本田圭佑「8強狙ってるから次で決める」「決勝Tを消耗した状態で挑みたくない」

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/06/23(土) 06:22:26.15 _USER9
6/23(土) 6:10配信
本田、8強狙ってるから次で決める「弱点見つけている」

 日本代表は22日、ロシアW杯ベースキャンプ地カザンで、24日のセネガル戦に向けた練習を冒頭15分だけ公開して行った。両足打撲で別メニュー調整だったMF本田圭佑(32)=パチューカ=はこの日から完全合流。勝てば2大会ぶり3度目の決勝トーナメント(T)進出確定となる可能性がある中で、本田は史上初の8強入り以上を狙うためにも次で決めるべきと力説。2大会連続得点中のアフリカ勢の弱点も分かっていると自信を示した。代表は練習後、チャーター機でセネガル戦が行われるエカテリンブルクに入った。

 本田が豪語した。「問題ない。大したことない」。右太ももの打撲に加え、左膝内側の打撲で2日間別メニュー調整していたが、セネガル戦に向けた戦術練習が始まったこの日から完全合流した。「まだ2日あります。いい準備をしっかりしたい」。2試合連続ベンチスタートが濃厚。限られた時間で結果を残すため、臨戦態勢に入った。

 コンディションも向上し、頭も研ぎ澄まされてきた。セネガルに勝ち、コロンビアがポーランド戦に勝つか引き分けなら、日本代表は2大会ぶり3度目の決勝T進出が決まる。「セネガル戦で決めるという思いを持たないといけない」。単なる根性論ではない。初出場した10年南アフリカ大会の教訓を生かすためだった。

 南ア大会は1次L初戦のカメルーン戦で白星発進したが、2戦目のオランダ戦を落として、3戦目のデンマーク戦に勝って16強入りを決めた。決勝T1回戦のパラグアイ戦は延長戦でも決着がつかず、PK戦で敗退した。

 「2戦目に決められなかった時の3戦目の消耗具合もあり、そこでもし(1次Lを)突破できたとしても、ベスト8をかけた戦いに、ものすごく消耗した状態で挑んだ経験がある。理想論は2戦目で決める。それが本当の意味で上を目指すことができる戦略を立てられる状態なのかなと思います」

 セネガルに勝てば、決勝T進出はほぼ手中に収めることができ、決勝T初戦に向けた調整もできる。引き分け以下だと、中3日で臨む1次L最終戦のポーランド戦に全力集中しなければならず、肉体的にも精神的にも追い込まれる。史上初の8強以上を狙うなら、セネガル戦の勝利が理想だ。

 アフリカキラーの自信だった。10年南アフリカ大会のカメルーン戦、14年ブラジル大会のコートジボワール戦で1得点ずつ記録。国際Aマッチで、アフリカ勢に11試合6得点している。セネガルも「いくつか弱点を見つけていて、そこをどう突けるかだと思う」。例えば、集中力が切れる瞬間、ボールウォッチャーになる選手がいるという。「アフリカ勢チームが解決できていない弱点の一つ」。この日、PKを2本蹴って練習を終えた。3大会連続アフリカ勢からゴールを奪い、決勝T進出を決めるイメージはできている。(羽田 智之)

 ◆2010年南アフリカW杯VTR

 ▼6月14日・1次リーグ(L)初戦 1●0カメルーン(ブルームフォンテーン) 前半39分にMF松井(グルノーブル)からの右クロスでFW本田が決勝点。その1点を守り切り、白星スタートとなった。

 ▼同19日・1次L第2戦 0〇1オランダ(ダーバン) 後半8分にMFスナイデルに強烈なシュートを決められ、失点。後半途中からMF中村俊(横浜M)、FW玉田(名古屋)、岡崎(清水)を投入も逃げ切られた。

 ▼同24日・1次L第3戦 3●1デンマーク(ルステンブルク) 前半17分にFW本田が約30メートルの無回転FKを決めて先制。同30分にもMF遠藤(G大阪)が直接FKで加点。後半42分には途中出場のFW岡崎がダメ押しした。

 ▼同29日・決勝トーナメント1回戦 0★0(PK3―5)パラグアイ(プレトリア) 一進一退の攻防が続き、勝負は延長戦でも両者得点できず、PK戦に突入。日本は3人目のキッカーDF駒野(磐田)のシュートがクロスバーにはじかれた。先攻のパラグアイは5人全員が決め、日本は16強止まりとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000040-sph-socc
no title

