◆悲報◆練習試合で移動の香川真司さん、表情が冴えない(´・ω・`)

元の記事へ移動

965: 名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/ 2016/07/14(木) 21:07:48.51 ID:12tlTk7q0 Der BVB auf dem Weg ins Trainingslager nach Kirchberg
http://www.ruhrnachrichten.de/sport/bvb/bilder/cme190675,5789074

no title

no title

引用元: 【BVB09】Borussia Dortmund 595【㌦㌦㌦】

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

◆画像◆ドル復帰の噂のマリオ・ゲッツェが丸坊主にした結果www

元の記事へ移動

76: 名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/ 2016/07/11(月) 22:13:14.23 ID:5rQAU57Dp no title


ゲッツェを寛大な心で受け入れてやろう

引用元: 【BVB09】Borussia Dortmund 595【㌦㌦㌦】

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

ゲキサカ秘蔵写真[2009.7.15]内田篤人(鹿島)

元の記事へ移動

ゲキサカ秘蔵写真[2009.7.15]内田篤人(鹿島)
[写真]完封勝利に貢献したGK曽ヶ端準とDF内田篤人

【2009年7月15日】7/15[ナビスコ杯]鹿島1(vs.川崎F)
[7.15 ナビスコ杯準々決勝第1戦 鹿島1-0川崎F カシマ]

 ナビスコ杯準々決勝第1戦が15日に行われ、カシマスタジアムでは鹿島アントラーズ川崎フロンターレが対戦。鹿島がMF小笠原満男のゴールで1-0の勝利を収めた。

その他の写真はこちらから↓
7/15[ナビスコ杯]鹿島1(vs.川崎F)
7/15[ナビスコ杯]鹿島2(vs.川崎F)
7/15[ナビスコ杯]鹿島3(vs.川崎F)
7/15[ナビスコ杯]鹿島・小笠原特集(vs.川崎F)

 ゲキサカは2016年4月17日でサイト開設から10周年を迎えました。この10年でサイト内に蓄積された写真は実に30万枚以上。過去の秘蔵写真の中から毎日1枚ずつ選んで紹介する10周年特別企画「●●年の今日の1枚…30万枚のアーカイブから選んだ秘蔵写真」をお届けします。
※選手名やチーム名の表記、肩書、所属チーム等は掲載当時のもの

【Jリーグ】 かっこいいJリーガー(1位から30位まで)~6位は谷口彰悟、5位は中澤佑二、4位は大久保嘉人、3位は槙野智章、2位と1位は・・・。~ (上)

元の記事へ移動

■ 『かっこいいと思うJリーガーは誰ですか?』今年の2月に発売されたエル・ゴラッソの2016年のJリーグの選手名鑑は史上最多となる2,435名のJリーガーが掲載されている。全

【J1・2nd第03節_vs鳥栖(H)】 『角砂糖』×0-2

元の記事へ移動

キックオフから数分で異常を感じる。何やらピッチ上の選手にまとまりを感じない。守備がほとんど形にならないまま、先制点を取られた前半15分までに、他の致命的なピンチが2回もあった。あっという間に0-3になってしまわなかったのは、ただの幸運でしかなかった。 それでも前半を最小失点で食い止められていたのは、先制した鳥栖が無理しなかった事と、ツボさんと村山の奮闘があってこそ。特にツボさんは、空回りするスタメンのフィールドプレーヤーの中で、唯一輝いていた。大ベテランはパフォーマンスが安定しているのが素晴らしい。 先制を許してから4バックにしてようやく最終ラインの守備が落ち着いたかと思えば、今度は攻撃がどうにもならない。競り合いで負け、ビルドアップの精度で負け、侵攻スピードで負けた。中盤から前は、誰が悪いという話ではなくどこからもストロングを感じなかった。 いざボールを奪って「さぁここからだ!」ってところで簡単にボールロスト。サイドチェンジできたのにそこからの攻撃が遅い。あまりにゴールに迫るイメージがわく展開が少なすぎた。結局シュートは鳥栖の半分以下で枠内ゼロという有り様では、どうにもならない。 監督の言葉を借りるなら『前半の入り方、あんなに悪い入り方するのは、今シーズンも昨シーズンも合わせて初めてかもしれない』。前節からの流れが見事に断ち切られてしまった。しかも相手にしてやられたのではなく、ほぼ自滅なのだから情けないことだ。 ただ、光明が無かったわけでもない。後半になって投入された長谷川アーリアジャスールは、やはりギアチェンジ役にはうってつけで、この日も違いを見せられる存在感を示した。ウェズレーも持ち味が出せるようになってきた。ひとつのゴールで勢いに乗れる可能性はある。 一つの負けで下を向いてはいられないのだ。幸いにも、周りもコケてくれて年間順位は14位をキープできた。11位神戸/13位仙台と、直上の相手とのアウェイの連戦が続くのだから。 『湘南スタイル』は自分達本位のワガママなサッカーだ。こちらのアクションに相手をハメるためには、こちらが一定の以上の圧力を出せなければならない。この日みたいな「角砂糖にお湯をかけたかのような」甘くて脆い姿は、この日で最後にしたもらいたいところだ。 ちょっと時間の関係で、今回はここまで。週末の神戸戦は、初のノエスタ参戦で日曜夜開催ということもあり、2泊3日の今年最大規模(そして宿泊込みは今年最後の?)の遠征日程です。若干天気が心配ですが、試合も観光も楽しんできますよ。お土産は神戸牛と勝ち点3!

