【朗報】2021東京五輪で金メダルを目指すU23サッカー日本代表wwwwwww

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2020/08/01(土) 16:11:19.66
lO90sVi_[1]

【GK】
中村航輔(26.柏レイソル)OA
大迫敬介(21.サンフレッチェ広島)
【DF】
冨安健洋(22.ボローニャ🇮🇹)
渡辺剛(23.FC東京)
板倉滉(23.フローニンゲン🇳🇱)
田中駿汰(23.北海道コンサドーレ札幌)
岩田智輝(23.大分トリニータ)
【MF】
遠藤航(27.シュツットガルト🇩🇪)OA
田中碧(22.川崎フロンターレ)
中山雄太(23.ズヴォレ🇳🇱)
菅原由勢(20.AZ🇳🇱)
菅大輝(22.北海道コンサドーレ札幌)
鈴木冬一(20.湘南ベルマーレ)
久保建英(19.レアル・マドリード🇪🇸)
堂安律(22.PSV🇳🇱)
【FW】
大迫勇也(30.ブレーメン🇩🇪)OA
前田大然(23.セレッソ大阪)
斎藤光毅(19.横浜FC)

____大迫____
__久保__堂安__
_菅大____岩田_
__遠藤__田中__
_板倉_冨安_渡辺_
____中村____

続きを読む

【悲報】大久保嘉人さん「東京五輪世代にはずる賢さがない!」

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2020/07/23(木) 22:06:37.48 _USER9
3RDBVAZ4

オリンピック出場がサッカー人生に与えた影響第1回:2004年アテネ五輪・大久保嘉人(後編)

東京五輪世代について、大久保はどう見ているのだろうか。

「サッカー選手のレベルで言うと、久保(建英/マジョルカ)とか、堂安(律/PSV)とか、技術のある選手がそろっていて、かなり(レベルは)高いと思う。
ただ、考えてサッカーをやれているか? というと、どうかな。ずる賢さとかがないし、きれいにサッカーをしているだけって感じ。だから、昨年末に0-2で負けているけど、狡猾な南米のコロンビアとかが相手だと、どうしていいか、わからなくなる」

手厳しいが、五輪ではそうした世界の強豪と渡り合うことになる。しかも、それらを相手に結果を出さなければいけない。そのことを考えれば、大久保の指摘はもっともだ。

OA(オーバーエイジ)枠の使用についてはどうか。

「オレらの時は(小野)伸二さんが来てくれたけど、前の攻撃の選手としてはありがたかった。周囲が見えているし、絶対にパスが出てくるからね。
でも、伸二さんは大変だったと思う。すべてのメンバーについて、どんなプレーをするのか、どんな性格なのか、短期間で頭に入れないといけないし。年上だけど、結構気を遣っていたと思う。

それでも、メダルを獲るためには、OAの選手は絶対に必要だなって思う。もちろん、OAの選手が入ったからOKじゃなくて、そこでチームがどうするか、ということが重要。
OAの選手に合わせるのか、(チームの)ベースとなってきたメンバーに合わせるのか。オレは、東京五輪のチームはベースとなる久保や堂安に合わせたほうが、うまくチームは回ると思っている。

みんなが、久保と堂安にボールを預けて、他の選手はふたりのためにサポートする。バルセロナの"メッシを生かす"みたいな戦い方。そのほうが、チームとして機能すると思う」
アテネ五輪では小野がOA枠で招集され、それまでベースとなってきた選手たちも皆、その"天才"を常に見てしまった。伸二さんが何とかしてくれる――チーム全体が小野依存となり、既存の選手たちの自主性が欠けてしまった。

その分、小野への負担が大きくなってしまったのだが、逆に自分たちが「小野を使う」くらいの気持ちでプレーしていれば、また違う結果になっていたのではないか......。大久保が既存のメンバーを重視するのは、当時の反省を踏まえてのことだろう。
東京五輪世代は、すでに海外でプレーしている選手や、Jリーグでも所属クラブでレギュラーとしてプレーしている選手が多い。そのなかで、大久保がとくに期待している選手はいるのだろうか。

「久保と堂安だね。A代表を経験している選手として、その違いを見せてほしい。あと、コウキ(小川航基/ジュビロ磐田)。ジュビロで苦しんで、昨年は(期限付きで移籍した)水戸ホーリーホックでがんばって、点も取った。下手くそだけど(笑)、
五輪代表に選ばれて、活躍してほしい」

