The PostGame Story 【4】未成年の主張。帰ってきた19歳の逆襲

元の記事へ移動

【4】未成年の主張。帰ってきた19歳の逆襲


PK戦の順番は6番目だったという。「U-19の代表で蹴った時は『絶対に大丈夫だ』というメンタルでしたけど、今日はちょっと蹴りたくなくて『(足が)攣ってます』というアピールをしたんですけど、結局6番目でした(笑) 『みんな決めて!』って感じで(笑) 緊張しましたね」と明かしてしまうのが、何とも彼らしい。それでも、そんな19歳のCBはこの日、確実にレイソルの重要な戦力として杜の都で躍動していた。


リーグ戦の最終節から経過した時間は既に1カ月以上。「このチームは2015年から16年、同じ姿で継続することはないということが早々に決まっている中で、1つになることの難しさと大切さを嫌というほど思い知らされながらこの2、3ヶ月、彼らと共に戦ってきました」と退任が決まっている吉田達磨監督も口にするようなシチュエーションの中で、柏はこの日の天皇杯を迎えていた。ただ、チームとしての目標はただ1つ。三たび広州恒大に立ちはだかられ、ベスト8での敗退を余儀なくされたACLの出場権獲得。すなわち1月1日の元日決戦で勝利を収めることである。絶対に負けることの許されない大事な一戦。チームの最終ラインを支え続けてきた鈴木大輔の出場停止を受け、今シーズンのリーグ戦はわずか3試合の出場にとどまっていた中谷進之介を指揮官は代役に指名する。


今でも覚えているのは昨年のスタートミーティングでのこと。当時はダイレクターという肩書きだった吉田監督が、新加入選手として中谷を紹介する時にこう口にした。「彼の今持っている力で言えば、ちょっと他の選手と離れていると。それは正直に彼にも話はしています。まだやらなきゃいけないことはたくさんありますし、まだまだだよという話はしています」。なかなかこういう舞台で出てくる類の言葉ではない。でも、裏を返せばこういう舞台でそういう話をしても、彼なら十分に受け入れられるだけのキャパシティがあると確信していることの証明でもある。実際にその人間性は高校生の頃から際立っていた。


中谷がU-18に所属していた3年間、監督として指導に当たっていた下平隆宏監督は以前、彼についてこう語っていた。「進之介は話す声が大きいんですよ。だから、必ずどこにいるかわかるんです(笑) でも、それって結構大事なことで、どんな話でもオープンにできるし、裏表がないということでもありますからね」。彼の1つ上の代には現在もトップでプレーする秋野央樹、小林祐介、中川寛斗などタレントが多く揃い、中谷だけがフィールドプレーヤーの中で1学年下という試合が大半だった。それでも、最後尾から臆することなく大きな声を張り上げ、ピッチを離れると先輩たちにも積極的に絡んでいく彼の姿が印象に残っている。常に周囲には笑顔に包まれた人の輪が広がっていた記憶が強い。


ルーキーイヤーは第29節でリーグデビューを飾り、結果的に三冠王者となるG大阪相手の完封勝利に貢献すると、以降は残された5試合の内の4試合でスタメン起用を勝ち取るなど、シーズン最終盤の7連勝に大きく貢献してみせる。しかし、今シーズンは一転してなかなか出場機会を得られない。エドゥアルドの出場停止もあって、ようやくスタメンを掴んだファーストステージの浦和戦は終了間際に追い付かれ、2戦連続での先発起用となった広島戦もやはり終了間際の失点で競り負ける。すると次節のメンバー表から名前の消えた中谷に挽回のチャンスはなかなか訪れず、ベンチ入りもままならなくなったセカンドステージは結局1試合の出場も果たすことができなかった。公式戦のスタメンは前述の広島戦以来、ほぼ半年ぶり。言うまでもなく天皇杯は負ければ終わりのノックアウト方式であり、彼に掛かる重圧が計り知れないものであったことは容易に想像できる。


それでも「自分の中で今年2試合出たJリーグの試合がかなり悔しかったので、前半は落ち着いてやろうと思っていて、その中でうまくできたのかなと思っています」と自ら振り返ったように、しっかりボールを引き出しながらビルドアップをコントロール。18分にはハーフウェーラインを越えて、大谷秀和へ鋭い縦パスを送ると、その一連は工藤壮人のフィニッシュまで繋がるなど、下部組織時代から培ってきたストロングを披露する。ギャップで受ける奥埜博亮にはやや手を焼いたものの、ハモン・ロペスとウイルソンには「力強い選手だったらバンと当たれば、自分の強さを生かして自分の間合いに持って行けることもあった」と口にした通り、最後の局面は体を張って食い止め続ける。