天然記念物、象潟(きさかた)

元の記事へ移動

松尾芭蕉が訪れた最北の地、象潟(きさかた)は、国の天然記念物にも指定されています。
その理由は、下の写真に記載されている通りです。

P1030656.jpg

火山活動と地震による土地の変化を示す自然記録として学術上の価値が極めて高いことがその理由です。
2500年前の鳥海山の巨大噴火で山体が崩れ、象潟、金浦、仁賀保には、その山体の一部が小山となって残っています。

P1030501.jpg

P1030509.jpg

また、象潟は元々海だったため、鳥海山の山体の一部は島々となって、象潟は宮城県の松島と並ぶ景勝地として知られることになったが、江戸時代の地震で隆起したことにより、現在のような陸地となりました。

火山活動により、至るところに小山と島々ができ、そして、その島々が地震で隆起して陸地となった珍しい場所。
それが、国道7号線沿いにある象潟(きさかた)です。

そして、象潟のシンボルとも言えるのが、蚶満寺(かんまんじ)とその周辺にある九十九島です。
九十九島は、文字通り昔は島々でしたが、今は水田の中にある丘になっています。

しかしながら、春の田植えの時期には、周りの水田に水が張られ、島だった当時の風景を偲ぶことができます。
春の田植えの時期の風景については、5月18日の記事をご覧ください。

逆さ鳥海と象潟の九十九島
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/blog-entry-1751.html

さて、先月の鹿児島戦@Aスタの前日に、再び象潟を観光してきましたので、今更ではありますが、記事にしたいと思います。

前回は、水の張られた田んぼに浮かぶ九十九島を紹介しましたが、今回は、蚶満寺(かんまんじ)の山門の中と、6月中旬の九十九島と、近くにある「道の駅 象潟 ねむの丘」の展望台から眺めた九十九島と鳥海山を紹介します。

P1030516.jpg

まずは、蚶満寺(かんまんじ)です。
蚶満寺は、西暦853年からある歴史あるお寺です。
前回は、蚶満寺の山門の外を紹介したので、今回は、山門の中を紹介したいと思います。

P1030515.jpg

山門の中には、何があるのでしょうか?
なお、ここからは拝観料が必要です。

P1030657.jpg
巨大な葉っぱを持つ芭蕉

P1030658.jpg
タブの木

P1030659.jpg
北条時頼公のつつじ

などがありますので、拝観料を払った上でご覧ください。

P1030514.jpg

なお、山門の外は、拝観料不要ですので、山門の外にある松尾芭蕉や西施の像は、無料で見ることができます。
さて、次は、九十九島の方に行ってみましょう。

P1030661.jpg

島だった時代のことを想像できますでしょうか?
また、今回は、九十九島の島のひとつに上ってみました。

P1030660.jpg

中々いい眺めですね!
上って良かった!!