7/22(水) 11:00配信 スポルティーバ 一部抜粋
https://news.yahoo.co.jp/articles/c12f11f8aa3ee8430c25e1805b10e168445c9b6e?page=1

続きを読む

【速報】U―23日本代表MF遠藤渓太(22)、ドイツ1部ウニオン・ベルリンに移籍wwww

元の記事へ移動

959: 名無し@サカサカ10 2020/07/23(木) 03:10:04.59
Edh2HUIUEAAlh3F

横浜MF遠藤渓太、独1部ウニオン・ベルリン移籍!近日中に発表、東京五輪へ22歳の大勝負
https://news.yahoo.co.jp/articles/ac2903215f4c4fb91366454bf3d9385d461d9ec5

はーいみんな起きてー移籍ネタだよー

続きを読む

【朗報】中国戦でカンフーキックくらった橋岡さん、謝罪受け入れる!!

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2020/05/24(日) 22:08:12.50
IY641lY[1]

 昨年12月に行なわれたE-1選手権日本代表の初戦、中国戦で起きた“カンフーキック”問題が5か月経った現在再び話題となっている。浦和レッズに所属する橋岡大樹が、キックを繰り出した中国人DFのジャン・ジーポンの公開謝罪を受け入れたのだ。

 問題となったのは、E-1選手権中国戦の31分のシーンだった。ロングボールに対する空中戦で、日本の橋岡大樹がヘディングでのクリアを試みたところ、中国のジャン・ジーポンはジャンプ一番、ハイキックでの対応を選択。その振り上げた左足がカンフーキックのように橋岡の後頭部をモロに捕らえる危険なプレーとなった。このプレーにはイエローカードが提示されたものの、レッドカードが提示されてもおかしくないプレーだった。幸い橋岡は大事に至らずその後プレーを続行。試合は2-1で日本が勝利を収めている。

 試合後には「意図的に傷つけようなんてこれっぽっちも思っていなかった」「僕の足が最初にボールに触れている。むしろ、彼の頭がぶつかってきたと言えるだろう」と振り返っていたジャン・ジーポン。サッカー関連サイトの捜達足球などによると、今月になって出演した中国のサッカージャーナリスト、孫雷(スン・レイ)氏の番組にゲスト出演し、「心から謝りたい」と以下のような謝罪コメントを伝えたという。

「橋岡大樹選手。中国代表の姜至鵬です。あのプレーはとても危険なものでした。試合後にビデオを見て、あるまじき行為だと思いました。幸い大事には至らなかったとのことですが、そうでなかったら、私は自分を責め、恥じ入っていたでしょう。おわびします」
 
 これを受け、5月20日の夜に自身のツイッターを更新した橋岡は、「先日、ジャン・ジーポン選手が僕に対して謝罪をしてくれた件に関してです」とツイート。以下のようなコメントを投稿した。

「ジャン・ジーポン選手へ、僕に対しての謝罪の動画を見ました。あの時の映像を見ると、確かに危ないなと思うプレーであり今後はあってはいけないとは思います。でも、国を代表して戦う、という必死さがあのプレーを起こしたのだと思いますので、気にする必要はありません。謝罪までしてくれるその気持ちがあるという事は、故意ではないという事もわかります。また国の代表として、ピッチの上で再会できるように僕も頑張ります。その時を楽しみにしています」

 この投稿にファンからは「優しすぎ…イケメン…」、「人としての素晴らしさにとても憧れます!」、「マリサポですが橋岡選手の考え方が素敵だなと思いました!」などのコメントが寄せられた。

 試合ではラフプレーにも屈せず戦い続けたタフガイは、5か月後に受けた相手選手からの謝罪にも「ポジティブで寛大な考え方」とファンから称賛される対応を見せた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200521-00073522-sdigestw-socc

続きを読む

【朗報】カンフーキックの中国代表さん、半年越しに日本に謝罪wwwww

元の記事へ移動

734: 名無し@サカサカ10 2020/05/13(水) 09:05:26.06
c00206f711103e731f2a9f6de6ac63ac[1]

申し訳なかった・・・日本選手の頭に「カンフーキック」の中国代表、半年越しの公開謝罪 
http://news.searchina.net/id/1689320

中国メディア・新浪体育は11日、昨年12月のサッカーE-1選手権で日本代表選手の頭に飛び蹴りを食らわせた中国代表DF姜至鵬選手がこのほどテレビ番組の中、
半年前の危険なプレーに対する謝罪と反省を口にしたと報じた。

