千葉FWペチュニク、EURO予選POに臨むスロベニア代表メンバーに選出「本戦出場を決めてきます」

元の記事へ移動

千葉FWペチュニク、EURO予選POに臨むスロベニア代表メンバーに選出「本戦出場を決めてきます」
 ジェフユナイテッド千葉は5日、FWネイツ・ペチュニクがスロベニア代表に招集されたことを発表した。同代表は、EURO2016予選でグループEに入り、5勝1分4敗の3位でプレーオフに進出していた。プレーオフでは14日に敵地で、17日にホームでウクライナと本大会出場をかけて対戦する。

 クラブを通じてペチュニクは、「J1昇格を懸けた戦いの中、岡山戦で不在になることが残念です。EURO出場の為に自国を代表して予選を戦うことは名誉な事で、プレーオフに勝利し本戦出場を決めてきます。その間もジェフを応援していますし、岡山戦の勝点3を信じています」とコメントしている。

 なお、ペチュニクは9日に出発し、18日に再来日する予定となっている。

●EURO2016予選特集

鹿島の次世代担う昌子源。“常勝軍団”復活へ、若きDFリーダーが背負う使命感と覚悟

元の記事へ移動

10月31日に埼玉スタジアムで行われたナビスコカップ決勝でガンバ大阪を3対0で一蹴し、大会最多となる6度目の優勝を果たした鹿島アントラーズ。2012年シーズンのナビスコカップ制覇から約3年。Jリーグ史上で歴代最多となる通算17個目の国内主要タイトルは、22歳のディフェンスリーダー、昌子源とはじめとする次代を担う世代の成長と自覚を加速させ、常勝軍団の哲学と伝統を紡がせていく。

名古屋FW永井謙佑に第2子長女が誕生「一層サッカーに向き合う」

元の記事へ移動

名古屋FW永井謙佑に第2子長女が誕生「一層サッカーに向き合う」
 名古屋グランパスは4日、FW永井謙佑に第2子となる長女が誕生したことを発表した。10月30日に誕生した。母子ともに健康。

 永井は2011年9月に福岡大時代の同級生と結婚。13年9月に長男が誕生していた。

 クラブを通じ「これからは家族が一人多くなった分、より一層サッカーに向き合い、クラブやファン・サポーターの皆さまのためにも結果を追求していきたいと思います」とコメントした。

韓国U-22代表に札幌GK招集「力をつけて帰ってきます」

元の記事へ移動

 コンサドーレ札幌は4日、GKク・ソンユンがU-22韓国代表に招集されたと発表した。同代表は中国で開催されるU-22国際大会に出場する。

 クラブを通じ「大事な時にチームを離れる事になってしまい、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。選出されたからには試合にしっかりと絡んで、力をつけて帰ってきます」とコメントしている。