第1024回 totoGoal3 予想|ウルグアイvsフランスの本命は、ウルグアイ1・フランス2

元の記事へ移動

第1024回 totoGoal3の予想です。 過去のレビューからtoto予想します 独自で考察した過去のレビューをもとにtoto予想します。  第1013回totogoalレビュー  第1012回to ...

Copyright © 2018 toto予想 目指せ的中率80%以上 All Rights Reserved.

くだらないことは無視して 第22節プレビュー

元の記事へ移動

後半戦最初からなかなかの強豪大宮が相手です。

前回はアウェイで小島のヒールトラップからのゴールで辛くも勝利しましたが、内容的には苦しい時間が長かったです。

今回も同じような展開になる可能性もありますが、集中力を保ってゲームで結果を出したいです。

 

 

大宮は現在8位、ジェフとの勝点差4です。

今節で順位をひっくり返すことはできませんが前回アウェイで勝ったことですし、今回も勝って後半戦最初からダブルで勢いをつけたいです。

 

とはいっても大宮も選手層や選手の能力は高いです、ジェフが圧倒的に有利にゲームを進めることは難しいので苦しい時間は全員で耐え、チャンスの時は全員で仕留めに行きましょう、プレーに参加できないサポもね。

 

 

警戒するのは大前です。

11得点とそこも警戒対象なんですけど、1番はそこじゃないんです。

変なことしてくるじゃないですか、前回対戦のNACKでコーナーキック時とか。

前回は選手が落ち着いて集中切らさなかったですけど、ボクらサポは自分も含めてまあまあのせられて集中切らしていました。

そんなくだらないことに集中切らさずに、プレーに応援に集中していきたいですね。

そして・・・勝つ

 

前半戦が終わりリーグ戦でこれまでに勝点35を失い残り全勝しても91までしか伸ばせません。

ただまだ91まで稼げるし、いくつか落としても80台はじゅうぶん可能性を残しています。

だからまずは後半戦の最初、良いゲームをすることや勝つことを考えてゲームに入りましょう、選手だけでなくボクらもね。

 

高木のことは残念だけど、乾の奮起と弾斗のブレイクに期待です。

 

それではまた!
読んでくれてありがとう。


人気ブログランキング

 

リンス選手 FC東京へ期限付き移籍のお知らせ

元の記事へ移動

この度、リンス選手がFC東京に期限付き移籍することとなりましたので、お知らせいたします。 リンス選手のプロフィールは下記の通りです。記登録名:リンス[LINS] 氏名:リンス リマ デ ブリット(LINS Lima De Brito)■生年月日:1987年9月11日生まれ(30歳)■出身地:ブラジル■

Jリーグ公式サイト「Inside J.League」にて選手インターンシップの様子を配信中!

元の記事へ移動

2018.07.05Jリーグ公式サイト「Inside J.League」にて選手インターンシップの様子を配信中!去る6月20日に実施した、若手選手による企業インターンシップの様子がJリーグ公式サイト内の「Inside J.League」にて配信されています。今回密着したのはオフィシャルトクラブートナ

7月18日(水)鳥栖戦 サンクトガーレンブース出店 & 販売ビール投票のお知らせ

元の記事へ移動

2018.07.057月18日(水)鳥栖戦 サンクトガーレンブース出店 & 販売ビール投票のお知らせ全国的にファンも多く、ベルマーレホームゲーム名物のひとつでもある オフィシャルパートナー「サンクトガーレン」のクラフトビール。鳥栖戦では、ホームゲームお馴染みの地元特産のオレ

7月15日(日)「FリーガークリニックJr(小学生対象) @藤沢」参加者募集

元の記事へ移動

2018.07.057月15日(日)「FリーガークリニックJr(小学生対象) @藤沢」参加者募集湘南ベルマーレフットサルコートでは、7月15日(日)に小学生対象の「FリーガークリニックJr」を開催いたします。指導してくれるのは、湘南ベルマーレフットサルクラブのロドリゴ選手!現役選手より

[東京V]“相思相愛”の移籍。泉澤仁が東京V入りを決断した理由を語る

元の記事へ移動

 G大阪から東京Vへの期限付き移籍が先週発表された泉澤仁が4日、初めて東京Vの戦術練習をこなした。練習には1日から合流しているが、チームは試合翌日のため主力選手はリカバリーメニューで、その後2日間のオフを挟んだ。「スペイン人監督に教わりたい」ことも移籍決断の理由の一つだったと語る泉澤が「戦術がしっかりあって面白かった」と練習の感想を語った。

 泉澤によれば、オファーがあったのは「5月の終わりか、6月の初め」で、「ほぼ即断だった」という。「J1でやりたい気持ちもあったけど、強化部の方と話していて、J1にどうしても昇格したいというのがすごく伝わってきた。ロティーナ監督もテレビ電話で『一緒に戦おう』と言ってくれて、戦術のことも熱心に話してくれた。ぜひ力になりたいという気持ちが強くなった」と理由を明かした。東京Vについては「3年前にJ2でやったときはガチャガチャしたサッカーだなという印象」だったが、「ロティーナ監督になってめっちゃいいサッカーをしている」のも魅力に映ったという。

 東京Vとしても、昨季まで所属した安西幸輝(現鹿島)、安在和樹(現鳥栖)の両翼を失った穴が埋まらず、アタッキングサードをいかに崩すかがプレシーズンからの課題となっていた。ロティーナ監督にとって、「サイドの高い位置で単騎突破できるドリブラー」は戦術的にノドから手が出るほど欲しい存在。今回の移籍はまさに相思相愛の組み合わせと言える。

 登録期間の問題もあり、東京Vで試合に出られるのは最短で21日の福岡戦から。「引越しもあって1週間休んでいたので、そこまでには100%のコンディションにしたい。戦術的にはこれからですけど、頑張ります(笑)」と笑顔を見せた。

写真提供:東京ヴェルディ