。翔哉は日本代表のほかの攻撃の選手と比べてもポリバレントな能力はいちばんじゃないかと思う。

東洋経済オンライン 5/21(月) 11:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180521-00221562-toyo-soci

no title

ポルトガルのメディアの人達は、西野さんの「ポリバレント」発言をすごく否定している。きっと、翔哉のプレイを見ていなかったのではないかと推測している。

 ――世界では、ポリバレントであることが評価されているのか。

 ヨーロッパでよく言われるのは、ポリバレントの部分で評価されるのは、攻撃とディフェンス両方やる選手、2つのポジションができる選手です。

 戦術的にはドイツもそうだけど、いろいろなポジションができるというのがポリバレントという意味で、ヨーロッパでは西野さんが言った攻撃時のみのポリバレントという言葉には多くの関係者が反対しています。

■中島翔哉はスタメンでも十分に活躍できる

 ――ロシアW杯で中島翔哉選手にはどんな姿を期待していたのですか。

 彼は、ステップバイステップで良くなっているし、モチベーションも高めているし、今シーズンはポルティモネンセで試合に出て、得点やアシストを重ねて、すごく自信をつけていた。

 W杯で間違いなく活躍できると思うし、今のメンバーと比べると、35人の予備登録メンバーや、23人の正式枠じゃなくて、スターティングメンバーとして十分な活躍ができるんじゃないかとみている。

 ――ハリルホジッチ前監督の解任については、どう考えていますか。

 内部では、どういう問題があったか私にはわからないけど、W杯2カ月前に解任するのはやっぱりおかしいんじゃないか。今まで3年半やってきたのによく理解できなかった。この解任劇で日本代表の監督をやりたがる人は、確実に減ったと思う。

 ――ヨーロッパで日本代表の評価はいかがでしょうか。

 日本のサッカーは、ヨーロッパでは、組織的なチーム作りは評価されています。特に戦術理解が高く、日本人選手は特にドイツで活躍しています。若い選手に国際経験をさせているのもヨーロッパでは評価が高い。

 ただ、今回のハリル監督の解任でイメージがちょっと悪くなった。いろいろなサッカー関係者に聞くと、W杯の切符を取って捨てたという風に言われていてイメージはダウンしているけど、それ以外のところではすごくイメージが良い。

 ――5月18日に発表された27名の日本代表のメンバーの顔ぶれについては? 

 W杯期間は短く、1カ月しかないから、やはりベストなメンバーを選ぶべき。

 そして、怪我なく、よく試合に出ているコンディショニングに優れている選手を使うべき。さらに、国際経験のある選手を使うべき。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1526873492

続きを読む

日本代表、27人から削られる4人は誰なのか?

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/05/21(月) 00:42:20.70 _USER9

no title


ガーナ戦の日本代表が発表された。

GK 川島永嗣(メス)、東口順昭(G大阪)、中村航輔(柏)

DF 長友佑都(ガラタサライ)、槙野智章(浦和)、吉田麻也(サウサンプトン)、酒井宏樹(マルセイユ)、酒井高徳(ハンブルガーSV)、昌子源(鹿島)、遠藤航(浦和)、植田直通(鹿島)

MF 長谷部誠(フランクフルト)、青山敏弘(広島)、本田圭佑(パチューカ)、乾貴士(エイバル)、香川真司(ドルトムント)、山口蛍(C大阪)
原口元気(デュッセルドルフ)、宇佐美貴史(デュッセルドルフ)、柴崎岳(ヘタフェ)、大島僚太(川崎)、三竿健斗(鹿島)、井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ) 

FW 岡崎慎司(レスター)、大迫勇也(ケルン)、武藤嘉紀(マインツ)、浅野拓磨(シュツットガルト)

この27人はロシアW杯代表候補そのものだ。最終の登録メンバーは23人。この試合を経て、さらに4人絞られることになるが、おおよその枠組みは形成されたことになる。

この27人のリストに名前が載っているか否かは、選手にとって大きな問題だ。まさに、シビアな判定が下された瞬間である。西野朗新監督にとって、これは事実上の初仕事。
代表監督として1試合も采配を振るっていないうちから、高度な判断を迫られた格好だ。

