自力V消滅で大の字に…大久保「みんなプレッシャーに弱い」

元の記事へ移動

自力V消滅で大の字に…大久保「みんなプレッシャーに弱い」
[6.18 J1第1ステージ第16節 福岡2-2川崎F レベスタ]

 大の字に倒れ込んだ。勝てば第1ステージ優勝が決まる可能性もあった試合で最下位・福岡相手に2-2の痛恨ドロー。首位から陥落し、自立優勝も消滅した川崎フロンターレのFW大久保嘉人は試合後の整列の際、どこか苦笑いするように首を振った。

「痛いね、非常に痛い。試合の入りからダメだったし、いつものフロンターレみたいに点を入れられたからおかしいなって。みんな自信を持ってやっていなかった」

 前半9分、相手GKからのロングキック1本で先制点を献上。その6分後にもあっさりと2失点目を喫した。前半15分で0-2。いきなり2点のハンデを負った首位チームは前半42分にFW小林悠のループシュートで1点を返し、後半28分には大久保のPKで追いついたが、反撃もここまでだった。

 2点差を追いつく展開にも「追いついただけじゃ意味がない」と憤然たる表情を浮かべると、「2点追いついたとき、いつもなら絶対逆転できるなっていう雰囲気があるけど、今日はなかった」と言い切った。

 ここまで土壇場で勝負強さを発揮するなど首位を快走してきた川崎F。ところが、この大一番でまたしても詰めの甘さが出てしまった。大久保は「みんなプレッシャーに弱い。それはやっていてすごく感じた」と、優勝争いの重圧という精神面をその要因に挙げた。

 勝ち点を36に伸ばした鹿島が首位に立ち、川崎Fは勝ち点1差の2位で最終節を迎える。川崎Fはホームで大宮、鹿島はホームで福岡と対戦する。「まだ分からない。また福岡がやってくれるかもしれないし、まずは自分たちが勝つことに集中したい。ここで消滅したわけじゃない。俺たちはうまいんだって自信を持ってやりたい」。大久保はそう言い聞かせるように話した。

(取材・文 西山紘平)

●[J1]第1ステージ第16節 スコア速報

神戸・ネルシーニョ監督「忘れてはいけない教訓が残った」

元の記事へ移動

 明治安田J1第1ステージ第16節(18日、神戸1-2鹿島、ノエス)神戸は出だしから積極的に攻めて先制したものの逆転負け。ペドロジュニオールらが追加点機を逃したことで鹿島に流れを渡し、ネルシーニョ監督は「忘れてはいけない教訓が残った。チャンスを決めないチームは最後に負ける」と選手に奮起を求めた。

仙台・渡辺監督、4連勝に「成長をチームとして示すことができている」

元の記事へ移動

 明治安田J1第1ステージ第16節(18日、仙台2-1甲府、ユアス)仙台は前半の早い時間に失点したが、セットプレーと甲府守備ラインの裏を取る攻撃を繰り出し、疲弊させた。後半に入り、攻撃が消極的になった相手から2点を奪って今季初の逆転勝利に結び付けた。

甲府・佐久間監督「仙台の勢いを止めることができなかった」

元の記事へ移動

 明治安田J1第1ステージ第16節(18日、仙台2-1甲府、ユアス)甲府は前半4分にクリスティアーノのゴールで先制し、幸先よく試合を運んだ。しかし、前半でチュカを下げて後半開始からクリスティアーノをワントップに上げたことでカウンター以外の攻撃の形がなくなった。

G大阪・井手口が結婚&第1子誕生を発表 パパ初勝利はならず

元の記事へ移動

 明治安田J1第1ステージ第16節(18日、鳥栖2-1G大阪、ベアス)G大阪は鳥栖に1-2の逆転負け。U-23(23歳以下)日本代表候補のMF井手口陽介(19)が結婚していたことと、第1子となる長女が誕生していたことを明らかにしたが、勝利で飾ることはできなかった。

【Jリーグ第16節】サガン鳥栖-ガンバ大阪@ベアスタ

元の記事へ移動

【サガン鳥栖 2-1 ガンバ大阪】

原則、「1記事1テーマ」をモットーに試合レビュー記事を書いているのだけど、課題が多過ぎて何を書けばいいのか迷う。今節も「勝って→負けて」の流れを変える事は出来ず。前節が「らしい勝ち方」だったので、中2日でも同じメンバーにした意図は理解できる。ただ、先制して勝ちパターンになったはずなのに、豊田対策でもあっただろうジョンヤの競り負けをきっかけとした失点や、リードされてからも「らしい」無策ぶり、疲労感を隠しきれない試合展開・・・この敗戦には虚しさしか感じない。

奇しくも同節他会場では「ミシャ監督の三枚替え→敗戦」や「川崎の勝負弱さ」など≪繰り返す悲劇≫が話題になっていたけど、サポーター的にはこの手の負け方は次を見据える事ができなくて辛い。成長がないというか、改善がないというか。加えて、昨シーズンまでは敗戦時の健太監督インタビューでは苛立ちや怒りを隠しきれない様子だったのに今節では一種の諦めすら感じる雰囲気で白けた。

昨シーズンから+αを出すどころか、原点回帰すらままならない今のチームの未来は暗い。同一指揮官が率いるチームには賞味期限がある事を痛感する。例外もあるが、健太監督はそれに該当しない。賞味期限を延ばす策を持っていない。節を重ねる毎に戦うモチベーションを探す事が難しくなる後半戦は一体どうなるんだろうか。少しずつ死を待つような心境。「宇佐美移籍」が劇薬になればいいけど。

関連記事:【書評/読書感想】「通訳日記 ザックジャパン1397日の記録」(矢野大輔)



C大阪MF橋本が37歳28日でJ3最年長得点記録更新

元の記事へ移動

 J3リーグは18日、第13節1日目が行われ、セレッソ大阪U-23FC東京U-23に2-1で勝利した。この試合で先制点を挙げたMF橋本英郎が37歳28日でJ3リーグ戦最年長得点記録を更新した。

 以下、J3リーグ戦最年長得点記録

1.橋本英郎(C大23):37歳28日
2.高原直泰(相模原):36歳5か月11日
3.二川孝広(G大23):35歳9か月7日
4.深井正樹(相模原):35歳7か月18日
5.フェルナンジーニョ(鳥取):35歳2か月21日

名古屋・小倉監督、粘りきれず「歯がゆい」

元の記事へ移動

 明治安田J1第1ステージ第16節(18日、名古屋1-1柏、パロ瑞)名古屋はシモビッチがゴールを決めて先手を奪うも課題の守備陣が粘りきれなかった。小倉監督は「後半での失点が多すぎる。何が何でも結果がほしかったが、歯がゆい」と肩を落とした。