ターンオーバーでも盤石の強さ! あの男が復活したイタリア、10人ウェールズ撃破で3連勝&首位通過

元の記事へ移動

イタリアが1-0でウェールズを下して3連勝
[6.20 EURO A組第3節 イタリア1-0ウェールズ ローマ]

 欧州選手権(EURO2020)のグループA第3節が20日に開催され、イタリア代表ウェールズ代表に1-0で勝利した。3連勝を飾り、1位での決勝トーナメント進出が決定。2018年から続く連続無敗記録は30試合に伸びた。ウェールズは敗れたものの、他会場の結果で2位通過となっている。

 トルコ代表、スイス代表をいずれも3-0で破り、大会一番乗りでグループリーグ突破を決めていたイタリアは、前節から先発メンバー8人をチェンジ。大会前の怪我で過去2試合を欠場していたMFマルコ・ベッラッティ(パリSG)が復帰を果たしたほか、前節に負傷交代したDFジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)に代わり、3戦連続スタメンのDFレオナルド・ボヌッチ(ユベントス)がキャプテンマークを巻いた。

 対するウェールズは前節から3人の先発メンバーを変更。最初の2試合は4バックだったが、4-3-3のイタリアに対し、主将FWガレス・ベイル(トッテナム)が右ウイングに入る3-4-3でスタートした。

 開幕2連勝(勝ち点6)の首位イタリアは引き分け以上で1位通過、1勝1分(勝ち点4)の2位ウェールズもドロー以上で突破が決まることもあり、開始からこう着した展開が続く。

 徐々に動きが出てきた中で前半24分、イタリアの中央でのパスワークからPA内右に流れたFWアンドレア・ベロッティ(トリノ)が右足でシュート性のボールを蹴り込むが、味方には合わずにゴール左外へ。同27分には両チームを通じて最初となるウェールズの左CKから、ニアのDFクリス・グンター(チャールトン・アスレティック)がヘディングシュート。しかし、わずかにゴール左上へ外れた。

 その後はイタリアがウェールズを押し込んでいく。前半29分、左サイドからDFアレッサンドロ・バストーニ(インテル)がクロスを送り、ファーで受けたFWフェデリコ・キエーザ(ユベントス)が至近距離で右足を振り抜くが、シュートはDFに当たって左ポストの外側を通過する。

 それでもイタリアは前半39分に均衡を破った。右サイドでベッラッティがFKを獲得し、自らキッカーを担当。右足で低いクロスを供給すると、ニアのMFマッテオ・ペッシーナ(アタランタ)が右足で合わせ、ゴール左に流し込んだ。

 リードして前半を終えたイタリアは先の戦いを見据えてボヌッチを休ませ、ハーフタイム明けからDFフランチェスコ・アチェルビ(ラツィオ)を投入。キャプテンマークはベッラッティに託された。

 イタリアはプレーの強度を落とすことなく前からボールを追いかけ、ウェールズに主導権を渡さない。後半8分には敵陣右寄りのFKからキッカーのFWフェデリコ・ベルナルデスキ(ユベントス)が左足で低い弾道のシュート。しかし、左ポストに嫌われる。

 一方のウェールズは、後半9分にDFと入れ替わったFWアーロン・ラムジー(ユベントス)がGKジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)と1対1の絶好機を迎えるが、帰陣した相手の対応で得点にはつながらない。すると同10分、DFイーサン・アンパドゥ(チェルシー)が球際の争いでベルナルデスキの足を踏んでしまい、レッドカードを受ける。数的不利に陥ったウェールズは4-4-1にシステム変更した。

 後半30分にはラムジーの後方からのFKをPA内左の味方が頭で折り返し、ファーでフリーとなったベイルが左足のボレーシュートを放つも、枠を捉えられない。イタリアは追加点こそ奪えなかったが、終盤にGKドンナルンマとGKサルバトーレ・シリグ(トリノ)を交代するなど余裕も見せ、1-0で逃げ切った。

●EURO2020特集


シャキリ左右で2発も…スイスは得失点差で及ばず3位通過の結果待ち

元の記事へ移動

MFジェルダン・シャキリ(リバプール)
[6.20 EURO A組第3節 スイス3-1トルコ バクー]

 欧州選手権(EURO2020)は20日、A組のグループリーグ第3節を行い、スイス代表とトルコ代表が対戦した。MFジェルダン・シャキリ(リバプール)の2ゴールなどでスイスが3-1で勝利したが、勝ち点4で並んだウェールズに得失点差で及ばず、グループ3位が決定。決勝トーナメント進出は他グループの結果に委ねられることになった。

 ここまで1分1敗でA組3位のスイスと、2連敗で同4位のトルコ。今大会ではグループ3位の中から成績上位4チームも決勝トーナメントに進めるため、両チームともにグループリーグ突破の可能性を十分に残す中、主力メンバーでこの一戦に臨んだ。

 試合の入りはトルコが優勢。前半2分、FWブラク・ユルマズ(リール)の積極的なミドルシュートがさっそく相手DFの頭を強襲すると、同4分にはユルマズからのパスを受けたMFカーン・アイハン(サッスオーロ)が決定的なボレーシュートを放つ。だが、これはGKヤン・ゾマー(ボルシアMG)がスーパーセーブ。スイス守護神が試合の均衡を保った。

