森保J、控え組攻撃陣に求められる課題。アジア杯までの競争、キルギス戦でアピールなるか

元の記事へ移動

日本代表は20日、キリンチャレンジカップ2018でキルギス代表と対戦する。この試合で求められるのは控え組攻撃陣の奮闘である。中島、南野、堂安らに依存しないため、アジア杯までのサバイバルを生き残るためにも、キルギス戦では「十分戦える」ということを、森保監督に証明しなければならない。(取材・文:元川悦子)

「生きがい」であり「希望」。松本山雅のサポーターが熱狂的な理由とは? J2制覇の原動力に

元の記事へ移動

2018年のJ2は松本山雅が優勝を果たした。最終節までもつれ込んだ優勝争いを制する原動力となったのは、熱狂的なサポーターの存在だった。Jリーグ屈指とも言える熱を持った松本山雅のサポーターの声援は、選手たちのプレーにも大きな影響を与えた。(取材・文:元川悦子)

松本、大分のJ1昇格が決定! プレーオフ争いでは大宮が粘り、福岡は涙【J1昇格争いまとめ】

元の記事へ移動

明治安田生命J2リーグ最終節が17日に行われた。J1残留争いと同様、J2の上位争いも大混戦。優勝、自動昇格、プレーオフ進出をかけて熱戦が繰り広げられているリーグのラストマッチをまとめた。

アジア杯、香川&乾の招集もありか…。日本代表最大の武器が最も懸念すべき課題に【西部の目】

元の記事へ移動

日本代表は16日、ベネズエラ代表と対戦して1-1の引き分けに終わった。森保一監督体制発足後、3連勝と結果を残すチームの中で最も注目を集めていたのがアタッカー陣だが、堅守のベネズエラには封じられ、交代後は決定機を作れなかった。アジアカップに向けて課題の見えた一戦となった。(文:西部謙司)

森保Jに必要な中島・南野・堂安に頼らない得点パターンの構築。攻撃停滞の解決策とは?

元の記事へ移動

日本代表は16日、ベネズエラ代表と国際親善試合で対戦し1-1の引き分けに終わった。森保ジャパン自慢の攻撃陣は、これまでの躍動感が鳴りを潜め不発。来年1月のアジアカップに向けて、2列目の中島翔哉、南野拓実、堂安律らだけに頼らない攻撃パターンと得点源を確立する必要がある。(取材・文:元川悦子)

ベネズエラ守護神が見極めた「NMD+大迫」の真価。森保J攻撃陣が秘めるポテンシャル

元の記事へ移動

日本代表は16日、ベネズエラ代表との国際親善試合に1-1で引き分けた。森保一監督がチームを率いるようになってから初めて勝ちを逃す結果となったが、相手の質の高さもあって非常に有意義な一戦となった。そこで相手のベネズエラ代表選手たちは日本の攻撃陣をどのように見極め、迎え撃ったのだろうか。(取材・文:舩木渉)

最後まで大混戦のJ2優勝・昇格・プレーオフ進出争い。最終節に向けて状況を確認

元の記事へ移動

2018シーズンの明治安田生命J2リーグは、今週末の17日に最終節となる第42節の試合が行われる。大混戦となっていた自動昇格争いおよび昇格プレーオフ出場争いにも決着がつくことになる。試合結果以外の要素も絡んで非常に複雑なものとなっている上位争いの状況について確認してみよう。

英国人が見たベネズエラ戦「“ゴーール”のコールが全然やる気なかった笑。サポーター皆笑っちゃった」

元の記事へ移動

日本代表は16日、キリンチャレンジカップ2018でベネズエラ代表と対戦し、1-1のドローに終わった。この試合中、日本サッカーに精通し、現地大分スポーツ公園総合競技場で試合を取材しているイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)