それは105分のことだった。仙台のカウンターになりそうな縦パスに対し、自陣まで下がって受けようとしたハモン・ロペスを強靭なフィジカルで吹っ飛ばしてボールカット。そのまま味方に預けて前線まで駆け上がる。数的不利で1点のビハインドという場面。「何とかしたい」という気持ちがあの一連によく現れていたと思う。思い起こせば先ほども触れた昨年のスタートミーティングで、吉田ダイレクターは中谷を評してこうも言っていた。「彼は特に足が速い訳ではなく、ヘディングが凄く強い訳でもないですが、とても賢く、とてもサッカーを理解して、もちろんサッカーが好きで、レイソルでやるサッカーを愛しています」と。小学生の頃から積み上げてきたレイソルのサッカーをまだ終わらせたくない気持ちが、あのワンプレーへ凝縮されていたように感じた。チームは延長後半に追い付き、そのままPK戦を制して劇的に準決勝へと勝ち上がる。6番目だった彼に、PKの順番は回って来なかった。「いや~、『本当に順番来ないで』と思っていました」と明るく笑いながら話す彼の姿からは、重責を託された120分間をしっかりと戦い抜いた充実感が溢れていた。


準決勝は鈴木が出場停止から帰ってくる。エドゥアルドとのCBコンビはほぼ確実だろう。ただ、代わりに秋野が出場停止となる。茨田陽生のコンディション面を考えると、中谷のアンカー起用という選択肢もありえない話ではない。前回出場した浦和戦には苦い思い出がある。久々のスタメン出場ということもあって、試合中にすぐ息が上がってしまい、「自分で自分を苦しめてしまった」ことが脳裏に焼き付いている。そのリベンジを果たすという意味でも、決して順風満帆ではなかった今シーズンの総決算として29日の浦和戦が格好の舞台であることは間違いない。厳しい評価と大きな期待を併せ持ちながら、自身をプロのステージへと引き上げてくれた指揮官の花道を飾るべく、あと2試合を戦い抜く覚悟が19歳にはできているはずだ。


土屋

ヴィッセルはまだまだ

元の記事へ移動

せっかく近場の長居での試合だったのに参戦できず。
そして対戦相手のレッズには今シーズン勝てずに終わ
ってしまいました。プレス&ショートカウンターの頃
はレッズ相手に勝ったりできていましたが、両チーム
の今のスタイルでは圧倒的な差が出来てしまったよう
です。

早々からレッズの攻撃陣を捕まえられなかったヴィッセル。
前半22分、25分に失点は最終節と同じようなかたち。
ゴール前で動いてくる選手からのスペースへの走りこみ
が捉えられていませんでした。
さらに追い打ちをかけるようなMF三原の退場。
そうなってしまえばレッズのポゼッションから攻撃に移る
のは難しかったようです。

ヴィッセルはMFウヨンが不在、MF森岡が低めのポジション
だったことも影響してか前にボールを運ぶのができていま
せんでした。
せっかくケガから復帰してスタメンに入ったFWレアンドロ
も攻撃に力を出せず、チームとしてもシュート2本だけ。

近いのにサポーターが少ないとか、スタメンの選手がどう
とかあるようですが、ヴィッセルがタイトルを獲るために
はまだまだ積み上げないといけないものが多いようです。

これで15年シーズンが終わりました。
今年のことは過去のこと。また新しいチームとして次の
ステップに行きましょう!


_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|
↓ ↓ ポチお願いします ↓ ↓

Jリーグ ブログランキングへ

にほんブログ村 トラコミュ ヴィッセル神戸へ
ヴィッセル神戸
↑ ↑ ポチお願いします ↑ ↑
_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|

皇后杯は悔しい準優勝…3度目の正直ならず

元の記事へ移動

悔しいですね・・・またしてもINAC神戸に敗れて準優勝で終わってしまいました。

アルビサポ以外なら最高の試合展開になったと思います・・・まさにシナリオ通りの空気を読んだ試合になってしまいました。澤穂希選手にとっては忘れられない現役ラストマッチになったことでしょう。アルビサポも決して忘れることができない試合になりました。
とはいえ、ゴールを奪ったのは実力ですよね。流石の一言です。女子サッカー界に多大な貢献をしてくれた澤選手、現役生活お疲れ様でした。


