必然だったイングランド育成年代の躍進。積極的なインフラ整備、覇権奪回へのシナリオ

元の記事へ移動

2017年はイングランドのユース年代が世界の舞台で輝いた。U-17、U-19、U-20と各年代の代表が欧州や世界を制し、国際大会で大きな存在感を発揮したのである。自国開催だった1966年のW杯以来、頂点から遠ざかっているイングランドが、A代表の明るい未来を予感させるまでになった要因とは何だったのだろうか。(取材・文:松澤浩三【イングランド】)

東京五輪世代のエース、小川航基の現在地。U-20W杯出場権獲得。ポジティブな風をジュビロへ

元の記事へ移動

中東バーレーンで開催されたAFC・U-19アジア選手権を日本サッカー史上で初めて制し、来年5月から韓国で開催されるFIFA・U-20ワールドカップへ、実に5大会ぶりに挑むことも決めたU-19日本代表。エースストライカーとしてチーム最多タイの3ゴールをあげ、4年後の東京オリンピックでも主役の一人を担うと期待されるジュビロ磐田のルーキー、FW小川航基の「現在位置」を追った。(取材・文:藤江直人)

【識者の眼】U-19代表の勝因。鬼門だったアジア、過去最も“大人しい”チームはなぜ突破できたのか?

元の記事へ移動

バーレーンで開催されているAFC U-19選手権2016の準々決勝で、日本代表はタジキスタンに勝利し、来年開催されるU-20W杯の出場権を獲得した。今大会はここ10年日本が突破できなかった鬼門とも言える。タレントという意味では過去のチームに勝っているとは言えず、むしろやや劣っている印象の現チームはなぜ勝利を掴むことができたのか。(取材・文:河治良幸【バーレーン】)