[名古屋]「遠く離れた場所で何かできないか」。佐藤寿人ら名古屋の選手、関係者が西日本豪雨への街頭で募金活動

元の記事へ移動


 名古屋グランパス選手会は14日の練習後、西日本豪雨の被災者支援のため、名古屋の中心街・松坂屋名古屋店本館前で街頭募金活動行った。
 36℃を超える猛暑の中、ケガをしている一部の選手を除く選手全員と、監督・コーチ、球団社長がそろって募金活動を始めると、待ち構えていたファンやサポーターが、すぐさま募金箱を持った選手の下に行き寄付。選手たちは汗だくになりながら、善意を受け取っていた。
 名古屋には長く広島でプレーし、自宅が広島にある佐藤寿人のほか、出身地が広島の宮原和也、広島ユースで育った内田健太、岡山でプレー経験のある押谷祐樹ら、被災した地域に縁の深い選手が数多く在籍している。風間八宏監督も現役時代は広島でプレーしていた。
 広島に思い入れの深い佐藤は、「4年前、広島に在籍していたときに起きた土砂災害では、ほかのクラブの方たちにご支援や励ましの声を多くいただいた。今回自分は名古屋にいて、この遠く離れた場所で何かできないか、何かしようと選手会長である和泉竜司と話をして、リーグ戦が再開するというスケジュールの中でも、選手をはじめ監督・コーチ、社長も参加して募金活動ができた。今後も状況を見ながらいろいろな形でサポートをしたい」と語った。
 また佐藤は、13日のオフには宮原とともに広島に出向き、積もった土砂を土のうに入れる作業を手伝ったという。「被災地ではボランティアの数が足りていないと感じた。この3連休でたくさんの方がボランティアに参加してくれていると思いますが、重機が使えず人の力でしか解決できないこともたくさんある。この暑さで長時間作業するのも厳しいので、いろいろな人が現地に出向いてほしい」と、被災された方がなるべく早く、本来の生活に戻れるように思いやった。
 この日に集まった募金の総額は592,012円。日本赤十字社愛知県支部を通じて寄付される。

[山口]山口に加入した高井和馬、霜田正浩監督からの2度目のオファーで移籍決断

元の記事へ移動


 山口は7月10日、高井和馬が東京Vから完全移籍で加入し、12日の練習から合流すると発表した。
 高井は、日本体育大学時代の2016年関東大学サッカーリーグ1部で得点王に輝き、プロ1年目の昨季は、群馬で10ゴールを挙げた。
 山口の霜田監督は「ツボにはまったときの得点力や技術面」を評価し、今季開幕前に高井へオファーを出していたが、高井は東京Vを選んだ。今季の出場が途中交代からの3試合のみと出場機会に恵まれない中、再び霜田監督からのオファーが届き、山口への移籍を決断した。
「山口は気になるチームの一つとして開幕戦から欠かさず試合をチェックし、魅力を感じていた」と話す高井。「東京Vでは試合にあまり絡めなくて、何も結果を残していないのに離れることになった。難しい決断だった」と吐露し、「自分が東京Vでこういう状況だったにもかかわらず、もう一回話をくれた。新しくチャレンジしたいと思った」と前を向く。
 霜田監督が認める得点力について聞くと「FWだと思われがちだけど、FWじゃないんです」と苦笑いしながら、「パスの出し手にも受け手にもなれると思っていて、やりたいのはトップ下。監督からは10得点に絡めと言われている。それはできない数字じゃないと思うし、練習から自信を持って臨みたい」と話す。
「レノファは得点を多く取るチームで、やっている人も見ている人も楽しいサッカーをしている。守備やハードワークも求められるし、チームのためにやっていきたい」とも。
 高井のデビューは、最速で7月21日の明治安田J2第24節・水戸戦になりそうだ。

