【GIF】名古屋戦前半25分久保建英のスルーパス【J1 第4節 FC東京×名古屋】

元の記事へ移動

245: さあ名無しさん、ここは守りたい 2019/03/17(日) 13:53:36.23 ID:gVZ3EPoT

久保のパスはシュートまで行けというメッセージなんだけどなあ

【GIF】
https://img.gifmagazine.net/gifmagazine/images/3507375/original.gif




関連記事:
【J1 第4節 FC東京×名古屋】“古巣キラー”永井謙佑の対名古屋3戦連発弾でFC東京が3連勝!無敗対決制す!!【動画】



スポンサーリンク
FC東京楽天市場店







256: さあ名無しさん、ここは守りたい 2019/03/17(日) 13:54:20.97 ID:gXaShUi5

久保はできるだけラストパス出そうとする意図を感じる


278: さあ名無しさん、ここは守りたい 2019/03/17(日) 13:55:42.12 ID:1pdJMcIC

ハヤブサ~~~

続きを読む

【J1 第4節 FC東京×名古屋】“古巣キラー”永井謙佑の対名古屋3戦連発弾でFC東京が3連勝!無敗対決制す!!【動画】

元の記事へ移動


news_268978_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/17(日) 00:00:00.00 ID:000
[3.17 J1第4節 FC東京1-0名古屋 味の素スタジアム(25656人)]
得点:
後半9分 永井 謙佑


FC東京がホームで名古屋グランパスを1-0で下した。
FC東京は3連勝。

名古屋の連勝は3で止まり、今季初となる黒星を喫した。

3連勝で首位の名古屋と2勝1分で2位のFC東京の直接対決。
両軍とも前節から先発メンバーに変更はなし。
前節の鳥栖戦で前半途中に途中交代したFC東京のFW永井謙佑も先発で古巣戦に臨むことになった。
また名古屋は怪我で出遅れていたFWマテウスが今季初めてベンチ入りした。

いきなり決定機はFC東京。
前半5分、MF東慶悟のスルーパスにFW永井謙佑が反応し、完全にGKと1対1になる。
シュートは惜しくも右に外してしまったが、FC東京はその後も高いラインを保ち続ける名古屋DFラインの裏を狙うパスを再三出し続けてチャンスを伺っていく。

名古屋はコンパクトな陣形からポゼッションを高めてFC東京のゴールに迫ろうするが、パスワークの精度を欠き、なかなかチャンスを生み出すことができない。
前半17分のMFガブリエル・シャビエルのシュートや、同41分のジョーのシュートもGK林彰洋に防がれて先制点にはならなかった。

スコアレスで折り返した後半、名古屋が先にメンバーを交代。
FW赤崎秀平を下げてマテウスを投入。
今季初めて外国籍選手5人を同時にピッチに立たせる。
しかしスコアを動かしたのはFC東京だった。
9分、東のスルーパスで抜け出した永井がGKとの1対1を制す。
永井は昨年の対戦でも2戦2ゴールを決めており、対名古屋は3戦連発となった。

勢いづくFC東京は後半18分、永井がドリブルで持ち込んでシュート。
GKランゲラックの好セーブに遭うが、右サイドから猛然と走り込んだMF久保建英が詰める。
しかしシュートは惜しくも右サイドネットに外れる。
反撃したい名古屋は出れば負けない“不敗神話”を持つMF相馬勇紀をDF宮原和也に代えて投入。
和泉を右SBで起用する攻撃的布陣で勝負を仕掛ける。

しかし名古屋はなかなか可能性を見出すことができない。
FWジョーにいいボールを当てようとするが、クロスボールはFC東京の固い守りに跳ね返されてしまう。

後半40分にはMF米本拓司に代えてMF長谷川アーリアジャスールを投入するが、最後までゴールを奪えず、今季初の無得点となった。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?268978-268978-fl


明治安田生命 J1リーグ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/j1/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/goal.html?s=J1



スポンサーリンク





続きを読む

J1初アシストの17歳久保建英、データ3項目で両軍最高!パス成功率は驚異の「91.7%」【J1 第3節 FC東京×鳥栖】

元の記事へ移動


Takefusa-Kubo


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/10(日) 00:00:00.00 ID:000
■開幕3戦連続スタメンの久保 枠内シュート数、パス成功率、敵陣パス成功率で両軍トップ
FC東京の17歳MF久保建英がJ1で自身初アシストをマークし、データ3項目で両軍トップの数値を叩き出した。

FC東京は10日のJ1第3節サガン鳥栖戦で2-0と勝利し、チームは2連勝。
そのなかで久保が大きな存在感を示している。

開幕3試合連続スタメン出場の久保は、要所でボールを受けて積極的にゴールへ迫る。
後半13分にはMF東慶悟のスルーパスに反応した久保が相手ペナルティーエリア左で受けると、角度のないところからシュートを放つ。
これは相手GK大久保択生の好セーブで阻まれたが、意表を突いた一撃で会場を沸かせた。

