[相模原]“日吉のヒーロー”が「中間管理職」として三ツ沢へ帰還。主将・富澤清太郎、いざ神奈川ダービーへ

元の記事へ移動


 明治安田J3第9節、相模原はYS横浜との“神奈川ダービー”に臨む。

 舞台はニッパツ三ツ沢球技場。「マリノスを離れてからも何度か戦っているんですけど、やっぱり良いですよね」。相模原の富澤清太郎は変わらぬ“ホーム”への思いを口にする。

「昔から応援してくださる方がその都度、観に来てくださったりもしますし、僕自身慣れ親しんだというか、子どもの頃からあのへんで、サッカーをしていたので。良い1日にしたいですね」

 負傷によって開幕から出遅れていたものの、第7節・讃岐戦で復帰を果たすと、いきなり得点まで奪ってみせた。以降は3バックの中央として、そしてチームのキャプテンとして、すでに欠かせない存在感を放っている。

「『どうしよう』『うまくいかないな』と悩むことはないけど、『チームをどう持っていくべきかな』というのは探りながらというか。一人ひとり、選手たちの成長も必要ですし、そのためにどうコミュニケーションを取るか。全部が全部、監督任せになっても良くないと思うし、いまキャプテンをやっていて、僕が言わないといけないときもある。そこはチームのバランスだから、中間管理職のように(笑)、良い働きをしないといけないですね」

 現在、チームは公式戦連敗中。混戦模様のJ3だが、17位という順位は不本意な成績だ。それでも、「悲観はしなくていい」と富澤。「ただ、プレッシャーは自然とのしかかってくるから、そこを乗り越えることですよね。それは簡単ではないんですけど、でも打ち勝てれば、選手のポテンシャルなどを考えても、今まで達成できなかったことも達成していけると思っています」。だからこそ、この“神奈川ダービー”を何としても制し、好転のきっかけとしたい。

 日吉のヒーローから、相模原のヒーローとして。富澤は腕章を巻き、かつてのホームスタジアムに帰ってくる。試合は19日、13時キックオフ予定だ。

文:林口翼(エルゴラッソ相模原担当)
写真提供:SC相模原

[2180号] 令和初大阪ダービー

元の記事へ移動

[2019年5月15日発売 エルゴラッソ2179号]

[インタビュー]

■大阪ダービー新時代 INTERVIEW MF 8 小野瀬 康介(ガンバ大阪)
ダービーだからと言って、格好つけるつもりはない

[特集]

■監督交代。その決断の背景

[明治安田J2第13節マッチレポート]

■柏 vs 徳島
6試合ぶり白星の太陽王。踏みとどまった上位戦線

**************************INDEX*************************

[明治安田J1第11節 マッチレポート]
■湘南 vs 大分
効いた後半の修正。大分が示した地力

[明治安田J2第13節 マッチレポート]
■琉球 vs 水戸
ここはタピスタ。琉球、無敗の地で無敗の首位を撃破

■山形 vs 千葉
きっかけはHT。後半、山形怒涛の逆転劇で首位浮上

■京都 vs 岡山
中田改革が進む京都。台風の目の予感

■東京V vs 福岡
内容とともに前進。東京V、初の連勝

■長崎 vs 新潟
長崎、ホームで開幕戦以来の勝点3

■山口 vs 大宮
山口、土壇場のPKで勝点1を拾う

■横浜FC vs 町田
勝者なき試合を生んだ両守護神

■栃木 vs 甲府
歓喜のグリスタ。栃木、8戦ぶり白星

■岐阜 vs 金沢
打ち合いを制した金沢が4位浮上

■愛媛 vs 鹿児島
鹿児島が上回った質とマインド

[FIFA U-20W杯 ポーランド2019]
■世界を揺らせ。U-20戦士の群像 vol.2

《エル・ゴラッソは、PC、スマホでも読める♪》
fujisan…日本最大級の電子書籍サイト
http://www.fujisan.co.jp/product/1281692744/