 すると前半6分、スイスがワンチャンスでスコアを動かした。右サイドアタックから展開されたボールをMFシュテフェン・ツバー(フランクフルト)が左のペナルティエリア角で受けると、内に折り返したボールにFWハリス・セフェロビッチ(ベンフィカ)が反応。振り向きざまに左足を振り抜き、DFメリフ・デミラル(ユベントス)の股を抜いてゴール右隅に突き刺した。

 エースのセフェロビッチは今大会初ゴール。決勝トーナメント進出がかかる大事な試合で結果を出した。一方、苦しくなったのはトルコ。前半16分、右サイドを駆け上がったMFジェンギズ・ウンデル(レスター・シティ)の突破からチャンスを作り、クロスに反応したDFメルト・ミュルドゥル(サッスオーロ)がボレーで狙ったが、またもゾマーのビッグセーブに阻まれた。

 すると、またしてもスイス守護神の奮闘に攻撃陣が応えた。前半26分、FWブレール・エンボロ(ボルシアMG)、セフェロビッチの突破は相手に阻まれたが、セカンドボールをツバーが折り返し、シャキリが右足を一閃。逆足での素晴らしいミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し、リードを2点に広げた。

 前半33分、トルコはアイハンのミドルシュートがゴール左隅を突いたが、これもゾマーが横っ飛びで完璧なセーブ。同43分にもトルコはロングカウンターからミュルドゥルが左サイドを駆け上がり、ドリブルで相手をかわしてシュートを狙ったが、これもゾマーのビッグセーブに遭い、今大会初ゴールが遠いままハーフタイムを迎えた。

 同時刻開催の他会場では、勝ち点4でグループ2位のウェールズが勝ち点6で首位のイタリアに0-1のビハインド。このまま終わればウェールズとスイスは勝ち点4で並ぶことになるが、得失点差でウェールズ(+1)がスイス(-1)を上回っているため、スイスが2位でのストレートインを狙うならさらに大差をつける必要がある。

 そのため、後半もスイスはペースを落とすことなく、エンボロやシャキリがゴールに迫ろうとする。それでもDFチャグラル・ソユンク(レスター・シティ)らトルコの守備陣も奮闘。後半15分にはMFグラニト・ジャカ(アーセナル)の縦パスを受けたセフェロビッチが強烈な右足シュートを放つが、GKウギュルジャン・チャクル(トラブゾンスポル)が横っ飛びで阻んだ。

 すると後半17分、トルコが待望の今大会初ゴールを奪った。MFハカン・チャルハノール(ミラン)からのパスを受けたMFイルファン・ジャン・カフベジ(フェネルバフチェ)が右サイドからカットインし、ミドルレンジから左足を振り抜くと、ドライブ回転のかかったボールがゴール左隅に突き刺さった。これには名手ゾマーも手が届かなかった。

 トルコは後半20分、ここぞとばかりに2枚替えを敢行。MFオカイ・ヨクシュル(WBA)、FWユスフ・ヤズジュ(リール)を一気に投入し、同点に向けてアクセルを踏み込んだ。

 ところが後半23分、スイスはジャカとのワンツーで左サイドを打開したツバーがグラウンダーでのアーリークロスを送り込むと、右ハーフスペースからゴール前に駆け上がったシャキリが左足ダイレクトでゴール。素晴らしいカウンターが決まり、リードを再び2点に広げた。なお、ツバーはこれで1試合3アシストとなった。

 なおも攻めるスイスは後半33分、ペナルティエリア際ゴール正面からのFKをジャカが直接狙ったが、これは右ポストに阻まれ、跳ね返りを拾ったMFルベン・バルガス(アウクスブルク)も打ち切れず。そのまま最後まで試合は動かず、3-1でスイスが勝利した。

 それでもウェールズが0-1での敗戦となったため、得失点差でウェールズの2位通過が決定。スイスはグループ3位の成績上位4チームに入るべく、他グループの結果を待つことになった。

●EURO2020特集










イケア・カナダ支店が飲料専用ボトル「クリスティアーノ」を新発売! 入れていい飲み物は…

元の記事へ移動

水を飲むFWクリスティアーノ・ロナウド
 世界的な家具量販店「イケア」のカナダ支社は19日、新商品を発表。飲料水の専用ボトルで、商品名は「クリスティアーノ」という。会見で水を要求したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをあやかったものとみられる。なお、日本での販売は確認されていない。

 C・ロナウドは15日のEURO2020初戦・ハンガリー戦の前日会見に出席。机の上に置かれた2本のコカ・コーラを目にすると、脇に押し寄せて、「水!」と一喝。大会公式のドリンクスポンサーを気にすることなく、自身の肉体へのこだわりを垣間見せた。

 この行為は一種の“ミーム”となり、各選手が同様の行いや、冗談めかしたリアクションで会見場を盛り上げた。しかし、現在この流行は欧州サッカー連盟によりタブーに。選手がボトルに触れることを禁じられた。

 この盛り上がりを商売につなげたのは「イケア」のカナダ支社だ。公式インスタグラム(@ikeacanada)で、C・ロナウドとEURO2020をタグ付けをしつつ、新商品「クリスティアーノ」を紹介。「再利用可能な水専用ボトルです」と伝えた。

 ジョークを混ぜた新商品は消費者に大好評。「マーケティングチームにボーナスを与えてやってくれ!」とコメントが殺到している。


●EURO2020特集