選ばれる人もいれば、落ちる人もいた。しかし、西野監督の判断が最も注目された知名度の高い3選手(本田、香川、岡崎)は、揃って27人の枠内に収まった。

監督の交代は価値観の交代を意味する。ハリルホジッチを解任した理由は、なんのかんのと言っても、目指す路線の違いにあったはずだ。
ハリルホジッチと西野監督の目指すサッカーは違っていなければならない。にもかかわらず、メンバー選考は、「西野色って何?」と言いたくなるマイナーチェンジだった。すなわち、”事件性”は低かった。

知名度の高い選手の落選は事件に相当するが、若手選手の落選は騒ぎになりにくい。騒動を嫌うとすれば、これは順当な判断になる。

西野監督の言動は常に控え目だ。言いたいことをズバッと言うことはない。慎重というより回りくどい言い方で、最後の最後に本音をポロリと呟く。
人から突っ込まれることを恐れている様子にも見える。できれば敵を作りたくない、打たれ弱いタイプなのか。

その結果だろうか。例の3人を含むベテランには甘い発表になった。27人のリストを見て、まず目にとまるのは30歳以上の選手の多さだ。
その数9人(川島、東口、長友、槙野、長谷部、青山、本田、乾、岡崎)。実に全体の3分の1を占める。前回ブラジルW杯は5人(今野泰幸、遠藤保仁、大久保嘉人、川島、長谷部)。平均年齢でも今回は、前回を1歳上回り、27.8歳を示す。

チームの高齢化は、その後の4年間に好ましくない影響を及ぼす。西野ジャパンはともかく、”日本”にとっては可能な限り避けたい、不都合な話なのだ。

本田、香川、岡崎の中で、当確の匂いが最も漂うのが、本番直前に32歳の誕生日を迎える本田だ。そのポジションはどこなのか。27人の顔ぶれを見ながら想像すれば、8割方右ウイングになる。

つづく

sportiva 5/19(土) 17:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180519-00010004-sportiva-socc

続きを読む

U-16日本代表 中国と引き分けるものの大会優勝で遠征を終了 CFA Jiangyin International Youth Football Tournament #jfa #daihyo

元の記事へ移動

CFA International Youth Football Tournament Jiangyin 2018
第3戦 vs U-17中国代表
2018年5月20日(日) キックオフ時間 19:35 試合時間 90分(45分ハーフ)
Jiangyin Sports Centre Stadium(中国)

U-16日本代表 0-0(前半0-0、後半0-0)U-17中国代表

スターティングメンバー
GK:佐々木雅士
DF:鈴木海音、半田陸、佐古真礼、中野伸哉
MF:山根陸、横川旦陽、角昂志郎、三戸舜介
FW:唐山翔自、西川潤

サブメンバー
DF:岩崎真波、長田悠里、揖斐俊斗
MF:山内翔、青島健大、須藤直輝、成岡輝瑠
FW:佐伯清之助、中野桂太、下川陽輝

交代
HT 三戸舜介 → 成岡輝瑠
HT 角昂志郎 → 中野桂太
58分 唐山翔自 → 青島健大
77分 山根陸 → 山内翔

マッチレポート

CFA International Youth Football Tournament Jiangyin 2018に参加しているU-16日本代表は20日(日)、最終戦で地元のU-17中国代表と戦い0-0の引き分けに終わりました。

勝てば優勝が決まる一戦を前に、森山監督から「闘う姿勢」、「勝利への執念」という言葉を受けピッチに立った日本の選手ですが、逆に最初から激しく強い気持ちを見せてきた中国に圧倒され劣勢に立たされます。ホームの声援を背に勢いに乗った中国に何度か攻め込まれ、日本はなかなかペースを掴めません。しかし、11分にはカウンターから右サイドを抜け出したFW唐山翔自選手からFW西川潤選手に渡り、最後はMF三戸舜介選手がシュートを放ちますが惜しくもボールはゴール右に外れます。その後は中国に攻め込まれてピンチになることもありましたが、GKとDF陣を中心に守りきり0-0で前半を終えます。

