[大分]大分の高木駿vs大宮の笠原昂史。切磋琢磨し続けるライバル対決

元の記事へ移動


 明治安田J2第12節の大宮戦で、大分の高木駿が笠原昂史と因縁の守護神対決を演じる。
 高木は笠原の明治大の1年後輩。入学1年目はペアを組んで用具の片付けや寮の規律などを教えてもらった仲だ。その後、二人はともにトレーニングしながら切磋琢磨していく。09年、第89回天皇杯で湘南や山形を下して3回戦まで勝ち上がったときは笠原。その年のインカレや翌年のリーグ戦で優勝に導いたのは高木と、互いにポジションを争う中で明治大の躍進を支えた。
 ちなみに笠原が水戸に在籍していた昨季、水戸戦で大分のゴールを守ったのは笠原の市立船橋高の1年後輩にあたる上福元直人だった。今季、東京Vへと移籍した上福元は前節、笠原と対戦し、ともに好セーブを連発した。上福元は順天堂大時代に大学選抜で、そして昨季は大分で、同い年の高木と正守護神の座を競ったライバルでもある。
 高木は「カサさん(笠原)はノったらどんどん止める」と先輩をリスペクトしつつ、「カサさんと僕はまったく違うタイプ。僕は広い守備範囲をカバーし、攻撃にもどんどん参加して、僕のところからチャンスを作るくらいのイメージでやりたい」とアピール。「絶対に負けたくない。東京V戦のときカミ(上福元)を意識したように、今節はカサさん相手に気持ちが入る」と闘志をにじませた。
 大宮の笠原、東京Vの上福元とともに、今季の明治安田J1昇格争いのデッドヒートを繰り広げるであろう“大分の高木”が、積年のライバルたちを凌駕する。

[2030号]
(共通版表紙)4連勝か、初勝利か(関西版表紙)ジョーカー 闘莉王

元の記事へ移動

[2018年5月2日発売 エルゴラッソ2030号]

明治安田J1第12節 プレビュー

川崎F vs 浦和
“全開”の王者が目指す“まだ見ぬ景色”

明治安田J2第11節 マッチレポート

水戸 vs 京都
京都、最下位脱出。流れを一変させた“切り札”

明治安田J2第11節 マッチレポート

大宮 vs 東京V
難敵撃破。着実に底上げされる大宮のスタンダード

**************************INDEX****************************
[明治安田J1第12節 プレビュー]
■鹿島 vs 長崎
鹿島が臨む、仕切り直しの5月

■横浜FM vs 磐田
横浜FMが目指すのは圧倒的勝利

■湘南 vs 柏
自信を深める湘南。狙うは3連勝

■名古屋 vs C大阪
先制点が握る名古屋の命運

■G大阪 vs 仙台
前節快勝の青黒、試金石の一戦

■神戸 vs FC東京
燃える神戸。にらむ“上位喰い”

■広島 vs 清水
負けられない“ヨンソンダービー”