[札幌]完全移籍が発表された札幌のチャナティップ。「このメンバーでタイトルを獲りたい」

元の記事へ移動


「『うれしい』しかないです」
 14日の練習後、報道陣に取材対応した札幌のMFチャナティップは開口一番、そう発した。昨年7月から来年1月31日まで、ムアントン・ユナイテッド(タイ)からの期限付き移籍でのプレーとなっていたが、来年2月1日から完全移籍となることが13日に発表されたことを受けてのコメントだ。
「いいチームメートやスタッフ、サポーターがいるチームで続けてプレーができるのはうれしい」とした上で、「ムアントンにも感謝したい」と古巣への気持ちも言葉にした。昨年7月に加入し、ただちにチームの主軸となった“タイのメッシ”。練習場である「宮の沢 白い恋人サッカー場」にも、チャナティップの姿を見るべく足を運ぶタイ人観光客の姿を多数、目にするようになった。クラブを取り巻く環境をも大きく変えてみせたのが、身長158cmの小柄なタイ人アタッカーだ。
 今季はセルビア人(オーストリア国籍)のペトロヴィッチ監督が新たに就任したが、その能力は変わらず高く評価され、開幕から攻撃の軸としてプレー。貴重な場面で得点を挙げるなど、質の高いプレーを見せ続けてきた。「このメンバーでタイトルを獲りたい。どの大会でもいいから、札幌で優勝したい」と発するチャナティップは、「高い集中力で挑みたい」と、18日のリーグ再開初戦(川崎F戦)についても言及。完全移籍決定を機にさらにモチベーションを高めている様子だ。

[神戸]神戸FW渡邉千真がルーキーイヤーに“ハットトリック”を達成した故郷・長崎での試合に闘志

元の記事へ移動


 神戸FW渡邉千真が14日、故郷・長崎での試合にむけて意気込みを語った。
 18日からJ1リーグ戦が再開されるが、神戸は敵地で長崎と戦う。長崎出身で高校卒業までを過ごした渡邉は「2009年にプロに入って、その1年目に天皇杯で長崎と戦った。自分がハットトリックした試合だった」と懐かしそうに振り返り、「育った場所だし、(今季は)向こうもJ1に昇格して戦える」と闘志を燃やす。
 09年に早稲田大から横浜FMに加入した渡邉。同年10月11日に長崎県立総合運動公園陸上競技場(現・トランスコスモススタジアム長崎)で行われた天皇杯2回戦・長崎戦に出場し、前後半をまたぐ10分強の間に3得点を挙げ、チームの4-0勝利に貢献している。
 J1リーグ戦で実現する故郷のクラブとの対戦に、渡邉の感慨もひとしおの様子。その上で、「すごく楽しみに思っているし、全員が攻守に献身的に戦うところを続けたい」とも述べ、再開初戦を勝利で飾りたい気持ちを語っていた。

[柏]柏に加入したDFナタン・ヒベイロは勉強熱心なジェントルマン

元の記事へ移動


 かねてから獲得の噂が挙がっていたフルミネンセのDFナタン・ヒベイロの柏加入が14日に発表され、早速全体練習にも参加した。

 強い日差しが照りつけ、うだるような暑さの中で行われたトレーニングに参加したナタンは最後に行われた11vs11のゲーム形式以外のメニューをすべて消化。練習の合間にクリスティアーノと談笑する姿も見られ、とてもリラックスした様子であった。

 練習後、取材に応じたナタンは今回の移籍について「日本に来る夢は昔から持っていて、良いイメージはあった。カタールやブラジルにいるときから、『日本は良いところ』と話は聞いていたので、それが実現したのはうれしく思う。そのうれしさや幸せをプレーに変えていければ」と意欲を示した。また、自身のプレースタイルについては「アタッカーに詰め寄るところやマーキングのところ。そのほかではビルドアップで足元でボールを扱うところもストロングポイントだと思っている」と語った。

 前半戦は失点数の多さに苦しんでいたチームにとって守備の立て直しは急務。また、この中断期間中に中谷進之介が名古屋に移籍したことにより、CBのポジションは層が薄くなっており、186㎝という数字以上にたくましく見えるブラジルCBに懸かる期待は大きい。本人も「自分のアグレッシブさや後ろからのコーチングで貢献できればと思っている。(柏の選手たちの)クオリティーは申し分ないので、そこに自分が入って、チームが一丸となれればタイトルや目標としていることは必ず実現できると確信している」と力強く意気込む。

 オファーを受けた時点からクリスティアーノやカタールのアル・ラーヤンでともにプレーした経験を持つレアンドロ(東京V)から日本の情報を得るなど勉強熱心で、取材の最後には「ここでも友情を築ければいいと思いますのでよろしくお願いします」という挨拶で締めるなど、性格はまさに紳士。練習後には丁寧にサポーターへのファンサービスに応じていた。

