J1昇格PO惜しくも敗退福岡、井原監督続投、4季目へ

元の記事へ移動

4季目の続投が決まった井原正巳監督
 アビスパ福岡は14日、井原正巳監督(50)と来季の契約を更新したことを発表した。

 今季の福岡はJ2で4位。1年でのJ1復帰を目指したが、J1昇格プレーオフ決勝で名古屋と引き分け、来季もJ2を戦うことが決まっていた。

 PO決勝後の会見では去就について「白紙」を強調していたが、4季目の続投が決定した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●2018年Jリーグ移籍情報

熊本新監督に元大宮監督渋谷氏「勝利の喜びを共に」

元の記事へ移動

熊本の新監督に就任した渋谷洋樹氏
 ロアッソ熊本は14日、来季より渋谷洋樹氏(51)が新監督に就任すると発表した。

 熊本の今季は、降格圏の21位で終了。ただJ3で優勝したブラウブリッツ秋田がJ2ライセンスを持たないため、熊本のJ2残留が決まっていた。11月20日にはクラブ立ち上げから関わった池谷友良監督の辞任と退団が発表になっていた。

 渋谷氏は1966年11月30日生まれ、北海道出身の51歳。大宮や甲府でコーチを歴任し、14年8月より大宮の監督に就任。解任された今年5月まで勤めていた。

 クラブを通じ、「来季は一つでも上を目指すために、今シーズンの悔しさを絶対忘れることなく、常に前進し、どんな時も赤い魂を持ち続け、選手・スタッフ、そしてロアッソ熊本を応援してくださる皆様との絆を力に変え、ピッチで躍動し、勝利の喜びを共に分かち合いましょう」とファン・サポーターへのメッセージを発信した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●2018年Jリーグ移籍情報

川辺駿、磐田で残した103試合の軌跡。名波ジュビロでの3年経て「完成形」へ

元の記事へ移動

2015年からスタートした磐田への期限付き移籍は、異例とも言える3年に渡った。ジュビロ磐田、サンフレッチェ広島両クラブからの発表の通り、川辺駿は来シーズンから広島でプレーすることになる。生まれ育ったクラブにいても成長はできただろう。だが、サックスブルーで過ごしたからこそ得たものもあった。『磐田の川辺駿』はいかにして、自身の価値を高めていったのだろうか。(取材・文:青木務)

遠藤保仁が赤裸々告白…“捨てパス”へのこだわり、将来の監督転身への思いも

元の記事へ移動

トークショーを開催したG大阪MF遠藤保仁
 アンブロとアドバイザリー契約を結ぶガンバ大阪のMF遠藤保仁が13日、サッカーショップKAMO原宿店に来店し、招待されたファン30名を前にトークショーを開催した。

 遠藤が今季でプロ生活20年を迎えたことを記念し、株式会社デサントは本人の完全別注仕様モデルとなるスパイク『アクセレイターYATTO 20TH』を20足限定で販売。デザインは黒を基調とし、アッパーには本人が普段履いてる仕様の『YATTO7』の文字も記載。シュータン裏にはシリアルナンバーが刺繍されている。

 スパイクのカラーのこだわりについて問われた遠藤は「やっぱりシンプルなものが好きですね。カラフルというよりは渋めの方が好きです」と返答。また、昔からここだけは譲れないポイントとして「見ている皆さんは分からないと思いますけど、僕はかかとが非常に特徴がありまして、そのかかとの部分をとにかく柔らかくしてくれと常に要望はしています。それとフィット感ですね。靴紐がなくてもいいくらいのキツさで履くこだわりを持っています」と明かした。

 遠藤は2004年からアンブロと契約を結んでいる。これまで様々なモデルを着用してきたが、当時と今のスパイクを比べて「全然違いますね」と実感を込めて話す。「もちろん僕が途中途中で(アンブロに)わがままを言ったのもありますが、全部進化していると思います。今はめちゃめちゃ履きやすいですし、特に何も言うことがないくらい進化していると思います」。ドイツ大会、南アフリカ大会、ブラジル大会と、3度のW杯を一緒に戦ったアンブロへの信頼は大きい。

 また、今回の限定スパイク販売に併せ、遠藤がアンブロとアドバイザリー契約を結んでから現在まで着用した歴代のスパイクが載ったメモリアルTシャツも発売されている。トークショーではサイン色紙に加え、メモリアルTシャツと同様のデザインが施されたクリアファイルがファンにプレゼントされた。

 クリアファイルで自身の歴代スパイク一覧を目にし、過去に履いたモデルの思い出を聞かれた遠藤は「履いた記憶がないのもあるんですけどね」と暴露して会場の笑いを誘うと、「これだけ出ていれば、長い間履いているものもあれば、短い期間だけというのもあるので……。(印象的なのは)どれだと思います?」とファンへ逆に質問。2010年南アフリカW杯のデンマーク戦でFKを決めたときに履いていたシルバーのスパイクが挙げられると、「これは確かにめちゃめちゃ履きやすかったです」と頷いた。

 そのほか、プロ生活20周年に際し、サッカー界全体の変遷にも言及。「僕が(プロに)入ったときは今のようにフィジカル重視のサッカーというよりは、テクニックとかそっちの方が多かったかな」と振り返り、自身が理想とするスタイルについて「簡単に言うとバルセロナ」「(もっと)分かりやすく言えば、めちゃくちゃ点を取っていたときのガンバみたいなイメージ」と語った。

 サッカーの話ではより深い内容にも踏み込み、遠藤はポゼッションサッカーに不可欠な“捨てパス”について持論を展開。「無駄と言われれば無駄かもしれないです。今の日本代表監督(バヒド・ハリルホジッチ)だったら無駄と言われるでしょうし、今の名古屋の(風間八宏)監督だったら無駄じゃないと言われるでしょうし、それは監督の好き嫌い。ただ僕は好きなので、無駄に見えたパスでも無駄ではない。実際、無駄なときもありますけど、それでもたくさんボールに触った方がいいと思うので、そういうパスは必要かなと思います」と、日本屈指のパサーとしての矜持をうかがわせた。

 ファンからの質問コーナーでは「将来的に監督をやりたいか」という問いに対し、「ライセンスを取りに行くのはちょっとめんどくさいなとは思っていますけど」と冗談をまじえつつ、「監督はやりたいですよ。チームを動かしたいなとは思います」とキッパリ。指揮を執りたいチームについては「どこでもいいですかね。でも、どこが一番の目標かというと、海外のクラブとかになるんでしょうけど。もちろんガンバも率いたいとは思います。代表の監督はものすごいプレッシャーがあるので、そこはあんまり今のところ興味はないです」と話している。

 トークショーのあとは個別の写真撮影および握手会、遠藤のサイン入りスパイクを懸けたじゃんけん大会、そして2回に分けて集合写真の撮影が実施された。遠藤は最後に「今日はありがとうございました。来季以降も何年やるか分かりませんけど、まだまだ自分を磨いていいプレーを見せていきたいなと思いました」とファンに挨拶。あらためて決意を新たにした様子だった。

(取材・文 阿部哲也)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ

長野が31歳DF天野貴史と契約満了

元の記事へ移動

天野貴史が長野退団
 AC長野パルセイロは13日、今シーズン限りで契約満了となり、DF天野貴史(31)が退団することを発表した。同選手は昨季長野に加入し、今季はリーグ戦20試合で1得点を記録していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●2018年Jリーグ移籍情報