後半43分にオウンゴールでFC東京が先制したなか、後半アディショナルタイムに久保が魅せる。
左サイドでMF大森晃太郎のスルーパスに抜け出した久保は、一気にスピードアップしてペナルティーエリア左まで進入。

相手DFと対峙しながら、ファーサイドで駆け引きしていたFWジャエルの動き出しを見逃さず、相手から離れるようにマークを外した瞬間に絶妙な強さとタイミングでパスを送り、J1初アシストをマークした。
試合はそのままFC東京が2-0と勝利を収めている。

データ分析会社「OPTA」の公式ツイッターは「久保建英は今試合では枠内シュート数(2本)、パス成功率(91.7%)、敵陣パス成功率(90.5%)が両チーム最多だった。本領」と速報。

久保がデータ3項目で両軍トップの数値を残したと記し、本領を発揮したと称賛した。

J1の舞台で経験を積んでいる17歳アタッカーは、大きく飛躍しそうな予感を漂わせている。

https://www.football-zone.net/archives/175223


関連記事:
【J1 第3節 FC東京×鳥栖】久保が今季初アシスト!FC東京が終盤2発でホーム開幕戦勝利、クエンカ初陣の鳥栖は開幕3連敗【動画】

【動画・GIF】高萩に後ろから蹴られたうえにリスタート邪魔されてトーレス師匠が激おこです!【J1 第3節 FC東京×鳥栖】


スポンサーリンク






1:2019/03/10(日)

まだ高校卒業まで後1年ある!
彼が大きな怪我しなければ、とんでもない選手になるだろうね!
楽しみな逸材だね!



2:2019/03/10(日)

このチームに久保は活かせない。
見ていて酷いチームだと思った、フリーでアピールし続けても全然パスが来ない。

内心早くバルサに帰りたいだろうな。


3:2019/03/10(日)

17歳。すごい。今後が楽しみ。


4:2019/03/10(日)

イニエスタにはビジャ古橋が必要だったり香川と乾がお互い活かしたようにお互いを抜群に活かせる選手がもう一人いたらもっと光るし数字残せるんだけどな。

中々パス来なくてボールさえ持てれば何かできるけど現状このチームにはもったいない状態。


6:2019/03/10(日)

一人だけ視野の広さや技術のレベルが違う。
プレーに頭の良さも感じる。
これから身体的な成熟とともにどんどん伸びるだろう。


続きを読む

【動画・GIF】高萩に後ろから蹴られたうえにリスタート邪魔されてトーレス師匠が激おこです!【J1 第3節 FC東京×鳥栖】

元の記事へ移動

421: さあ名無しさん、ここは守りたい 2019/03/10(日) 15:26:23.64 ID:z2nDzPTn

トーレスカレー




関連記事:
【J1 第3節 FC東京×鳥栖】久保が今季初アシスト!FC東京が終盤2発でホーム開幕戦勝利、クエンカ初陣の鳥栖は開幕3連敗【動画】


スポンサーリンク






423: さあ名無しさん、ここは守りたい 2019/03/10(日) 15:26:24.44 ID:ahmUNwyS

師匠カレー


424: さあ名無しさん、ここは守りたい 2019/03/10(日) 15:26:25.24 ID:cJLIjaMZ

トーレスカレー

続きを読む

[FC東京]FC東京U-23を率いる長澤徹監督、「勝つことで学ぶものがある」

元の記事へ移動

 FC東京U-23は16日、J3第2節・岩手戦でホーム開幕戦を迎える。
 今季からチームを指揮するのは、長澤徹監督。昨季までJ2・岡山を率い、今季は古巣のFC東京にトップチームのコーチと兼任する形で復帰した。
 若手育成に定評のある指導者。FC東京U-23は他のJ3クラブとは違い、ただ勝利やタイトルを目指すことが目標ではなく、まず前提としてJ1で活躍できる人材を育てるというタスクが存在する。また同じくJ3で戦うチームを持つC大阪、G大阪は、J1で戦うチームと分けてトレーニングを行っているが、FC東京は週末の試合直前まで全選手が同じ練習メニューに励んでいる。そのため、J3を戦うU-23は対戦相手を意識した練習など、試合に向けたメニューは組まれていない。出場選手も試合前日に知らされるなど、他クラブとは異なる事情が存在している。
 長澤監督は「そのあたりのことはすべて承知の上で、この仕事を引き受けている」と語り、こう続けた。
「このチームはクラブとして近未来への投資という側面がある。つまり、練習試合ではなく公式戦を戦えるという恵まれた中で、そこでプレーする選手たちをいかにJ1の舞台へと引き上げていけるか。そして選手が成長するためには、当然成功体験が必要です。勝負の世界、やはり負けから学ぶものよりも勝つことで学ぶものがある。だから、タイトルなど大きな目標も大切だが、まずは選手が成長する上での勝利ということになる」
 ただ単に勝ち点を重ねていくことが、このチームの成功ではない。集団として、選手として、日本のトップカテゴリーで戦う選手たちに追いつき追い越せの成長曲線を生み出す――。FC東京U-23は、長澤新監督の元、その本質を見つめながら今季を戦う。

