Jリーグ勢は中国クラブの“爆買い”に対抗できるか。2016 ACL東地区プレビュー【編集部フォーカス】

元の記事へ移動

2月23日より2016シーズンのACLグループステージがスタートする。中国勢が“爆買い”でスターをかき集めるなか、Jリーグ勢はどのように対抗していくのだろうか。Jクラブが参加するACL東地区をグループ別にプレビューする。

新生FC東京は“日本らしさ”で勝つ。情熱の指揮官・城福浩が抱く熱き大志

元の記事へ移動

FC東京は、9日に行われたACLプレーオフでタイのチョンブリと対戦してクラブの歴史に残る9-0の圧勝を収めて本大会への出場を決めた。グループステージでは、欧州からスター選手を次々と獲得する中国の江蘇蘇寧と対戦することになる。Jリーグ勢はいずれも中国クラブと対戦することになるが、FC東京の城福浩監督は、“日本らしさ”で勝つことが重要だと語る。情熱的な指揮官は、常にクラブの未来を見据えているのだ。

CLラウンド16展望。注目は、最先端をいく“ハイブリット型”対決、バイエルン対ユーベの一戦【データアナリストの眼力】

元の記事へ移動

2月16日から再開したUEFAチャンピオンズリーグ。走行距離とパス本数をもとに、各チームのプレースタイルを4つに分類し、ラウンド16第2週の見どころをプレビューする。(分析:庄司悟)

川島が語るダンディー1部残留への思いと代表復帰。奇跡実現へ経験値の全てを注ぐ【海外組の現在地】

元の記事へ移動

今シーズン、まさかの無所属でスタートした川島永嗣だが、現在はスコットランドのダンディー・ユナイテッドでプレーの機会を得ている。しかし、ダンディーは残留争いの渦中。1部残留は絶望的と見られているが、川島はまだ諦めてはいない。そして、その先に日本代表への復帰の思いもあった。