[横浜FM]「Jリーグで突き抜けた存在にならないといけない」。天野純が代表活動でつかんだ収穫

元の記事へ移動

 横浜FMのMF天野純がチームに合流し、初めての参加となった日本代表での活動について振り返った。

 6日に発生した北海道胆振東部地震の影響で7日のチリ戦が中止になったが、1試合少なくなったことは追加招集だった天野にとっては出場機会を失いかねない事態だった。しかし天野は「いい経験をしにいく、という気持ちはさらさらなかった。いくからには絶対に出るという気持ちだった」。

 そのために「練習から監督やコーチ陣に『やれるんだ』というアピールをし続けていた。その結果、11日に行われたコスタリカ戦で2番目の交代選手として75分から途中出場。単純に考えれば同時に追加招集された守田英正(川崎F)とともにフィールドプレイヤーで19番目の選手だったが、“7人抜き”をして試合に出場したことになる。その事実は天野にとって大きな「収穫だった」。

 その一方、代表に参加したからこそ気づけたこともある。何より感じたのは、「海外でプレーしている選手は物怖じしないし、余裕をもってやれている」ことだった。そして、いまの環境で代表に定着し、主力になるためには「Jリーグで突き抜けた存在にならないといけない」という思いを強くした。そしてまた「いまの成長速度ではそこまでいけない」ことも。

 海外でプレーする選手たちと直に接することで海外に「チャレンジしたい気持ちは強くなった」ことも事実だ。ただ、いまはJリーグで、横浜FMで全力を尽くすという気持ちにも変わりはない。「マリノスでやってきたことを評価されたから選出されたと思っているので、マリノスのために毎日成長するっていう自分の中の根本は変えてはいけない」。

 SNSで横浜FMのファン・サポーターだけではなく天野を知らなかったサッカーファン、さらにはグラビアアイドルをも巻き込んでトレンドにもなった「#あまじゅんを出せ」については知らなかったが、「槙野くんが『インスタでコメントがくる』って言っていた」ために、SNSでの盛り上がりは知っていた。「やっぱりすごいですよ、マリノスのサポーターは。愛を感じた」。それもまた、代表に選ばれたからこそ再確認できたことだろう。

 横浜FM、ファン・サポーターとともに戦い、今まで以上のスピードで成長し、代表定着、そして主力へ。そのさらなる歩みが16日の浦和戦から始まる。

[柏]伊東純也が語る代表初ゴール。「何でかな(笑)」と本人もその速さに驚く

元の記事へ移動

 日本代表に選ばれていた柏の伊東純也が13日からチームに合流。練習後には多くの取材陣に囲まれながら今回の代表活動を振り返った。

「アップ疲れした(笑)」と振り返るように伊東は後半の早い時間からきたるチャンスに向けて体を温めていたが、チームの流れもよかったためになかなか声はかからず。森保ジャパンの初陣となったコスタリカ戦のピッチに立ったのは85分のことだった。しかし、そこから8分後の90+3分に大仕事をやってのける。

 右サイドで浅野からのパスを受けた伊東は相手DFと1対1の状況を迎える。そして「最初は縦に行ってクロスを上げようと思ったけど、中を見たときに微妙だったので打ってみようかなと思って打ったらCBがブラインドになって、GKが見えてなかったので入った」とカットインして左足を強振。「映像を見たらボールが速かったので、何でかなと(笑)。あんまりああいうシュートを打たないけど、あのときは打っていましたね。最初は巻こうとしたけど、敵もきていて(足の)振りを速くしたらああいう感じになった」と自身でも驚く強烈なシュートがネットに突き刺さり、昨季から練習を続けている形で記念すべき代表初ゴールを奪って見せた。

 また、歴代の日本代表を振り返っても、中田英寿や遠藤保仁、ロシアW杯では柴﨑岳とゲームメーカータイプが背負うことが多かった7番を背負ったことに対しては「特に考えていないし、何にも意識していなかった。俺の中で7番はクリロナ(クリスティアーノ・ロナウド)のイメージだったので(笑)」と笑顔を見せた柏のスピードスター。ここからはクラブでのプレーに集中しながら「前線の選手はいい選手が多いので負けないためにもチームに帰って頑張りたい」とアピールを誓った。