【J1 第3節 FC東京×鳥栖】久保が今季初アシスト!FC東京が終盤2発でホーム開幕戦勝利、クエンカ初陣の鳥栖は開幕3連敗【動画】

元の記事へ移動

news_268306_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/10(日) 00:00:00.00 ID:000
[3.10 J1第3節 FC東京2-0鳥栖 味の素スタジアム( 27937人)]
得点:
後半43分 オウンゴール
後半48分 ジャエル


J1リーグは10日、第3節を行い、FC東京はサガン鳥栖を2-0で下し、ホーム開幕戦を白星で飾った。
FC東京はリーグ戦連勝で開幕から3戦無敗(2勝1分)。
鳥栖は開幕から無得点で3連敗を喫した。

FC東京は6日のルヴァン杯柏戦(1-2)から全員を入れ替え、開幕から3試合連続で同じ11人が先発した。
対する鳥栖はJ1第2節神戸戦(0-1)から先発2人を変更し、復帰したDF三丸拡が今季初先発初出場。
FW趙東建もリーグ戦は初先発となり、ルヴァン杯から中3日で趙、DF原輝綺、MF高橋秀人、MF高橋義希、17歳のMF松岡大起が続けて先発した。
新戦力のMFイサック・クエンカ・ロペスが初めてベンチ入りした。

MF久保建英は3試合連続で右サイドハーフで先発し、左サイドハーフで先発した松岡と同サイドでマッチアップした。
序盤はFC東京がペースを握り、前半2分にFW永井謙佑が左サイドを突破して右足シュート。
対する鳥栖も前半14分、DF高橋祐治のロングフィードをFWフェルナンド・トーレスが頭で折り返し、走り込んだ趙が右足で狙ったが、枠を捉えられなかった。

FC東京は永井がプレー続行不可能となり、前半16分に早くも最初の交代カードを切り、古巣戦となるFW田川亨介がピッチに入った。
鳥栖は右サイドから原のロングスローで連続でチャンスをつくり、前半29分にはトーレスがニアでつぶれ、FW金崎夢生がトラップから右足ボレー。
32分にはトーレスがニアサイドでそらし、趙がダイビングヘッドを狙ったが、好機を生かせなかった。

前半39分には久保がプレッシングをかけて三丸のパスが乱れ、ティエゴがボールに追いついたが、シュートには持ち込めない。
鳥栖も前半42分にトーレスがヘディングシュートを放ったが、GK林彰洋がセーブ。
前半アディショナルタイムには久保の左CKからファーサイドに流れたボールを田川が狙ったが、鳥栖のブロックに阻まれた。

スコアレスで折り返した後半はFC東京が攻め込む。
後半7分に高萩が左サイドから折り返し、田川がボレー。
後半12分にも田川、13分には久保が左サイドを突破して左足シュートを狙ったが、GK大久保択生が防いだ。

鳥栖は後半15分に最初の交代枠を使い、金崎を下げてクエンカを投入した。

しかし、直後にアクシデントに見舞われる。
MF高橋秀人が2枚目の警告で退場となり、鳥栖は残り時間を10人で戦うことになった。
数的優位に立ったFC東京は後半18分に中盤でボールを奪取した久保がカットインし、PA手前から左足ミドルを打ったが、GK大久保がセーブした。

スコアレスのまま迎えた終盤に試合は動いた。
後半42分、右クロスをゴール前でFWディエゴ・オリヴェイラ、FWジャエルが競り合い、こぼれ球に反応したDF小川諒也が左シュートを打つと、三丸がクリアを試みたボールがゴールマウスに吸い込まれた。

オウンゴールで先制に成功すると、後半アディショナルタイム3分にはMF大森晃太郎のスルーパスに抜け出した久保が左サイドを持ち上がってPA内に切れ込み、ラストパスを供給。

これをジャエルが無人のゴールに押し込み、FC東京が2-0で勝利した。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?268306-268306-fl

明治安田生命 J1リーグ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/j1/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/goal.html?s=J1



スポンサーリンク





続きを読む

『トップ下・久保建英』という魅力。1を3に、FC東京が持つ絶対にして最大のプランB

元の記事へ移動

明治安田生命J1リーグ第3節が10日に行われ、ホームのFC東京がサガン鳥栖に2-0で勝利した。10人になっても堅い守備を崩さなかった鳥栖の、今季初勝ち点への思いを打ち砕いたのが1人の天才のポジション変更。堅守速攻がベースのFC東京が手に入れたプランBが、ゴールが絶対に欲しい場面での切り札となり、勝ち点0を1に、1を3に変える。(取材・文:下河原基弘)