FC東京・大久保嘉人が移籍可能性 … 古巣川崎Fや長崎興味

元の記事へ移動


201712020000812-nsogp_0


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2017/12/03(日) 00:00:00.00 ID:000
今季、川崎フロンターレからFC東京に加入した元日本代表FW大久保嘉人(35)に移籍の可能性があることが2日、分かった。

複数の関係者によると、悲願のJ1初優勝を果たした古巣をはじめ、01年にプロ生活をスタートしたセレッソ大阪、出身の国見高があり来季J1に初昇格するV・ファーレン長崎が興味を示している。

東京との契約は1年残っているため、移籍するには違約金が発生する。
現段階では、いずれのクラブも条件面の調査にとどまっているが、今季リーグ戦が終了したタイミングで本格交渉に進展する可能性がある。

今季は新天地の東京で5年ぶりの1ケタ得点となる8ゴールに終わったが、13~15年に前人未到の3年連続得点王に輝いた実績は抜群。

川崎Fが獲得に乗り出した場合には、リーグ2連覇とACLを戦うチームの戦力底上げになりそうだ。
C大阪もACLがあり、長崎もJ1定着の目玉として獲得に動くかもしれない。

https://www.nikkansports.com/soccer/news/201712020000812.html



スポンサーリンク





27: 名無しさん@恐縮です:2017/12/03(日) 07:26:04.37 ID:IZqoklo/0.net

>>1
上位チームはもう無いだろ


135: 名無しさん@恐縮です:2017/12/03(日) 09:45:34.02 ID:Wq9bl3Aw0.net

>>1
童貞キャップじゃねーかー


164: 名無しさん@恐縮です:2017/12/03(日) 10:27:04.26 ID:cM79lEiS0.net

>>1
大久保いると優勝出来ないイメージ


195: 名無しさん@恐縮です:2017/12/03(日) 11:25:07.30 ID:Adq/vcRL0.net

>>1
逆に大久保のいなくなったFC東京が来季躍進したら笑えるなw

続きを読む

【J1 第34節(最終節) FC東京×G大阪】石川直宏2年ぶりJ1先発のFC東京、“ラストマッチ”を勝利で飾れず【動画】

元の記事へ移動


news_232275_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2017/12/02(土) 00:00:00.00 ID:000
[12.2 J1第34節 FC東京0-0G大阪 味の素スタジアム(30,548人)]
得点:


今季限りで引退するFW石川直宏、長崎へ移籍するDF徳永悠平の“味スタ”ラストマッチ。
両者ともに先発したFC東京は、長谷川健太監督指揮での最後の試合となるガンバ大阪をホームに迎えたが、最後までゴールを割るこができず、今季最終節をスコアレスで終えた。

7戦勝ちなし(3分4敗)の中、ホーム最終戦を勝利で飾りたいFC東京。
石川は3トップの右、徳永は3バックの右で先発、来週から始まるE-1選手権の日本代表にチームで唯一選出されているFW高萩洋次郎は3トップの左に入った。

対するG大阪もクラブワーストの9戦勝ちなし(3分6敗)と不調を極める。
E-1選手権の代表選手6人、GK東口順昭、DF三浦弦太、DF今野泰幸、MF井手口陽介、MF初瀬亮、MF倉田秋は先発、今季で引退を発表しているGK藤ヶ谷陽介はベンチスタートとなった。
 
アンカーに入った井出口、トップ下の遠藤を経由し、G大阪がボールを持つ時間を長くする。
しかし、2試合連続無得点と得点力不足にあえぐG大阪はなかなかシュートまで持ち込むことができない。
対照的に手数をかけずに攻めるFC東京がシュートチャンスを重ねていく。
13分、右サイドMF室屋成のクロスを徳永がそらすとMF太田宏介がヘディングシュートを放ったが、ボールはGK東口の両手におさまる。
22分には徳永のクロスに高萩が飛び込んだが、ボールはゴールマウスをとらえることができない。

前半最もスタジアムが沸いたのは25分、MF橋本拳人のスルーパスに抜け出た石川がGKとの1対1を迎えたが、判定はオフサイドとなった。
前半終了間際にも青赤のユニフォームがチャンスをつくる。
徳永がシュート性のボールを中央に入れると、石川が倒れ込みながら後ろに落とす。
フリーになっていた橋本が左足で狙ったが、シュートはクロスバーを越えていってしまった。

最初の45分をシュート0で終えてしまったG大阪。
後半立ち上がり7分に初瀬のクロスにニアでFW長沢駿が頭で合わせたが、ゴールを外れてしまう。
FC東京は橋本の縦パスを起点に石川、高萩とつなぎ最後はMF室屋成がシュートを狙ったが、DFに阻まれてしまった。
直後の12分、石川はMF永井謙佑と交代となりピッチを退いた。

FC東京の攻勢はなおも続く。
右サイドでのパス交換から室屋のクロスがファーサイドの永井に通る。
ボールコントロールした永井はすぐさま右足でシュートまで持ち込んだが、GK東口のセーブにあう。
劣勢を強いられているG大阪は、FWファン・ウィジョを投入して打開を図る。
それでもFC東京の時間は続き、29分には東からのパスを受けた太田が左足を強振、ゴール右上を矢のようなシュートがとらえたが、GK東口がビッグセーブ。
こぼれ球に永井がつめたが、GK東口がゴールを許さなかった。