■鳥栖 vs 札幌
鳥栖は勝利よりもまずは連敗阻止

[VARオフラインテスト]
VARオフラインテスト説明会を実施

[明治安田J2第11節 マッチレポート]
■愛媛 vs 松本
勝利目前、愛媛の手からこぼれ落ちた勝点2

■山口 vs 新潟
自滅した山口。新潟が最後の最後で連敗阻止

■横浜FC vs 徳島
粘り強く1点死守。横浜FC、6試合ぶりの勝利

■岡山 vs 熊本
岡山の貫禄勝ち。先制許すも自信は揺るがず

■大分 vs 町田
大量得点・数的優位も冷や汗の大分

■山形 vs 栃木
栃木、我慢が続いた試合を制す

■岐阜 vs 金沢
柳下監督退席でも手にした勝利

■讃岐 vs 福岡
後半に息を吹き返した福岡

■甲府 vs 千葉
まさかのドロー。達磨甲府の終焉

[明治安田J2第12節 プレビュー]
■甲府 vs 山口
初陣で古巣戦。甲府の再建を託されたのは上野展裕氏

■東京V vs 町田
東京クラシック、2018

■千葉 vs 岡山
千葉には聖地、岡山には鬼門

■栃木 vs 京都
大黒欠場も“違和感なく”戦える

■松本 vs 水戸
劇的同点の勢いか、反発力か

■金沢 vs 新潟
通ずるスタイル、激戦の予感

■福岡 vs 山形
大一番へはずみをつけたい福岡

■大分 vs 大宮
大宮、高まる首位撃破の機運

■徳島 vs 愛媛
苦境下にヒーローは現れるか

■熊本 vs 岐阜
守備を修正して連敗を回避せよ

■讃岐 vs 横浜FC
4月無敗で5月シリーズへ

《エル・ゴラッソは、PC、スマホでも読める♪》
①fujisan…日本最大級の電子書籍サイト
http://www.fujisan.co.jp/product/1281692744/
②honto…電子書籍と紙のハイブリッド型総合書店
http://honto.jp/ebook/pd-series_B-900085-000000-11110022.html

浦和・柏木、川崎撃破宣言

元の記事へ移動

 浦和の元日本代表MF柏木陽介(30)が、2日の川崎戦(等々力)でゴール&勝利を1日、誓った。「まずはチームが勝つこと。そして遠めからでもシュートを打っていきたい」。チームはここ3試合で無得点。W杯のメンバー入りを目指す主将がゴールへの執念を燃やす。 (大原)

[京都]3年ぶりとなる故郷でのゲームを前に、「栃木にだけには負けたくない」と京都の湯澤洋介

元の記事へ移動


 3日に行われるJ2第12節・栃木戦は、湯澤洋介にとって特別なゲームだ。栃木はプロ入りから3シーズン過ごしたクラブであり、出身地も栃木県日光市。栃木から水戸に移籍した16年から昨季までは栃木がJ3所属だったため、アウェイに乗り込む3日のゲームは、3年ぶりに故郷で雄姿を見せるチャンスとなる。
 その大事なゲームを前にした心境を、「栃木にだけには負けたくないです」とキッパリ言い切った湯澤。「栃木時代は廣瀬(浩二)さんたちにシゴかれて…。けっこうボロカスに言われてましたからね、オレ(笑)」。厳しく叱責してくれた先輩たちに成長したプレーを見せつけ、恩返しをする心づもりでいる。
 また、栃木の選手として最後にプレーした15年にJ3降格が決まったこともあり、「試合に出たい気持ちは強いけど、自分がいたときに(J3に)落としている。ちょっと気まずさもあるんです」と、複雑な思いが交錯していることも明かしてくれた。
「知り合いも来てくれるはず。準備をしっかり整えておきます」。同じく古巣戦だった前節・水戸戦では今季初めて出番がなかった湯澤だが、今度こそ古巣相手に大暴れする姿が見られそうだ。

[徳島]選手監修のオリジナルタオマフが完成。その制作秘話と込められた思いとは?

元の記事へ移動

 選手監修の徳島オリジナルタオルマフラーが完成。その制作秘話を聞いた。
 今季から勝利した試合後に選手とサポーターが一緒になり、タオルマフラーを回してともに喜びを分かち合うようになった。その喜びの表現方法は、第3節・大宮戦(1○0)で、サポーターへの挨拶時に「タオルマフラーを回そうよ」(大﨑玲央)と言葉にしたのがきっかけだったそう。
 また、岩尾憲からの提案で「サポーターと一緒のタオルマフラーを回せないかな?」と既存のものではなく「一緒に使える特別なものを作りたい」と岩尾憲、大﨑、内田裕斗の3選手でプロジェクトチームを発足。デザインには「タオルマフラーを振ってみんなで一緒に喜びたいというのは今年新しく始まったサポーターとのコミュニケーションの一つとしてやっているので、デザインも明確に“今年っ!”というのが分かればいいな」(岩尾)というメッセージが込められており、中央には内田裕がサポーターに投げかけた「アツすぎる応援を!」という名言をキャッチコピーとしてあしらった。
 そのタオルマフラーが、今節・愛媛戦の『四国ダービー』から販売開始。チームの現状は苦しいところではあるが、ニュータオルマフラーを掲げて鼓舞してもらいたい。そして、勝利を収め、スタジアムに集まった全員で喜びを分かち合おう。

