新潟DF舞行龍が入籍を発表「さらに身を引き締めて」

元の記事へ移動

新潟DF舞行龍が入籍を発表「さらに身を引き締めて」
 アルビレックス新潟は21日、DF舞行龍ジェームズが同日、一般女性と入籍したことを発表した。

 舞行龍はクラブを通じて「このたび以前からお付き合いしていた女性と入籍しました。これからさらに身を引き締めてがんばりたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」とのコメントを発表した。

石?信弘監督 2016シーズンの指揮について

元の記事へ移動

この度、モンテディオ山形の石?信弘監督が2016シーズンも引き続き監督として、指揮を執ることとなりましたのでお知らせします。石?信弘監督プロフィール生年月日:1958年3月14日(57歳)出身地:広島県広島市選手歴:広島県立広島工業高校→東京農業大学→東芝ライセンス:

石?信弘監督 2016シーズンの指揮について

元の記事へ移動

この度、モンテディオ山形の石?信弘監督が2016シーズンも引き続き監督として、指揮を執ることとなりましたのでお知らせします。石?信弘監督プロフィール生年月日:1958年3月14日(57歳)出身地:広島県広島市選手歴:広島県立広島工業高校→東京農業大学→東芝ライセンス:

C・ロナウドへの信頼を語るベニテス「彼はペレに匹敵する」

元の記事へ移動

C・ロナウドへの信頼を語るベニテス「彼はペレに匹敵する」
 UEFAチャンピオンズリーグは21日、グループリーグ第3節を行い、A組ではともに開幕2連勝中のレアル・マドリー(スペイン)とパリSG(フランス)が対戦する。

 敵地に乗り込むレアルのラファエル・ベニテス監督はパリSGについて「パリは近年の国内タイトルを独占し、フランス最強の座に君臨している」と警戒。難しい試合になるとの認識を示した。『UEFA.com』が指揮官のコメントを伝えている。

「(パリSGは)非常に能力の高い選手を数多く獲得しているので、今回の対戦がとても楽しみだね。偉大なチームとの素晴らしい試合になる要素がそろっている。実力伯仲の好ゲームになるだろう」

 今月10日に行われたEURO予選のブルガリア戦で右内転筋を負傷したクロアチア代表MFルカ・モドリッチが遠征メンバーに入った一方、長期離脱中のMFハメス・ロドリゲスのほか、今月の代表戦で負傷したFWカリム・ベンゼマとMFガレス・ベイルは欠場する。

 攻撃の中心選手が不在となるが、指揮官はサッカーの王様、元ブラジル代表のペレ氏の名を挙げ、FWクリスティアーノ・ロナウドへの絶大な信頼を口にした。

「数選手が負傷しているのは事実だが、レアル・マドリーには欧州最高、あるいはサッカー史上最高と言ってもおかしくないFWがいる。彼(C・ロナウド)はペレに匹敵する存在だよ」

●欧州CL15-16特集

【J2 昇格争い】セレッソが自動昇格圏争いから脱落しそう【残り5試合】

元の記事へ移動

 

J2は残り5試合となりました。

f:id:nvtomo:20151020222732p:plain

 

■自動昇格圏

大宮がまさかの連敗を喫して2位磐田との勝ち点差が6に縮みました。

優勝争いはわからなくなりましたが、自動昇格圏はまだ安泰と言えるかと思います。

まあさすがに次も負けるようだとわからなくなりますが。。。

逆に4位セレッソは2位と勝ち点差7に広がり自動昇格圏争いから脱落しかけています。

 

プレーオフ

5、6位を争う戦いが熾烈を極めてきました。

とは言えどのチームもあまり勝ち点伸ばせていない現状でどんぐりの背比べ状態になってます。

表には載せてませんが、3連勝で9位に浮上した熊本にもチャンスはあるかと思います。

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログへ

 

