日本代表にも誤算、森重が左足手術で全治4か月…本人はリハビリに意欲「さて、前へ」

元の記事へ移動

DF森重真人は今月2日のC大阪戦で負傷交代していた
[故障者情報]

 FC東京は28日、DF森重真人が25日に埼玉県内の病院で手術を受けたと発表した。

 森重は今月2日に行ったJ1第17節のC大阪戦の前半終了間際に、相手選手と競り合った際の着地で負傷。その後は経過観察中だったが、左腓骨筋腱脱臼と診断され手術を決断した。

 全治は4か月と発表。順調にリハビリが進んでも、今季終盤に復帰できるか微妙なところだ。来年のW杯に向けた強化を進める日本代表にとっても誤算となりそうだ。

 森重はツイッター(@morigekun3)を更新すると、サムアップポーズで写る写真を投稿。「無事手術を終えリハビリを再スタートします。ドクターを始め病院のスタッフの皆様には本当に感謝です。さて、前へ」とつぶやいた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ

千葉でまさかのカップル誕生?「愛を育もう」→「愛育みます」

元の記事へ移動

青森山田から今季加入したMF高橋壱晟
 ジェフユナイテッド千葉のDF溝渕雄志が25日に自身のインスタグラムを更新し、誕生日のエピソードを明かしている。

 溝渕は今月20日に23歳の誕生日を迎えた。インスタグラムには同僚のMF高橋壱晟からプレゼントを受け取る様子を撮った写真をアップし、「壱晟からの誕生日プレゼント(ハッピーバースデーの歌付き)」とコメント。そして、ハッシュタグでプレゼントの内容をイジっている。

 高橋が贈ったのは「MAKE LOVE NOT WALLS」を今季のテーマに掲げる『ディーゼル』というファッションブランドのもの。「MAKE LOVE NOT WALLS」は「壁を築くのではなく、愛を育もう」という意味で、溝渕はハッシュタグで「#ハッピーバースデーを照れながら歌ってくる可愛さ」「#makelovenotwalls」「#この意味分かってなかった壱晟」「#愛育みます」と、高橋の想い(?)に応えている。

 この2人は今季から千葉に加入した同期のルーキー。慶應義塾大出身の溝渕は12日の天皇杯3回戦・G大阪戦(0-2)でプロデビューを果たし、青森山田高出身の高橋はJ2リーグ戦で21試合に出場して2得点を記録している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ

C大阪がクラブ史上初!のウォーターサバゲー開催!! 当日は美女軍団が来場予定

元の記事へ移動

 C大阪は27日、8月5日の札幌戦(金鳥)で開催する『セレッソウオーターフェスティバル~セレフェス~』で、「セレッソウオーターサバゲー」(イベント広場)を実施することを発表した。ウオーターガン(水鉄砲)を使ったサバイバルゲームで、オリジナルのフィールド設計や公認レフェリーによるジャッジを採用。参加費無料で事前申し込み制になっている。

レフェリーに水をかけないで(フリです)…C大阪がクラブ史上初「ウォーターサバゲー」実施

元の記事へ移動

セレッソ大阪がクラブ史上初「ウォーターサバゲー」実施
 セレッソ大阪は27日、8月5日にキンチョウスタジアムで行われるJ1第20節の北海道コンサドーレ札幌戦にて、「セレッソウォーターフェスティバル〜セレフェス〜」を開催することを発表した。当日はキンチョウスタジアム場外「イベント広場」で「セレッソウォーターサバゲー」を実施。クラブ史上初のJWSA(日本ウォーターサバイバルゲーム協会)とのコラボイベントになるという。

 ウォーターサバゲーとは、ウォーターガン(水鉄砲)を使ったサバイバルゲーム。クラブは「オリジナルのフィールド設計や公認レフェリーによるジャッジなど、ただの撃ち合いではなく誰でも本気で楽しめる遊びです!」と説明し、「試合前に全力で濡れまくって、暑い夏を最高に楽しみましょう!」と参加を募っている。

 料金に関しては、当日の観戦チケット、年間パスポートがあれば無料となり、事前申し込み制で先着320名。申し込みはC大阪の特設ページ(http://cerezo-watersurvivalgame.peatix.com/)から行うことができる。

 参加者条件は小学生以上65歳未満の健康な男女で、グループでの申し込みも可能だ。その他の注意事項として、「水分補給など、熱中症対策はご自分で十分にお願いします」「本気のバトルです。怪我には十分注意してください」といった項目を挙げ、最後に「レフェリーに水をかけないでください。(フリです)」と遊び心も見せた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ

興國高MF西村恭史の清水加入が内定、「一日でも早く貢献できるように」

元の記事へ移動

清水入りを内定させた西村
 清水エスパルスは27日、興國高のMF西村恭史の来季加入が内定したと発表した。総体の大阪予選突破ならず、全国を逃した西村だったがJの3クラブから注目されるなど、184cmのMFは高い評価を受けていた。

 クラブを通じて西村は「このたび、清水エスパルス加入することになりました西村恭史です。この歴史あるチームでプレーできる事をとても嬉しく思っています。今まで支えてくれた家族、応援してくれる方々に感謝の気持ちを忘れず、1日でも早くエスパルスに貢献できるように日々練習から頑張っていきます。応援よろしくお願いします」と意気込みを綴っている。

プロフィールは以下のとおり

●西村恭史
(Yasufumi NISHIMURA)
■出身地
大阪府
■生年月日
1999年11月4日
■身長/体重
184cm/71kg
■利き足

■選手歴
長野FC-長野FC-興國高校(3年在学中)