続きを読む

城氏提言!「セネガル戦では川島、長谷部の先発メンバー外しを再考すべし」

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/06/23(土) 05:10:14.75 _USER9
6/23(土) 5:00配信
城氏提言「セネガル戦では川島、長谷部の先発メンバー外しを再考すべし」

歴史的勝利をコロンビア戦で刻んだ日本代表の本当の戦いはここから始まる。セネガルからは最低でも勝ち点「1」を奪わねばならない。ポーランド対セネガルの試合は、現地のメディアセンターで見たが、アフリカのチームらしく、しなやかなスピードがあり、個々の身体能力は高い。前への推進力はワールドクラスで、それが国民性なのかもしれないが、一度乗せると手がつけられない勢いをチームにもたらす。ポーランド戦でもオウンゴールで先取点を奪うと一気にテンポアップした。一人ひとりが守備にも献身的で運動量も多い。エースのサディオ・マネだけでなく、特にゴールを奪ったエムバイエ・ニアン、イスマイラ・サールの両サイドが要注意。ここがセネガルの攻撃起点となっている。

守備は組織的だが、時折、集中力に欠ける。ポカも目立つのだ。何かがひとつ狂うと、急に守備組織が機能しなくなって乱れる。ゴールに向かう推進力とスピードを生かしたオフェンス、つまり「前へ」は強いが、一方で、その裏に弱点がある。

 日本は、11対10で数的有利となったコロンビア戦で、相手のディフェンスの裏や、合間に狙いを定めてパスを通して再三攻撃のチャンスを作ったが、そういう揺さぶりで、セネガルのディフェンスをボールウォッチャーにしてしまいたいところだろう。

私は、セネガルにリズムを作らせないために試合開始15分の攻防が重要だと考えている。ここで粘り強く、セネガルが嫌がって、イライラするようなディフェンスのマークを続ければ、必ず隙が生まれる。セネガルは、ポーランド戦の序盤は引いて守っていたが、日本は引かずに中盤で、積極的にプレスをかけなければならないだろう。
 
 コロンビア戦では、セカンドボールの争奪に勝って、そこを支配できたが、セネガル戦でも、ガムシャラに球際に行き、セカンドボールを徹底して拾っていくことが重要になる。
逆に、ここでの攻防にミスが出るとスピードのあるカウンターの餌食になる。
そして、ディフェンスでは、不用意なスライディングはやめたほうがいい。セネガルの選手は、まるで足が伸びるかのように対応してくるため、不用意なスライディングを仕掛けた場合、簡単に外されて、そこからピンチにつながる危険性さえある。
 ワールドカップの戦いは、たったひとつのミスが命取りになるのだ。
 キーマンは乾、原口の両ウイングだと考える。真ん中を崩すことは互いに難しい。攻守において、サイドを制するものがゲームを制するという展開になると予想する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000001-wordleafs-socc
no title

続きを読む

【ロシアW杯/動画】スイスがセルビアに逆転勝ち!ジャカの強烈ミドル&シャチリが終了間際に決勝点!

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/06/23(土) 04:54:28.53 _USER9

DgUhEk3XcAATf68[1]

6/23(土) 4:53配信
スイスがセルビアに逆転勝ち! ジャカの強烈ミドル&シャチリが終了間際に決勝点

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が22日に行われ、セルビア代表とスイス代表が対戦した。


 開始5分、右サイドでボールを持ったドゥシャン・タディッチがクロスを上げると、アレクサンダル・ミトロヴィッチが打点の高いヘディングで合わせ、セルビアが幸先よく先制する。

 1点を追いかけるスイスはハリス・セフェロヴィッチを下げ、マリオ・ガヴラノヴィッチを投入。すると52分、クリアボールを拾ったグラニト・ジャカが左足で強烈なミドルシュートを叩き込み、スイスが同点とする。試合終了間際の90分、裏に抜け出したジェルダン・シャチリがGKとの1対1を制し、スイスが勝ち越しに成功した。

 試合は2-1で終了。スイスが逆転勝利を収めた。グループE第3戦は27日、セルビアはブラジル代表、スイスはコスタリカ代表と対戦する。

【スコア】
セルビア代表 1-2 スイス代表

【得点者】
1-0 5分 アレクサンダル・ミトロヴィッチ(セルビア)
1-1 52分 グラニト・ジャカ
1-2 90分 ジェルダン・シャチリ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00782032-soccerk-socc 







続きを読む

【ロシアW杯/動画】ナイジェリアが今大会初勝利!ムサの2ゴールでアイスランドを粉砕!