昨年12月10日、同大会の日本―中国戦で日本のMF橋岡大樹選手が前半31分、ロングボールを受けようとした際に姜選手から頭に飛び蹴りを見舞われた。
幸い橋岡選手は大けがに至らなかったものの、一発退場ではなくイエローカードの裁定に留まったことを含めて大きな物議を醸すとともに、
「カンフーサッカー」と揶揄(やゆ)されても仕方のないプレーをした姜選手に対する非難が日本のみならず中国、さらには海外からも寄せられた。

記事は、問題のラフプレーから半年が経過した先日テレビの対話番組に出演したと紹介。
番組でこの一件に話が及ぶと、姜選手が「まず橋岡に謝りたい。まず誠心誠意謝りたい。確かにとても危険なプレーだった。
あのプレーでは足が彼の首に入ってしまったが、もし目や顔を傷つけていたらと思うとぞっとした。動画を見て、自分自身とても恐ろしくなった」と心境を打ち明けたことを伝えた。

そして、姜選手が姿勢を正したうえで「橋岡選手、こんにちは。私は中国代表の姜至鵬です。あの試合のあのプレーは確かに非常に危険で、やってはいけないプレーでした。
あなたに謝罪します。もし今後再びマッチアップする機会があれば、その時はお手柔らかにお願いします」とカメラ越しに橋岡選手に向けてメッセージを送ったことを紹介している。

記事はまた、自身に対する外部からの声について「見ないようにしている。特に子どもが生まれてからはそうしている。
全員が自分のことを好きでいてくれるということはあり得ないし、逆にみんなが自分を嫌っているということもないはず。自分は自分のことをしっかりやるだけ」と語ったことを伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


謝罪するって橋岡

続きを読む

柏レイソル、古賀太陽の「日本代表じゃないと晴らせない」悔しさ。共通点が多い8年前の前例とは?【東京五輪世代の今(4)】

元の記事へ移動

Jリーグは再び延期が決まり、J1の再開は5月にずれ込むことに。東京五輪も今夏の開催は見送られることとなった。思いがけずおとずれた中断期間に、東京五輪世代の選手たちは何を思うのか。J1に昇格した柏レイソルの古賀太陽にその胸中を聞いた。(取材・文:元川悦子)

【悲報】小川航基(ジュビロ磐田)来年24歳…救済なしなら五輪資格失効…

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2020/03/25(水) 20:17:42.29
東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの1年程度の延期決定から一夜明けた25日、県内のサッカー五輪候補が胸中を明かした。同競技の男子代表は、原則23歳以下で構成される。J2ジュビロ磐田FW小川航基(22)は、来年24歳。出場資格を失う可能性もある中、現在の思いを語った。来年も出場権を持つJ1清水エスパルスDF立田悠悟(21)とDF岡崎慎(21)は延期決定を冷静に受け止め、クラブでの活躍を誓った。

   ◇   ◇   ◇

磐田FW小川航は、不安を隠せなかった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、前日24日に東京五輪の延期が決まった。サッカー男子代表は、92年バルセロナ五輪から原則として出場選手に「U-23(23歳以下)」の年齢制限を設けてきた。現行の大会規約で21年を迎えた場合、同年8月に24歳を迎えるストライカーに出場資格はなくなる。

昨夏、成長を求めてJ2水戸への育成型期限付き移籍を決意。17試合で7得点と結果を残した。磐田に復帰して迎えた五輪イヤーの今季も、開幕戦で2得点と好調を維持していた。小川航は「こういう状況。仕方ない」と、延期に理解を示した上で「いろんなものを犠牲にして、五輪に向けた選択をしてきた。正直、メンタル的に難しい。年齢制限のところがどうなるのか、気が気でしかたない」と、複雑な思いも吐露した。

もっとも、国際オリンピック委員会(IOC)と国際サッカー連盟(FIFA)が特例として規約の変更措置を取る可能もある。現時点で、五輪への道が完全に断たれた訳ではない。小川航は「今はプレーの精度を上げることしかできないと思う。僕が出場資格を得られると信じて、しっかりと力をつけていきたい」と言葉を振り絞り、必死に前を向いた。 
  
 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-23250933-nksports-socc 
  
  
no title

続きを読む