[札幌]ジェイが鹿島戦先発出場に意欲。「チームをACLに導きたい」

元の記事へ移動

 札幌の元イングランド代表FWジェイが23日の鹿島戦に向けて意欲を燃やしている。

 左太もも裏痛の影響で、0-7のスコアで大敗した前節は後半のみの出場。前々節は欠場という状況で、鹿島戦で先発すれば3試合ぶりに先発に名を連ねることになるが、「当たり前だけれど、スタメンで試合に出る経験は今までに数え切れないほどある(笑)。だから、スタメンで出ることになったとしても、特別何も意識することはないよ。コンディションもいいしね」と万全であることを強調。そして「前回のホームゲームは相手の神戸に(アンドレス・)イニエスタがいたことで、試合にも大きな注目が集まったが、個人的には今度の鹿島戦のほうが今季を占う意味でも重要な試合になると思っている」とも続けた。

 昨季はシーズン半ばに加入して14試合10得点と大暴れしたが、今季はここまで負傷の影響もあって16試合4得点にとどまっている。しかしながら、「どんな状況であれ得点をとるのがFWの仕事。ここから毎試合得点をとれば、去年の得点数を上回ることができる」と、常に自信は揺るがない頼もしさも見せている。自身がラッキーナンバーとする8がつく8月は過ぎてしまったが、この9月以降もどん欲に得点を狙い続け、「チームをACLに導きたい」と背番号48は言葉を重ねるごとに語気を強める。

 前回対戦はスコアレスドローだっただけに、この再戦で今季の対戦成績を1勝1分にすべく、ジェイはどん欲に鹿島ゴールへと襲いかかるつもりだ。

[山形]北川柊斗、A契約締結後も謙虚に試合出場への意欲を高める

元の記事へ移動

 7月20日、J2第24節・新潟戦で公式戦の出場時間が900分に到達した大卒ルーキーの北川柊斗。その後、クラブとA契約も結んでいるが、それから2カ月。何かお祝いなどがあっただろうかと気になり、本人に聞いてみると、「全然、全然。ただ試合に出させてもらってて、勝手になっただけなので。そんな特別なことは何もしてないです。ただ通過点でしかない」と謙虚な受け答えが返ってきた。いやいや、何かしているのでは、とさらに探りを入れてみたが、「監督とかスタッフみんなに感謝してます。A契約になったのもそのお陰なので、感謝しつつもまだまだ上を目指していきたいなと思います」と、これ以上突いても何も出てこない様子だった。

 本職はFWだが、シーズン途中には手薄になった左ウイングバックにコンバート。リーグ戦のほか、天皇杯2、3回戦で先発するなど試合出場を重ね、900分に到達した。しかしその後は右サイドから移ってきた山田拓巳が左サイドに定着したり、夏の補強で内田健太が加入するなどで出場機会を減らしている。

 A契約の条件を満たした直後のタイミングでベンチ外となることも多く、確かにお祝いどころではなかったが、この試合に絡めなかったこの期間に「また初心に戻るというか、出させてもらってる時には気づかないことだったりとかに気づいたり学べたので、そういうところは自分にプラスだった」と、主にポジショニングやプレーの連続性について見直したという。現在はポジションを上げてシャドーでプレーしているが、ここも夏の補強や離脱者の復帰で飽和状態になりつつある。厳しいポジション争いは覚悟しなければならないが、「残り数試合ですけど、まだまだ試合に出たいなと思います」と出場への意欲は強まっている。

 この取材中、クラブハウスへ引き上げる木山隆之監督が「ガンバレキタシュー」と腹話術師のような裏声で一言言いながら去っていった。果たして、チャンスはあるぞということか、はたまた、まだまだだそということなのか。真相は不明だが、苦笑いしながら見送った北川は「ひたむきにやっていればチャンスはくれる人なので、目の前のことに一つずつ集中して自分のことをやるだけです」と話していた。

[水戸]片渕浩一郎監督との“同期対決”。長谷部茂利監督が語る新潟の変化と警戒点

元の記事へ移動

 今節対戦する新潟の片渕浩一郎監督は、長谷部茂利監督のS級ライセンスの同期。片渕監督就任後の新潟の戦いぶりについて、「一戦一戦に心意気や勢いを感じる」と感想を述べた。

