[松本]5回目の命日。松本山雅、全員で松田直樹さんに黙とう

元の記事へ移動

8月4日黙祷

 8月4日練習前、松本山雅FCの選手、スタッフが急性心筋梗塞により34歳の若さで急逝した松田直樹さんに黙とうした。
 松田さんは2011年、横浜FMよりJFL所属(当時)の松本へと移籍。Jリーグ昇格を目指していたチームの中にあって、日本代表やJ1リーグ制覇などの豊富な経験を還元。飯田真輝や鐡戸裕史などチームメートにも多大な好影響を与えていたが、シーズン途中の8月2日の練習中に突然倒れ、同4日に亡くなった。
 5回目の命日となるこの日、練習場のピッチ中央に松田さんのパネル4枚が設置。選手、スタッフが取り囲んで、故人を偲んだ。負傷により離脱中の田中隼磨やオビナもピッチへ姿を見せており、特に横浜FMで同僚だった田中は「彼の意思を伝えていくのが自分の使命だと思っている」と心境を語った。現在は網膜剥離のリハビリ中で本格復帰はこれからという現状だが、「必ず戻るということを約束した。一日でも早く帰ってこられるように最大限の努力をしたい」とピッチ復帰を誓っていた。

[川崎F]下部組織の10番・田中碧、トップチームの練習で中村憲剛と対峙

元の記事へ移動

ユース田中(徳丸)

 クラブユース選手権の準決勝でFC東京U-18に1-5で敗れたものの、チーム史上初のベスト4入りを果たした川崎F U-18。そのチームで10番を背負い、主将を務めるMF田中碧が、3日からトップチームの練習に参加をしている。
 10歳のころから川崎F育ちの田中は、すでに来季のトップ昇格内定済みであり、今シーズンが始まる前のキャンプにも参加した。U-18もトップの行うサッカーを継承していることもあり、川崎Fの“スタイル”は肌に馴染んでいる。サテライトリーグにも出場済みだ。
 とはいえ、いざ練習参加をしてみると、衝撃の連続だったようだ。
「サテライトだと相手もBチームなのですが、(練習で)トップとやって、(中村)憲剛さんなんかと対戦すると、スピードもそうだけど、“何か”が違うな、と。言葉で表現できないのですけど……間合いとか距離とかボールを持たれたときに取りにいけないとか、持ったときに出すところがないとか。そういうのが多かったです」
 普段は感じられないものを練習参加で得たという田中。だが、焦りや落ち込みを見せる様子はなく、「こういう貴重な体験ができるので、個人としてレベルアップをすることも大事だと思いますし、キャンプの後もそうでしたけど、この意識を個人として継続させてチーム(U-18)に還元したいなと思います」と、夏の間にできる経験をU-18に持ち帰ることを目標に挙げた。
 三好や板倉に続き、川崎育ちの選手がトップに昇格したことはサポーターにとってもうれしいもの。下部組織の看板を背負って、活躍を見せてほしいものだ。

[G大阪]FWパトリックが起用法について直訴。長谷川監督は……

元の記事へ移動

パトリック(徳丸)

 広島戦では途中出場にもかかわらず、緩慢なプレーで指揮官やチームメートからダメ出しされたパトリック。そんな背番号29が長谷川健太監督に、起用法についての直訴をしたという。
 以下は3日の長谷川監督の囲み取材をもとに、再現した二人のやり取りだ。
 「こういう使われ方じゃ、やってられない」(パトリック)
 「ああ、そう。どこが?」(長谷川監督)
 「仙台戦で2点取った後、2試合先発だったが、その時は点は取らなくてもチームのために頑張ったはず」(パトリック)
 「そうだなあ、でも点は取れなかったもんなあ。柏戦は10分しか出なかったけど、全然一生懸命やんなかったもんな、お前」(長谷川監督)
 「3番手だったので…」(パトリック)
 「関係ねえだろう。こないだの試合も全然ダメだっただろ」(長谷川監督)
 「はい…」(パトリック)
 字面だけを見ると不満タラタラの反抗劇に見えるが、やんちゃな選手をうまく扱うおおらかさは長谷川監督の持ち味の一つ。「可愛い感じまではいかないけど、駄々っ子なので(笑)。理詰めで攻めると『そうです』という感じになる」とパトリックの操縦法についてもお手の物。かつて何度もビッグマッチで活躍した背番号29だけに、「本人のストレスも分かるけど、こっちも本当に期待している」とその覚醒を気長に待つつもりだ。
文:下薗昌記(エルゴラッソG大阪担当)

