翌日にはレアルと鹿島が激突!! 家長&憲剛&大島の心境は…

元の記事へ移動

翌日にはレアルと鹿島が激突!! 家長&憲剛&大島の心境は…
 ライバルチームの一つが、銀河系軍団との対戦を翌日に控えている――。

 18日に横浜アリーナで開催された「2018 Jリーグアウォーズ」で、川崎フロンターレからベストイレブンに7選手が選出された。表彰式後の会見にはMVPを受賞したMF家長昭博やMF中村憲剛、MF大島僚太らベスト11受賞者が出席。そこで、クラブW杯を戦う鹿島についての質問が飛んだ。

 今季のACLを制してアジア王者となった鹿島はクラブW杯の出場権を手に入れると、15日に行われた準々決勝でグアダラハラ(メキシコ)から3-2の逆転勝利を収め、欧州王者レアル・マドリーへの挑戦権を手に入れた。アジア王者にならなければ辿り着かない世界を相手にした舞台。しかし今季開幕前、川崎Fにもこの舞台に立つ可能性があった。

 昨季のJ1リーグ王者である川崎FはACLに出場。しかし、3分3敗の未勝利でグループリーグで敗退することになった。中村は「去年は浦和、今年は鹿島。Jクラブが2年連続でACLを取ったことは嬉しいこと」と答える一方で、「けど、やっぱり半面悔しい」と唇を噛んだ。

「僕らも、その大会に出ていた。今年はJリーグチャンピオンとして予選リーグで敗退しているので、すごく悔しい思いをしている。勇気をもらっていると同時に悔しい」

 その思いは家長も同様で、「日本では川崎フロンターレは皆に認められる存在だと思うけど、アジアではまだまだだと思う」と語りながらも、「ぜひ来年はしっかりとアジアに川崎は強くて勝てるチームだと見せつけたい」と意欲を燃やした。

 今季のACLでは悔しい思いをしたが、明日レアルに挑む鹿島に対し、家長は「レアルと戦うことは非常に勇気付けられる。僕たちにもその可能性があると思うので、応援しつつ、来年は僕たちもと思っている」、中村は「Jクラブの一員としてすごく応援しているし、Jリーグの可能性をみせてほしい」とエールを贈り、大島も「Jとは全然違う対戦相手に逆転勝利できる力の強さや臨機応変な戦い方を改めてすごいと思う。次も勝ってくださいと応援しています」と続けて語っている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

家長昭博がMVP初受賞!! Jリーグアウォーズでベスト11など各賞を表彰

元の記事へ移動

家長昭博がMVP初受賞!! Jリーグアウォーズでベスト11など各賞を表彰
 Jリーグは18日、横浜アリーナで「2018 Jリーグアウォーズ」を開催し、最優秀選手賞(MVP)、ベストイレブンなど各賞を表彰した。川崎フロンターレのMF家長昭博が初の最優秀選手賞(MVP)を受賞した。

 リーグ2連覇を達成した川崎Fからは家長の他、MF中村憲剛、MF大島僚太、DF谷口彰悟、DF車屋紳太郎、DFエウシーニョ、GKチョン・ソンリョンの最多7人がベストイレブン入りしている。

 各賞の受賞者は以下の通り(数字は受賞回数。フェアプレー賞は反則ポイントが少ない順。★は賞金授与対象)

< 最優秀選手賞 >
MF家長昭博(川崎F)初

< ベストイレブン >
GKチョン・ソンリョン(川崎F)初
DF西大伍(鹿島)2
DFエウシーニョ(川崎F)2
DF車屋紳太郎(川崎F)2
DF谷口彰悟(川崎F)初
MFチャナティップ(札幌)初
MF家長昭博(川崎F)初
MF大島僚太(川崎F)初
MF中村憲剛(川崎F)8
FWジョー(名古屋)初
FWファン・ウィジョ(G大阪)初

< 得点王 >
FWジョー(名古屋)初

< ベストヤングプレイヤー賞 >
FW安部裕葵(鹿島)

< フェアプレー賞 高円宮杯 >
★セレッソ大阪(初受賞)

