【悲報】アーセナルさん、EL決勝でチェルシーにボコらてしまう…

元の記事へ移動

480: 名無し@サカサカ10 2019/05/30(木) 05:49:32.31
 HVN9IqN4



ヨーロッパリーグ(EL)決勝が29日に行われ、チェルシーとアーセナルが対戦した。

 2012-13シーズン以来2度目の優勝を目指すチェルシーとEL初制覇を狙うアーセナルが激突。チェルシーは、エースのエデン・アザールやEL得点ランキングでトップタイに立つオリヴィエ・ジルーらが先発入り。対するアーセナルは、ピエール・エメリク・オーバメヤンやアレクサンドル・ラカゼットらがスタメンに名を連ねた。

 最初にチャンスを作ったのはアーセナルだった。9分、右サイドからエインズリー・メイトランド・ナイルズがクロスを上げたが、これはGKケパ・アリサバラガがパンチングでクリア。このこぼれ球がオーバメヤンへと渡り、右足を振り抜いたものの、枠を捉えることはできなかった。

 18分にはラカゼットがペナルティエリア内で倒れたものの、これはノーファウルの判定。さらに27分には、グラニト・ジャカが右足で強烈なミドルシュートを放ったが、ボールはわずかにゴール上へと外れた。

 一方のチェルシーは34分、アザールのパスから最終ラインを突破したエメルソンが左足でシュートを放ったが、これはGKペトル・チェフの正面。さらに39分にはジョルジーニョのパスからジルーが決定機を迎えたが、再びGKチェフが左手で好セーブを見せた。

 前半をスコアレスで折り返し迎えた49分、エメルソンのクロスにニアでジルーがダイビングヘッドで合わせて、チェルシーが先制に成功した。

 さらに60分には、コヴァチッチのパスを受けたアザールが左サイドからグラウンダーで折り返すと、ペドロが左足でゴール右隅へと流し込んだ。続く65分には、ジルーがペナルティエリア内でメイトランド・ナイルズに倒され、チェルシーがPKを獲得。キッカーを務めたアザールがこれを決め、チェルシーがリードを3点に広げた。

 アーセナルは69分、途中交代で投入されたアレックス・イウォビがペナルティエリア外から右足を振り抜くと、強烈なミドルシュートを突き刺し、反撃の狼煙を上げる。しかし72分には、ジルーとのワンツーからアザールが左足でゴールへと流し込み、再びチェルシーがリードを3点に広げた。

 試合はこのまま終了し、チェルシーが4-1の快勝で、2012-13シーズン以来6年ぶり2度目のEL制覇を果たした。

【スコア】
チェルシー 4-1 アーセナル

【得点者】
1-0 49分 オリヴィエ・ジルー(チェルシー)
2-0 60分 ペドロ・ロドリゲス(チェルシー)
3-0 65分 エデン・アザール(PK/チェルシー)
3-1 69分 アレックス・イウォビ(アーセナル)
4-1 72分 エデン・アザール(チェルシー)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00942498-soccerk-socc















続きを読む

【速報/動画】ジルー師匠のゴールでチェルシー先制!!!!アーセナルさんヤバい…

元の記事へ移動

287: 名無し@サカサカ10 2019/05/30(木) 05:06:12.28
 D7wpyMhUIAEoHHD[1]



キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!




続きを読む

【悲報】長谷部誠のフランクフルト、PKで逝く…EL決勝もプレミア対決にwwww

元の記事へ移動

812: 名無しの@サカサカ10 2019/05/10(金) 06:48:07.28
 D6KCYAPXsAUrFmE[1]



【EL】PK戦の末、熱戦を制したのはチェルシー!アーセナルの待つ決勝へ!! フランクフルトは惜しくも敗退、長谷部はフル出場
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190510-00058308-sdigestw-socc










続きを読む

【朗報】アーセナルさん、ホームでバレンシア相手に逆転勝利!