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/06/23(土) 01:56:06.33 _USER9
6/23(土) 1:55配信
ナイジェリア、ムサの2発でアイスランド撃破…決勝T進出に名乗り/W杯グループD第2節

DgT2zk3WsAEeBfR[1]


ロシア・ワールドカップグループD第2節が22日に行われ、ナイジェリアとアイスランドが対戦した。


初戦をクロアチア相手に落としたナイジェリアは3バックに変更。一方、アルゼンチンから勝ち点1をもぎ取ったアイスランドとしては史上初のW杯初勝利を奪い、グループステージ突破に近づきたいところだ。

開始4分、ギルフィ・シグルズソンが得意のFKでゴールを脅かし、得点の可能性を感じさせると、2分後にもロングボールから再びシグルズソンがシュートまで持ち込む。しかし、ともに19歳のフランシス・ウゾホにセーブされた。

その後もセカンドボールを拾い、ナイジェリアに主導権を渡さないアイスランドはセットプレーからチャンスを作る。しかし、あと一歩でボールをゴールに押し込むことはできず、前半を終える。

後半に入ると、ナイジェリアが早々にカウンターを成功させる。アイスランド得意のロングスローをカットすると、一気にスピードアップ。最後はビクター・モーゼスのクロスにアーメド・ムサがワントラップからボレーでネットを揺らし、劣勢だったナイジェリアが先制点を奪う。

このゴールでアイスランドがより前に出ざるを得なくなったため、スペースが生まれ、逆にナイジェリアにリズムが生まれる。

連続した攻撃でゴールへと近づくと、ついに75分に追加点が生まれる。

後方からのフィードにムサがスピードで抜け出し、DFを置き去りに。キーパーもかわし、右足で冷静にネットを揺らした。

それでも、諦めずひたむきに攻めるアイスランドにチャンスが。エリア内でルーズボールを拾ったアルフレズ・フィンボガソンが倒される。するとVARによってPK判定に。しかし、このチャンスでシグルズソンがゴール右上に外してしまい、痛恨の失敗。チャンスを逸してしまう。

結局ナイジェリアが2点を守り切る形で試合は終了。勝ち点3を積み上げたナイジェリアはアイスランド、アルゼンチンをかわし、グループ2位に浮上。最終節でアルゼンチンと決勝トーナメント進出をかけて戦う。アイスランドはW杯初勝利を目指し、首位クロアチアと対戦する。

■試合結果
ナイジェリア 2-0 アイスランド
■得点者
ナイジェリア:ムサ(49分、75分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00010000-goal-socc








続きを読む

ネイマールはやっぱりダイバー・・・テクノロジーは欺けなかった模様!

元の記事へ移動


▽おすすめ記事▽


1: 2018/06/23(土) 00:07:53.30 ID:CAP_USER9
【ブラジル 2-0 コスタリカ ロシアワールドカップ・グループリーグE組第2節】

 現地時間22日に行われたロシアワールドカップ・グループリーグE組第2節でブラジルはコスタリカと対戦し、2-0の勝利を収めている。だが、ブラジルにとってはスコアほど簡単な試合ではなかった。

 ブラジルが攻めてコスタリカが守る展開となったこのゲーム。コスタリカのGKケイラー・ナバスが好守を連発したこともあり、ブラジルはなかなか得点を決められず苦しんだ。

 先制点を急ぐブラジルは0-0で迎えた78分、ペナルティエリア内でネイマールが倒れて主審は笛を吹いた。だが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で確認したところ、主審はPKではないとジャッジ。判定が覆り、コスタリカボールでリスタートとなった。

 映像によると、コスタリカDFジャンカルロ・ゴンサレスの手は確かにネイマールに触れていたため、議論の余地は残るところ。ただ、ネイマールの過度なリアクションは、PKをもらいにいったという印象を与えかねないものだった。

 試合は後半アディショナルタイムにブラジルが2点を奪って勝利を収めたため、このVARによる判定が大騒動になることはないかもしれない。それでも、軽度の接触ではPKをとってもらえないという感覚がネイマールの中に生まれた可能性はありそうだ。

6/22(金) 23:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180622-00276830-footballc-socc

no title



34: 2018/06/23(土) 00:14:14.30 ID:8GuwEp44O
>>1
ネイマールが超大根役者で爆笑した(笑)
必死なのはわかるが、
まぁ勝ったから良しやろ。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529680073

続きを読む