< フェアプレー賞(J1) >
★広島、★浦和、長崎、鹿島、FC東京、仙台、柏、川崎F、G大阪

< フェアプレー賞(J2) >
★大分、新潟、大宮、東京V、熊本、讃岐、岐阜、松本、甲府

< フェアプレー賞(J3) >
★秋田、琉球、沼津、北九州、群馬、FC東京U-23、YS横浜、鳥取

< フェアプレー個人賞 >
GK西川周作(浦和)2
GK秋元陽太(湘南)2
FW澤田崇(長崎)初

< 優勝監督賞(J1) >
鬼木達(川崎F)2

< 優秀監督賞(J1) >
ペトロヴィッチ(札幌)初

< 優勝監督賞(J2) >[新設]
反町康治(松本)初

< 優秀監督賞(J2) >
片野坂知宏(大分)初

< 優勝監督賞(J3) >[新設]
金鍾成(琉球)初

< 優秀監督賞(J3) >
吉田謙(沼津)初

< 最優秀主審賞 >
佐藤隆治 初

< 最優秀副審賞 >
山内宏志 初

< 最優秀育成クラブ賞 >
横浜F・マリノス 初

< 最優秀ゴール賞 >
MF大島僚太(川崎F)初 ※J1第30節・神戸戦(等々力)69分

< 功労選手賞 >
石原克哉(甲府)
加地亮(岡山)
坂田大輔(福岡)
土屋征夫(京都)
羽生直剛(千葉)
※( )は最終所属クラブ

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

優秀選手の投票結果は…MVP受賞の家長が最多得票!!

元の記事へ移動

優秀選手の投票結果は…MVP受賞の家長が最多得票!!
 Jリーグは18日、横浜アリーナで「2018 Jリーグアウォーズ」を開催した。ベストイレブンにはリーグ2連覇を成し遂げた川崎フロンターレから最多7人が選出された。

 ベストイレブンの候補となる「優秀選手賞」の30人は、J1の18クラブの監督および選手(17試合以上出場が資格条件)の投票結果をもとに各ポジションの投票数の上位選手からチェアマンが選出。ベストイレブンは「優秀選手賞」の中から活躍が顕著だった選手11名を選考委員会で決定。投票はJ1リーグ第33節終了時点で行われている。

J1の18クラブの監督及び選手(17試合以上出場)による投票結果
(☆=ベストイレブン選出)

【GK】
1.☆チョン・ソンリョン(川崎F)42票
2.東口順昭(G大阪)33票
3.権田修一(鳥栖)29票
4.クォン・スンテ(鹿島)28票

【DF】
1.☆谷口彰悟(川崎F)124票
2.☆車屋紳太郎(川崎F)87票
3.☆西大伍(鹿島)82票
4.☆エウシーニョ(川崎F)74票
5.山中亮輔(横浜FM)59票
6.槙野智章(浦和)54票
7.佐々木翔(広島)42票
8.三浦弦太(G大阪)39票
9.奈良竜樹(川崎F)30票
10.森重真人(FC東京)22票

【MF】
1.☆家長昭博(川崎F)177票
2.☆中村憲剛(川崎F)131票
3.☆大島僚太(川崎F)90票
4.☆チャナティップ(札幌)71票
5.守田英正(川崎F)53票
6.レオ・シルバ(鹿島)52票
7.青山敏弘(広島)39票
8.三竿健斗(鹿島)38票

【FW】
1.☆ジョー(名古屋)141票
2.☆ファン・ウィジョ(G大阪)94票
3.小林悠(川崎F)77票
4.鈴木優磨(鹿島)54票
5.興梠慎三(浦和)53票
6.パトリック(広島)51票
7.伊東純也(柏)33票
8.ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)22票

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ

「川崎に来て良かった」…MVP家長の“ホンネ”を聞いた憲剛の思い

元の記事へ移動

「川崎に来て良かった」…MVP家長の“ホンネ”を聞いた憲剛の思い
 川崎に来て良かった。川崎フロンターレMF家長昭博は最優秀選手賞(MVP)に初選出された直後の会見で、そう述べた。そして、それを間近で聞いていたチームメイトのMF中村憲剛は――。

 家長が川崎に加入したのは昨季。理由は「日本を代表する選手がいる中に自分が挑戦したいと思って飛び込んだ」。2シーズンを過ごした結果、Jリーグ2連覇を達成。自身はチームの中核としてプレーし、今季は初のMVPを受賞した。

 川崎Fはベストイレブンに最多7人が選出されるだけでなく、30人の優秀選手には3分の1となる10人もの選手が選出された。家長は、「チームとして、優秀選手にも、ベストイレブンにも多くの選手が選ばれている。本当に志が高く、選手一人ひとりの向上心が強いチームだと思う」と誇らしげに語ると、そんなチームに身を置くことで「自分が想像している以上に多くの刺激をもらえている」と続けた。

「多くの刺激をもらえるチームメイトがいて、学ぶことがあるクラブに本当に加入して良かった。皆のおかげで、僕自身も人としても選手としても成長できた。本当にこのチームに入って良かったと思えるようなチーム」

 仲間、そしてクラブへの感謝を示した家長を見て、中村は感じたものがあったようだ。

 加入当初は「ウチに合わせようというのが本人にもあったと思う」という中村だが、「自分のやりたいことをやり、僕らもそれに合わせていくことで、どんどん彼も良くなっていった。僕は彼の隣でプレーすることが多いけど、こんなに頼もしい選手は多くないと思っている」と徐々にチームにフィットしていったことを実感している。

