オランダ代表に全盛期の彼がいれば…EURO優勝候補に躍り出るのは間違いない【分析コラム】

元の記事へ移動

UEFAネーションズリーグ・グループステージ最終節、リーグA・グループ1のポーランド代表対オランダ代表が行われ、1-2でオランダが勝利した。10月から指揮を執るフランク・デ・ブールは、前政権のスタイルを引き継ぎながら独自色を出し始めている。直近のEUROとワールドカップで本大会出場権を逃したオランダ代表だが、来夏に控えるEUROでは優勝も夢ではないのかもしれない。(文:本田千尋)


ベルギー代表が欧州最強か。黄金世代が全盛、完成度の高い組織戦術でイングランド代表を一蹴

元の記事へ移動

現地15日にUEFAネーションズリーグ第5節が行われ、リーグAのグループ2に属するベルギー代表はイングランド代表に2-0で完勝を収めた。ロベルト・マルティネス監督が鍛え上げたチームは完成度の高い組織戦術を披露し、個人に目を向けても20代後半になった黄金世代の選手たちが全盛期を謳歌している。来年開催予定のEUROで初の国際タイトル獲得も夢ではない。(文:本田千尋)




一発勝負のEUROプレーオフ決勝! ハンガリーは20歳の背番号10が逆転弾、北マケドニアは37歳大ベテランが初出場決定弾

元の記事へ移動

ハンガリーは20歳の10番MFドミニク・ショボスライが逆転ゴールを決めた
 EURO2020のプレーオフ決勝が12日に行われた。ハンガリー代表、スロバキア代表、スコットランド代表、北マケドニア代表がそれぞれ本大会出場を決めている。

 パスAでは、ハンガリーとアイスランドが対戦した。前半11分にアイスランドMFギルフィ・シグルズソンのFKがそのままゴールに入り、先制を許したハンガリー。しかし、後半44分に同点に追いついてみせる。

 すると試合終了直前に試合が動く。ハンガリーは20歳の10番MFドミニク・ショボスライがセンターラインから怒涛のドリブル突破。PA手前から右足シュートを放ち、ゴールに突き刺した。劇的勝利を挙げたハンガリーが逆転で本大会に進む。

 パスBは、北アイルランドとスロバキアが対戦。前半17分に先制したスロバキアだが、北アイルランドが終盤にオウンゴールで追いつく。1-1で90分が終わり、試合は延長戦に突入。スロバキアが延長後半5分、途中出場のFWミハル・ジュリシュがゴールを決め、勝ち越しに成功。そのまま試合を締め切った。

 パスCは、スコットランドとセルビアが対戦し、こちらも1-1で延長戦へ。しかし120分間でも決着はつかず。スコットランドがPK戦を5-4で制した。

 パスDは、ジョージアと北マケドニアの初出場を懸けた対決に。試合を決したのは北マケドニアの大ベテランFWゴラン・パンデフ。セリエAクラブで数々のタイトルを獲得してきた37歳が後半11分に先制ゴール。北マケドニアはその得点を守り切り、1-0でEURO初出場を決めた。

●EURO2020予選特集


EUROプレーオフ準決勝が開催、ホーランド擁するノルウェーはセルビアに敗戦

元の記事へ移動

FWアーリング・ホーランドは本大会出場ならず
 EURO2020プレーオフ準決勝が8日に行われた。ハンガリー、アイスランド、北アイルランド、スロバキア、セルビア、スコットランド、ジョージア、マケドニアが本大会出場に王手をかけた。

 予選プレーオフは、UEFAネーションズリーグのリーグAからDの4リーグから、各組を勝ち抜いた4チームの合計16チームが出場。パスAからDまでに振り分けられ、それぞれのトーナメントで頂点となる4チームが本大会に駒を進める。

 パスAでは、ブルガリア対ハンガリーとアイスランド対ルーマニアを行い、ハンガリーが3-1で、アイスランドが2-1でそれぞれ勝利した。パスBでは、ボスニア・ヘルツェゴビナと北アイルランド、スロバキアとアイルランドが対戦し、それぞれPK戦で、北アイルランドとスロバキアが決勝に進出している。

 パスCでは、ノルウェーとセルビアが対戦。ノルウェーは注目FWのアーリング・ホーランドが先発するも、前半は0-0で折り返す。均衡が崩れたのは後半36分。セルビアはセットプレーからMFセルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチがフィニッシュを決め、先制に成功。しかしノルウェーも同43分にMFマティアス・ノルマンが右足シュートを決め、1-1と同点に追いついた。

 延長戦に突入すると、延長前半12分にセルビアが決勝点。PA内でパスがつながり、PA左のミリンコビッチ・サビッチが冷静なループシュートを流し込んだ。ノルウェーはエースのホーランドがフル出場も不発に終わり、セルビアが2-1で接戦を制した。

 パスCのもう一試合、スコットランドとイスラエルは、スコアレスのままPK戦へ。スコットランドが5-3で勝利している。

 パスDは、ジョージアとベラルーシが対戦し、ジョージアが1-0で勝利。マケドニアとコソボの対戦は、マケドニアが2-1で勝利を収めている。

 プレーオフの決勝は11月12日に一発勝負で行われる。

●EURO2020予選特集