 そんなナタンの最速のJリーグデビューは22日のJ1第17節・鹿島戦である。

[大分]高木駿がハマる御朱印集め。神のエネルギーを借りて守護神パワーを増強中

元の記事へ移動

 大分の守護神・高木駿が、八百万の神のエネルギーを借りて守護神パワーを増強している。

 前節・甲府戦(2●4)後のオフに、家族で宇佐神宮へ参拝したという高木。実は今年から御朱印集めにハマっており、記念すべき最初の御朱印をもらったのが宇佐神宮だった。その後、キャンプやアウェイ遠征で出かけた先でも時間を見つけては神社に参り、鎮守の森でフィトンチッドを浴び、御朱印をもらってはエネルギーを充填してきた。

 J2第16節、甲府とのアウェイでの対戦は2-6の大敗。その後のオフにも神社でリフレッシュし、第17節の熊本戦には勝利している。ホームでも甲府に敗れたあと、神様は守護神に力を貸してくれるか。

 高木は「決して“神頼み”になるのではなく、自分がやりますと宣言することに力を貸してもらうという意識が大事」と説く。試合ではビッグセーブに救われることも多々あるが、神は神でも“守護神頼み”にならないよう、組織的な守備でゴールを守りたい。

写真:ひぐらしひなつ

[浦和]課題の得点力不足解消へ。オリヴェイラが猛暑の中で熱血指導

元の記事へ移動

 全国的に猛暑となった14日、浦和は猛練習を敢行していた。

 11日にアウェイで天皇杯3回戦・松本戦を戦い、翌日には浦和に戻ってリカバリートレーニング。その後2日のオフを経て、この日が練習再開デーだった。公開されていたスケジュールでは10時開始だったが、室内でのトレーニングを終えて選手たちがグラウンドに集まったのは11時ごろ。そこから、炎天下でオリヴェイラの熱血指導が続けられた。

 一番長く時間をとったのは、11時半ごろから始まった攻撃時のコンビネーショントレーニングだ。「相手にブロックを敷かれた際の攻撃をトレーニングした。選手のイマジネーションだけでなく、ある程度の型も必要」とは練習後のオリヴェイラ監督の弁。天皇杯前にも行われたものだが、今回は35℃近い中で、最終ラインからフィニッシュまでを相手守備役なしで実施した。槙野智章にオフが与えられた中、離脱者以外の選手たちが12時半ごろまで、さまざまな形での攻撃を体に染みつかせた。

 大卒1年目の柴戸海は、この練習について「相手役がいない練習だったので、イメージしながら味方とのコンビネーションを考えた。自分の中でどれだけ高い意識でできるか。高い精度でできるか。まだまだ若いし、体力では負けられない。こういう厳しい練習をやってきた先輩たちがいるし、いま必要なこと」と語っている。

 浦和には、今季ここまでの得点数がリーグ最少タイという現実問題がある。それに松本戦はセットプレー2発での勝利。指揮官の熱のこもったこの日の練習は、それを受けてのものだ。18日に控えるJ1再開後に、この猛練習の成果は表れるか。第16節の相手は、ここまで最多の失点数を記録している攻撃自慢の名古屋だ。

[山形]好調・山形の要因は、チームの緩みを許さない空気

元の記事へ移動


 リーグ戦では現在10戦負けなしと好調が続く山形。天皇杯3回戦ではサブメンバー中心の編成でJ1柏を破るなど、チームの成長はさらに加速しそうだ。
 練習中も明るい雰囲気だが、その中でもっとも警戒しなければならないのが、過信や気の緩み。しかし、それを許さない空気をチームキャプテンの山田拓巳など経験豊富な選手たちが作っている。山田は「そういう緩みが一番怖い」と認めながらも、「少しでも集中が途切れないように、時には若い選手に厳しい声かけができているつもり」と役割を果たしている。
 今節の栃木戦を前にした練習中、スローインの守備の対応でマークや役割が徹底されていない場面があった。それを見た瞬間、栗山直樹が怒気を含んだ声を発し、続いて山田など経験のある選手たちから具体的な指示が飛んでいた。
「ゲームの中でもちょっと緩みが出てきがちな時期だと思う。そこは意識して見ているし、あえてちょっと厳しい言葉をかけたりして、練習中は少しでも集中が途切れないようにしているつもり。うるさいなと思う選手もいるかもしれないが、そういうのは僕たち上の年代の役目だと思う」
 15日に行われる今節で引き分け以上であれば、11試合負けなしとなりクラブ記録を更新する。しかし、そうした記録はほぼ眼中にない。山形は今節も、緊張感をもって目の前の勝利をめざすのみだ。

