アジア、そして世界を経験した濃厚な1年…岡山MF矢島は最後を笑顔で飾れず(12枚)

元の記事へ移動

攻撃の中心として中盤に君臨したMF矢島慎也
[12.4 J1昇格プレーオフ決勝 C大阪1-0岡山 金鳥スタ]

 J1昇格プレーオフ決勝が4日にキンチョウスタジアムで行われ、4位セレッソ大阪が6位ファジアーノ岡山を1-0で下し、3年ぶりのJ1復帰を果たした。

●2016 J1昇格プレーオフ

<蹴球日本を考える>なぜ浦和レッズは“勝負弱い”ままなのか?

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/04(日) 21:44:13.94 ID:CAP_USER9.net

「勝負強いチームが勝負弱いチームに勝った」という図式。
 
チャンピオンシップの3試合は、いずれもアウェーチームが勝利を収め、最後に年間3位の鹿島がシャーレを掲げることになった。
埼玉スタジアムでの最終決戦は、鹿島が勝ったというより、浦和が負けた試合のように見えた。
 
敵の甘いマークに助けられ、幸先よく7分に先制したが、浦和らしい攻撃的な試合運びができなかった。
最終ラインに5人が並ぶ受け身の時間が長く続き、敵陣でのプログラムされたような緻密なパス回しは陰を潜めた。
 
今季の浦和は守備が確実に向上したが、それはボールを失った直後の囲い込みが機能したからだ。
受け身の試合運びができるようになったわけではない。そうしたいつもと違うリズムの中で、手痛いミスがふたつの失点の呼び水となった。
 
ひとつは遠藤康に背後を取られた宇賀神の、中途半端なポジショニングと応対。もうひとつは判断ミスから鈴木優磨に裏を突かれ、PKを招いた槙野のプレーだ。
今季の浦和では、ちょっと想像できないミス。だが、それが出てしまったのは、いつもの試合ができていなかったからだ。
 
後半、状況を好転させようとペトロヴィッチ監督は積極的に交代のカードを切ったが、こちらも機能しなかった。
高木を青木に代えた最初の交代の狙いは、いうまでもなく守備を安定させるため。だがこれも受け身だし、パスの精度やリズムが落ちたことで、ボールを回しながら時間を稼ぐことができなくなった。
 
交代策では、鈴木を右サイドに投入して一気に攻勢をかけた石井監督の勝ち。ペトロヴィッチ監督は攻撃的で面白いサッカーをするが、交代は上手くない。
鹿島が勝って浦和が負けたチャンピオンシップは、ひと言でまとめると「勝負強いチームが勝負弱いチームに勝った」となる。
 
ひとや組織は、周りが抱くイメージに無意識に応えようとするものだ。もちろん例外はあるが、できる子だと思われれば期待に応えようとするし、反対にできないと思われると、ほどほどのところに甘んじてしまう。
鹿島の勝負強さも、浦和の勝負弱さも、この周りが抱くイメージと決して無縁ではないはずだ。
 
今季の浦和はルヴァンカップを制し、年間1位になったものの、敗者としてシーズンを終えることになった。
勝負弱い浦和の伝統、これを払拭するのは容易ではない。

取材・文:熊崎 敬(スポーツライター)

SOCCER DIGEST Web 12/4(日) 16:44配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161204-00021008-sdigestw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20161204-00021008-sdigestw-000-view.jpg


【サッカー】<JリーグCS決勝>鹿島アントラーズ、2試合合計2-2 アウェーゴールで浦和を上回り7年ぶり8回目の優勝!★8
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1480840623/
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1480855453
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<プレミアリーグ>「今の吉田麻也はワールドクラス」 日本代表DFにポルトガル代表・フォンテ超えの評価も!

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/05(月) 11:48:07.19 ID:CAP_USER9.net

サポーターからは吉田に高い評価

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也にとって厄介なのは、ポルトガル代表のジョゼ・フォンテとオランダ代表のフィルジル・ファン・ダイクのセンターバックコンビだ。2人ともビッグクラブから注目されるほど優秀なセンターバックで、吉田は彼らに次ぐ3番手との立ち位置だ。しかし、その状況が変わりつつあるのかもしれない。

サウサンプトンは3日にクリスタル・パレスと対戦し、0-3で敗れた。この試合でもフォンテとファン・ダイクが揃って先発しているが、英『Daily Mail』はフォンテにチームで2番目に低い5・5点の厳しい評価を下している。サポーターもフォンテのパフォーマンスには納得していないようで、一部のサポーターからは3番手の吉田をスタメンに推す声も挙がっている。

「吉田はフォンテより上手くプレイしている。彼が上に立つべきだ」

「フォンテの移籍を気にすることはない。吉田はオールラウンドの良い選手だ」

「今の吉田はワールドクラスだ」

など、今季カップ戦を中心に好パフォーマンスを見せている吉田を評価する意見が出ている。吉田は主に国内カップとヨーロッパリーグでプレイしているが、先日2-0で勝利したアーセナル戦でも評価は高かった。フォンテにはマンチェスター・ユナイテッドが興味を示しているとも言われるが、今の状態の吉田がいれば問題ないと見ているサポーターもいるようだ。

果たして吉田がフォンテからスタメンを奪い取る時は訪れるのか。ファン・ダイクの評価は相変わらず高いが、ファン・ダイク&吉田のコンビに切り替わる日がくるかもしれない。

theWORLD(ザ・ワールド) 12/5(月) 10:30配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00010003-theworld-socc
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1480906087
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

株式会社Cygamesがサガン鳥栖&鳥栖市をテーマにしたコーポレートCMを公開 藤井フミヤさんが楽曲提供

元の記事へ移動

01サガン鳥栖のスポンサーを務める株式会社Cygames(サイゲームス)は5日、サガン鳥栖および鳥栖市をテーマにしたコーポレートCM「日々は、ゲームのために」篇の公開を発表しました。 このCMは5日放送のテレ朝系「やべっちF ... 続きを読む→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

セレッソ大阪が来シーズン終了後にキンチョウスタジアムを拡張へ 2年間かけて4万人規模に改修

元の記事へ移動

01けさのスポーツニッポンは、セレッソ大阪が来シーズン終了後に本拠地のキンチョウスタジアムの改修工事を始めることを伝えています。 工期は2年間で、それに伴い2018、2019シーズンはヤンマースタジアム長居のみを使用すること ... 続きを読む→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

松本山雅FC、反町康治監督の来季続投が決定 「勝ち点1の重みを認識した中でチャレンジをしていく」

元の記事へ移動

00松本山雅FCは5日、反町康治監督が来季も指揮を執ることを発表しました。2012シーズンに松本山雅FCの監督に就任した反町監督、来季で6シーズン目の長期政権となります。 [松本公式]2017シーズン トップチーム監督につい ... 続きを読む→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

◆J小ネタ◆C大阪ゴール裏ゲーフラ『2018ASIA』とは???

元の記事へ移動

453: U-名無しさん@実況・\(^o^)/ 2016/12/04(日) 17:39:18.24 ID:u4RfQixkd no title



「2018ASIA」とは

引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart8357

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)