[FC東京]中島翔哉、五輪後リーグ初先発が確実に

元の記事へ移動

at2_0343
 FC東京のMF中島翔哉が、10日のJ1・2nd第11節・湘南戦でリオ五輪後リーグ戦初先発することが確実となった。

 中島は前節・名古屋戦で試合終了間際にチームを救う同点弾を決めた。さらに直後の試合となったルヴァンカップ準々決勝第1戦・福岡戦でも先制点を記録。公式戦2試合連続ゴールと波に乗ると、準々決勝第2戦は先発出場しチームのベスト4進出に貢献した。

 チームは現在、攻撃の核として機能していたFWムリキが負傷離脱。空いた左サイドの位置に、今節満を持して中島が先発することになる。その中島はリオ五輪後、シュートへの意識をさらに高め、ボールを持てば前に推進し、また周囲を使った連係面でも向上の跡を見せている。篠田善之監督も「五輪から帰ってきて、顔つきが変わった」と変化を見逃さない。

 その中島が刺激を受けたのが、ブラジル代表のネイマール。五輪直前に行われたブラジル五輪代表とのテストマッチで直接対決した際の印象をこう語る。
「ネイマールはシュートを打てるところは全部狙うぐらいの感じだった。常に自信のあるプレーはすごかったし、3、4人に囲まれても遊んでいるようなプレーもしていた。そのメンタリティは強さがあった」

 中島が常に口にする「プレーを楽しむ」と「自信を持つ」というフレーズ。それをまさに高次元で体現していたネイマールの姿を見て、その大切さを再確認できた。

 今度はリーグ戦で苦しむチームを助ける時でもある。「しっかり点を取って勝ちたい」。シンプルな一言で意欲を示した中島。湘南戦での活躍を誓った。

[湘南]流れを変えるために。古巣戦を前に長谷川アーリアジャスールが髪色を変化

元の記事へ移動

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


 9日、湘南は10日に行われるJ1 2nd第11節のFC東京戦に向けて、馬入練習場で最終調整を兼ねた前日練習を行った。そのピッチ上で一際目立っていたのが、髪を銀色に染め上げた長谷川アーリアジャスールだ。

 9日の練習後に髪を染めたという長谷川は、髪型に触れられると「気合いを入れるために」と一言。さらに「もちろん髪だけではなくて、プレーで変わったなというところを見せないといけない。髪で目立ってもしょうがないので、これをしたからにはしっかりとプレーで貢献できるようにやっていきたい」と付け加え、自身にプレッシャーをかける意味で髪型の変化に踏み切ったことを語った。

 このタイミングで迎える週末の一戦は、FC東京との古巣戦になる。「気持ちや思い入れがないかと言われればそれはおかしな話。ただ、いまは湘南の一員なので、このチームで勝ちたいという思いが強い。今回は敵だけど、自分のガツガツした姿を見せられればと思う」と、長谷川は明日の試合に気持ちを高めている。

 記者陣からの「銀髪はメッシを真似したのか」という質問に対しては、「このタイミングだと、確かにそう思われるかもしれない。でも、メッシも流れを断ち切って再スタートみたいな話をしていたし、いまの流れを変えるためにという意味では同じ」と語った長谷川。チーム、そして自身の現状の流れを変えるために、新たなヘアスタイルで勝利を引き寄せに行く。

写真:林遼平

[JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝 2016] アビスパ福岡 vs FC東京

元の記事へ移動

2016年09月04日に行なわれたJリーグカップ「2016 JリーグYBCルヴァンカップ」準々決勝第2戦、アビスパ福岡対FC東京のYouTube速報動画です。 試合は、アウェーのFC東京 […]

続きを読む

[FC東京]初めて福岡に戻る篠田善之監督。「みんな『会える時間はあるのか?』といっぱい連絡が来る(笑)」

元の記事へ移動

AT1_0063

 FC東京は4日に控えたルヴァンカップ準々決勝第2戦・福岡戦に向けた前日練習を行った。8月31日の第1戦をホームで1-1と引き分け、チームは必勝を胸に福岡に向かう。
 篠田善之監督にとっては、福岡は現役、コーチ、そして監督を経験した古巣。95年に前進の福岡ブルックスに加入後、11年途中に監督の座を下りるまで17年間在籍したクラブである。
他クラブの指揮官として、初めて博多に戻る篠田監督。「勝負は勝負なので、落ち着いて試合には入れると思う。自分を育ててくれたクラブで、外に出てからも一番気になるところであるのは間違いない。ただ、在籍したのも昔の話なので」と、感傷的な思いを振り切り試合に臨む思いだ。
 今でも福岡の街も人も大好きなことには変わらず、「試合には友人、知人、お世話になった人とたくさん観に来る予定です。みんな『会える時間はあるのか?』といっぱい連絡が来る(笑)。試合が終わってから、交流したい」と笑顔で話す。
「福岡は人も優しいし、住みやすいし、ご飯も美味しい良い街。試合に勝って、勝利の美酒を味わいたい」と馴染みの場所での必勝を誓った。

[JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝 2016] FC東京 vs アビスパ福岡

元の記事へ移動

2016年08月31日に行なわれたJリーグカップ「2016 JリーグYBCルヴァンカップ」準々決勝第1戦、FC東京対アビスパ福岡のYouTube速報動画です。 試合は、FC東京とアビスパ […]

