[浦和]約6,000人増、大きく伸びる観客動員数。浦和が打つ新たな施策

元の記事へ移動


新席種『企画シート』をスタート

 浦和の観客数が増えている。

 昨季の同時期に比べて、今季のJ1ホーム平均観客動員数が約6,000人増(34,876人→40,650人)。5万人超えを記録した神戸戦(第8節)が含まれている影響もあるが、平日金曜夜開催の横浜FM戦(第6節/32,555人)、湘南戦(第12節/23,221人)もあったことを考えると、大きな進歩と言えるだろう。

 その理由の一つに、今季から始まった新席種『企画シート』の存在がある。ファンコミュニティ担当課長の柳紫乃さんは「まだまだ」と謙遜しながら、「実は何年も前から準備してきたんです」と説明してくれた。

・映画『翔んで埼玉』シート
・『伝説のスウィーツ』シート
・埼玉のロックフェス『VIVA LA ROCK』とコラボした『REDS ROCK!』シート

 これらは、今年実施してきた『企画シート』の一部。浦和は今季、二つのミッションに取り組んできた。約2万人ものシーズンチケットホルダーが引き続き応援してくれる環境作り、そして新規顧客の創造という2点だ。安全・快適で、なおかつ熱気あるスタジアムを作ることは大前提。その上で、「いくら言葉で伝えても、きてもらって実感してもらう経験には敵わない。1回スタジアムにきたら、このすごさ、魅力を分かってもらえると思います!」と、柳さんは新規顧客に興味をもってもらえるような施策に取り組んできた。硬派な印象の浦和にとっては、ソフトに映る新しい風だ。

近く「企画の浦和」と呼ばれる日も?

『企画シート』への柳さんの熱意は、想像以上だった。「名産がないと思われがちな埼玉にも、こんなにいいものがあるというのを知ってほしかったんです!」。26日の第13節・広島戦で実施される『狭山茶シート』(販売期間終了)企画実現のためにも奔走。ただ、日本三大銘茶の一つ『狭山茶』が振る舞われるだけでは面白くない。どうするか…。

「ご協力いただいた茶屋の若旦那とは何度も打ち合わせして、疲労回復の効能があるカフェイン、血圧上昇を抑えるカテキンなどを配合した、レッズサポーターのための『浦和レッズ特製ブレンド茶』を作ってもらいました。埼玉県農林部、埼玉県茶業研究所、埼玉県茶業青年団の方々にも関わっていただいているんですよ。今年は、ちょうどいまがお茶の旬。できたての新茶をもってきていただきます」

 広島戦の企画シートはこれだけではない。パートナー企業『花王』と協力した『ビオレUV清く正しく美しート』(販売期間終了)も設置されるという。柳さんは「築き上げてきた大事なものを守りつつ新しいことを始める。クライマックスは試合だからそれを楽しんでもらうための形を作りたい」と展望した。

 ちなみに『土用丑の日』がある7月には名物の『浦和のうなぎシート』を企画していて、すでに柳さんも奔走中なのだとか。この勢い、すさまじい。「企画の浦和」と呼ばれる日も、そう遠くないかもしれない。(田中 直希)

[2184号](共通)浦和完勝。力強く突破 (関西)豪傑ソウザ!

元の記事へ移動

[2019年5月24日発売 エルゴラッソ2184号]

[AFCアジアチャンピオンズリーグ]

■浦和 vs 北京国安
浦和16強。長澤和輝、埼スタに舞う

[AFCアジアチャンピオンズリーグ]

■鹿島 vs 山東魯能
It’s 翔time!鹿島、焦れずに第一関門突破

[ルヴァンカップ マッチレポート]

■C大阪 vs 大分
ソウザのゴラッソ2発。C大阪が首位通過

**************************INDEX*************************
[AFCアジアチャンピオンズリーグ]
■シドニーFC vs 川崎F
大勝で示した意地。しかし“吉報”は届かず

■メルボルン vs 広島
広島5連勝。主役は全ゴールに絡んだ背番号14

[ルヴァンカップ マッチレポート]
■長崎 vs 横浜FM
狙っていた裏。J2長崎、最下位からの大逆転突破

■湘南 vs 札幌
札幌がPOへ。王者湘南、劇的同点もあと1点届かず

■柏 vs 仙台
消化試合にあらず。柏と仙台、収穫ありのドロー

■鳥栖 vs FC東京
“一騎討ち”を制したのは堅き青赤

■松本 vs G大阪
またも決定力不足に泣いた松本、好機生かせず

■神戸 vs 名古屋
主力投入の名古屋、ミッション達成

■磐田 vs 清水
清水がダービー今季3連勝。勝敗を分けた決定力


[明治安田J1第13節 プレビュー]
■横浜FM vs 磐田
ジュビロの中山。否が応でも比較される偉大な存在

■札幌 vs G大阪
問われる新布陣の機能性の真価

■清水 vs 仙台
仙台に求められる前向きなプレー

■C大阪 vs FC東京
FC東京の無敗街道は続くのか

■浦和 vs 広島
得点力不足の広島に打開策は?

■鳥栖 vs 鹿島
鳥栖、3連勝で降格圏脱出なるか

■名古屋 vs 松本
ジョーの代役はマテウスか赤﨑か

■神戸 vs 湘南
連敗続く神戸に見えた一筋の光

■大分 vs 川崎F
両者にとって重要な上位対決

[明治安田J2第15節 プレビュー]
■柏 vs 大宮
今後の行方を占う上位直接対決

■京都 vs 山口
課題は明らか。山口、守備の改善は

■長崎 vs 徳島
勢いを増す長崎。狙うは3連勝

■東京V vs 千葉
前節は大勝。千葉に問われる“継続”

■甲府 vs 横浜FC
横浜FC、下平新体制で連勝目指す

■愛媛 vs 水戸
昨季のリベンジに燃える愛媛

■琉球 vs 新潟
攻撃力が武器。奪うか、守り切るか

■鹿児島 vs 福岡
福岡が窮地で迎える九州ダービー

■山形 vs 金沢
山形、首位固めに向け一歩ずつ

■栃木 vs 岡山
栃木、自信を手にしてホーム連勝へ

■岐阜 vs 町田
最下位に沈む岐阜。修正は急務

[天皇杯1回戦 プレビュー]
■天皇杯開幕。いざ新国立へ

《エル・ゴラッソは、PC、スマホでも読める♪》
fujisan…日本最大級の電子書籍サイト
http://www.fujisan.co.jp/product/1281692744/