[名古屋]加入内定の慶應義塾大MF宮地が特別指定選手に。「レギュラー陣を脅かすつもりで」

元の記事へ移動

宮地(内田)

 名古屋への来季加入が内定している宮地元貴(慶應義塾大4年)。3日には特別指定選手としての登録が完了したことも発表され、今後に向けての意気込みを語った。
 今季の開幕前にも特別指定の打診があったという宮地。そのときは主将も務める大学でのプレーに集中するため見送っていたものの、8月は大学での大きな大会がなくなったこともあり、7月の下旬から名古屋の練習に参加していた。9月以降については、大学サイドと名古屋サイドでの話し合いにより、どちらでプレーするか決まるという。
 宮地はボランチとCBをこなすプレーヤー。ここまでの練習参加を「もちろん大学よりレベルは高いですけど、コーチングなどのいままでやってきた部分、対人や球際などの持ち味が発揮できるなとも感じられたので、そこは自信を持ってやっていきたい」と振り返り、「試合に絡むことができる環境を与えて頂いたので、レギュラー陣を脅かすつもりでやりたい」と意気込みを語った。
 なお、大学の先輩である武藤嘉紀(マインツ)との関わりも深いようで「いまも仲良くしてもらっています」とのこと。FC東京で一躍ブレイクを果たした先輩のように「名古屋で中心選手にならないとその先もないと思っているので、まずはこのクラブで活躍して絶対的な存在になりたいです」と誓っていた。

写真:内田浩嗣

【川崎F】大卒ルーキー・長谷川竜也が週末にリーグ戦デビューの可能性

元の記事へ移動

長谷川竜也

 3日に行われた川崎Fの練習で、トップ組の右SBに大卒ルーキーの技巧派MF長谷川竜也が入った。エウシーニョが練習を回避した影響で空いた位置に入ったということだが、これまでにもサブ組ではSBに入り、サテライトリーグもこの位置で出場した経験がある。
「久しぶりにトップチームのほうに入ったので、素直に”やってやろう”という気持ちがありました。SBだったけど、監督からも言ってもらえることがあった。(右SBは)やったこともあったので、戸惑ってはいない」と本人もこの起用は前向きに捉えている。
 中盤の攻撃的な位置を主戦場とする長谷川は、今季リーグ戦におけるメンバー入りはすでに果たしたものの、たびかさなる筋肉系の負傷による離脱もあっていまだ出場はなし。ただし、ナビスコカップではすでにプロデビューは果たしており、躍動感あるプレーでサポーターの心をつかんだ。それゆれ、彼に期待する者は多い。
 「自分のパフォーマンスも悪くないし、いまは自分の成長のためにずっとやれているので、それはいいこと。自分がやれることを100%でやれれば良いかなと思う」
 エウシーニョの状態次第ではあるが、長谷川はしっかりと、デビューの瞬間を迎える準備を整えている。

[山口]練習場にサポーター約200人。過去最多規模の熱視線

元の記事へ移動

yamaguchi

 山口は3日、山口市のきらら博記念公園サッカーラグビー場で午後4時から練習を行った。練習場には夏休み期間中とあって、「150人が集まっていた先週よりも多い」(クラブ広報談)人数のサポーターが集まり、熱視線を送った。