続きを読む

【通算データ】観客動員数を見る!~ 2016シーズン2nd第9節終了時点

元の記事へ移動

[今、 ちょっと気になる観客動員数]
2016年2ndステージのサガン鳥栖。9節終了時点で3位(年間順位11位)。1stステージの低迷からV字回復中ですね。今、ちょっと気になる観客動員数。「好調と観客動員数はリンクしているのか?」調べてみました。

[活用するデータ]
今回は、Jリーグ公式サイトのデータを活用して、ホームゲームであるベアスタの観客動員数に的を絞って、データを見ていきたいと思います。

【通算データ】観客動員数を見る!~ 2016シーズン2nd第9節終了時点

1. 平均入場者数サマリ (対前年比)

①2016平均入場者数(サマリ)_2ST10節

上の数値は、2015年と2016年シーズンともに開幕からホームゲーム13試合消化時点での平均入場者数になります。ご覧の通り2015年シーズンと比較してマイナス1,362人の減少となっています。次に平均入場者数の推移を見てみたいと思います。

2. 2016年 平均入場者数推移

②2016平均入場者数(推移)_2ST10節

上のチャートは、2016年シーズン開幕からホームゲーム13試合消化時点での入場者数推移です。折れ線の赤の数値は入場者数1万人以下を赤文字にしています。2ndステージのFC東京戦を境にして入場者数が伸び始めているのがわかります。

3. まとめ

ここまで、見たところで「2ndステージの順位とホームでの勝利」は入場者数が伸びてきている一つの要因と考えることもできます。ただ、例年、夏休み期間+イベント開催のゲームは入場者数が伸びますので、この時点ではっきりと断定はできないですね。今週末はホームで新潟戦。2ndステージ優勝争いに踏み止まることが出来るかどうか楽しみな一戦ですね。また、夏休み最後のゲームでブリジストンデーでもあります。たくさんの方が、スタジアムに足を運んで、チームを後押し、勝ち点3、平均入場者数の前年越え‥など楽しみな週末ですね。それでは、今回はこの辺で終わりにしたと思います。
にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ

【J1.2nd 第9節 FC東京×横浜FM】FC東京、前節後半4失点の反省生かす 横浜FMは第2S初黒星【画像・動画】

元の記事へ移動


00021213


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2016年8月20日(土) 00:00:00.00 ID:000
[8.20 J1第2ステージ第9節 FC東京1-0横浜FM 味の素スタジアム(27,880人)]
得点:
42' 東 慶悟


FC東京がホームで横浜F・マリノスを1-0で下した。
横浜FMは第2ステージ初黒星を喫した。

この試合唯一のゴールは前半42分に生まれた。
リオデジャネイロ五輪に日本代表メンバーとして参戦したDF室屋成が右サイドから中央に切り込むドリブルを見せると、MF東慶悟にパス。
東はMFムリキに当てると、リターンパスを右足で蹴り込んだ。

FC東京は前節の神戸戦、前半を1点リードで折り返しながら、後半まさかの4失点で逆転負け。
反省を生かした勝利に東は、「いい練習が出来たのでこの結果が出たと思う」と充実の汗をぬぐった。

第2ステージ負けなしだった横浜FMには初黒星が付いた。
シュートは相手を上回る11本を放ったが、空砲に終わった。
エリク・モンバエルツ監督は「ボールは持てていたが、チャンスにつなげることが出来なかった。

第2Sはここまで負けなしで来ていたので、今日の負けはサポーターのことを考えても残念」と声を落とした。

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?196815-196815-fl



順位表
年間
http://www.jleague.jp/standings/j1/
1st
http://www.jleague.jp/standings/j1/1st/
2nd
http://www.jleague.jp/standings/j1/2nd/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/



スポンサーリンク
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。




続きを読む

[FC東京]MF米本拓司がバルセロナで本田圭佑などを担当した名医の下で手術。手術は成功し、全治は約8カ月

元の記事へ移動

BV2P5094

 先月のリーグ戦で右ひざ前十字じん帯断裂・内側じん帯損傷の大けがを負ったFC東京のMF米本拓司が16日、スペインの病院で手術を行い、全治約8カ月になることが発表された。米本は7月23日に行われたJ1・2nd第5節・川崎F戦の前半途中に右ひざを負傷。そのまま戦線離脱していた。
 以前にも10年と11年に左ひざ前十字靭帯損傷を負った米本。今回は逆足の右だが、これで3度目の大けがとなってしまった。
 そこで米本は再起のために、スペイン・バルセロナに飛んだ。向かった先は、かつて11年に右ひざ半月板を損傷した日本代表FW本田圭佑(ミラン)が手術、リハビリを行ったオスピタル・キロン(キロン病院)。本田をはじめバルセロナの選手など数多くの名選手を執刀してきた世界的な膝の名医・クガット医師に、米本は自らのひざを託すことになった。
 クガット医師の下で行われた手術は成功に終わり、今後はバルセロナで数週間のリハビリに入る予定。オスピタル・キロンには最新鋭の機器を揃えた理学療法施設も完備されているため、ひざのけがを繰り返してきた米本にとっては完全復帰に向けて万全のスタートを切れる環境だ。
 度重なる悲劇を経験してきた米本だが、再度前を向き、異国の地で復活への第一歩を踏み出そうとしている。