[大学]天皇杯神奈川県代表は逆転勝利の桐蔭横浜大!J3・2クラブを撃破。「今日は内容どうこうではなく結果という気持ちだった」(イサカ・ゼイン)

元の記事へ移動

 11日、天皇杯神奈川県予選決勝が保土ヶ谷公園サッカー場で行われ、桐蔭横浜大がSC相模原を下し、天皇杯出場権を勝ち取った。

 試合は立ち上がりから互角の展開。ただ、スコアレスで迎えた後半、先制に成功したのは相模原だった。50分、左サイドからのクロスにジオヴァンニがジャンピングボレー。GKも一歩も動けない背番号10のゴラッソで、相模原が先制点を手にした。

 しかし、桐蔭横浜大も食い下がる。65分、敵陣でボールを奪うと、最後は橘田健人が右足一閃。このシュートが桐蔭横浜大OBの田中雄大が守るゴールを破り、同点に追いつく。

 その後は互いに交代カードを切り、厳しい暑さの中、試合は1点勝負の展開に。

 終了間際には、CKから桐蔭横浜大に決定機が訪れたものの、シュートは田中が寸前でかき出す。結局、一進一退の攻防は90分で決着つかず、延長戦に突入することとなった。

 延長戦は両者疲労も見られる中、次の1点を奪ってみせたのは桐蔭横浜大だった。107分、相手ロングスローの守備からロングカウンターを展開すると、最後は下村司のシュートがゴールイン。青のユニフォームが歓喜に沸いた。

 その後は相模原がパワープレーを仕掛けるも、危なげなく逃げ切った桐蔭横浜大。見事、YS横浜、相模原とJクラブを連破し、天皇杯本戦進出を決めた。

 試合後、桐蔭横浜大のイサカ・ゼインは、「今日は内容どうこうではなく結果という気持ちだった。0-1という厳しい中で、逆転する力が出てきたのは今までになかったこと。小さいけど、一歩ずつ進んできているのかなと思います」と、チームの成長を実感する。

 ただ、「個人的には全然」と自己評価は厳しめ。「ボールを触る回数も少なかったし、ゴールに直結するプレーもなかったので、そこは本当に反省です」。それでも、「今日は勝てば良かったので。結果が出てなければ相当酷かったですけど、結果が出たので良かった」と、今日の勝利に価値を見出していた。

 桐蔭横浜大は1回戦で山形県代表と対戦。これに勝利すると、2回戦ではFC東京が待っている。そして、来季より川崎F加入が内定しているイサカ・ゼインにとっては、一足早い“多摩川クラシコ”となる可能性も。「自分のストロングでどんどんチャレンジしていく場としてはすごく楽しみ。みんなモチベーションにしているけど、でも次で負けたら全部消えてしまう。一つひとつの試合にフォーカスすることが一番大事で、その先にFC東京があると思う」と、気を引き締めていた。

文・写真:林口翼

[千葉]市立船橋高監督から千葉U-18A監督へ。「知らず知らずに目標の布さんのとった選択と同じ選択を…」(朝岡隆蔵氏)。

元の記事へ移動

 市立船橋高前監督で、千葉U-18A監督に就いた朝岡隆蔵氏(42)が9日、千葉のクラブハウスで就任会見を開き、「まずはトップチームで活躍する選手を多く輩出したい。そして、ダイレクターの下、同じ哲学を持ち、私のエッセンスを入れながら、チームを一つでも上のカテゴリ―に上げていきたい」と抱負を語った。

 就任会見では髙橋悠太GMが朝岡監督の招へいの経緯を説明。地域の高校との連携強化が進み、自前の寮の整備計画の目途が立つなどアカデミー組織の環境が整いつつある背景を言及した上で、「(朝岡監督は)ネームバリューがあり、生徒、親御さんに思ってもらえるような信頼される実績のある監督。トップチームにユースの選手を輩出するにあたって、Jリーグで活躍するために必要な具体的な要素を把握していることを重要視した」と理由を述べた。

