2度のJ1昇格を導いたクラブ最古参、山形DF石川竜也が契約更新

元の記事へ移動

山形DF石川竜也は99年ワールドユース準優勝を経験した黄金世代の1人
 モンテディオ山形は31日、DF石川竜也(37)との契約を更新したことを発表した。石川は山形10年目のクラブ最古参で、08年と14年のJ1昇格決定の瞬間をピッチ上で迎えた唯一の現所属選手。今季は開幕直後の負傷もあり、J2リーグ戦14試合の出場にとどまっていた。


●2017年Jリーグ移籍情報

「目標はただ一つ」横浜FCが37歳GK南雄太と契約更新

元の記事へ移動

J1昇格への意気込みを語ったGK南雄太
 横浜FCは31日、GK南雄太(37)と2017シーズンの契約を更新したことを発表した。南は今季、J2リーグ戦で23試合に出場。クラブ公式サイトを通じて「来年も横浜FCで戦わせて頂く事になりました。目標はただ一つです。J1昇格という目標を叶えるために1試合1試合、1日1日を大切に一心不乱に目標に向かってサポーターの皆さんと共に突き進んでいく所存です」と強い意気込みを語っている。


●2017年Jリーグ移籍情報

J2降格の福岡がFWウェリントン、MFダニルソン、DF堤と契約更新

元の記事へ移動

福岡がFWウェリントンら3選手との契約更新を発表した
 来季J2を戦うアビスパ福岡は31日、FWウェリントン(28)、MFダニルソン(30)、DF堤俊輔(29)と2017シーズンの選手契約を更新したことを発表した。ウェリントンは今季のJ1リーグで29試合に出場し、5得点を記録。ダニルソンは17試合、堤は15試合に出場していた。


●2017年Jリーグ移籍情報

Jリーグが財務基準の緩和を検討 3期赤字で不交付撤廃も

元の記事へ移動

 JリーグがJ1やJ2の参加要件となるクラブライセンス制度について、3期連続赤字で不交付となる項目の撤廃など財務基準の緩和を検討していることが31日、分かった。J1上位に総額約28億円を与える理念強化配分金の新設に伴い、クラブの投資意欲を活発にする策に乗り出す。

川崎、悲願の初タイトルへ 憲剛「やるだけ」/天皇杯

元の記事へ移動

 サッカーの第96回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は1日午後2時から大阪府吹田市の市立吹田スタジアムで決勝が行われ、6大会ぶり5度目の優勝を目指す鹿島と、初の栄冠を狙う川崎が顔を合わせる。大阪での決勝開催は56大会ぶり。両チームは31日、堺市で冒頭以外を非公開として最終調整した。

鹿島、エース金崎は最終調整参加せず 川崎は憲剛や大久保ら体動かす/天皇杯

元の記事へ移動

 サッカーの第96回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は1日午後2時から大阪府吹田市の市立吹田スタジアムで決勝が行われ、6大会ぶり5度目の優勝を目指す鹿島と、初の栄冠を狙う川崎が顔を合わせる。大阪での決勝開催は56大会ぶり。両チームは31日、堺市で冒頭以外を非公開として最終調整した。

盛岡、DF益子義浩と契約更新「チームを勝利に導けるよう日々精進」

元の記事へ移動

 グルージャ盛岡は31日、DF益子義浩(29)と2017シーズンの契約を更新したことを発表した。益子は今季J3リーグ戦で16試合に出場。クラブ公式サイトを通じて「チームを勝利に導ける選手になれるよう、日々精進したいと思います」と意気込みを述べた。


●2017年Jリーグ移籍情報