水戸vs東京V 試合記録

元の記事へ移動

【J2第37節】(Ksスタ)
水戸 2-0(前半0-0)東京V


<得点者>
[水]三島康平(54分)、オウンゴール(57分)

<警告>
[水]馬場賢治(67分)
[東]平本一樹(61分)

観衆:5,163人
主審:前田拓哉
副審:高橋佳久、角田裕之

<出場メンバー>
[水戸ホーリーホック]
先発
GK 1 本間幸司
DF 2 田向泰輝
DF 24 細川淳矢
DF 17 新里亮
DF 3 田中雄大
MF 6 石神幸征
MF 8 岩尾憲
MF 7 鈴木雄斗
(81分→FW 19 山村佑樹)
MF 10 船谷圭祐
(78分→DF 20 今瀬淳也)
FW 39 馬場賢治
(90分+2→MF 18 白井永地)
FW 11 三島康平
控え
GK 21 笠原昂史
DF 33 石川大徳
MF 16 パク・カンイル
MF 9 小谷野顕治
監督
西ヶ谷隆之

[東京ヴェルディ]
先発
GK 1 佐藤優也
DF 2 安西幸輝
DF 23 田村直也
DF 3 井林章
DF 5 福井諒司
MF 20 三竿健斗
(59分→FW 7 杉本竜士)
MF 10 ブルーノ・コウチーニョ
(67分→MF 33 高木善朗)
MF 8 中後雅喜
MF 6 安在和樹
FW 11 南秀仁
(77分→FW 18 高木大輔)
FW 25 平本一樹
控え
GK 26 柴崎貴広
DF 15 ウェズレイ
MF 14 澤井直人
MF 45 永井秀樹
監督
冨樫剛一

▼関連リンク
[J2]第37節 スコア速報

磐田vs札幌 試合記録

元の記事へ移動

【J2第37節】(ヤマハ)
磐田 3-0(前半0-0)札幌


<得点者>
[磐]ジェイ2(55分、66分)、森島康仁(88分)

<警告>
[磐]森下俊(57分)
[札]福森晃斗(54分)、河合竜二(71分)

観衆:11,179人
主審:木村博之
副審:五十嵐泰之、山際将史

<出場メンバー>
[ジュビロ磐田]
先発
GK 21 カミンスキー
DF 25 櫻内渚
DF 19 伊野波雅彦
DF 35 森下俊
(84分→DF 33 藤田義明)
DF 13 宮崎智彦
MF 40 川辺駿
MF 7 上田康太
MF 9 太田吉彰
MF 4 小林祐希
MF 15 アダイウトン
(90分+1→MF 22 松井大輔)
FW 8 ジェイ
(77分→FW 20 森島康仁)
控え
GK 1 八田直樹
DF 5 駒野友一
MF 11 松浦拓弥
MF 6 田中裕人
監督
鈴木秀人

[コンサドーレ札幌]
先発
GK 25 ク・ソンユン
DF 3 パウロン
(15分→DF 24 福森晃斗)
DF 4 河合竜二
DF 5 櫛引一紀
MF 19 石井謙伍
MF 10 宮澤裕樹
MF 18 深井一希
MF 31 堀米悠斗
MF 44 小野伸二
(80分→FW 13 内村圭宏)
FW 50 ナザリト
(67分→MF 27 荒野拓馬)
FW 9 都倉賢
控え
GK 1 金山隼樹
DF 14 上原慎也
MF 20 上里一将
MF 42 ニウド
監督
四方田修平

▼関連リンク
[J2]第37節 スコア速報

福島vs藤枝 試合記録

元の記事へ移動

【J3第34節】(あいづ)
福島 2-1(前半0-1)藤枝


<得点者>
[福]石堂和人(56分)、齋藤恵太(60分)
[藤]満生充(38分)

<警告>
[福]安東輝(71分)

観衆:1,126人
主審:日比野真
副審:山本慎吾、田代滉明

<出場メンバー>
[福島ユナイテッドFC]
先発
GK 33 植村慶
DF 3 野田明弘
DF 2 岡田亮太
DF 13 大原卓丈
DF 18 星雄次
MF 14 橋本拓門
(90分+5→FW 9 横野純貴)
MF 8 石堂和人
MF 24 安東輝
MF 17 星広太
(88分→MF 6 鴨志田誉)
FW 7 茂木弘人
FW 29 齋藤恵太
(83分→FW 19 田村翔太)
控え
GK 34 内藤友康
MF 15 村岡拓哉
監督
栗原圭介

