鹿島MF柴崎はボランチ移動後に輝き増す(4枚)

元の記事へ移動

左サイドハーフで先発したMF柴崎岳
[12.8 クラブW杯1回戦 鹿島2-1オークランド・シティ 横浜]

 FIFAクラブワールドカップ2016の1回戦が8日、横浜国際総合競技場で行われた。開催国代表で初出場となるJリーグ王者の鹿島アントラーズは、6年連続8回目の出場となるオセアニア代表のオークランド・シティ(ニュージーランド)と対戦し、2-1で逆転勝利。準々決勝に進出した鹿島は11日に市立吹田サッカースタジアムでアフリカ代表のマメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)と対戦する。

●クラブW杯2016特集

同点アシストの鹿島MF永木がMOM受賞(4枚)

元の記事へ移動

プレイヤー・オブ・ザ・マッチ(マン・オブ・ザ・マッチ)に選ばれたMF永木亮太
[12.8 クラブW杯1回戦 鹿島2-1オークランド・シティ 横浜]

 FIFAクラブワールドカップ2016の1回戦が8日、横浜国際総合競技場で行われた。開催国代表で初出場となるJリーグ王者の鹿島アントラーズは、6年連続8回目の出場となるオセアニア代表のオークランド・シティ(ニュージーランド)と対戦し、2-1で逆転勝利。準々決勝に進出した鹿島は11日に市立吹田サッカースタジアムでアフリカ代表のマメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)と対戦する。

●クラブW杯2016特集

故郷で爪あと残せず…5大会連続出場のオークランドDF岩田(4枚)

元の記事へ移動

5大会連続の出場となったDF岩田卓也
[12.8 クラブW杯1回戦 鹿島2-1オークランド・シティ 横浜]

 FIFAクラブワールドカップ2016の1回戦が8日、横浜国際総合競技場で行われた。開催国代表で初出場となるJリーグ王者の鹿島アントラーズは、6年連続8回目の出場となるオセアニア代表のオークランド・シティ(ニュージーランド)と対戦し、2-1で逆転勝利。準々決勝に進出した鹿島は11日に市立吹田サッカースタジアムでアフリカ代表のマメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)と対戦する。

●クラブW杯2016特集

[1828号](2版)鹿島、世界への挨拶(1版)篠田トーキョーが示した可能性

元の記事へ移動

1828-2%e7%89%881828-1%e7%89%88

[2016年12月9日発売 エルゴラッソ1828号]

クラブW杯・鹿島 vs オークランド・シティー マッチレポート
(2版のみ掲載)

やはり金崎。J1王者、逆転で初戦を突破


インタビュー

その名を刻んだ男たち2016 vol.2
FW 13 高松 大樹(大分トリニータ) 道を拓く者


インタビュー

その名を刻んだ男たち2016 vol.2
MF 10 キム ミヌ(鳥栖) サガン鳥栖は私のホームです


**************************INDEX****************************
[FC東京の2016シーズン](1版のみ掲載)
■紆余曲折の中で見えた希望の光

[浦和レッズ特集]
■ミシャレッズ、5年目の進化

[特集]
■熱きJ1ストーブリーグ“序盤戦”レポート

[全日本大学選手権]
■法政大 vs 高知大

《エル・ゴラッソは、PC、スマホでも読める♪》
①fujisan…日本最大級の電子書籍サイト
http://www.fujisan.co.jp/product/1281692744/
②honto…電子書籍と紙のハイブリッド型総合書店
http://honto.jp/ebook/pd-series_B-900085-000000-11110022.html

[12月9日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
FW難波宏明(岐阜、1982)*力強いドリブルとシュートが持ち味のFW。
DFエブソン(讃岐、1990、ブラジル)*長身を生かした守備が持ち味のDF。
MF高木善朗(東京V、1992)*父は元プロ野球選手で、兄は浦和の俊幸、弟はチームメイトの大輔。素早いステップワークを武器としたドリブルが武器とする。
DF岡野洵(千葉、1997)*恵まれた体格からくり出す空中戦の強さが武器。
MF坪井一真(C大阪、1998)*C大阪U-18所属。守備センスが光るMF。

World
MFクワドゥオ・アサモア(ユベントス、1988、ガーナ)*身体能力を生かした守備、パワフルな攻撃も魅力。

Former
DFビセンテ・リザラズ(元バイエルンほか、1969、フランス)*元フランス代表DF。運動神経に長けており、柔術などの大会でも優勝した経験を持つ。

Others
綾小路 きみまろ(漫談家、1950)
落合 博満(野球、1953)
佐野 瑞樹(アナウンサー、1971)
福永 祐一(騎手、1976)
ISSA(歌手、1978)
上村 愛子(アルペンスキー、1979)