欧州遠征中のU-15日本代表、2連勝でグループリーグ首位突破!!

元の記事へ移動

 欧州遠征中のU-15日本代表は26日、第13回デッレナツィオーニトーナメント(オーストリア)第2戦でU-15メキシコ代表と対戦(35分×2本)し、2-1の勝利を収めた。24日に行われた初戦でU-15ノルウェー代表に4-3で勝利していたU-15日本代表は2連勝を飾り、グループリーグ首位を確定させて準決勝進出を決めた。

 日本サッカー協会(JFA)によると、序盤から積極的に攻撃を仕掛けるU-15日本代表は、前半7分に左サイドでボールを受けたFW西川潤選が相手DFをかわすとGKとの1対1を制して先制ゴールを奪取する。

 前半12分にクリアボールを相手FWに拾われて同点ゴールを決められながらも、後半に入っても優位に試合を進めると、後半15分にMF食野壮磨とのパス交換から攻め上がったMF瀬畠義成がネットを揺らして勝ち越しに成功。その後、追加点こそ生まれなかったものの、GK高山汐生を中心とした守備陣がU-15メキシコにゴールを許さずに2-1の勝利を収めた。

 2連勝を飾ったU-15日本代表は、27日に行われる第3戦でU-15オーストリア代表と対戦する。

日本の出場メンバーは以下のとおり
GK:高山汐生
DF:熊田柊人、岩井龍翔司、井上樹、西尾隆矢
MF:山本理仁(61分→栗原イブラヒムジュニア)、瀬畠義成、松本凪生、食野壮磨(69分→山崎大地)
FW:ブラウンノア賢信(43分→山崎稜介)、西川潤

[控え]
GK:鈴木彩艶
DF:遠藤海斗、狩野奏人、石田凌太郎
MF:山田楓喜、小田裕太郎

5/8(日)トレーニングゲームvsVONDS市原FCについて

元の記事へ移動

ジェフユナイテッド市原・千葉では、5月8日(日)に市原市を拠点として活動しているVONDOS市原FCとゼットエーオリプリスタジアムでトレーニングゲームを実施いたしますのでお知らせいたします。また、トレーニングゲームに出場しないメンバーも同会場でトレーニングを実施いた

5月のトレーニングスケジュールについて

元の記事へ移動

5月1日(金)〜31日(土)までのトップチームトレーニングスケジュールが決まりましたので、お知らせいたします。 スケジュールは急きょ変更になる場合がございます。変更があった場合には、ジェフユナイテッド千葉オフィシャルサイトのスケジュールページにてお知らせいたします

[CL]バイエルンのスペイン人4選手がアトレティコを警戒…J・マルティネス「一番試合をしたくない相手」

元の記事へ移動

[CL]バイエルンのスペイン人4選手がアトレティコを警戒…J・マルティネス「一番試合をしたくない相手」
 バイエルンは27日、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝第1戦でアトレティコ・マドリーとアウェーで対戦する。バイエルンに所属するスペイン人4選手が、ビセンテ・カルデロンで戦う難しさを語っている。

 クラブ公式ウェブサイトによると、MFシャビ・アロンソ、MFハビ・マルティネス、MFチアゴ・アルカンタラ、DFファン・ベルナトの4選手はアトレティコへの警戒を強めているようだ。

 J・マルティネスが「アトレティコは一番試合をしたくない相手だった。彼らの守備はヨーロッパでも最高のチームの一つだよ」と語れば、ベルナトも「チームとして守り、カウンターはとても危険だ。アトレティコは調子が良いし、とても強い相手だね」と同調。

 また、ビセンテ・カルデロンでの試合について、X・アロンソは「アトレティコのファンはとても大きな情熱でチームを支えている。あそこでの試合はいつも難しくなる」、アルカンタラは「ヨーロッパで雰囲気が素晴らしいスタジアムの一つだし、難しい試合になると分かっているよ」と語っている。

 ブンデスリーガ4連覇に王手をかけ、DFB杯でも決勝進出を決めているチームは、12-13シーズン以来となる3冠に向けて歩を進めている。果たして、敵地で大きなアドバンテージを得ることができるだろうか。


●ブンデスリーガ2015-16特集
●欧州CL15-16特集

松本DF安川が全治4週間、MF柴田が全治3か月の負傷

元の記事へ移動

[故障者情報]

 松本山雅FCは27日、DF安川有とMF柴田隆太朗の負傷を発表した。

 18日のトレーニングマッチで負傷した安川は、松本市内の病院で診察を受けて右ハムストリングス筋損傷と診断されて全治は約4週間。25日に松本市内の病院で手術を受けた柴田は、両膝骨軟骨損傷と診断されており全治まで約3か月と発表されている。