【今週の欧州サッカー通信簿】ベストはミランで台頭する若手ストライカー。ワースト選手は…?

元の記事へ移動

この週末も欧州各国でリーグ戦が行われた。チームの勝利の立役者となる活躍を見せた選手もいれば、期待に応えることができなかった選手や、活躍を見せるも惜しくもチームを勝利に導くことができなかった選手(グッドファイトプレーヤー)もいる。今回は、そんな3人の選手をご紹介しよう。

香川が感じた「ズレ」、どこか噛み合わない前半のドルトムント。“まだら模様”を描いた4-1の勝利

元の記事へ移動

ドルトムントは現地時間29日、ホームでシュツットガルトと対戦した。公式戦2連敗中のドルトムントだったが、4-1の快勝を収めている。しかし、日本代表MF香川真司は試合後、チームに「ズレがあった」と語っている。その発言の通り、前半のチームはどこか噛み合っていない様子も感じられた。

覚醒したダイアモンド。ジダンとピルロの系譜を継ぐ男が導くビアンコネーロの逆襲劇

元の記事へ移動

ユベントスの逆襲が始まった。パレルモ戦で公式戦5連勝を挙げたユベントスは、セリエAで暫定5位に浮上。その快進撃の中心にいるのが“ダイアモンド”の愛称を持つパウロ・ディバラだ。今夏パレルモから42億円という多額の移籍金でユベントスに加入したアルゼンチンの至宝が眩い輝きを放っている。