 そして、チームの中心選手となった家長の「川崎に来て良かった」という胸の内を知り、在籍16年目のシーズンを終えたベテランは「アキにとって、フロンターレがそういうクラブだと聞いて、僕はちょっと嬉しかった」と白い歯を見せた。

(取材・文 折戸岳彦)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

「50歳は直した方が良いけど…」最年長ベスト11更新の憲剛「自分次第で成長できる」

元の記事へ移動

川崎フロンターレMF中村憲剛
 自身の最年長受賞記録を更新した。38歳で通算8度目のベストイレブンに選出された川崎フロンターレMF中村憲剛は、来季以降も自分自身を越えていこうとしている。

 昨季のJ1リーグを制し、クラブ、そして自身にとって初タイトルを獲得した。「初めて優勝して、ネガティブな感情が吹っ切れた。初めて純粋にサッカーを楽しみながら連覇に臨めた」と大きなプレッシャーから解放されて臨んだ今季。自身は33試合6得点の記録を残し、チームはリーグ2連覇を成し遂げた。

「去年見た景色をもう一回見たかった。優勝を経験してタフなチームになり、頼もしい後輩たちが育ってきたので、僕は自分に集中してやることができた」

 そして、アウォーズの舞台で川崎Fからはベストイレブンに史上最多タイとなる7人が選出され、中村は自身の持つ最年長受賞記録を38歳に更新した。「38歳だけど、自分自身で記録を更新することで年齢は関係ない」と力強く語りつつも、先日行われたイベントでの一コマが思い起こされた。

 14日、Jリーグとパートナーシップ契約を結んでいる明治安田生命保険相互会社が、「みんなの健活プロジェクト」のキックオフイベントを開催。血管年齢の測定にトライした中村だが、まさかの50歳という結果が出され、「不摂生があったかもしれない…」と肩を落としていた。

 しかし、38歳でのベストイレブン選出。「血管年齢が50歳と言われたが、それでもできる。それでもできるというのをいろんな人たちに、今日見てくれた人たちに勇気を与えられたと思う」と胸を張る。

 血管年齢50歳という結果については「もうちょっと直した方がいい」と苦笑しながらも、「自分次第で成長はできると思う」とサッカー選手として貪欲な姿勢を貫いていく。

(取材・文 折戸岳彦)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

J提携国初のベストイレブン!! 札幌MFチャナティップ「家族、スタッフ、サポーターなしでは…」

元の記事へ移動

提携国枠で初めてベストイレブンに輝いた北海道コンサドーレ札幌MFチャナティップ
 北海道コンサドーレ札幌MFチャナティップが今季のJリーグベストイレブンに選ばれた。Jリーグ提携国の制度が始まって以降、対象の選手が受賞するのは史上初めて。「このような選手の中にいられるとは思わなかった。支えてくれた家族、スタッフ、サポーターなしではできなかった」と喜びを語った。

 Jリーグ提携国の制度は2014年にスタート。現在はタイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタールの8か国が該当し、それらの国籍を持つ選手は外国人枠の対象から外れ、実質的に日本人選手と同様の扱いを受ける。

 タイ出身のチャナティップは昨年7月、ムアントン・ユナイテッドから札幌に期限付き移籍で加入。母国では“タイのメッシ”としてスター的な人気を誇る選手で、Jリーグのアジア戦略の筆頭として大きく話題となった。昨季は16試合に出場して無得点に終わったが、今季は飛躍の1年となった。

「新しく監督が来て、戦術も大きく変わった。悔しい時期もあったけど、ミシャ(ペトロヴィッチ監督)は『自分の成長のため』と言ってくれて、納得してここまでやってきた」。開幕戦から先発の座をつかむと、第2節のC大阪戦でJリーグ初ゴール。夏には完全移籍の合意に至った。

 今季の成績は出場した30試合すべてで先発し、8得点2アシスト。チームの4位躍進に大きく貢献した。「ベストイレブンに入れるとは思わなかった」と謙遜しつつ、「受賞できてうれしいけど、ミシャをはじめとして良いスタッフ、そして社長、サポーターなしではここまで来られなかった」と感謝を口にした。

 表彰式が終えた後には来年1月にUAEで行われるアジアカップに臨むタイ代表に合流する予定。「明日からキャンプに入って練習することになるけど、難しい舞台になる。負けない意識はあるし、タイ人のみんなも負けたら悔しいと思うので、勝ち続けたい」と意気込んだ。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

