マンUにはグリーンウッドがいる。正真正銘の怪物、強き赤い悪魔を支える18歳の魅力とは

元の記事へ移動

プレミアリーグ第33節、マンチェスター・ユナイテッド対ボーンマスが現地時間4日に行われ、5-2でホームチームが勝利している。これでユナイテッドはリーグ再開後無敗を維持。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向け、調子はぐんぐんと上がっている。その中で非常に重要な役割を果たしたのは、評価を伸ばしている18歳の怪物だった。(文:小澤祐作)

マンチェスター・シティ、絶望の未来を希望に変えるのは? グアルディオラ以上の監督適任者がいる、それは…【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

元の記事へ移動

マンチェスター・シティのサイクルが終わりを告げようとしている。プレミアリーグのタイトルは早々にリバプールに奪われ、ファイナンシャル・フェアプレーの問題での制裁は避けられず、ジョゼップ・グアルディオラ監督の去就も怪しい。誰もが絶望の未来を予見する状況だが、希望に変えられる人材がいるという。(文:粕谷秀樹)

王者マリノス、驚きの選手起用で示した総合力。新加入組の出来は? 開幕2戦未勝利だけど…

元の記事へ移動

横浜F・マリノスは4日、明治安田生命J1リーグ第2節で浦和レッズと対戦しスコアレスドローに終わった。約4ヶ月ぶりの公式戦で、昨季王者のパフォーマンスはどうなっていたのだろうか。アンジェ・ポステコグルー監督が目指すサッカーに変化はあったのだろうか。(取材・文:舩木渉)

アーセナル、アルテタの的確すぎる采配。270分間無失点で3連勝、難敵ウルブスを退けた堅守の理由

元の記事へ移動

プレミアリーグ第33節、ウォルバーハンプトン対アーセナルが現地時間4日に行われ、0-2でアーセナルが勝利を収めた。欧州への切符を賭けた直接対決となったこのゲームは、ウルブスが主導権を握る時間が長かったが、先制に成功したアーセナルが逃げ切っている。アーセナルは3試合連続無失点で3連勝。堅守と勝負強さを見せる理由を掘り下げたい。(文:加藤健一)

Jリーグ村井チェアマンはおっちょこちょいだけど…。新時代のリーダー像、その手腕の理由とは【村井満という男 後編】

元の記事へ移動

コロナウイルス問題によって中断を余儀なくされていたJリーグだが、ついにJ1も再開を迎えた。この未曾有の状況下でJリーグを牽引したのが村井満チェアマンだ。2ステージ制や放映権など様々な問題の中で優れたリーダーシップを見せてきた村井チェアマンだが、どのような素顔を持っているのか。旧知の間柄であり、好評発売中の『フットボール批評issue28』でインタビューを担当した記者が知られざる秘話を前後編で伝える。今回は後編。(文:吉沢康一)

Jリーグ村井チェアマンの秘話「北浦和泥酔事件」。日本サッカーを背負う男の愛すべき素顔とは?【村井満という男 前編】

元の記事へ移動

コロナウイルス問題によって中断を余儀なくされていたJリーグだが、ついにJ1も再開を迎えた。この未曾有の状況下でJリーグを牽引したのが村井満チェアマンだ。2ステージ制や放映権など様々な問題の中で優れたリーダーシップを見せてきた村井チェアマンだが、どのような素顔を持っているのか。旧知の間柄であり、好評発売中の『フットボール批評issue28』でインタビューを担当した記者が知られざる秘話を前後編で伝える。今回は前編。(文:吉沢康一)

サガン鳥栖、主力の大量放出は大ダメージ。攻守両面で強みは少なく…今季も苦戦必至か【2020年J1補強診断】<再掲>

元の記事へ移動

2020年のJ1リーグが間もなく開幕する。新シーズンに向け各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回は、昨シーズン15位だったサガン鳥栖を取り上げる。(文:編集部) ※2020年2月14日のものを再掲

連勝のレアルと混乱のバルセロナ…最大の違いは? 曲者ヘタフェも完封、白星を手繰り寄せたジダン采配

元の記事へ移動

ラ・リーガ第33節、レアル・マドリード対ヘタフェが現地時間2日に行われ、1-0でホームチームが勝利している。これでリーグ再開後6連勝としたマドリーは、2位バルセロナとの勝ち点差を「4」にまで広げた。ヘタフェ相手に苦しみつつも、勝利を奪うことができた要因とは?(文:小澤祐作)