力の差はあったとはいえ、決定機はあったので決して勝てない相手ではなかったです。最後の押し込んだ時間帯は得点の匂いもしていたのですが・・・決定機をものにできませんでしたね。メグのビッグチャンスは本当にもったいなかったです。

負けてしまいましたが、最後まで全力で戦ってくれた彼女達を責めることはできません。試合後に流した悔し涙を忘れることなく、今回の悔しさを来年こそは晴らしてもらいましょう。


澤選手目当てに多くの客が訪れアウェイ感たっぷりの試合になるかと思っていたら、多くのアルビサポが現地に駆けつけてくれたお陰でホームゲームのようになりましたね。それくらい声が出ていて選手達の後押しになったと思います。(BS放送は完全にアウェイの作りで放送していましたが・・・)
現地組の皆様、応援お疲れ様でした。


能仲監督、スタッフ、そしてレディースの選手達、2015シーズンお疲れ様でした。
能仲監督は今日が指揮する最後の試合です。3年間お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。今後の活躍を応援しています。

来年こそはカップを掲げましょう!!

[選手権]チーム紹介:佐賀北高(佐賀)

元の記事へ移動

[選手権]チーム紹介:佐賀北高(佐賀)
第94回全国高校サッカー選手権

佐賀北高(佐賀)

佐賀北高関連ニュース

▼全国大会日程
1回戦 vs各務原高(岐阜)
■出場回数
5年ぶり7回目

■監督
小比賀徹二

■主将
GK菊池遼介

■今季成績
[総体](県4強)
準決勝 0-1 佐賀東高
[リーグ戦]
県1部リーグ3位(13勝1分4敗)
[新人戦]
県優勝、九州GL敗退

■予選成績
2回戦 4-0 致遠館高
3回戦 5-0 唐津西高
準々決勝 5-0 龍谷高
準決勝 2-1 佐賀東高
決勝 2-0 佐賀商高

■都道府県予選決勝布陣&レポ
[4-4-2]
  轟木雄基 前山紘輝
大島圭二      堀西亮太
  松本稜平 中島惇貴
高木賢道      上瀧悠輔
  中島弘人 渋田貴文
    菊池遼介
[レポート]
 コンパクトな陣形、献身的なプレスバックで相手にリズムを与えず、キープ力の高いFW轟木雄基らがシュートへ持ち込む佐賀北に対し、佐賀商は攻撃が単発になっていたが、それでもFW松尾明篤がインターセプトからクロスバー直撃の右足シュートを放つなどチャンスをつくる。だが佐賀北は後半26分、右サイドへ展開するとMF堀西亮太が1タッチでアーリークロス。これを交代出場のFW古川晃太郎が頭で押し込んで先制する。さらに27分にも右サイドから攻撃から追加点を奪う。攻撃参加した右SB上瀧悠輔のアーリークロスを堀西が右足で合わせて2-0とした。佐賀商も最後まで走りきって反撃したが、佐賀北が2-0で勝利。5年ぶりの優勝を果たした。


■チーム紹介
底力を示して初の8強、その先へ
 佐賀北高と佐賀商高、佐賀東高、佐賀学園高の4校の間で分けあってきた選手権佐賀代表校の座。今年度は佐賀北が5年ぶりに頂点に立った。佐賀商との決勝では優勢に試合を進めながらも1点を奪えない苦しい展開。それでも焦れずに攻め続けて特長であるサイド攻撃から2点を奪って勝利した。試合後のインタビューで小比賀徹二監督は「選手の底力に感動を覚えた」と目を細めていたが、取り組んできたことを出しきって奪った頂点。初のベスト8、それ以上を目指して全国を戦う。守備の柱・GK菊池遼介が「しっかり前線からの守備をいかして頑張っていきたい」と語るように、運動量多く前線から相手にプレッシャーをかけて流れを掴む。そして右のスピードあるMF堀西亮太と推進力が魅力のSB上瀧悠輔、左の技巧派MF大島圭二とパンチある左足を持つSB高木賢道の両翼のチャンスメークからFW轟木雄基ら多彩なFW陣がゴールを破る。全国舞台でも堅守と底力を示して勝ち上がる。