[大宮]J2月間MVP受賞。石井正忠が語る大前元紀復活の要因

元の記事へ移動

 13日に大前元紀の6月のJ2・月間MVP受賞が発表された。今季の大宮からは初の選出。 昨季は失意のシーズンとなったが、今季はシーズンが進むに連れて徐々にパフォーマンスが向上し、無敗を続けるここ7試合で6得点を挙げるなど、力強くチームをけん引している。

 石井正忠監督は「ゲームメークから得点のところまで、あとは守備でのFWのプレッシャーの掛け方も、攻守にわたってゲーム全体に影響力のある選手になってきた。彼がこのタイミングで獲るべき賞だったと思います」とエースの受賞を称え、復活劇の要因にも言及した。

「彼は技術も判断も非常にいい。だから本人もシーズン前に言っていましたが、まずはコンディションの部分が大きいんじゃないかと思います。そこが昨年に比べて変わった。もともとのレベルは高いものがあるので、いい状態でゲームに向かうための、彼の努力というところだと思います」

 確かに前節・千葉戦(3○1)での得点などは、体のキレが非常にいいことを感じさせるファインゴールだった。指揮官も認める“いい準備”が支えるエースの躍動は、まだまだ止まりそうにない。

[千葉]熊谷アンドリュー、J1ビッグクラブからのオファー断る! 「チームやサポーターの人たちのことを考えたら…」

元の記事へ移動


 千葉の熊谷アンドリューが、“男気残留”だ。

 7月21日にJリーグの移籍ウインド―が開くのを前に、J1のビッグクラブからの獲得オファーを断っていたことが判明した熊谷、その理由を率直にこう語る。

「ずっと試合に出させてもらっている中で、(J1)昇格を目指してみんなで頑張っている以上、途中にそういう人が抜けるのはどうなのかと。自分的にも全然、昇格を諦めていないし、チームやサポーターの人たちのことを考えたら……。この順位で諦めている感じが出るのもイヤなので、残る決断をしました」

 今季、リーグ戦でチーム唯一の全試合先発が続く、押しも押されぬ主力の責任感―。言葉を一つひとつ丁寧に選びながらも、そこには強い意志が宿る。

 しかも、決断は即決だったという。選手の価値をはかる上で重要な物差しとなる年俸や契約期間などの内容も聞かずにだ。「ちょっと興味はありましたけど(笑)。もちろん個人的な部分を評価してもらっているのはうれしかったのですが、決めている部分はあったので。相手側の人とも会うことなく、今回は断らせてもらいました」。現状と天秤にかけなかった裏には、クラブやサポーターへの感謝の念があった。

 千葉に移籍して2年目。飛躍も実感している。「プレーの幅が広がったというのはあるし、どんどん成長している。一方でまだまだのところも多い中、監督は練習中から足りない部分のヒントをくれます。そこを直していけば、選手としてもっとよくなれる」。寵愛を受けるフアン・エスナイデル監督からの絶大な信頼も意気に感じている。

 ただ、チームの立ち位置に目を向ければ、誰もが納得できない16位。そして今後の浮上へ向けてのポイントは、やはり“ハイプレス・ハイライン”のブラッシュアップだと認識する。11日の天皇杯3回戦の序盤30分間のデキを踏まえ、「やっぱりあれで、勝ちたいというのはある。中でやっていても充実感というか、やってる感はすごくあるし、自分たちのスタイルを突き詰めてやっていかないと、連勝も難しい」。自身の才能を開花させてくれた千葉のスタイル確立と最大の目標であるJ1昇格。それを両立させ、愛する千葉とともにJ1の舞台へ返り咲く覚悟が25歳の俊英にはある。