[浦和]W杯予選で6試合連続無失点のGK西川ら代表勢が帰還

元の記事へ移動

29日のロシアW杯アジア2次予選を終え、30日代表勢が浦和に戻ってきた。

29日のシリア戦は槙野智章、柏木陽介の出番はなかったが、西川周作はフル出場。ライバルの東口順昭(G大阪)が出場したアフガニスタン戦とは打って変わってピンチもあったが、スーパーセーブを連発するなど5-0の勝利に大きく貢献。

そして個人ではという日本人初の偉業を成し遂げた。西川にとっては2015年に浦和で達成した7試合連続無失点や16試合無失点のクラブでの記録に続く代表での記録。

「偉大な選手を超えられたのは素直に嬉しい」と松永成立氏(現横浜FM・GKコーチ)や川口能活(相模原)の記録を超えたことを喜びながらも、「最終予選で相手が強くなってもできるかが問われてくるので、9月からまた始まるけど、それまでしっかりとした準備と、レッズで常にチャレンジする気持ちを持ってやりたい」と気を引き締め直していた。

さらに「自分で作った記録は自分で塗り替えていきたいし、まだまだ満足できないなって。このチームでタイトルを取らないと来た意味がないと思っているので、1年が終わってゼロが何個あるか、自分としても楽しみ」と次なる記録と浦和での結果を貪欲に欲していた。

[札幌]U23韓国代表合宿でチームを離れていたGKク・ソンユンが29日に帰国。

元の記事へ移動

U23韓国代表合宿でチームを離れていたGKク・ソンユンが29日に帰国。

 30日のチーム練習にさっそく合流して汗を流した。28日のU23アルジェリア戦に出場し3-0での勝利に貢献した守護神は「シュートを打たれる場面はあまりなかったが、相手は個人能力が高くテクニックのある選手が揃っていた」と振り返り、リオ五輪に向けて日に日に緊張感を高めている様子。

 不在だった前節の京都戦(○3-1)ではGK阿波加俊太がデビューを果たして攻守を見せていただけに、「ここからいい競争をして、チーム力を高めていきたい」と所属チームでのポジション争いにもより一層力を入れていく構えだ。

[松本]鹿島から移籍加入の高崎寛之が松本の練習に合流! 週末の長崎戦に向けて調整

元の記事へ移動

812_5

(PHOTO:Tasuku Taki)

 3月30日、松本はFW高崎寛之を鹿島から期限付き移籍で獲得したことを発表した。高崎はすでに松本入りしており、4月3日に行われる明治安田J2第6節・アウェイでの長崎戦への出場に向けて調整する。

アタッカー陣に負傷者が頻発している事情もあり、「すぐに戦力になってほしい」(南省吾テクニカルダイレクター)と即戦力を見込める高崎にオファー。高崎自身も今季ここまで鹿島での出場機会に恵まれておらず、「先週にオファーをいただき、かなりバタバタしたが、もっと試合に出たかった」と移籍を決断。オフ明けとなったこの日から、チーム練習にも合流して汗を流した。

「松本は熱心に誘ってくれた。前線で起点となって、攻撃の中心で」と意気込んでいる。背番号は29番に決まった。

[横浜FC]復帰したミロシュ・ルス監督、緊急入院を振り返る。「まさかそういう病気だと思わなかった」

元の記事へ移動

800_1(PHOTO:Kazuhisa Akutagawa)

 横浜FCのミロシュ・ルス監督が、退院後初めて報道陣の取材を受けた。明治安田J2第3節の千葉戦後に体調不良を訴え、不整脈と狭心症の疑いで検査入院と治療を受けていた。同監督によれば「胸が苦しく、病院に行ったが、まさかそういう病気だと思わなかった」という。持病ではなく、今まで健康診断の結果も問題なかったといい、「病気が早く見つかり、処置して健康になれた。クラブの寛大な配慮に感謝している」と述べた。

病院でも横浜FCの試合をスカパー!オン・デマンドでチェックしていたのはもちろん、「コーチ陣とは密に連絡を取り合い、トレーニングの内容やゲームプランをどうするか綿密に練っていた」という。不在の間、チームが1勝1分で勝ち点4を得たことに、「自分たちの方向性が間違っていないことを選手たちがピッチで証明してくれた」と目を細めたルス監督。27日の日曜からチームの指導に復帰している指揮官は、「これからアウェイ連戦になるが、安定した守備を継続し、チャンスでの精度をしっかり上げていき、2戦とも勝ち点3を取りに行きたい」と意気込んだ。

[小学生ワークショップ参加募集]君もサッカー新聞の編集長になれる!