 特に変化を感じる部分として、長谷部監督が挙げたのは“球際の強さ”。「明らかに球際は強くなっている。前回対戦時はシステム的にコンパクトな状況ではなく、緩くなっていたところもあったが、数人は球際での強さを発揮していた。でも、今節はチームとして強さを発揮するようになっている」と警戒を示す。だからこそ、今節に向けて「後手に回らないようにしたい」と意気込みを口にし、「五分五分の試合展開になる。その中で勝ち切れるようにしたい」と語気を強めた。

 球際を制したチームが勝負を制す。絶対に負けるわけにはいかない。

[松本]「なるべく早く、負傷前の自分に」。パウリーニョの決意

元の記事へ移動

 7月11日の天皇杯3回戦で右足の靭帯を痛め、ブラジルに一時帰国して治療とリハビリに務めていたパウリーニョが、このほどチームに合流した。現在は古邊考功フィジカルコーチとともに別メニューで調整を進めている。

 先ほど日本に戻り、前節・山口戦もアルウィンのスタンドから観戦している。その際、姿を見かけた多くの松本サポーターから声援を受けた。「多くの皆さんが自分を温かく迎え入れてくれ、ともに戦いたいという気持ちが強まった」と気持ちも昂ぶった様子だ。

 全治約3カ月と診断された右足については「日によって違いますが、脚の痛みはほとんど感じません」と、良好な状態であることをアピール。「残り試合も少なくなったが、なるべく早く負傷前の自分に戻って、試合出場を果たしたいという思いでいます」と、10月中の完全復帰を視野に入れている。

[東京V]「切り替えの局面もとても重要」(ロティーナ監督)。岐阜戦で問われる“カウンター力”

元の記事へ移動

 23日に岐阜とアウェイ戦を迎える東京V。ここ5試合負けなし(3勝2分)と好調だが、相手をスコアで圧倒できた試合はなく、終盤は自陣ペナルティーエリアに釘づけとなり、クリアしても拾われてまた押し込まれる展開が続いている。「負けているチームは勢いをもって前にくるし、勝っているチームは無意識的に引いてしまう。理想はボールをもって時間を使うことだが、言うのは簡単で、行うのは難しい」とロティーナ監督。超意訳すれば、「仕方がない」と捉えているようだ。

 しかし、例えばW杯でベルギー代表が幾度も見せたような怒涛のカウンターで脅威を与えることができれば、相手もかさにかかって押し込んでこられないのではないか。前節の熊本戦では、FWドウグラス・ヴィエイラ、FWレアンドロ、MF渡辺皓太によるカウンターのチャンスがいくつかあったが、あれを仕留めたい。今節、人数をかけてポゼッションして攻撃してくる岐阜相手にも、ボールを奪って一気のカウンターは有効なはずだ。

 もちろん監督の哲学、チームのスタイルもある。ロティーナ監督としては「基本的にはボールをつなぎながら攻めたいと思っている」と言う。ただし「切り替えの局面もサッカーの中ではとても重要で、カウンターもその一つの要素」と、決してカウンターを軽視しているわけではないと付け加えた。

 では、どうすればベルギー代表のような鋭く迫力のあるカウンターができるようになるのか? ロティーナ監督によれば「3つのラインが近い距離を保ってディフェンスし、そこから奪って素早く出ていくことが重要になる。中盤のゾーンにボールを奪う能力がある選手が必要だし、サイドにはスペースにアタックしていける選手が必要だ」と言う。

 東京Vには中盤に渡辺、MF内田達也とボールを奪うことに長けた選手がおり、サイドにはMF泉澤仁やFWアラン・ピニェイロがいる。11連敗をなんとか免れようと猛攻を仕掛けてくるであろう岐阜を相手に、切れ味鋭いカウンターでゴールを奪うことができれば、J1自動昇格を狙うチームに新たな武器が加わることになる。

[東京V]少年の日に見た憧れのヒーローが来場。泉澤仁「“デル・ピエロ・ゾーン”、本人の前で決めたい」

元の記事へ移動

 23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる今節・岐阜戦にあのアレッサンドロ・デル・ピエロがやってくるということで、東京Vの選手たちも多少ざわついている。