[藤枝MYFC]
先発
GK 1 朴一圭
DF 3 奈良林寛紀
(67分→MF 23 中津留奨吾)
DF 17 望月竜次
DF 31 福王忠世
(63分→MF 24 沓掛勇太)
DF 7 佐藤将也
MF 18 富井英司
(83分→MF 25 添田隆司)
MF 19 越智亮介
MF 10 久富賢
MF 16 枝本雄一郎
FW 5 満生充
(61分→MF 30 吉岡航平)
FW 9 大石治寿
控え
GK 26 田島昇太
監督
大石篤人

▼関連リンク
[J3]第34節2日目 スコア速報

富山vsJ-22 試合記録

元の記事へ移動

【J3第34節】(富山)
富山 2-1(前半1-0)J-22


<得点者>
[富]苔口卓也2(14分、86分)
[J]平岡翼(47分)

<警告>
[J]木下高彰(83分)

観衆:2,270人
主審:宇田賢史
副審:佐藤誠和、坂本晋悟

<出場メンバー>
[カターレ富山]
先発
GK 31 永井堅梧
DF 11 三上陽輔
(68分→DF 13 内田錬平)
DF 18 吉井直人
DF 5 平出涼
DF 4 國吉貴博
MF 10 森泰次郎
(84分→MF 7 朝日大輔)
MF 8 大西容平
(62分→MF 14 大山俊輔)
MF 2 日高拓磨
(57分→MF 29 進藤誠司)
MF 37 北井佑季
FW 17 木本敬介
FW 9 苔口卓也
控え
GK 21 江角浩司
監督
澤入重雄

[JリーグU-22選抜]
先発
GK 1 牲川歩見
DF 2 石田崚真
DF 4 木下高彰
DF 3 中山雄太
DF 6 山中亮輔
MF 10 野澤英之
MF 14 水野泰輔
MF 15 平岡翼
(61分→MF 5 石井圭太)
MF 13 遠藤純輝
MF 8 和田達也
(61分→MF 7 大島康樹)
FW 11 柳下大樹
(61分→FW 9 大津耀誠)
控え
GK 16 櫛引政敏
監督
高畠勉

▼関連リンク
[J3]第34節2日目 スコア速報

鳥取vs秋田 試合記録

元の記事へ移動

【J3第34節】(チュスタ)
鳥取 0-1(前半0-1)秋田


<得点者>
[秋]佐藤祥(4分)

<警告>
[鳥]中山仁斗(14分)
[秋]佐藤祥(75分)

観衆:2,253人
主審:藤田和也
副審:西山貴生、柳楽典雅

<出場メンバー>
[ガイナーレ鳥取]
先発
GK 1 杉本拓也
DF 28 秋山貴嗣
(84分→FW 11 田中智大)
DF 34 井上黎生人
DF 16 小石哲也
DF 21 稲森克尚
MF 20 柿木亮介
(46分→MF 22 宮本龍)
MF 23 野崎雅也
(65分→MF 6 畑田真輝)
MF 14 廣田隆治
MF 10 フェルナンジーニョ
(72分→MF 25 林誠道)
MF 13 安藤由翔
FW 18 中山仁斗
控え
GK 29 井上亮太
監督
松波正信

[ブラウブリッツ秋田]
先発
GK 21 松本拓也
DF 2 キローラン木鈴
DF 13 新里彰平
DF 24 山田尚幸
MF 14 川田和宏
(79分→FW 17 峯勇斗)
MF 4 島川俊郎
MF 25 佐藤祥
MF 20 牧内慶太
(71分→DF 43 下田光平)
MF 7 前山恭平
(90分+2→FW 11 平井晋太郎)
MF 8 熊谷達也
FW 16 三好洋央
(76分→FW 36 米澤令衣)
控え
GK 1 浅井俊光
監督
間瀬秀一

▼関連リンク
[J3]第34節2日目 スコア速報

カズが先発で最年長出場記録を更新も…前半17分に負傷

元の記事へ移動

カズが先発で最年長出場記録を更新も…前半17分に負傷
[10.18 J2第37節 横浜FC-京都 ニッパツ]