甲府、山岸範之GKコーチが就任

元の記事へ移動

 ヴァンフォーレ甲府は18日、山岸範之氏(46)がトップチームのGKコーチに就任することを発表した。

 山岸氏は2004年に横河武蔵野FCでGKコーチになると、06年から11年にはザスパ草津(現ザスパクサツ群馬)の、11年から17年にはFC東京のGKコーチを務めた。また、17年から福岡のGKコーチとなり、今季で契約が満了になっていた。

 クラブ公式サイトで、山岸氏は「この度のご縁に感謝と喜びの気持ちでいっぱいです。伊藤新監督のもと一丸となってJ1復帰のために全力で頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。安定感、安心感のあるゴールキーパー育成を目指し、選手と協力し合っていきたいと思います」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報

川崎Fの守備陣4人に栄誉…リーグ最少失点を喜ぶ谷口「入団した当時は考えられなかった」

元の記事へ移動

川崎フロンターレの守備陣3選手がベストイレブンを獲得
 攻撃的なスタイルで名を馳せてきた川崎フロンターレは今季、守備陣4人がベストイレブンに選出された。リーグ戦34試合を27失点で終え、史上初めてリーグ最少を達成。DF谷口彰悟は「僕が入団した当時は考えられなかった。攻撃が売りのチームで、取られても取ればいいという考えた方があった」と過去を振り返った。

 2005年のJ1リーグ昇格以降、11年間にわたって年間40失点以上を記録していた川崎F。初めてリーグ2位となった06年の84得点55失点を筆頭に、守備面の課題を爆発的な攻撃力で上回ってきた歴史があった。だが、どのシーズンも頂点には届かず。08年、09年、13年、16年とあと一歩で優勝を逃してきた。

 だが鬼木達監督が就任した17年、初めて1試合平均1失点を下回る32失点でフィニッシュし、初優勝を果たすと、今季はさらに少ない27失点。守備面の強化がそのまま結果に反映される形となった。14年加入の谷口は「特に鬼さんに変わってから、前線の選手を含めたチーム全体が失点を減らすこだわりが強くなった」と振り返る。

 前線の貢献に関しては、同じくベストイレブンに輝いた2人も口を揃えた。初選出のGKチョン・ソンリョンは「全員で守備、全員で攻撃ができたことで最少失点を成し遂げられた」と指摘。今季はCB起用もこなし、連続受賞したDF車屋紳太郎も「失点が減ったのは周りの選手との守備の連携が良くなったから」と述べた。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

JリーグMVP家長昭博に思わぬサプライズ…“運命の人”本田圭佑「たまには連絡下さい」

元の記事へ移動

JリーグMVPに輝いたMF家長昭博にメッセージを送ったMF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)
 Jリーグ年間最優秀選手に輝いた川崎フロンターレMF家長昭博に“運命の人”からサプライズのビデオメッセージが送られた。登場したのはメルボルン・ビクトリーMF本田圭佑。同じ1986年6月13日に生まれ、同じ左足を武器とし、中学時代を共に過ごした旧友から「アキ、おめでとう!」と祝福の言葉が送られた。

 家長と本田は中学時代、共にガンバ大阪ジュニアユースでプレー。家長にとっては「いつも一緒にいて、たまたま生年月日も同じで、運命を感じる選手」といった存在だ。卒業後は家長がG大阪ユースに昇格したが、本田は星稜高に進学。進路は別れたものの、共に日本サッカー界の歴史に名を残す選手となった。

 Jリーグは18日、横浜アリーナで「2018 Jリーグアウォーズ」を開催。メインイベントのMVPが発表されると、直後にさらなるサプライズが待っていた。

「アキ、おめでとう。事務所から選ばれる可能性があるからメッセージくれって言われて、もしアキが選ばれなかったらこのメッセージどこ行くんかなと思って喋っています。これが映るなら選ばれたってことなので、改めておめでとうございます」。

 会場のモニターに本田の姿が映し出されると、会場からは大きな歓声。今季のJリーグを象徴する選手となった旧友に素直なメッセージを送った。「全然連絡がこないんで、たまには連絡ください。サッカーに集中して、家族のために頑張っているのはわかりますけど、たまには旧い友人にも連絡をよこして、会いに来てください。また昔話でもしましょう」。

 現在はオーストラリアのメルボルン・ビクトリーでプレーする傍ら、カンボジア代表監督を務め、投資家としても積極的に活動するなど、サッカー界にとどまらない影響力を発揮する本田。川崎Fの選手たちには「アキだけでなく、他のチームメートのみなさんも活躍したと聞いています。おめでとうございました。来年も魅力のあるパスサッカーを見せてください」と語った。

 突然のメッセージを耳にした家長は天井を見つめ、やや感極まった様子。直前のスピーチでは「あまりこういう場所で喋ったことないので手短に…」と語っており、おなじみの本田節には「僕より喋ってましたね」と苦笑いも。それでも「本当に行きたいと思います」と述べ、近々の再会を約束した。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