堂安律、日本代表で加速する成長。U-20W杯のリベンジへ、こだわり続ける「最後の質」

元の記事へ移動

日本代表は13日、大分市内で練習を行った。この日から堂安律もチームに合流。オランダのフローニンゲンで2試合連続ゴール中の20歳は絶好調を維持している。16日に迎えるベネズエラ戦は特別な意味を持つ試合。この1年間の成長を証明し、世界に自らの存在を知らしめるチャンスだ。(取材・文:舩木渉)

新エース候補・南野拓実への注文。得点継続は必須、その先にある香川越えと飛躍への扉

元の記事へ移動

森保一監督体制となった日本代表で3試合4ゴール中の南野拓実。新たなエースとして上々の働きを見せているが、この歩みを止めてはいけない。勝負のかかるアジアカップでチームを頂点に導くことが、大ブレイクの条件となる。(取材・文:元川悦子)

後世に語り継ぐべき伝説の5チーム。ロナウジーニョにメッシに香川…00年代後半を彩ったクラブ 【編集部フォーカス】

元の記事へ移動

サッカーの長い歴史の中で、後世に語り継ぐべきチームがある。その後の戦術に大きな影響を与えたクラブや、金字塔とも呼べる成績を収めたクラブ…。今回は2000年代後半を彩った5チームを紹介する。

山中亮輔、「ついにここまで来た」日本代表初合流。リオ世代との再会、生き残りへの戦い

元の記事へ移動

日本代表が12日、大分市内で合宿を開始した。初日は16人が合流。その中にはA代表初招集となったDF山中亮輔の姿もあった。2年前のリオデジャネイロ五輪出場を逃して悔しさを味わった左サイドバックは、同世代の仲間たちと日本サッカー界最高のステージで再会し、何を思うのか。(取材・文:舩木渉)

日本代表、今度は「長友&青山ロス」。吉田麻也らベテランの重要性。アジア奪還へ必要なこと

元の記事へ移動

新体制発足後3連勝中の日本代表。フレッシュな選手が躍動しているが、年長者の存在が貴重なのは間違いない。今回は長友佑都が不参加。青山敏弘も一度は招集されたが、怪我により辞退となった。11月シリーズ、そしてアジアカップへと向かう森保ジャパンにあって、吉田麻也や槙野智章といったベテランには、圧倒的な存在感が求められる。(取材・文:元川悦子)

やはりC・ロナウド。ユベントスが強力である理由。ミランを葬った「マンU戦の教訓」

元の記事へ移動

セリエA第12節、ユベントスはアウェイでミランと対戦して2-0と勝利した。チャンピオンズリーグ(CL)でのマンチェスター・ユナイテッド戦では、内容で圧倒しながらも敗戦。この一戦を教訓にチームとして課題をクリアしたユベントスはさらに強力なチームとなった。そして、試合を終わらせたのは、やはりあの男だった。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

マンC、ダービーの主役に躍り出た二人の魔法使い。Wシルバがもたらした、無限大の可能性

元の記事へ移動

現地時間11日に行われたプレミアリーグ第12節、マンチェスター・シティ対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は3-1でホームチームが勝利した。これでシティは今季リーグ戦無敗を維持。この日、勝利の立役者となったのは間違いなく“Wシルバ”だ。(文:小澤祐作)

名波ジュビロ、J1残留へ。救世主は“神GK”だけじゃない! 20歳CB、大南拓磨の潜在能力

元の記事へ移動

J1第32節が10日に行われ、ジュビロ磐田はFC東京に0-0と引き分けた。アウェイで貴重な勝ち点1を獲得し、残留へ一歩前進した。守勢に回る時間が長くなるなか、20歳の大南拓磨は成長の跡を見せている。東京五輪での活躍が期待されるCBは、ここにもいる。(取材・文:青木務)