 続いて登壇した朝岡監督は就任動機について、「自分は千葉市出身であり、(千葉は)一番身近なプロクラブ。選手も含めて、多くの縁があり、いろいろな話を聞けたし、日常的に私の指導やコーチングを多く見ていただき、名前だけではなく、リスペクトを持って評価していただいたと理解した」と語った。

 安定した公務員の職を辞してのプロ指導者への転向については、市立船橋高の恩師で、群馬で指揮を執る布啓一郎監督を引き合いに、「布さんの生き様を見ていますし、そうゆう意味では憧れであり、自分が知らず知らずに目標である布さんのとった選択と同じ選択をしていたかもしれない」との胸中を明かした。

 朝岡監督は昨年、S級コーチライセンスを取得し、Jリーグで指揮を執る資格を持つが、「U-18を良くすることが僕に与えられた仕事。それを実現すること以外は考えたくないし、考えてはいけない。目の前のこと一生懸命やりたい」と千葉県1部リーグに属するユース強化に全力を注ぐことを強調した。

 朝岡監督は市立船橋高のコーチなどを経て11年に同校の監督就任。以降8年間、全国選手権で1度、インターハイで2度の全国制覇に導いた。4月25日に千葉U-18Aの監督就任が発表されていた。
文・写真:大林洋平(エルゴラッソ千葉担当)

[町田]『こどもの日』企画、森村昂太の1枚のついての後日談

元の記事へ移動


 5月5日『こどもの日』に開催された水戸戦で、町田は選手紹介時に各選手の子どものころの写真を大型ビジョンに映し出した。中でも観衆からウケの良かった写真が、森村昂太の1枚。事前に「楽しみにしてもらえれば」と不敵に笑っていたとおり、前評判に違わぬ笑いを観衆から誘っていた。実際に森村の下にも「ぼちぼち」反応があった模様。最も過敏に反応した一人が、水戸でチームメートだったこともある常盤聡さんだった。

 常盤さんは水戸戦当日、クラブが試合後に行なっている『アフターゲームショー』のゲストコメンテーターを担当。その席で森村の子どものころの写真を見た感想として、「そのまんまだった。先週の写真じゃないの?」と話し、オーディエンスからの笑いをとっていた。

 当日、森村と常盤さんは再会を果たすことはなかったが、常盤さんから直接森村の下に「あの写真のことで笑いをとらせてもらった」という感謝の連絡があったという。ちなみに森村は常盤さんの解説ぶりを伝え聞くと、「またいっちょ前に」と言いながらも感心していた。

 このように大好評を博した『こどもの日』企画。さまざまな記念日に独自企画を展開することが多い“企画の町田”が、打ち出す次なる一手は何か。期待せずにはいられない。

写真提供/FC町田ゼルビア

[C大阪]U-20日本代表に選出された茂木秀、瀬古歩夢、西川潤が意気込みを語る

元の記事へ移動

 7日、U-20W杯に臨むU-20日本代表メンバーが発表され、C大阪から茂木秀と瀬古歩夢、来季のC大阪加入が内定している桐光学園高の西川潤が選ばれた。

 非公開で行われた練習後に取材に応じた瀬古は、「自分自身、(ケガで)U-17W杯には出られなかったので、この大会にかける思いは強かった。選ばれたことをうれしく思う。今後のサッカー人生で、『U-20W杯に出てよかった』と思える日は必ずくると思うので、この大会で得る経験をしっかりと糧にしたい。ベスト16という前回大会を超える結果を出したいし、できるだけ勝ち進みたい」と意気込みを話した。

 また、飛び級という形で選ばれた西川も、「選ばれて素直にうれしい。より身が引き締まる思い」と武者震い。「(昨年12月に行われたU-19日本代表の)ブラジル遠征に呼ばれたころから、よりU-20W杯に出たい思いは強くなった」と明かし、「世界でも注目される舞台なので、自分のよさをアピールしたいし、ゴールやアシストなど、チームを勝たせる結果を残したい。海外のリーグで活躍している選手もゴロゴロいると思うので、そういった選手たちと対戦できるのは楽しみ」と本大会に思いを馳せた。

