19歳の清水・立田が勝ち越し点 J1初ゴール、今季初白星貢献に「うれしい」

元の記事へ移動

 明治安田J1第2節第2日(3日、神戸2-4清水、ノエス)清水の19歳、右サイドバックの立田が勝ち越し点をもたらした。2-2の後半27分、タイミングよく攻め上がると、バランスを崩しながらも右足で押し込んだ。本職はセンターバックながら、出場2試合目でのJ1初ゴールで今季初白星に貢献し「うれしい。チャンスという意味で前向きに捉えている」と笑った。

磐田・三浦、好セーブ連発「持ち味は出せた」

元の記事へ移動

 明治安田J1第2節第2日(3日、名古屋1-0磐田、豊田)連敗した磐田はこの日がJ1デビュー戦だったGK三浦が好セーブを連発した。前半8分にクリアミスから先制点を許した後は、失点しそうな場面が何度もありながらも横っ跳びや勇気を持った前への飛び出しでゴールを守った。

引退の平山相太氏「また仙台で大学生になるのですが、見付けた時は声掛けて」

元の記事へ移動

 明治安田生命J1リーグ第2節が3日に行われ、FC東京とベガルタ仙台が味の素スタジアムで対戦。試合は1-0で仙台が勝利。開幕2連勝を達成した。この試合後、昨季限りで現役を引退した元日本代表FW・平山相太氏の引退セレモニーが行われた。