後半に入り何とか流れを変えようとする日本ですが、中国の力強いプレッシャーの前に思うようなプレーが出来ません。逆に中国にチャンスを作られてしまい、56分には中国のコーナーキックからシュートを打たれますが、これはゴールマウスを捉えることが出来ません。その後も日本は打開しようとサイドチェンジを繰り返しながらゴール前までボールを運ぼうとしますが、なかなかシュートまで持っていけません。それでも87分にはMF山内翔選手のスルーパスからMF青島健大選手がシュートを打ちますが枠を捉えることが出来ません。そして、このまま試合は0-0で終了しました。

2勝1分で大会を終えた日本は優勝を飾りましたが、内容的には全く満足できない試合が続きました。夏のAFC U-16選手権マレーシア2018に向けて、多くの課題が見つかった遠征となりました。

監督・選手コメント

森山佳郎 監督
2018年度に入り2月、初めて新しいスタッフでU-16日本代表が立ち上がったものの、3月と4月には所属チームでレギュラー争いを頑張って欲しいというメッセージから、あえて活動をせず、3ヶ月ぶりの海外遠征を行い、中国で開催されたCFA Jiangyin International Youth Football Tournament に参加しました。AFC U-16選手権マレーシア2018に出場するイラン代表が、日本と同じU-16代表で参加し、キルギス代表と中国代表は1歳上のU-17代表での参加でした。フィジカルで上回る相手に対して、その圧力を凌駕するだけのテクニックや判断力、運動量や組織力をピッチ内で全く表現できず、厳しい内容となりました。

3試合とも僅差の戦いとなり、3試合でPKによる1失点に抑えた守備の頑張りにより、結果的には優勝することができましたが、この3試合は選手もスタッフも誰一人満足できる内容ではありませんでした。引いた相手や、ゴール前に人数をかけて必死に体を張り、奪ってからのカウンターを強かに狙ってくる相手に対して、意図的に揺さぶり、効果的な縦パスや背後のパスを繰り出して決定機を作っていくシーンをなかなか作り出せず、局面でのバトルで競り合わない、コンタクトを避け腰が引けてしまうシーンも少なくなかったです。

今後の AFC U-16選手権マレーシア2018(FIFA U-17ワールドカップアジア予選)に向けて、一人一人が強烈に自分自身と向き合って、さらに厳しいプレッシャーや戦いの中でも通用する質や量や判断力、そしてフィジカルアジリティーや闘う姿勢などを追求して欲しいです。来月11日から開催されるU-16インターナショナルドリームカップ2018 JAPAN presented by朝日新聞では、パラグアイ、セネガル、スペインといった世界の強豪との対戦が控えているので、選手やスタッフが共に少しでも成長した姿で会えるのを楽しみにしています。

今回大会に招待して頂き、滞りないスムーズな大会運営と快適な滞在を準備して頂いた中国サッカー協会の皆様には感謝の意を表したいと思っています。また所属チームの活動がありながら代表活動にご理解ご協力して頂いた所属クラブ・高体連の皆様、学校や保護者の皆様には大変感謝しております。本当にありがとうございました。

DF #4 佐古真礼 選手(東京ヴェルディユース)
今回の遠征を優勝で終わることが出来たということはポジティブな結果だったと思います。ただし、試合内容や最終戦で勝ちきれなかったという点では悔しい遠征となりました。一人一人がもっと本気で努力して、またそれを継続することを自分からしなければ、世界では闘えないと感じました。これからは覚悟を決めて強い意識をもって取り組み続けて、強烈に成長したいと思います。

DF #5 鈴木海音 選手(ジュビロ磐田U-18)
今日の試合を振り返ると、自分はまだまだだと感じました。プレーの課題はもちろんありますが、それ以前の闘う気持ちや日本代表としての覚悟や責任がまだまだです。ミーティングではA代表に残るのは今のメンバーの1%だと言われました。代表に呼ばれていない選手がこれから這い上がってくることをデータで見せてもらい、自分は絶対に残りたいし、上の年代を追い越したいと強く思いました。フィジカルの改善、食事、プレーのことなどを自分から行動を起こして、どうしたらもっと良くなるか、成長できるかを常に考えて自立して、身体や自分自身を常に見つめられる人になりたいです。その意識を強烈に変えて継続していきます。夏のAFC U-16選手権はもっと厳しい戦いになると思います。ワールドカップに出場できれば色々な国に遠征に行けて、自分の大きな成長に繋がると思うので、自分のためにもこれからの日々を過ごしていきたいと思います。