写真提供_徳島ヴォルティス

[千葉]甲府と千葉、吉田達磨氏と近藤直也。プロの美学と残酷さが入り交じった試合後の光景

元の記事へ移動

 4月28日のJ2第11節・甲府vs千葉は、運命や因果といった簡単な言葉で片づけられないゲームとなった。

 結果は後半アディショナルタイムの土壇場で、千葉がDF近藤直也の同点ゴールで追いついての1-1のドロー。甲府は勝利目前で勝点3を逃し、翌々日の同30日、監督だった吉田達麿氏が契約解除となった。

 今季リーグ戦における戦前の状況を整理しておくと、“ホーム未勝利の甲府”に対し、“アウェイ全敗の千葉”の構図。両者とも下位に低迷する苦境から脱しようと、喉から手が出るほど勝点3を欲するシチュエーションだった。

 選手と指導者あるいは強化責任者。立場こそ違えど、同点ゴールを決めた千葉の近藤と甲府の吉田氏は、長年にわたり同時期に柏に所属していた。吉田氏が柏を指揮した15年には監督と選手の関係だった。

 一方、吉田氏の契約解除の理由は一つではないにしろ、結果的に同点ゴールが引き金の一つになったことは否めない。近藤は「僕がどうこう言うことではないです」と前置きした上で、言葉を選びながら心境を語ってくれた。

「結果がすべての世界。お互い厳しい世界に身を置いているから、そういうこともある。僕ら(選手)も含めてですけど、1年1年が勝負だし、いつ首を切られてもおかしくない職業。いいサッカーをしていても勝てないチームもあるし、難しいですけど、それでも、すごくやりがいのある仕事でもあります」

 互いに“ハイリスク・ハイリターン”の世界に身を投じるプロフェッショナルというリスペクトの気持ちがあるからこそ、現実を正面から受け止める。

 試合直後、近藤が「すごく指導力のある人。感謝しているところは本当にたくさんあります」という吉田氏のいるベンチ前に出向くと、抱き合って健闘を称え合っていた二人。それはプロの美学と残酷さが入り交じるワンシーンだった。

[C大阪]11年越しの再戦。ジョーとの対戦に燃えるC大阪のキム・ジンヒョン

元の記事へ移動


 C大阪にとって2日の名古屋戦は、名古屋のストライカー、ジョーをどう抑えるかが試合のカギを握る。そのジョーと07年のU-20W杯で対戦経験があるのがGKキム・ジンヒョン(そのときはジョーの所属するブラジルが、キム・ジンヒョンの所属する韓国を3-2で破った)。
「動き直しがうまく、技術も高かった」と当時のジョーに対する印象を語ったキム・ジンヒョンは、「11年経って多少スピードは落ちても、動きは変わっていない。いい選手だということは間違いないけど、止めなければいけない」と11年越しの対戦に意欲を燃やした。
 今季、C大阪は、ここまでのリーグ戦のアウェイでは5試合すべてで先制点を許しているが、今節こそ、その流れを止めたい。得点力だけではなく、懐の深いキープ力に特長のあるジョーや、テクニックに秀でたガブリエル・シャビエルらをチーム全体で抑え、最後の砦として、キム・ジンヒョンが立ちはだかる。

[清水]広島との対戦を控えるヤン・ヨンソン監督。「近づいてくれば特別な感情も生まれてくる」

元の記事へ移動

 清水のヤン・ヨンソン監督は、昨季率いた広島との対戦に「極力平常心で臨めるようにしたいが、近づいてくれば特別な感情というものも生まれてくると思う」と複雑な感情を語った。
 昨季、広島は開幕から18戦で勝点11。降格圏に沈んでいたが、ヨンソン監督就任以降は残り16試合で勝ち点22を獲得し、見事残留を果たした。今季、広島は首位を走っているが、「結果は素晴らしい。規律のいいチームに仕上がっている」と見ている。では、清水としてはどう戦うのか。「相手の特徴を把握している。それは選手たちに対して還元していこうと思っている。ただ、いい試合を見せるということは変わらない」と話す。前節、昨季から12戦続いたホーム未勝利をようやく止めた。チームとして勢いのあるいま、首位の広島を叩く準備はできている。

写真:田中芳樹