 7日はC大阪U-23がオフだったため、茂木秀の取材対応はなかったが、チームをとおして、「日本を代表して戦えることをうれしく思います。これまで支えてくれた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。U-20代表としてはもちろん、セレッソ大阪の選手としての自覚と責任を持って戦いたい」とコメント。GK陣では、大迫敬介(広島)が6月のコパ・アメリカでのA代表初招集が見込まれ、U-20代表の招集を見送られた。谷晃生(G大阪)も左肩関節の脱臼により今回はメンバー外。茂木は、3番手から一転、正GKを務める可能性もある。

 また、西川にとって茂木は桐光学園高の3学年先輩にあたる。「直接年代は重なっていませんが、兄が(茂木の)親友で、僕が中学生のころ、よく家にも遊びにきていました」と意外なエピソードも。当時から茂木は高身長だったそうで、「デカいのでジャマでしたね(笑)」と冗談めかしつつ、「喋りやすいですし、一緒にW杯に臨めるのは頼もしいです」と世界での“共闘”を誓った。

(写真左:西川潤/写真右:瀬古歩夢)

写真:小田尚史

[新潟]「大きな一歩」。早川史哉がチーム復帰後、初のフル出場

元の記事へ移動

 新潟は5日、聖籠町のアルビレッジでJ3の長野と練習試合を行い、0-0で引き分けた。この日は早川史哉が急性白血病の治療を経てチームに復帰後、初めてフル出場した。「いけるところまで、と言われていたのですが、案外いけたので」。右SBで出場し、完封に貢献した。

 試合終盤、早川のインターセプトから攻撃のスイッチが入るなど、集中力も判断力も衰えることなく、クレバーなプレーをやり切った。吉永一明監督は、「彼は周りが見えている、IQの高い選手。90分出られたのは大きな収穫。彼のような理解者が増えるのは歓迎」と評価した。

 コンディション調整もあり、ここまで練習試合の出場時間は30分あるいは45分だった。「最初の30分くらいが一番きついので、頭も動かなくて、そこでミスをしたりしていた。自分のパフォーマンスはこれくらいなのかなと、ネガティブな感情になることもあった。でも今日は、それを過ぎるとテンポにも慣れて、落ち着いてプレーできたし、楽しみながら自分のよさも出せた」と日に焼けた笑顔をほころばせた。

 もちろん「もっとパワーが出せないと試合には出られない」と次の一歩も見据えている。それでも心地よい疲労感に包まれながら、振り返った90分は「大きな一歩。自分自身、限界をより高いところに持っていけると感じた。今日は素直に喜んでもいい」。

 青空の下、約300人のサポーターが見守る中で、確かにその一歩を踏み出した。

写真:野本桂子

[町田]水戸戦は試合前に注目! 子どものころの写真で監督・選手紹介を実施

元の記事へ移動

 女子大生の日に開催されたホームゲームで『エスコート女子大生』を実施するなど、“企画の町田”として知られる町田が、5月5日の「こどもの日」に開催される水戸戦で斬新な企画を打ち出した。

 その企画とは、14:05ごろからの登録全選手紹介や、14:50ごろからのメンバー発表で、相馬直樹監督を含め、選手たちの子どものころの写真を大型ビジョンに写して選手紹介を実施するというもの。「こどもの日に開催されるホームゲームでぜひ実現したかった」とクラブスタッフが話したように、今回の企画は積年の悲願が実現した格好だ。

 横浜F・マリノスやFC東京に在籍経験がある富樫敬真は、「この写真のころからプロを目指していたので、見ると感慨深い」と話し、どうやら丸刈り頭の富樫少年が注目のようだ。

 また、FC東京の下部組織出身でもある森村昂太は、「もう楽しみにしていてもらえれば。みんな普通の写真でつまらない人たちばかりだろうから、笑いを提供できると思います」と不敵な笑みを浮かべていた。
 富樫少年と森村少年は、一体どんな表情なのか。5月5日はぜひ、その目で確かめに、野津田(町田市立陸上競技場)までお越しください。