スケジュール

CFA International Youth Football Tournament Jiangyin 2018
5月16日(水) 1-0 第1戦 vs.U-17イラン代表(Jiangyin Sports Centre Stadium)
5月17日(木) PM トレーニング
5月18日(金) 2-1 第2戦 vs.U-17キルギス代表(Jiangyin Sports Centre Stadium)
5月19日(土) TBC トレーニング
5月20日(日) 0-0 第3戦 vs.U-17中国代表(Jiangyin Sports Centre Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

乾貴士はW杯にでれるのか?「筋肉内に非常に大きな血腫」

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽

768: 2018/05/21(月) 11:13:20.05 ID:966J0Y2yr
乾貴士のW杯出場を不安視するエイバル監督。 「筋肉内に非常に大きな血腫」

エイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督は、同クラブに所属するMF乾貴士について、負傷によりロシア・ワールドカップ出場が不安視される状態であることを説明している。

90分の悲痛な叫び…! ハリルホジッチ前日本代表監督が心境を吐露【記者会見ノーカット】

 エイバルは現地時間20日に今季リーガエスパニョーラ最終節のアトレティコ・マドリー戦を戦い、2-2のドローで終えた。だが乾は負傷のためこの試合を欠場し、チームを離れて日本へ帰国することになった。

 スペイン『EFE通信』は、試合後に乾の負傷について説明したメンディリバル監督のコメントを伝えている。「水曜日の練習中に打撲を受けた。木曜日にも来て練習したが、最後の10分間は太腿の痛みで続けられなかった」と同監督は語る。

「その翌日の金曜日には検査をしに行って、筋肉の中に血腫ができているのが分かった。そこで日本行きのチケットを取って、日本代表のドクターに診てもらうことになった」

 ワールドカップ出場に向け、不安を感じる状態であることも認めている。「はっきりとは分からないので、確かに不安もある。我々の検査では筋肉の中に非常に大きな血腫があった。ワールドカップ開始まで時間があるのも事実だが、代表監督次第でもあるだろう」

 乾は30日に行われるガーナ代表との国際親善試合に向けた27人の代表メンバーに含まれている。ワールドカップ本大会に向かう23人の最終メンバーに選ばれるかどうか、負傷の影響も気になるところだ。

サッカー_02

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180521-00270258-footballc-socc

771: 2018/05/21(月) 11:14:43.14 ID:ij5A/lgMd
>>768
これもうダメくさいな


引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1526830046

続きを読む

アディダス最新モデルのスパイクを用意された香川!日本代表から外れるわけがない!?

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽


767: 2018/05/21(月) 11:12:15.34 ID:zghgE/QC0
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?245280-245280-fl
「衝撃」の新スパイクとともにロシアへ…香川がイベントで決意表明

アディダスの新スプリントスパイク発表会「ADIDAS WORLD CUP DAY 2018」が20日、都内で開催され、日本代表MF香川真司(ドルトムント)がスペシャルトークセッションに参加した。

 香川が着用するスパイク「X(エックス)」の最新モデルとなる「X18」が報道陣に公開され、アディダスでスパイク開発を担当する山口智久氏が登壇。ブラジル代表FWガブリエル・ジェズス(マンチェスター・C)らも着用し、爆発的な初速を生み出す「X18」の革新性を説明した。

 片足(27cm)195gというX史上最軽量を実現した「X18」について香川は「ドイツカップの前の日にアディダスの方に来てもらって初めて履いたときは衝撃というか、軽くて、自分が一番望んだ形だった」と、その“第一印象”を口にし、「それをW杯で履けるのはうれしい」と笑顔を見せた。