 推定で約200人。維新公園以外の会場でこれほど多くのサポーターが練習観戦目的に集まったことはなく、地域リーグ時代からのサポーターは「いまから試合が始まるような感じ」と驚きの声。福満隆貴も「たくさん集まってくれるのはありがたいことだし、もっと頑張らないといけないとあらためて感じた」と応援に感謝する。

 練習は薄暗くなる午後7時までぎっしりと中身を詰め込んだ。蒸し暑い気候の中、応援の後押しもあって選手たちは最後まで完遂。山口の練習はハードだが、三幸秀稔は「こういう練習だから、良いゲームができるというのを見てほしい。良い準備をして次の試合に向かう。それを多くの人に知ってもらえればいいなと思う」と話した。

 スタジアムで応援するサポーター数が右肩上がりであるのと同様に、応援にも多くの人が訪れる。喜ばしいことだが、一方で練習場のキャパシティーや動線確保も課題として浮上。練習場がまだ固定できていないため、当然ながら場所ごとにファンサービスのルールが異なってしまう。この日もコーンで仕切ったり、公式サイトで注意を促したりと、スタッフは対応に追われた。

 クラブでは公式サイトのほか、練習場にもファンサービスのエリアや注意事項などを掲示している。山口はスタッフ人数が少なく行き届かないところがあるのはやむを得ない。良い練習のあとの、良い触れ合いのためにも、ルールを守って気持ちよく夏休みの一日を締めくくりたい。

(写真は試合後のファンサービスエリア。サインを求める列ができていた)

写真:上田真之介

[甲府]4年ぶりに復帰したダヴィ。早速次節の出場もある?

元の記事へ移動

kofu

 クラブの初タイトルであるJ2優勝(12年)と3度目のJ1昇格に32ゴールで貢献したダヴィが4年ぶりに甲府に復帰する。

 7月21日から練習生という立場で練習参加していたダヴィの加入が3日に発表された。佐久間悟監督は、「けがした部位の回復具合、コンディションを見極めて獲得するかどうか判断する。ダメなら(ブラジルに)帰ってもらう」という趣旨の話をしていたが、結局トレーニングマッチなどでプレーを十分に見極めるチャンスがないまま獲得することとなった。甲府から鹿島に加入した2シーズン目の14年10月にひざを負傷し、その回復具合が心配されたが、この点に問題がないことから獲得に踏み切ったものと見られる。

 フィジカル能力が高く、実績もあることから、コンディションや試合勘の戻りが5~6割の段階でも1トップとして一定の役割を果たせるという期待をコーチングスタッフは持っている。即先発ということはないが、1トップで起用していたドゥドゥを得意とするポジション(シャドー)で使えるようになるのはプラス要素だ。

 ダヴィは9カ月以上公式戦から離れており、3日の紅白戦形式のゲームなどではキレのなさが気になったが、6日の次節・川崎F戦では途中出場の可能性もある。それは、川崎F戦のあとは勝ち点1差でJ1残留を争っている新潟と対戦するということもあり、早めに慣らしたほうがいいという側面もあるからだ。ただ、川崎F戦が均衡したスコアのまま終盤までもつれた場合、佐久間監督は判断に迷うことになりそうだ。

 そして、ダヴィの加入に伴い外国籍選手の枠を空けるためにチュカとの契約が解除された。外国籍選手の加入と契約解除、移籍ウインドーに関係なく契約できる無所属選手の獲得を見据えた練習参加と、J1残留のために主にFW、DFの人事が動いている甲府。同じポジションの選手は心中穏やかではないだろうが、いまは非常事態。結果を出せていないことを棚に上げることもできない。さて、どうなりますか。

[広島]“CB”清水航平。30cm差のシモビッチにも臆する様子なし

元の記事へ移動

kouheishimizu

 J1・2nd第5節・神戸戦(2◯0)と2nd第6節・G大阪戦(0●1)の2試合を3バックの一角としてプレーした清水航平。本職はサイドアタッカーだが、そのプレーぶりは実に堂々としたものだった。