写真:郡司聡

[町田]トップ対ユースの練習試合。令和初日に町田が初めての試みを実施

元の記事へ移動


 令和初日となる5月1日、町田はホームの町田市立陸上競技場でトップチームとユースチームが45分×2本のトレーニングマッチを実施。約400人の観衆を集めたトップ対ユースの練習試合は、クラブとしても初の試みとなった。

 試合は開始4分にユースがCKから先制点を奪取。「チームとして盛り上がるゴール」(ユースの小山田賢信)をユースが奪ったものの、時間の経過につれて、トップがプロ集団としての“貫禄”を次第に発揮し、前半に3点、後半にも3点を加点したトップが6-1の逆転勝利を収めた。

「フィジカルなど、すべての面で足りなかった」とはユースの主将・小山田の弁。スタンドに集まったサポーターは、ユースの選手がトップの陣地に攻め上がるたびに、スタンドから大きな声援を送った。そうしたサポーターの期待を感じていた小山田は選手を代表して、「サポーターのみなさんにとっては物足りなかったかもしれないですが、精一杯戦いました。次の機会にはもっといい勝負ができるように練習します」と話し、今後の成長を誓っていた。

写真:郡司聡

[浦和]5/3の磐田戦、『Go Go Reds!』デーを開催。「新しいサポータになってくれるチャンス」(西川周作)

元の記事へ移動


5/3(金・祝)14時キックオフの明治安田J1第10節・浦和対磐田は、『Go Go Reds!』デー。小中高生は指定席の全席種(※一部除く)が550円となるお得な試合だ。またファミリー・子どもたち向けに、イベント盛りだくさんの『キッズワンダーランド』も開催する。13季連続Jリーグ最多入場者数を記録した浦和は、実は新規観客参入率最下位だという。席割改革を含めて、『2万人を超えるシーズンチケット保有者を含む既存サポーターを大切にする』+『新規顧客獲得』に、浦和が積極的に取り組み始めた。

GK西川周作も「ホームでゴールデンウィークに開催される試合。新しいサポーターになってくれるチャンスでもある。子どもたちにもたくさん来てくれると思う。皆さんの応援を背に、無失点に抑えたい」と意気込む磐田戦。4連続完封勝利を狙う浦和の勇姿に注目だ。

【キッズワンダーランド】

開催時間:10:00~14:00
場所:南広場、もみの木広場、第3グラウンド

①SRミニトレイン乗車
SR(埼玉高速鉄道)2000系のミニトレインがやってくる!南広場内を走ります!!

②ふわふわサッカーボール
サッカーボールのふわふわドームが埼スタに初登場!

③はたらくクルマ展示(消防車両)
はたらくクルマとして、消防車両が展示されます!記念写真をとろう!!

④移動水族館
ドクターフィッシュやカメとのふれあいや金魚と一緒に写真がとれる撮影水槽も!
(協力:さいたま水族館)

⑤ワクワクふれあい動物園
ヒヨコ、うさぎ、ヤギなどの動物たちがやってくる!
(協力:東武動物公園)

⑥フットダーツ
ルールはダーツと同じ!マジックテープ製のボールを蹴って的に当て高得点を狙おう!!

⑦キッズバブルサッカー
バブルサッカーのキッズ版がもみの木広場に登場!

⑧「生フルーツかき氷」販売
生のフルーツをまるごと凍らせて作るかき氷に特製のシロップをかけて召し上がれ!

⑨DHLキッキングゲーム
世界地図をデザインしたエアゴールにシュートを決めよう!DHLからプレゼント有!

⑩はだしでエンジョイ!ハートフルサッカー
浦和レッズハートフルクラブのコーチたちと芝生の上で裸足になって楽しくサッカー!

⑪レディアファミリー来場!
レディアたちも家族そろってスタジアムに駆けつけます!

⑫「きのこの山 小袋」を来場者全員にプレゼント!