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2019/05/03(金) 05:58:36.22
20190503-00010003-goal-000-4-view[2]


5/3(金) 5:56配信
UERAヨーロッパリーグ準決勝の第1戦、アーセナルvsバレンシアの一戦が現地時間2日、行われた。

アーセナルホームでの初戦ということでバレンシアは5バック気味の守備的な陣形で挑んだが、先制したのはアウェーのバレンシアだった。

前半11分、CKを得たバレンシアはファー側にボールを送ると、ロドリゴ・モレノがヘディングで中へと折り返す。ムクタル・ディアカビが頭で押し込んで、バレンシアが先行する流れとなった。

いきなりアウェーゴールを奪われたアーセナルは、ここから徐々に盛り返す。18分、メスト・エジルを起点にアレクサンドル・ラカゼットがピエール・エメリク・オーバメヤンにスルーパスを送る。前線左サイドで切り替えしたオーバメヤンは中にラストパスを送ると、走り込んできたラカゼットがダイレクトでネットを揺らし1-1の同点に追いつく。

25分にはグラニト・ジャカのクロスにラカゼットが頭で合わせ、ポストに弾かれてゴールラインを割った。これでアーセナルが2-1と逆転に成功し、試合はこのまま前半終了。

後半に入っても一進一退の攻防が続き、アーセナルはショートパスを多用した崩しを多用し、引いたバレンシア守備網のズレを狙う。一方、バレンシアは2つ目のアウェーゴールを奪おうとカウンター主体でアーセナルゴールを脅かす展開が続いた。

アディショナルタイムにはラカゼットがミドルを放ち、GKネトがディフレクト。そのルーズボールを拾ったラカゼットが左サイドからクロスを入れると、ファー側に走り込んだオーバメヤンが角度のないところからダイレクトボレーで合わせ、アーセナルが3点目を記録した。

結局試合はこのままフルタイムを迎え、アーセナルが3-1で逆転勝利。ホームでの初戦を制している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00010003-goal-socc




続きを読む

【動画】長谷部誠のフランクフルト、チェルシー相手になんとか固さ維持!

元の記事へ移動

287: 名無し@サカサカ10 2019/05/03(金) 05:54:03.51
D5lyDNFXoAA82Pq[1]


 
ヨーロッパリーグ(EL)準決勝ファーストレグが2日に行われ、フランクフルトとチェルシーが対戦した。

フランクフルトはELではホーム戦11試合負けなし。要塞と化したコメルツバンク・アレナでチェルシーから勝利を狙う。セバスティアン・アレが負傷、アンテ・レビッチが出場停止という厳しい状況で、ゴンサロ・パシエンシアが先発。長谷部誠は最終ラインではなく、アンカーとしてのポジションに入った。チェルシーはエデン・アザールがベンチからのスタートとなり、ウィリアン、ペドロ・ロドリゲス、オリヴィエ・ジルーが最前線で起用されている。

試合は地力で上回るチェルシーがじわりじわりとフランクフルトに圧力をかけるが、先手を取ったのはホームクラブ。ショートカウンターから左へ展開すると、フィリップ・コスティッチが低いクロス。これをルカ・ヨヴィッチが頭でファーへと流し込み、巧みなシュートでゴールを陥れた。

それでも、チェルシーが押し返し、43分にはロフタス=チークが長谷部を振り切ってシュートを放つ。これはゴール左へと惜しくも外れるが、フランクフルトはどんどんとラインを押し下げられていく。

すると前半終了間際、コーナーキックのこぼれ球から最後はペドロがゴール右隅へとシュートを突き刺し、同点に。

後半に入ると、チェルシーの一方的なペースに。ウィリアンやロフタス=チークが次々と仕掛けてシュートチャンスを作る。長谷部もウィリアンへのスライディングからイエローカードを受けてしまう。

さらに、チェルシーは62分にアザールを投入し、畳み掛けにくる。防戦一方のフランクフルトはゴンサロ・パシエンシアを入れ、前線に起点を作ろうと試みる。

その後もチェルシーペースで進むが、GKケヴィン・トラップの好守もあり、フランクフルトは何とか耐えていく。するとダニー・ダ・コスタのクロスにパシエンシアが飛び込み、見せ場を作ると、コーナーキックにフリーでダビド・アブラームが合わせる。しかし、シュートは枠を捉えられない。

最後はフランクフルトがホームの歓声を受けながら、勝ち越し点を奪いに行きつつ、90分間が終了。1-1で次週のセカンドレグを迎えることとなった。

■試合結果
フランクフルト 1-1 チェルシー
■得点者
フランクフルト:ヨヴィッチ(23分)
チェルシー:ペドロ(45分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00010002-goal-socc





続きを読む