 横浜FCのFW三浦知良がホームでのJ2第37節京都サンガF.C.戦で先発出場し、自身の持つ最年長出場記録を48歳7か月22日に更新した。

 2試合ぶりの先発出場となった三浦は前線から献身的な動きで決定機を演出するなどチームに貢献していたが、前半17分に浮き球にMF金南一と競り合った際に負傷。右太腿裏あたりを抑えて倒れ込み、担架でピッチを後にした。

 三浦は今季16試合目の出場で、6月28日の第20節水戸戦以来、約4か月ぶりのゴールが期待されたが、早々の交代となってしまった。なお、前半終盤にはベンチに座っている姿が確認されており、大事には至らなかったようだ。

●[J2]第37節 スコア速報

清水に続くのは…次節、松本と山形に降格決定の可能性

元の記事へ移動

清水に続くのは…次節、松本と山形に降格決定の可能性
 17日に行われたJ1第2ステージ第14節の結果により、3試合を残して清水エスパルスのJ2降格が決まったが、24、25日に行われる第15節の結果次第では松本山雅FCモンテディオ山形のJ2降格が決定する可能性もある。

 年間16位の松本はホームで14位鳥栖と対戦。引き分け以上なら次節での降格決定はないが、負けた場合、13位新潟が名古屋に勝つか引き分けたうえで、15位神戸が山形に勝つと、松本の降格が決定する。

 年間17位の山形はアウェーで年間15位の神戸と対戦。勝てば次節での降格決定は阻止できるが、引き分け以下の場合は他会場の結果に関係なく、1年でのJ2降格が決まる。

 つまり鳥栖と神戸が勝ち(松本と山形が敗れ)、新潟が引き分け以上の場合、松本と山形の16位以下が確定。2試合を残して降格する3チームがすべて決定することになる。

【J1】
▼残留争い
すでに清水の降格が決定。次節(第15節)で松本、山形の降格が決まる可能性がある。

[松本](vs鳥栖)
・○△の場合、今節での降格決定はなし
・●の場合、新潟(vs名古屋)○△かつ神戸(vs山形)○で降格決定

[山形](vs神戸)
・○の場合、今節での降格決定はなし
・△●の場合、他会場の結果に関係なく降格決定

【順位表】※第14節終了時点
13.新潟(33)-13
14.鳥栖(33)-19
15.神戸(32)-5

16.松本(27)-22
17.山形(24)-22
18.清水(21)-26

第15節
10月24日(土)
F東京 14:00 浦和 [味スタ]
川崎F 14:00 横浜FM [等々力]
湘南 14:00 鹿島 [BMWス]
甲府 14:00 広島 [中銀スタ]
松本 14:00 鳥栖 [松本]
清水 14:00 柏 [アイスタ]
名古屋 14:00 新潟 [パロ瑞穂]
神戸 14:00 山形 [ノエスタ]
10月25日(日)
仙台 14:00 G大阪 [ユアスタ]

J2降格の清水が謝罪文…左伴社長「深くお詫び」「1年後またJ1の舞台に」

元の記事へ移動

J2降格の清水が謝罪文…左伴社長「深くお詫び」「1年後またJ1の舞台に」
 クラブ史上初のJ2降格が決まった清水エスパルスは18日、公式サイトを更新し、謝罪文を掲載した。清水は今年7月と9月にもチームの低迷に関する“お詫び文”を発表しており、今季3度目の謝罪文となった。

「ファン・サポーター、スポンサーの皆様へ(来シーズンのJ2降格について)」と題し、左伴繁雄社長がコメントを発表。「これまでJリーグ創設時のオリジナル10と言われるクラブの中でも唯一の市民クラブとして、23年間J1の舞台で戦って参りました。その伝統と歴史あるクラブを降格させてしまうこととなり、常日頃からクラブを支えていただいているファン・サポーター、スポンサー、株主の皆様に対しまして、強く責任を感じるとともに、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 前日の仙台戦に0-1で敗れ、4連敗を喫した清水。最下位のまま勝ち点を上積みできず、年間15位の新潟が勝ったため、3試合を残して来季のJ2降格が決定した。1992年のJリーグ発足から加盟する清水のJ2降格。これでJリーグ創設から参戦する「オリジナル10」のうち、J2降格経験がないのは鹿島、横浜M(現横浜FM)、名古屋の3クラブのみとなった。

