マンチェスター・シティの悪質な契約書改ざん内容とは? FFPでの「重大な違反」の詳細とその手口

元の記事へ移動

マンチェスター・シティは、ファイナンシャル・フェア・プレー(通称FFP)のルールを破ったことが原因で、UEFAの大会を出場禁止になったという。クラブの公式声明の後、英メディアもファンも騒然。SNS上ではシティに関する投稿が飛び交う状況になっていた。今季のシティもプレミアリーグで4位以上の順位につける可能性が高かったことを考えると、これは事実上のチャンピオンズリーグ出場権はく奪と同義だ。何故このような事件が起こったのか。(文・プレミアパブ編集部)

イブラヒモビッチ加入により蘇るレビッチ。クロアチアの重戦車は、なぜミランの救世主になれたのか?

元の記事へ移動

セリエA第24節、ミラン対トリノが現地時間17日に行われ、1-0でホームチームが勝利した。この日のヒーローとなったのはアンテ・レビッチ。これでリーグ戦では直近5試合で5得点と大爆発中だ。イブラヒモビッチ加入により蘇ったレビッチ。その理由とは。(文:小澤祐作)

マンUはなぜビッグ6に強いのか? 上位浮上のヒントに。チェルシーは4つの不運が足かせに…

元の記事へ移動

プレミアリーグ第26節、チェルシー対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間17日に行われ、0-2でユナイテッドが勝利を収めた。チェルシーは後半に2回ゴールネットを揺らしたが、どちらもゴールが認められず。度重なる不運に泣く形でビッグマッチを落としている。(文:加藤健一)

ベンゲルがアーセナルにかけた“麻酔”。8季無冠でもクビにならなかった理由とは?【アーセナルの20年史(終)】

元の記事へ移動

世界のフットボールシーンは、この約20年で大きく変わったと言える。選手の契約と移籍のあり方が変わり、名門クラブも栄枯盛衰を経験している。そこで複数回に渡ってアーセナルの現代史を辿っていきたい。今回は第5回。(文:西部謙司)

アトレティコ対リバプール、予想スタメン&プレビュー。昨季王者が持つ「矛」に、堅守という「盾」は耐えきれるか?【欧州CLラウンド16】

元の記事へ移動

いよいよチャンピオンズリーグ(CL)が決勝トーナメントに突入する。現地18日にはラウンド16の1stレグで、アトレティコ・マドリーがホームにリバプールを迎える。両チームの現状や、大一番の出場メンバーを占う。

ドルトムント対PSG、予想スタメン&プレビュー。ネイマール復帰へ、19歳の怪物ハーランドをいかに迎え撃つ? 【欧州CLラウンド16】

元の記事へ移動

いよいよチャンピオンズリーグ(CL)が決勝トーナメントに突入する。現地18日にはラウンド16の1stレグで、ボルシア・ドルトムントがホームにパリ・サンジェルマンを迎える。両チームの現状や、大一番の出場メンバー を占う。

中島翔哉の活躍よりも…。ポルトFWが自ら退場を決断した理由、看過すべきでない人種差別の現実

元の記事へ移動

ポルトガルサッカー界を揺るがす大事件が起きた。現地16日に行われたポルトガル1部リーグ第21節のヴィトーリア・ギマランイス対ポルトで、ホームのギマランイスサポーターによる人種差別行為があったのだ。被害を受けて怒ったポルトのFWムサ・マレガはプレー続行を拒否して交代した。いったいスタジアムでは何が起き、何が問題となっているのだろうか。(文:舩木渉)

レアル・マドリー、終了間際の悲劇。後味悪いドローと浮き彫りになったアザールとベイルの明暗

元の記事へ移動

リーガ・エスパニョーラ第24節、レアル・マドリー対セルタが現地時間16日に行われ、2-2のドロー決着となった。この日はエデン・アザールが戦列に復帰。久々の試合ながら高パフォーマンスを披露し、得点を生むキッカケにもなった。一方で不安なのがガレス・ベイル。両者の明暗がハッキリ分かれる試合となった。(文:小澤祐作)

アーセナル、エナジーがもたらした大勝。エジル、ペペ、サカ。左利きの3人が生み出す魅惑の攻撃

元の記事へ移動

プレミアリーグ第26節、アーセナル対ニューカッスルが現地時間16日に行われ、4-0でアーセナルが大勝した。4試合ドローが続いていたアーセナルは、この試合でも前半は無得点で折り返したが、後半は一転して4得点を挙げて勝ち切った。戦術的に大きな変化を試合中に加えることはなかったが、選手たちの「エナジー」が大勝を呼び込んだ。(文:加藤健一)