高校サッカー漫画『DAYS』の主人公、“泥臭くチームのために献身的に走る”1年生FW柄本つくしのような選手たちを川端暁彦氏がピックアップ!
■[DAYS×ゲキサカ連動企画]全48出場校の「つくし」を探せ!
佐賀北の「魂」体現するSB
DF上瀧悠輔(3年)
「伝統的にハードワークと献身性を重んじるスタイルの佐賀北だが、その『魂』を体現する存在だ。ハードに上下動しながら、相手のドリブルには必死に食らい付く。ヘディングも強く、ゴール前でも体を張る。さらにゲームキャプテンとしてピッチ上の指揮官ともなる」

■編集部イチオシ選手
右サイド切り裂く俊足アタッカー
MF堀西亮太(2年)
「一瞬のキレ味でマークを外して高精度のクロスボールを放り込む。また長い距離を駆け上がってエンドラインまで切れ込み決定的なラストパスを供給、シュートシーンにも絡むワイドアタッカー」

■注目選手
FW轟木雄基(2年)
└懐深いボールキープでタメをつくり、フィニッシャーとしても躍動
DF中島弘人(3年)
└パートナーのCB渋田貴文とともにゴール前で砦を築く。空中戦と対人プレーで特に力を発揮する178cmCB

■過去の全国大会成績
【10年度(1回戦敗退)】
1回戦 0-2 尚志高(福島)
【07年度(3回戦敗退)】
2回戦 1-0 中京大中京高(愛知)
3回戦 1-3 東福岡高(福岡)
【02年度(1回戦敗退)】
1回戦 2-3 青森山田高(青森)
【00年度(1回戦敗退)】
1回戦 1-2 水戸短大附高(茨城)
【99年度(2回戦敗退)】
2回戦 0-2 静岡学園高(静岡)
【71年度(2回戦敗退)】
1回戦 2-0 浦和市立高(埼玉)
2回戦 0-1 大分工高(大分)

■登録メンバーリスト
※判明後に更新

▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ

仙台MF藤村が契約更新、コーチ2人は退任しアカデミーへ

元の記事へ移動

仙台MF藤村が契約更新、コーチ2人は退任しアカデミーへ
 ベガルタ仙台は27日、MF藤村慶太と来季の契約を更新したと発表した。藤村は今季のJ1リーグで5試合、ナビスコ杯で3試合に出場。JリーグU-22選抜の一員としてJ3でも3試合に出場した。

 仙台はまた原崎政人コーチ、高橋範夫GKコーチが今季限りで退任し、それぞれ仙台のアカデミースタッフとアカデミーGKコーチに就任すると発表した。

●2016年Jリーグ移籍情報

天皇杯・FC東京戦。寿人の役割の変化。

元の記事へ移動

26日(土)に開催されました
天皇杯準々決勝・FC東京戦
延長120分間戦い抜いて、1-2で
見事に逆転勝利いたしました


得点は2得点とも浅野がヘディングで
決めてくれました。

天皇杯の延長戦といえば、2013年シーズンの
ヴァンフォーレ甲府戦、昨日と同じくFC東京戦を
思い出します。

あの時は2試合連続でPK戦までもつれ込み、なんとか
決勝まで行きましたが、さすがに力尽きた感がありました。

昨日は生中継がなかったので、自宅に帰って録画放送を
見ましたが、明らかに2013年の延長戦とは一線を画して
いましたね。

2013年は甲府戦で得点して以降延長戦も含めて、
とにかく得点できそうな雰囲気がなく、
守備の堅さでなんとかPK戦まで持ち込んだ印象でしたが、
昨日は相手が一人少ないのもあるのかもしれませんが、
守備の堅いFC東京が決壊するのが時間の問題のような
雰囲気での試合運びとなっていました。

チャンピオンシップクラブワールドカップの連戦後にも
関わらず、これほどまでのパフォーマンスを出すことができる
選手達に成長しているのを、とても実感できました。

そして気になったのは寿人の役割の変化です。
先発でなかったからかもしれませんが、
この試合では明らかに浅野に得点させようとボールが
集まっていましたね。
寿人に求められる役割が「得点」から、「得点を引き出す」
役割に変化しているように感じました。

寿人をディフェンスからマークさせて、浅野他の選手で
得点というパターンですね。

浅野がここまで得点を重ねてくると、来シーズンからは
その役割を顕著に求められるようになるのかもしれません。

さて天皇杯・準決勝の相手は、ガンバ大阪
チャンピオンシップの時とは逆に、中2日で今度はこちらが
連戦の中での対戦となりました。

塩谷の出場停止やコンディションの問題で、今回もメンバーは
かなり変更せざるを得ませんが、1月1日の決勝戦目指して
やってくれるものと期待します。