元の記事へ移動

IMG_7951
4月3日(日)、スーパースポーツゼビオあすと長町店(仙台市内)にて、自分だけのサッカー新聞を作ることができる体験型ワークショップイベントを開催します。

当日は、『エル・ゴラッソ』の編集スタッフが講師として参加し、作成のコツを教えながら、一緒に完成まで進めます。サッカーだけでなく、新聞編集に興味がある子どもにもおすすめのイベントとなっています。

好きなこと(サッカー)を通じて、“仕事”に対する興味を広げてみませんか?


【内容】

○トーク
サッカー新聞とは?
どんな仕事をしているの?

○サッカー新聞制作
テーマは、3月12日に開催された、
J1・1stステージ・ベガルタ仙台vs鹿島アントラーズ戦について
(製作キットを用意いたします)


【開催概要】

日時:4月3日(日)13:00~16:00
会場:スーパースポーツゼビオあすと長町店
場所:宮城県仙台市太白区あすと長町1-4-50
対象:小学3年生~6年生
応募受付:店舗チームカウンター(申込用紙に記入をお願いします)
定員:先着15名様
参加費:無料
持ち物:最低限作成に必要な材料は用意いたします

[鳥栖]藤田、古巣・柏に宣戦布告!「つぶしにいきます」

元の記事へ移動

790_1
29日、週末に古巣との一戦を控える藤田優人が心境を語った。

今季、柏から移籍してきた藤田だが、開幕からここまで公式戦全試合にフル出場しており、右SBのポジションをしっかりとつかんでいる。そして、今週末に迎えるのが昨季まで在籍していた古巣・柏との一戦だ。

開幕から未だ勝利がなく、監督交代も行っている古巣については「チームの内側外側でなんとなく落ちついていないのかなっていうのは感じますね」と印象を語る。しかし、「(監督交代を経て)去年のサッカーに戻って選手がいきいきしているのは見ていて分かるので、これからってとこじゃないですか?」と内容の変化も感じ取っており、警戒を強めていた。

藤田自身の感情については「(意識が)ないと言えば嘘になりますけど、あまり個人的な感情を入れ過ぎるとうまくいかないタイプなの。グラウンドに入ったら一切なしにして、目の前の相手をつぶしにいきます」と古巣に対して強烈な宣戦布告。監督交代後、多くの得点を生んでいる柏の左サイド封じに意欲を見せている。

[仙台]在籍最長の菅井が復活。チーム内競争はさらに激化

元の記事へ移動

789_2PHOTO:Seiro Itagaki

 チーム在籍最長のベテランDF菅井直樹が、27日のナビスコカップグループステージ第2節・柏戦(1○0)で今季初めて先発出場を果たした。

菅井は開幕前日の2月26日に左ふくらはぎに違和感を覚え、別メニューが続いていた。しかしナビスコカップ第1節・新潟戦(1○0)で途中交代により今季の公式戦に初出場。続く柏戦ではフル出場し、決勝点となったMF富田晋伍のゴールにも関与する活躍を見せた。

69分の決勝点の場面では、右サイドでMF水野晃樹のドリブルが止められたときに、後方から猛突進してフォロー。拾ったボールを中央に送り、富田のシュートに結び付けた。菅井本人は「あのときの自分のプレーはそんなに大したことではなくて、しっかりゴールを決めた(富田)晋伍の技術の方が良かった。ああいう形でのパスをもっと供給したかった、というのが自分の反省点です」と振り返る。

しかし「今季初めて90分間プレーできたことは大きかった」と手ごたえを得ており、「戦術理解はできているので、あとは100%のところまで体力を戻さなければ」と、再びリーグ戦とカップ戦が短い間隔で続く今週からの日程に向け、コンディションを整える。今季は右SBでも右MFでもポジション争いは激しいが、調子を上げてきたベテランがさらに競争を活性化させる。

