熊本MF田中達也「名前に恥じぬよう」同姓同名の先輩と2ショット

元の記事へ移動

 J2熊本のMF田中達也(25)が1日、自身のツイッターを更新し、同姓同名の新潟FW田中達也(35)とのツーショット写真を公開した。この日、第7節を迎えた熊本はホームで新潟と対戦し、3-1で勝った。フル出場した田中は、2アシストでホーム2連勝に貢献した。新潟の田中はベンチ入りしたものの出場機会はなく、ピッチで“共演”することはなかった。

【本日締切!】4月7日(土)鹿島戦「マッチデイプレーヤーズアシスト」大募集!

元の記事へ移動

2018.04.02【本日締切!】4月7日(土)鹿島戦「マッチデイプレーヤーズアシスト」大募集!Shonan BMW スタジアム平塚にて行われるホームゲームにおいて「マッチデイプレーヤーズアシスト」を実施いたします。「マッチデイプレーヤーズアシスト」とは、その試合に期待する選手個人

【追加情報有!】4月28日(土)アウェイ浦和レッズ戦にみんなで行こう!「オフィシャル観戦バスツアー」参加者募集

元の記事へ移動

2018.04.02【追加情報有!】4月28日(土)アウェイ浦和レッズ戦にみんなで行こう!「オフィシャル観戦バスツアー」参加者募集4月28日(土)16:00より埼玉スタジアム2002にて行われる2018 明治安田生命J1リーグ第11節 浦和レッズ戦のアウェイ応援バスツアーを実施いたします。神田交

[長崎]「小学生でも決められる」。長崎の名倉巧が味わった悔しさ

元の記事へ移動

 2日、長崎の名倉巧が苦い経験をバネに巻き返しを誓った。
 J1第5節・仙台戦で79分に投入され、リーグ戦初出場を飾った名倉だが、2度訪れた決定機でいずれもシュートをふかしてしまい、結果を残すことができなかった。「自分がチャンスで決めていれば勝てた試合だった。チームには申し訳ないです」と肩を落とした。
「1本目のところは誰でも、小学生でも決められるようなのを外してしまったので自分はまだまだ甘いなと感じました」と反省しきり。それでも「シュートまではいけているので、あとは精度を高めればゴールもとれていくと思う。前向きにトレーニングしていきたい」と気持ちを切り替えていた。
 ルヴァンカップではU-21ルール(先発に21歳以下の選手を一人以上起用しなければいけない規定)が追い風になっている面もあったが、リーグ戦でも起用されたように、自身のプレーで高木琢也監督にしっかりとアピールできている。仙台戦前には高木監督自ら名倉の名前を挙げるなど、評価は着実に高まっている。記者からの「(ルヴァンカップの)ニューヒーロー賞も狙ってほしいですね」という言葉に高木監督は、「いや、目指すなら東京でしょう。オリンピックを目指さないといけない」と高みを目指すことを期待している。
 仙台戦では悔しさという経験を味わっただけに、これをバネに名倉がここからどういった成長を見せていくのか期待したい。