 現在、岐阜は10連敗中だが、「相手としてやりにくいか?」との質問に、「それもあるけど、デル・ピエロがきて盛り上がると思うんで……」と答えたのはMF梶川諒太。MF佐藤優平も「イタリア人ぽくないテクニシャン。セリエAが強かった時代に活躍していたユベントスの10番ですから」と、かつてテレビ越しに熱い眼差しを注いだ名選手と会えるのを楽しみにしているようだ。

 中でも気持ちが盛り上がっているのはMF泉澤仁。「02年のW杯や欧州CLとかめっちゃ見ていました」と言い、当時は小学生だったが「“デル・ピエロ・ゾーン”のシュート、マネしてめっちゃ練習していました(笑)」と明かした。

 ペナルティーエリア右45度、通称“デル・ピエロ・ゾーン”は、左サイドから右利きのドリブラーが切り込んで巻いて狙うには絶好の位置。実際に泉澤は前々節の横浜FC戦で見事にその位置から決勝ゴールを突き刺している。本人も「自分の得意な形」と言うが、それは少年の日にTVで見たヒーローに憧れ、練習を重ねて身につけたものだった。そのデル・ピエロが試合を見守る。「“デル・ピエロ・ゾーン”、本人の前で決めたいですね」と泉澤は目を輝かせた。

[大分]慣れ親しんだみらスタへ。星雄次、気合十分で古巣・山口戦に臨む

元の記事へ移動


 22日に開催される明治安田J2第22節・山口戦に向け、昨季まで山口でプレーしていた星雄次が、古巣との対戦を心待ちにしている。

 今節出場すれば、星にとっては移籍後初のみらスタへの帰還。「トラックがあるスタジアムだけど、スタンドの声が聞こえやすい」とその印象を語る星は、昨季の大分戦でビジター側ゴール裏席を埋め尽くす大分サポーターの数に衝撃を受けたと振り返る。今季は大分の選手として、その声援を背負っての戦いだ。

 第12節の大銀ドームでの前回対戦では、特に仲の良かった小野瀬康介とのマッチアップを楽しみにしており、球際では白熱した競り合いを披露した。7月に小野瀬がG大阪へと移籍したため今回は少し寂しそうだが、「タカ(前貴之)がいる。同サイドで出てくるだろうし、うまい選手なので」と星。さらには吉満大介とも電話でやり取りをしたようで、やはり旧友との対戦が待ち遠しい様子。

 前節・讃岐戦(5○0)終了直後から、星は「次は山口戦なので」と気合十分だった。2戦連続得点も視野の片隅に入れながら、慣れ親しんだみらスタのゴールネットを揺らしに行く。

写真:ひぐらしひなつ

[山口]吉満大介、大分戦前に星雄次と長電話で「頑張るな!」「頑張る!」の応酬。“親友対決“実現なるか

元の記事へ移動


 山口は9月22日、ホームに大分を迎える。山口の吉満大介は、大分の星雄次との対戦を心待ちにしている。

 昨季まで山口に在籍した星とは同学年で、練習後に一緒に帰宅したり、誕生日プレゼントを贈り合ったりと仲が良かった吉満。今も頻繁に連絡を取っているようで、「18日も雄次から電話がかかってきて、1時間くらい話しましたよ」と吉満。会話の中で「雄次、はしゃいで走るなよ!」「頑張る!」「頑張るなよ!」とのやり取りがあったらしい。

 吉満は直近2試合で先発出場し、前節・松本戦は好セーブでゴールを守り切った。一方、星も直近3試合に先発出場し、前節・讃岐戦は豪快なゴールを決めている。山口と大分は今季3回目の対戦となるが、これまで実現しなかった親友対決が見られそうだ。

「昨季と比べて、雄次がゴール前に関わる回数はすごく増えている印象がある。ワイドのポジションはいろんなパスコースがあって、彼はボールの持ち方もうまい。ただ、簡単にはやられたくはない」と吉満。集中してゴールを守るだけでなく、「相手を封じ込めるような一発のパスやキックを」と攻撃のチャンスも狙う。

