[FC東京]広州富力が、フィッカデンティ監督に興味

元の記事へ移動

メイン(徳丸)
 中国スーパーリーグの広州富力が、FC東京のマッシモ・フィッカデンティ監督(48)の獲得に動いていることが、22日分かった。今季限りでFC東京との契約が切れるフィッカデンティ監督に対して、広州富力はFC東京よりも倍以上の好条件の金額で招へいに動き出しているという。

 広州富力は昨季国内リーグで3位に入り、今季はACLにも出場した。しかし、今季の国内リーグは低迷しており、夏には元ルーマニア代表選手だったコスミン・コントラ前監督(39)を解任。元ユーゴスラビア代表選手で名古屋を指揮して10年にJリーグを制覇した経験を持つピクシーことドラガン・ストイコビッチ氏(50)を新たに監督に招へいした。さらに川崎Fからブラジル人FWレナト(27)も獲得するなど戦力補強も進めたものの、いまやアジアのトップクラブとなった広州恒大との広州ダービーにも敗れるなど、その後も低迷。最終的に16クラブ中14位でギリギリの残留を果たした。
 
  現地の情報によると、クラブの会長とピクシーの関係性が良好とは言えない状況で、来季以降の立て直しを任せる人材として、今季FC東京を上位に押し上げたフィッカデンティ監督に白羽の矢を立てている。FC東京も同監督と今後話し合いの場を持つが、条件面が合わなかった場合は、後任として10年途中までチームを指揮し、その後甲府でも監督を経験した城福浩氏(54)をリストアップしている。J初のイタリア人監督として14年に来日した指揮官の今後の動向に注目が集まる。

[FC東京]広州富力が、フィッカデンティ監督に興味

元の記事へ移動

メイン(徳丸)
 中国スーパーリーグの広州富力が、FC東京のマッシモ・フィッカデンティ監督(48)の獲得に動いていることが、22日分かった。今季限りでFC東京との契約が切れるフィッカデンティ監督に対して、広州富力はFC東京よりも倍以上の好条件の金額で招へいに動き出しているという。

 広州富力は昨季国内リーグで3位に入り、今季はACLにも出場した。しかし、今季の国内リーグは低迷しており、夏には元ルーマニア代表選手だったコスミン・コントラ前監督(39)を解任。元ユーゴスラビア代表選手で名古屋を指揮して10年にJリーグを制覇した経験を持つピクシーことドラガン・ストイコビッチ氏(50)を新たに監督に招へいした。さらに川崎Fからブラジル人FWレナト(27)も獲得するなど戦力補強も進めたものの、いまやアジアのトップクラブとなった広州恒大との広州ダービーにも敗れるなど、その後も低迷。最終的に16クラブ中14位でギリギリの残留を果たした。
 
  現地の情報によると、クラブの会長とピクシーの関係性が良好とは言えない状況で、来季以降の立て直しを任せる人材として、今季FC東京を上位に押し上げたフィッカデンティ監督に白羽の矢を立てている。FC東京も同監督と今後話し合いの場を持つが、条件面が合わなかった場合は、後任として10年途中までチームを指揮し、その後甲府でも監督を経験した城福浩氏(54)をリストアップしている。J初のイタリア人監督として14年に来日した指揮官の今後の動向に注目が集まる。

[FC東京]ドキュメンタリー映画「BAILE TOKYO」、公開日が決定!

元の記事へ移動

 FC東京のドキュメンタリー映画のタイトル、及び公開詳細が決定した。

 タイトルは「BAILE TOKYO」。激動の2015シーズンに迫ったドキュメンタリー映画が、2月に公開される。世界的都市をホームタウンとするFC東京。”東京”の人たちはFC東京に何を求めているのか。FC東京は2015シーズンで何を伝えることができたのか…。1シーズンに密着したドキュメンタリー映画が、劇場で公開される。

◎公開日 2016年2月20日(土)新宿バルト9ほか関東圏限定公開
     ※2016年2月13日(土)TOHOシネマズ府中先行公開
     ※そのほかの劇場については近日公開予定