攻め立てるもゴールが遠いFC東京は残り2つの交代枠を使い、16歳のMF久保建英と35歳のFW大久保嘉人を投入した。
後半アディショナルタイム3分にはペナルティエリア外から久保が狙いすました左ミドルを見舞う。
ボールは枠に向かったが、GK東口がセーブ。

直後の大久保のヘディングもクロスバーを越えてしまい万事休す。
90分間、ともにノーゴールのまま試合終了を迎えた。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?232275-232275-fl

明治安田生命 J1リーグ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/j1/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/goal.html?s=J1


関連記事:
FC東京MF石川直宏が今季限りでの現役引退を発表「思った以上の回復ができていない」


スポンサーリンク




続きを読む

[FC東京]来季新監督に長谷川健太氏。さらに新戦力として大森晃太郎、ディエゴ・オリヴェイラ、三田啓貴を獲得へ

元の記事へ移動

 FC東京の来季の新監督に、今季までG大阪を指揮した長谷川健太監督が就任することになった。近日中にも正式発表される。

 長谷川監督は清水での指揮を終えたあと、13年に当時J2に降格したG大阪の監督に就任。J2優勝でチームを1年でJ1に昇格させると、翌14年はJ1リーグ、天皇杯、ヤマザキナビスコカップ(現・YBCルヴァンカップ)をすべて制する3冠を達成した。その後も毎年上位に位置づけていたが、今季は10位に低迷。長谷川監督の今季限りでのG大阪退団もすでに発表されていた。

 FC東京は今季途中で篠田善之前監督を解任。今季の残り試合を限定的に指揮する形で安間貴義監督が就任した。来季以降の新監督を探す中、2年連続で監督解任となるなど安定しないチーム状況を変える人材として、過去に優勝経験のある監督という条件を設定。G大阪でタイトルを奪取し、厳しい指導が定評の長谷川監督と交渉を進めていた。

 また来季に向けた新戦力獲得にも動いている。まず神戸のMF大森晃太郎の獲得が濃厚で、長谷川監督とは16年までG大阪で師弟関係だったアタッカーを呼び寄せることになる。大森は今季序盤は新天地の神戸で活躍していたが、徐々に出場機会を失っていた。またFWには柏のブラジル人ストライカー、ディエゴ・オリヴェイラをリストアップ。すでに交渉が進む。

 さらに、FC東京の育成組織出身で、今季仙台に完全移籍したMF三田啓貴を獲得する動きも出ている。三田はFC東京時代は出番に恵まれなかったが、昨季期限付き移籍で仙台にプレーの場を求めると一気に活躍。今季はチームの中軸としてボランチの位置で好プレーを披露していた。クラブは外の世界を知り才能が開花した青赤育ちのMFを、再びチームに呼び戻したい考えだ。

 今季は大きな期待を集めながらもリーグ戦13位という結果に終わったFC東京。長谷川監督の下、来季のチーム作りはすでに進む中、今後の動向に注目が集まる。

[Jリーグ・J1 2017] サンフレッチェ広島 vs FC東京

元の記事へ移動

2017年11月26日に行なわれた日本プロサッカーリーグ1部「2017 明治安田生命J1リーグ(MEIJI YASUDA J1 LEAGUE)」第33節、サンフレッチェ広島対FC東京のY […]

続きを読む

<FC東京のMF久保建英(たけふさ、16)>26日J1デビューへ!出場すれば歴代3位の若さ

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★:2017/11/24(金) 06:21:16.92 ID:CAP_USER9.net

J1・FC東京のMF久保建英(たけふさ、16)が、26日の広島戦(Eスタ)でベンチ入りすることが23日、濃厚になった。

スペイン1部バルセロナの下部組織でプレー経験がある久保は、11月1日にプロ契約を結びトップチームに昇格。
広島戦に出場すれば、歴代3位となる16歳5カ月22日の若さでJ1リーグ戦デビューを果たす。

天才少年のデビューが、刻一刻と迫っている。MF久保がJ1リーグ戦デビューを果たす可能性が出てきた。
この日の紅白戦はサブ組だったが、惜しいシュートを放つ場面も。デビュー目前の久保のプレーに、祝日で集まった約400人のファンが歓声を上げた。

「自分がメンバーに入ればうれしい。できるだけ早く、(J1で)チャンスがあればやりたいという思いはある」

11月1日にプロ契約を結び、トップチームに昇格。すでにJ3公式戦とJ1のルヴァン杯は経験しているが、
J1リーグ戦は未経験。26日の広島戦に出場すれば16歳5カ月22日で歴代3位の記録になる。

チームは12位に低迷し、9月16日の仙台戦を最後に勝利がない。大黒柱のFWウタカは広島からのレンタル移籍で、広島戦の出場は契約上不可能。
1日に久保と一緒にトップに昇格し、18日の鳥栖戦(ベアス)で一足早くJ1デビューを飾ったMF平川は22日の練習中に右足を負傷した。
台所事情が苦しい中、新たな風を吹き込む新戦力としてベンチ入りが濃厚だ。

久保のデビューをベテランも歓迎する。この日の紅白戦で同じサブ組に入った35歳のFW大久保嘉は、
「大丈夫でしょう。タケは自分が思うような動きをしてくれる。一緒に出たいね」。19歳差の“OKコンビ”として同時出場を熱望した。

11/24(金) 5:00配信 サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000502-sanspo-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171124-00000502-sanspo-000-view.jpg

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511472076
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)