 “スプリントスパイク”というコンセプトについては「プレースタイル的にスプリントタイプではないけど、ターンとか俊敏性でどれだけ早く前を向けるかという意味では(スパイクの)軽さは僕には重要になる」と、ポジティブに受け止めた。

 18日には30日のガーナ戦(日産ス)に向けた日本代表メンバー27人が発表され、香川も昨年10月以来の代表復帰を果たした。バヒド・ハリルホジッチ前監督が解任され、西野朗新監督の下で臨むロシアW杯。その最終候補に選ばれ、最後のアピールの場となる代表合宿は21日からスタートする。

 4年前のブラジルW杯は1分2敗のグループ最下位で敗退。「ブラジルで悔しい思いをしたけど、あれが自分たちの実力だった。その実力の差を埋めるためにこの4年間、一人ひとりが厳しい環境で厳しい戦いをしてきて迎える大会」。あらためてロシアW杯への思いを語ると、「まずはグループリーグ初戦のコロンビア戦でいい結果が残せるように。W杯まで1か月あるので、いい準備をしていきたい」と決意を述べた。

サッカー_01


アディダス最新モデルのスパイクを用意された香川が代表か
ら外れるわけがないな


774: 2018/05/21(月) 11:18:12.57 ID:A+13XWQO0
>>767
これ絶対選ばれるやんかw


引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1526830046

続きを読む

第46回トゥーロン国際大会2018(5/28~6/9)U-21日本代表選手変更のお知らせ #jfa #daihyo

元の記事へ移動

5月23日(水)から活動を開始し、5月28日(月)に開幕する第46回トゥーロン国際大会に出場するU-21日本代表において、MF神谷優太選手(愛媛FC)、MF伊藤達哉選手(ハンブルガーSV)が怪我のため不参加となり、代わってMF遠藤渓太選手(横浜F・マリノス)、MF松本泰志選手(サンフレッチェ広島)を招集することとなりましたので、お知らせいたします。

第46回トゥーロン国際大会2018(5/28~6/9)U-21日本代表選手変更

神谷 優太(カミヤ ユウタ/KAMIYA Yuta)
MF 所属:愛媛FC 理由:怪我のため

伊藤 達哉(イトウ タツヤ/ITO Tatsuya)
MF 所属:ハンブルガーSV 理由:怪我のため

遠藤 渓太(エンドウ ケイタ/ENDO Keita)
MF 所属:横浜F・マリノス 1997年11月22日生 175cm/66kg
※背番号は17となります。

松本 泰志(マツモト タイシ/MATSUMOTO Taishi)
MF 所属:サンフレッチェ広島 1998年8月22日生 180cm/69kg
※背番号は14となります。

◆悲報◆長友佑都、優勝決まった直後チームスタッフに”地球の穴”攻撃を受ける(´・ω・`)

元の記事へ移動

924: 名無しさん@架空です 2018/05/20(日) 17:42:41.89 ID:FiodSLqY0 これは完全に入ってますね

no title

引用元: 管理人

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

◆日本代表◆城と都並のガーナ戦希望フォメに香川の名前無し…代表の世代交代について語るスレ

元の記事へ移動

591: U-名無しさん@\(^o^)/ 2018/05/20(日) 22:34:14.97 ID:P3GC3TO+0 ガーナ戦
城のスタメン予想
no title


都並のスタメン予想
no title

引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart10398

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

◆Gif小ネタ◆優勝かかる1戦でPK獲得に浮足立つガラタサライサポを鎮める長友佑都が△過ぎるとガラタサライサポ

元の記事へ移動

866: 名無しさん@架空です 2018/05/20(日) 17:37:48.12 ID:7y2vu6KX0 サポをなだめる長友△

no title

引用元: 管理人

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

松本人志「ケイスケホンダ」もう1回行きたかったと

元の記事へ移動

1: ひかり ★ 2018/05/20(日) 21:23:29.38 ID:CAP_USER9 ダウンタウンの松本人志(54)が、「プロフェッショナルとは、ケイスケホンダ」と発言したサッカー日本代表FWの本田圭佑(31)の胸中を推し量った。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00214370-nksports-ent

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)