◎公式ホームページ http://baile-tokyo.jp/

 22日の明治安田J1・2nd第17節・鳥栖戦ではスタジアム大型ビジョンで特報映像が公開される。

[G大阪]パトリック出場停止。1トップの代役に宇佐美貴史が浮上

元の記事へ移動

 年間勝ち点順位で3位につけるFC東京戦(対鳥栖)の結果次第だが、明治安田J1・2nd第17節の山形戦で最低でも勝たなければチャンピオンシップ出場の望みが絶たれる年間勝ち点順位4位のG大阪。そんな大一番で、前節・広島戦で退場処分のパトリックが出場停止。1トップの代役には宇佐美貴史が浮上している。

 公式戦では現在7試合ゴールから遠ざかる和製エースだが、指揮官は「徐々にドツボだった時期ことから抜け出している。代表から切り替えてプレーしてくれると思う」と宇佐美の得点力に期待する。1stステージの対戦では自身初のJ1ハットトリックを達成している背番号39が、パトリックの穴を埋めてみせる。

[鳥栖]目標達成は難しい状況も「2ケタは狙いますよ」と水沼宏太は諦めない

元の記事へ移動

 天皇杯4回戦の山形戦(4○3)では2ゴール2アシストと全4得点に絡む大活躍を見せた水沼宏太。システム変更後、中央のポジションに入るようになったが時間の経過とともにプレー精度が向上。自身も「自分のイメージするパスだったり、攻撃の狙いが出せるようになってきている。今のポジションはそれを一番、表現できる位置」と話す。笑顔で語るその姿からはそのポジションでのプレーを楽しんでいることがうかがえた。

 「結果にこだわる」と今季の目標をかかげ、2ケタ得点をマストとしていたがリーグ戦、残り1試合で現在7得点。ハットトリックが必要という状況だが「2ケタは狙いますよ。難しいのはわかっているけど来たチャンスをしっかりとモノにできれば」と諦めている様子は微塵もない。「Jリーグを盛り上げるためにも番狂わせは必要」とCS進出の年間3位が懸かるFC東京相手に「簡単にはやらせない」と水沼は立ちはだかることを宣言した。

【英国人の視点】FC東京が挑むCSへの戦い。G大阪との争いを制するには――。そして視線はその先へ

元の記事へ移動

今季導入されたチャンピオンシップ。FC東京は準決勝の切符を昨季王者のガンバ大阪と争っている。2ndステージ最終節を残すのみとなった今、勝ち点差が2、得失点でも優位な状況にあるが、年間3位の座を確実なものとするためには――。

『予測展望』リーグ最終戦! ~vs. FC東京 ~ 2015年2nd第17節

元の記事へ移動

[2015年J1リーグ ラスト1 + 天皇杯]
2015年シーズンのサガン鳥栖、ここまで2ndステージ16節(33試合)を戦い年間順位11位。天皇杯も勝ち進んでますね。来シーズンに向けての噂なども飛び交っていますが、まずは、今シーズンに目を向けて、最後まで応援していきたいと思います。と言う訳で、さっそく、今週末に迫った「2015 J1 2ndステージ 17節 リーグ最終戦」、対FC東京戦(Away)の予測展望として、いつものようにJリーグ公式サイトのデータとサッカーのデータを扱うことで有名なサイト「Football LAB」さんのデータを活用して見ていきたいと思います。


まずは、Jリーグ公式サイト(jleague.jp)にある「時間帯別得失点」データを活用してFC東京の得失点傾向を見てみます。

FC東京の得点 時間帯別推移(2nd 16節時点集計)
①FC東京_時間帯別得点推移

見て頂くとおわかりかと思いますが、FC東京は、61分~75分に15得点と高い数値を示しています。鳥栖にとっては、この時間帯は要注意だと言えます。

次にFC東京の時間帯別失点を見てみます。

FC東京の失点 時間帯別推移(2nd 16節時点集計)
②FC東京_時間帯別得点推移_失点

上はFC東京の失点の時間帯別推移です。46分以降に失点が多いことがわかります。

ポイント!↓↓
⇒FC東京の時間帯別得失点傾向は?
・後半により多く得点する傾向にある
・後半により多く失点する傾向にある
・前半は抑え気味に入り、後半勝負が多い(スロースターター)といえる