写真:松原純

[千葉]存在感増す千葉の大卒ルーキー・鳥海晃司。成長を示したい横浜FC戦へ

元の記事へ移動


 千葉の大卒ルーキー・鳥海晃司が存在感を増している。前節・福岡戦(1△1)まで8試合連続先発中。千葉の懸案でもあった近藤直也以外の“もう一人のCB”のポジションをつかみつつある。

 東京Vとの開幕戦ではアクシデントもあって、開幕デビューしたものの、リーグ前半戦の出場機会は限定的。ただ、先発して勝利に貢献した第26節・新潟戦(2〇1)以降、尻上がりにパフォーマンスを向上させてきた。

「試合勘は公式戦に出ないと培われないと実感しています。1年目に雰囲気も含めて公式戦に慣れることができたのは大きい。それがあるからこそ試合を想定しながら練習できるようになり、一つ上の段階で練習できるようにもなりました」

 いまは一つひとつの経験が即、上積みとなる“成長期”の真っただ中。ただ、それにしてもだ。シーズン序盤と比べると、心技体すべてにおいて安定しており、急激な成長速度だけでは片づけられないのも事実だ。そのもう一つの要因についてはこう分析する。

「もともと緊張しいで、(過去にも)なかなかチームにも溶け込めなかったんです。大学のときは苦労して、1年経ってやっと自分を出せました。だから、自分を出すには時間がかかるのかなと思っていて、最初の1年は『仕方がない』と覚悟も決めていました。ただ、試合に出ることによって思ったより、自分を出せるようになってきたのは感じています」

 実力で先発のチャンスをつかみ、そう何度もないチャンスで首脳陣の評価につなげなければならない壁を突破したことが、本来の能力を出せる好循環を生んだという。

 そして今節の相手は「自分の力のなさを出してしまった試合」をした横浜FC。5月のアウェイ戦ではイバ、レアンドロ・ドミンゲスの強烈な個の力にプロの洗礼を受けた。でも、それから4カ月たったいまは、“あの時の自分”とは違う。「チームが形になってきているし、もう一度、自分を試してみたい」と言える“いまの自分”がいる。

 取材中、メディアから大先輩の近藤や明治大の先輩である矢田旭が「『スピードがあって、頼もしい』と褒めていた」と伝え聞くと、「普段何も言われないので、うれしいです」と照れながらも破顔した。その素直な心がスポンジのような吸収力を生み、成長を支えている。

[横浜FC]元千葉の選手がズラリそろう横浜FCの中で、一際燃えている北爪健吾。「もっともっとサポーターと一緒に喜びたい」

元の記事へ移動


 前節・水戸戦の黒星で5位へと後退した横浜FC。ただ、今週末の千葉戦の結果次第では3位に再び浮上できる可能性もある。アウェイでの一戦となるが是が非でも勝点3を持ち帰りたいところだ。

 その今節が古巣戦となるのが北爪健吾、武田英二郎、田代真一、戸島章、山本海人、辻周吾(下部組織)、早川知伸コーチの6名の元ジェフ選手。それぞれ思い入れがある試合にはなるだろうが、中でも一際、燃えているのが北爪だ。

 もっとも昨季までのホームスタジアム・“フクアリ”でプレーできるのだから気合いは十分。ただ、それだけではない。第32節・東京V戦で痛恨のオウンゴールで敗戦を喫し、その後負傷で重要な2試合を欠場。横浜FCはストロングポイントでもあるカウンターのスピードを失い、攻撃の迫力は一気に薄れて勝利することはできなかった。だからこそ「迷惑を掛けたし、東京V戦は自分のミスから負けた」と自省は尽きない。ただ、その一方で一度ピッチから離れたことであらためて感じたこともある。それは人の暖かさだ。

「サポーターの温かい声とかを肌で感じることができた。出ているだけでは見られなかった景色というのをあらためて見ることができました。もっともっとサポーターと一緒に喜びたい。それにチームのみんなが僕に良い声を掛けてくれた。本当にチームとしてまた迎えてくれるというのはありがたかったです。だからチームメイトとサポーターに結果で恩返しをしたい」

 この古巣戦は北爪にとってさまざまな思いが詰まった一戦になるだろう。前回対戦は勝利に結びつかなかったが2アシストで大暴れ。今節こそ背番号14の活躍で、横浜FCフクアリ初勝利を手繰り寄せたい。