 体格の不利を感じさせないフィジカルの強さを発揮して相手アタッカーに自由を与えず、G大阪戦では大ブーイングを受けても動じないメンタルの強さも見せた。本人もすっかりとDFとして自信をつけており、「自信を持ってやっているし、抑えられる自信はある」とたくましい。

 6日の2nd第7節・名古屋戦は、199cmのシモビッチとのマッチアップが控えている。なんと身長差が30㎝以上もあるが、清水にまったく臆している様子はない。

「しっかりと競ってからセカンドボールを拾うことがみんなでできているので、問題ないと思う」

 168cmのDFは、名古屋戦でも大きく見えることだろう。

[東京V]リオ五輪日本代表のトレーニングパートナーとしてブラジルに帯同していた渡辺皓太。合宿中に得た経験と衝撃とは!?

元の記事へ移動

AT2_0052

 5日にリオ五輪の初戦・ナイジェリア戦に挑むU-23日本代表。そのトレーニングパートナーとして7月21日~31日までの11日間、直前合宿に参加していた東京Vの渡辺皓太が2日に帰国。3日にチームへ合流し、今回の合宿で得た経験とリオ五輪ブラジル代表戦の衝撃を語った。
 渡辺は「五輪本番に向けた緊張感のある中で一緒にプレーできたことは良かった。一つひとつのレベルが高かったので、まだまだ頑張らないとダメだなと感じることができた」と今回の合宿を振り返る。特に東京Vユースの先輩である中島翔哉とはすぐに打ち解けたらしく、彼のプレーや日々の姿には刺激を受けたようだ。
 さらに、今回の合宿の最後にはリオ五輪ブラジル代表と対戦。目の前で繰り広げられた光景に驚きを隠せなかったと話す。「間近で見ていても(ブラジルは)全然違った。速さも強さも両方すごくて、一瞬のスピードはこれまで見たことがないぐらい速くてビックリした。止める、蹴るがうまくないと日本でもやっていけないと感じたし、そこは全然通用しなかった部分だけど、その上で、ブラジルはさらにミスが少なかった。(東京五輪は)4年後だけど、4年しかないので少しでも差を詰められればと思う」。
 あらためて感じた世界との差。この11日間で得た経験は渡辺皓太にとって間違いなく今後の糧となるはずだ。

[仙台]リオ五輪代表トレーニングパートナーから、小島雅也が復帰。4年後の東京五輪への展望を語る

元の記事へ移動

160803FNSENDAI

 リオ五輪代表のトレーニングパートナーとして帯同していたブラジルから所属チームの仙台に戻った小島雅也が、今回の経験について語った。
 小島は2日にブラジルから帰国し、3日から仙台の練習に合流。ブラジルではピッチ内外において、上のカテゴリーに所属する選手たちの「すべてのレベルが高い」プレーなどに刺激を受けたという。
 また、小島は練習試合CSセルジッペ戦に途中出場。ブラジル五輪代表との親善試合もベンチから体感した。U-19日本代表で同世代のブラジル代表と対戦したこともある小島だが、「相手もすべて、レベルが同年代より遙か上」と実感。「(オーバーエイジの)ネイマールのようなスター選手もいたが、そういう選手を止められるようにならなければ上のレベルには行けない」と、将来への展望を語った。
 また、親善試合を行った現地会場の雰囲気にも、強烈な印象を受けたという。「自国代表のプレーに沸くところも、日本代表を煽るところも、ブラジルのお客さんはみんな盛り上がっていた。4年後にこういう雰囲気が“ホーム”になる中で、試合に出たい気持ちが強くなった」。東京五輪代表世代の小島は、4年後に向けて貴重な経験を積んだようだ。
 なお、小島も所属した仙台ユースは、8月28日に17年度新高校1年の追加セレクションを行う。

詳しくはこちら