次に
上のFC東京の得点のグラフに鳥栖の時間帯別失点推移を重ねてみます。

FC東京の得点  vs.  鳥栖の失点 時間帯別推移(2nd 16節時点集計)
③FC東京vs鳥栖_時間帯別得点推移

なんと! 61-75分の時間帯を見ると、鳥栖の最多失点時間帯と東京の最多得点の時間帯がかぶってます。それも偶然15点で… これはもう、要注意の時間帯ですね。 当然、チームとしてスカウティングなどで分かっていることだと思いますので、この時間帯を鳥栖がどう乗り切るかに注目した方がよさそうです。

ポイント!↓↓
(データ分析の結果から観戦の1つの視点)
⇒61-75分の時間帯をどう乗り切るか?
・鳥栖の前半、後半の入り方や立ち位置が危険な時間帯の準備(布石)と捉えて注目
・鳥栖から見れば危険な時間帯。東京から見れば勝負の時間帯。鳥栖の対応に要注目

次は
上の鳥栖の得点のグラフに東京の時間帯別失点推移を重ねてみます。

④鳥栖の得点 vs. FC東京の失点 時間帯別推移(2nd 16節時点集計)
④FC東京vs鳥栖_時間帯別得点推移

少し注意してもらった方がいいのは、上グラフの鳥栖16-30分の時間帯で8点を記録していますが、これは、1stでの得点が大半です。最近のリーグでの戦い方は、前半終了から後半にかけての得点が大半を占めます。これを踏まえてグラフを見ると鳥栖の最多得点時間帯は、「76-終了」間際の時間帯となります。ここでも興味深いことに鳥栖の「最多得点時間帯」と東京の「最多失点時間帯」がかぶっています。この時間帯も目が離せませんね。注目していくことになりそうです。

ポイント!↓↓
(データ分析の結果から観戦の1つの視点)
⇒鳥栖は76-終了の時間帯に勝負をかけるのか?
・後半の46-60分での両者の得点差次第であるが、ゲームが動き出すのは後半の確率が高い

まとめ!↓↓
①鳥栖が前半勝負で東京をリードして後半に入った場合は、天皇杯山形戦のような展開もありうる。 鳥栖が、前半リードの場合は、後半 「61分-75分」の時間帯を無失点で乗り切れるかがポイント。
②鳥栖が前半ビハインドまたは両者同点で前半を折り返した場合も、後半 「61分-75分」の時間帯を無失点で乗り切れるかがポイント。

補足!↓↓
東京は、2ndステージで5敗していますが、その時のトラッキングデータをサッカーのデータを扱うサイトとして有名な「Football LAB」さんで確認してみたところ、以下のように興味深いデータが浮かび上がってきました。走行距離は、対戦チームが全て上回っています。また、スプリント回数も横浜FM戦を除いてすべて対戦チームが上回っています。このことから、鳥栖が走行距離・スプリント回数ともにFC東京を上回れるかどうかについても試合観戦の1つの視点であり勝利の確率を高めるポイントと言えそうです。

H/A チーム 走行距離 スプリント数 スコア チーム 走行距離 スプリント数
2nd 1 A FC東京 107.223km 139 ● 0-2 川崎F 107.940km 140
2nd 4 A FC東京 110.134km 139 ● 1-2 鹿島 111.393km 165
2nd 11 A FC東京 113.468km 127 ● 0-1 横浜FM 114.571km 122
2nd 14 H FC東京 109.336km 166 ● 1-2 湘南 111.380km 195
2nd 15 H FC東京 111.071km 150 ● 3-4 浦和 111.455km 160

■最後に
今シーズンもリーグ1試合と天皇杯となりました。J1リーグ最終戦。鳥栖にとってはリーグ最終戦かつ天皇杯(ACL)へ向けての試金石のような試合だと考えられます。また、FC東京にとってもJリーグチャンピオンシップ出場権や天皇杯でのACL出場権と諸々可能性が残っています。両者モチベーションの高い好ゲームを期待しつつ、かつ鳥栖が勝利して良い形でリーグ最終戦を締めくくってくれることを願いながら今回は終わりにしたいと思います。次回は、FC東京戦前後に投稿を予定しています。

ブログ村 サガン鳥栖へ戻る
ブログ村 Jリーグ(J1)へ戻る