[甲府]Jリーグ初、監督がGMで副社長。甲府・佐久間悟監督の副社長就任が決定

元の記事へ移動

788_1

PHOTO:Atsushi Tokumaru

 29日に行われた甲府の株主総会・取締役会で、取締役だった佐久間悟監督兼任GMの副社長就任が決定。同時に、代表権が海野一幸会長から輿水順雄社長に移ることも決定した。

 佐久間氏が甲府のフロント入りして約9年。海野会長とともに専用スタジアム建設という大きな目標から逆算して、多くのプロジェクトを前進させてきたが、来季以降は現場を離れ経営者としての仕事に専念する見込み。この日の練習後、佐久間監督は「クラブが来年もJ1に残ることは大事ですし、来季はトップチームもアカデミーも大きな変革を考えています。また、サッカーのことだけでなく、山梨県をはじめとする行政の皆さんとヴァンフォーレ甲府で大きな取り組みを始めることになるでしょうし、サッカーを核とした街づくりなども期待されていると思います。クラブの皆さんが私を副社長に推して下さった理由には、このような期待を込めたメッセージがあるのだと思います」とコメント。ただ、今後のことになると、副社長から社長への責任の山を登っていく意思の有無については明言を避けた。

 昨季からU-18がプリンスリーグ関東に参入、今年はダノンネーションズカップでU-12が優勝するなどアカデミーが成果を出しつつある中、専用スタジアム建設という大きなプロジェクトを実現するために欠かせない存在である佐久間氏が長期間クラブに留まるかどうかが関係者の関心となりそうだ。

[広島]「予感はあった」。期限付き移籍の野津田に同期の浅野拓磨がエール

元の記事へ移動

780_4PHOTO:Norio Rokukawa

 29日に広島MF野津田岳人が新潟へ期限付き移籍することが発表され、同期のFW浅野拓磨がエールを送った。

 突然の移籍――。野津田はチームメートにほとんど相談することなく移籍を決断したようで、浅野も「昨日(28日)の夜に聞きました。ビックリしましたけど、まぁ、なんとなく予感はありました」という。

 広島に入団してから常に切磋琢磨してきた仲間だった。「寂しいっていうのはあります」と言う浅野だが、野津田へ力強くエールを送った。

 「お互いにこれから頑張っていく中で(期限付き移籍が)岳人の成長につながるのあれば、応援したい。一緒に頑張っていこうという気持ちです。残念というよりも頑張れって気持ちが強いですし、自分も負けないように頑張っていきたい。一つは一緒に五輪に出ることが目標になりますけど、そのためにも僕は常に目の前のことに100%でやらないといけないと思っています。岳人もそういう気持ちでやっていれば絶対に五輪代表に絡んでくると思うので、また一緒にできたらいいなと思います」

二人はリオで同じユニフォームを着てピッチに立つことができるのだろうか。

[千葉]MF小池が取り組むチャリティー活動“F-connect”

元の記事へ移動

707_1-1小池はTシャツなどを自主制作し、その売上金を児童養護施設に寄付している

PHOTO:Yuki Matsuo

 

昨春から長崎のMF梶川諒太と共に、小池純輝が取り組んでいる児童養護施設の子供たちを支援するチャリティー活動“F-connect”。「鎌倉にある施設に縁があって、遊びに行くことになり、その後に子どもたちが(去年所属していた横浜FCのホーム)三ツ沢に遊びに来てくれた。そこで『小池選手、小池選手』と試合中に声を掛けてもらったので、何かできないかなと思い。仲の良かった梶川に声を掛けた」(小池)ところから始まった。

Tシャツなどを自主制作し、その売上金を児童養護施設に寄付する活動は今季も継続し、24日には千葉に移籍してから初となる児童養護施設への訪問を行い、千葉の仲村京雅、乾貴哉、岡野洵といった若手選手も参加した。現在、新たなTシャツ(税込み4,200円)などを販売中。詳しい詳細はhttps://f-connect.themedia.jpまで。