次は、蚶満寺の近くにある「道の駅 象潟 ねむの丘」の展望台から眺めた九十九島と鳥海山を紹介します。

P1030662.jpg

P1030664.jpg

また、展望台から見えるのは、鳥海山と九十九島だけではありません。

P1030663.jpg

展望台からは、きれいな海と砂浜も見えます。
海と山の両方を見られるのが、象潟の良いところです。
海は、大浴場からも見ることができます。

P1030665.jpg

また、「道の駅 象潟 ねむの丘」には、ブラウブリッツのグッズやブラウブリッツの日本酒「青い稲妻」も購入することが出来ます。
国道7号線を通ってAスタに参戦するアウェイサポーターの皆さん、是非、秋田に行く途中にある象潟、仁賀保にお立ち寄りください。

P1030501.jpg

P1030662.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

[1767号](表紙)特別な存在感(裏表紙)水無月の十一傑

元の記事へ移動

17671767-h4

[2016年7月15日発売 エルゴラッソ1767号]

J1・2nd第3節・横浜FM vs 神戸 マッチレポート

横浜FMが紡いだドラマチックな逆転劇


J1・2nd第3節・川崎F vs 新潟 マッチレポート

川崎劇場2016・夏の主役は次代を担う力


月間EGアワード 6月

6月のMVPは鹿島、逆転優勝の立役者・土居


**************************INDEX****************************
[明治安田J1・2nd第3節 マッチレポート]

■仙台 vs 浦和
鬼門突破。二つの壁を乗り越えたミシャレッズ

■鹿島 vs 名古屋
プラチナ世代がけん引。鹿島が少し先の未来を見せる

■甲府 vs 磐田
攻め続けた磐田。それでも甲府の堅い砦は落ちず

■福岡 vs FC東京
FC東京にまたもやロスタイムの悪夢

■柏 vs 広島
打ち合いになった要因は後半の戦い方

■湘南 vs 鳥栖
気持ちの入った立ち上がりを見せた鳥栖に軍配

■大宮 vs G大阪
酷暑の厳しい条件下でも両者崩れず

[明治安田J1・2nd第4節 プレビュー]

■浦和 vs 大宮
浦和の6連勝か、大宮の雪辱か

■甲府 vs 鹿島
鹿島、浦和戦に向け3連勝ではずみをつける

■神戸 vs 湘南
神戸に求められる、試合運びの見直し

■磐田 vs 川崎F
いまの川崎Fには、負傷者続出も関係なし

■FC東京 vs 柏
苦しむ城福トーキョー、心理的にも厳しい一戦

■新潟 vs 仙台
3連敗中の新潟、仙台撃破で仕切り直しを

■G大阪 vs 福岡
青黒、上位追走へ。取りこぼしは許されず

■広島 vs 横浜FM
異国に旅立つ若人を広島は勝利で送り出す

■鳥栖 vs 名古屋
鳥栖は名古屋を倒し、本物の上昇気流に乗る

[明治安田J2第23節 プレビュー]

■岡山 vs 札幌
岩政不在の岡山。首位・札幌とどう戦う?

■水戸 vs 岐阜
水戸は積極的な守備を継続したい

■横浜FC vs 熊本
熊本、連敗を止め5試合ぶり勝利へ

■讃岐 vs 山口
守の讃岐、攻の山口。構図は明快

■徳島 vs 京都
夏に強い徳島。浮上の狼煙を上げる

■北九州 vs 松本
大敗後の北九州。テーマは原点回帰

■長崎 vs 東京V
今季初の連勝を狙う両チーム

■金沢 vs 山形
山形はベースの部分を取り戻せるか

■愛媛 vs 清水
勝負を終盤に持ち込みたい愛媛

■町田 vs 千葉
結果が必要。千葉は不格好でも勝ちに行く

■群馬 vs C大阪
C大阪、トップ下の人選は流動的。玉田か丸岡か


《エル・ゴラッソは、PC、スマホでも読める♪》
①fujisan…日本最大級の電子書籍サイト
http://www.fujisan.co.jp/product/1281692744/
②honto…電子書籍と紙のハイブリッド型総合書店
http://honto.jp/ebook/pd-series_B-900085-000000-11110022.html

[親善試合 2016] FVイラーティッセン vs FCアウクスブルク

元の記事へ移動

2016年07月13日に行なわれた「プレシーズンマッチ」(親善試合)、FVイラーティッセン(ドイツ4部)対FCアウクスブルク(ドイツ1部)のYouTube速報動画です。 試合は、アウクス […]

続きを読む