PSG監督、C・ロナウドは「宇宙人のような2選手の1人」

元の記事へ移動

PSG監督、C・ロナウドは「宇宙人のような2選手の1人」
 UEFAチャンピオンズリーグは21日、グループリーグ第3節を行い、A組ではともに開幕2連勝中のパリSG(フランス)とレアル・マドリー(スペイン)が対戦する。

 レアルをホームに迎えるパリSGのローラン・ブラン監督は「このクラブの名誉のためにも特別な試合になる。我々が戦う相手は、欧州で最も偉大なクラブの一つだ」と、大一番を控えた心境を語った。『UEFA.com』が指揮官のコメントを伝えている。

「両チームを比較した場合、同じ立場にあるなどと言うことはできない。彼らのトロフィールームを見れば一目瞭然だ。マドリーは欧州のトップクラブで、パリはまだその域に達していない」

 欧州を代表するビッグクラブをリスペクトしながらも「それでも勝算はある」と言い切る。「なぜなら我々のホームゲームであり、このチームにはクオリティーの高い選手がそろっているからだ」。自信の根拠として挙げたのが、昨季の欧州CLグループリーグでバルセロナ(スペイン)と対戦し、ホームで3-2で勝利した経験だ。

「昨シーズンは、欧州屈指の強豪であるバルセロナを倒している。相手に敬意を払う必要はあるが、我々ならやれるという自信もある」

 指揮官はレアルのエースであるFWクリスティアーノ・ロナウドにも言及。「これまでに彼が残してきた数字を見てもらいたい。現代サッカー界で輝きを放つ、宇宙人のような2選手の1人だよ」と、FWリオネル・メッシ(バルセロナ)と双璧をなすポルトガル代表FWを警戒しながらも、特別な対策は考えていないようだ。

「スピードやドリブル、さらにゴールのすべてにおいて突出しており、言うまでもなくしっかりとしたケアが必要になる。ただ、特別な対策は用意していない。常に目を離さないようにするしかない」

●欧州CL15-16特集

PSG監督、C・ロナウドは「宇宙人のような2選手の1人」

元の記事へ移動

PSG監督、C・ロナウドは「宇宙人のような2選手の1人」
 UEFAチャンピオンズリーグは21日、グループリーグ第3節を行い、A組ではともに開幕2連勝中のパリSG(フランス)とレアル・マドリー(スペイン)が対戦する。

 レアルをホームに迎えるパリSGのローラン・ブラン監督は「このクラブの名誉のためにも特別な試合になる。我々が戦う相手は、欧州で最も偉大なクラブの一つだ」と、大一番を控えた心境を語った。『UEFA.com』が指揮官のコメントを伝えている。

「両チームを比較した場合、同じ立場にあるなどと言うことはできない。彼らのトロフィールームを見れば一目瞭然だ。マドリーは欧州のトップクラブで、パリはまだその域に達していない」

 欧州を代表するビッグクラブをリスペクトしながらも「それでも勝算はある」と言い切る。「なぜなら我々のホームゲームであり、このチームにはクオリティーの高い選手がそろっているからだ」。自信の根拠として挙げたのが、昨季の欧州CLグループリーグでバルセロナ(スペイン)と対戦し、ホームで3-2で勝利した経験だ。

「昨シーズンは、欧州屈指の強豪であるバルセロナを倒している。相手に敬意を払う必要はあるが、我々ならやれるという自信もある」

 指揮官はレアルのエースであるFWクリスティアーノ・ロナウドにも言及。「これまでに彼が残してきた数字を見てもらいたい。現代サッカー界で輝きを放つ、宇宙人のような2選手の1人だよ」と、FWリオネル・メッシ(バルセロナ)と双璧をなすポルトガル代表FWを警戒しながらも、特別な対策は考えていないようだ。

「スピードやドリブル、さらにゴールのすべてにおいて突出しており、言うまでもなくしっかりとしたケアが必要になる。ただ、特別な対策は用意していない。常に目を離さないようにするしかない」

●欧州CL15-16特集