広島MF稲垣祥、「城福イズム」の申し子が快進撃の象徴に。磨き上げた「走り」という武器

元の記事へ移動

シーズン開幕前の低かった下馬評を覆し、J1で快進撃を続けるサンフレッチェ広島。その中心にいるのが、プロ5年目のMF稲垣祥である。ヴァンフォーレ甲府時代の恩師である城福浩監督と再会し、指揮官の考えを深く理解する26歳は、飛躍のときを迎えようとしている。(取材・文:藤江直人)

日本60位は実力通り…FIFAランクの算出方法は? アジア勢が高ランクに位置できない最大の理由

元の記事へ移動

12日に国際サッカー連盟(FIFA)が発表したFIFAランキングで日本は過去18年間でワーストなる60位を記録してしまった。一時はあてにならないと言われていた同ランキングだが、算出方法が現方式になってからはしっかりと実力差が反映されたランク付けがされるようになるなど、重要度は増してきた。そしてアジア勢が高ランクに位置できない理由もこのランキングがしっかりと示してくれている。(文:小澤祐作)

J屈指の名将、日本再上陸。浦和新監督、オリヴェイラ。ブラジルで“渡り鳥”も…その監督像とは?

元の記事へ移動

浦和レッズは19日、オズワルド・オリヴェイラ氏の新監督就任を発表した。浦和は今月2日に堀孝史前監督との契約を解除してから、大槻毅監督が暫定的にチームの指揮を執っていた。かつて鹿島アントラーズを率いて数々のタイトルを獲得した名将はどのような人物なのだろうか。

日本代表、躍動感生むための監督交代。西野新監督の人物像、日本人が代表を率いる意味【宮澤ミシェルの独り言】

元の記事へ移動

日本代表選出経験も持つ元Jリーガーで、現役引退後は解説者として活躍中の宮澤ミシェル氏の連載企画。第2回は、日本代表の西野朗新監督ついて。西野氏の人物像、日本サッカー界が進むべき道を語る。(語り手:宮澤ミシェル)

愛は金で買えない。愛想つかれるPSG、ネイマール獲得も失策に。リーグ優勝も一切話題に上らず…

元の記事へ移動

CLラウンド16で姿を消し、ここ最近は話題にも上がらなかったパリ・サンジェルマン。15日に行われたリーグ・アン第33節でモナコを破りリーグ優勝を果たしたが、盛り上がりは一向に見られない。むしろフランス国内の注目は、ELベスト4に進出したあの名門に向けられている。(取材・文:小川由紀子【フランス】)