 降格の要因について左伴社長は「昨シーズンの終了時点で、移籍マーケットが動く時期に大きく出遅れてしまったため、必要な時期に適切な補強ができなかったことも、この結果につながっていると言わざるを得ません」と指摘する。

 昨年7月、アフシン・ゴトビ元監督を解任し、大榎克己前監督が就任。降格圏と勝ち点1差の15位で何とか残留を果たしたが、今オフに効果的な補強はなく、シーズン序盤から厳しい戦いが続いた。結局、今年8月に大榎前監督が辞任。田坂和昭監督が就任したが、就任後9試合勝ちなし(3分6敗)と、1勝も挙げられぬまま降格が決まった。

「チームを強化していく上で最も大事なことである目指すサッカーを定義し、それに沿った監督やコーチングスタッフ、選手の編成が、必ずしもできていなかったということも今般の低迷を引き起こしていると考えます。チームのサッカースタイルが監督に委ねられ、サッカーの連続性が欠如していたことも、その要因であると考えております」

 左伴社長はそう分析したうえで、「今後は、年内を目処にクラブとして軸となるサッカーの中期的指針をはっきりと打ち出し、それに従った強化部門、チーム編成や的確な補強を行って参ります」と約束。「1年後にはまたJ1の舞台に戻ってくることをお誓い致します」と、1年でのJ1復帰を目指すことを宣言している。

讃岐vs熊本 スタメン発表

元の記事へ移動

[10.18 J2第37節](ピカスタ)
※16:00開始
主審:野田祐樹
副審:大西保、西村幹也
<出場メンバー>
[カマタマーレ讃岐]
先発
GK 1 清水健太
DF 5 高橋祐治
DF 30 エブソン
DF 3 藤井航大
DF 2 小澤雄希
MF 29 森川裕基
MF 25 岡村和哉
MF 26 山本翔平
MF 10 高木和正
FW 9 我那覇和樹
FW 33 木島良輔
控え
GK 24 瀬口拓弥
DF 22 武田有祐
DF 4 沼田圭悟
MF 15 綱田大志
MF 6 藤田浩平
FW 11 高橋泰
FW 14 アラン
監督
北野誠

[ロアッソ熊本]
先発
GK 41 シュミット・ダニエル
DF 10 養父雄仁
DF 4 園田拓也
DF 3 鈴木翔登
DF 2 黒木晃平
MF 33 上原拓郎
MF 38 上村周平
MF 14 岡本賢明
FW 11 平繁龍一
FW 36 巻誠一郎
FW 17 齊藤和樹
控え
GK 1 畑実
DF 23 藏川洋平
DF 32 クォン・ハンジン
MF 27 中山雄登
MF 28 清武功暉
MF 39 嶋田慎太郎
MF 8 高柳一誠
監督
小野剛

▼関連リンク
[J2]第37節 スコア速報

北九州vs愛媛 スタメン発表

元の記事へ移動

[10.18 J2第37節](本城)
※16:00開始
主審:荒木友輔
副審:大友一平、福岡靖人
<出場メンバー>
[ギラヴァンツ北九州]
先発
GK 21 鈴木彩貴
DF 16 弓崎恭平
DF 5 前田和哉
DF 6 西嶋弘之
DF 19 川島大地
MF 7 風間宏希
MF 17 加藤弘堅
MF 10 小手川宏基
MF 18 内藤洋平
FW 9 原一樹
FW 25 小松塁
控え
GK 1 阿部伸行
DF 23 寺岡真弘
MF 11 井上翔太
MF 29 小谷健悟
MF 8 八角剛史
FW 14 渡大生
FW 15 大島秀夫
監督
柱谷幸一

[愛媛FC]
先発
GK 1 児玉剛
DF 14 玉林睦実
DF 23 林堂眞
DF 4 西岡大輝
DF 33 パク・チャニョン
MF 5 藤田息吹
MF 27 小島秀仁
MF 9 安田晃大
MF 39 内田健太
FW 18 西田剛
FW 20 河原和寿
控え
GK 21 曵地裕哉
DF 25 村上佑介
MF 16 江口直生
MF 17 近藤貴司
MF 37 白井康介
FW 11 表原玄太
FW 19 渡辺亮太
監督
木山隆之

▼関連リンク
[J2]第37節 スコア速報