ドイツ激震…06年W杯誘致で不正疑惑が浮上

元の記事へ移動

ドイツ激震…06年W杯誘致で不正疑惑が浮上
 2006年のW杯誘致において、ドイツサッカー連盟(DFB)が国際サッカー連盟(FIFA)の役員を買収し、誘致を成功された可能性が浮上した。ドイツ紙『シュピーゲル』が報じている。

 同紙によると、DFBが当時のアディダス社CEO(最高経営責任者)のロバート・ルイ・ドレフュス氏から不正資金1300万マルク(当時レートで約9億円)を受け取り、これを4人のFIFA役員の買収に使用したという。

 この結果、2000年7月に行われた投票結果では、ニュージーランドのチャールズ・デンプシー氏が直前に投票を辞退したが、12-11の僅差で南アフリカに勝利し、ドイツが2度目となる開催地に決定した。

 その後、DFBはベルリンで開かれる開会式の費用として、FIFAに670万ユーロ(当時レートで約9億円)を入金した。しかし、これは不正を隠すためのものだったようで、開会式は中止となり、FIFAはその費用をDFBではなく、ドレフュス氏の口座に戻したという。

 また、このお金の動きを06年ドイツ大会組織委員長を務めたフランツ・ベッケンバウアー氏と、現DFB会長ボルフガング・ニールスバッハ氏も気付いていたと同紙は伝えたが、DFBは公式サイトを通じて声明を発表し、不正資金と買収行為を否定している。

1か月ぶり勝利に安堵…香川「そこが一番必要だった」

元の記事へ移動

1か月ぶり勝利に安堵…香川「そこが一番必要だった」
[10.16 ブンデスリーガ第9節 マインツ0-2ドルトムント]

 ブンデスリーガは16日、第9節1日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でマインツと対戦し、2-0で勝った。4試合ぶりの白星に香川は「良いゲームではなかったけど、しっかりと勝てたことが何より良かったと思う」と安堵の表情を浮かべた。

 開幕から公式戦11連勝を飾りながら、その後はELを含めて公式戦4試合勝ちなし(3分1敗)。前節のバイエルン戦は1-5の大敗を喫していただけに、どうしても勝利が欲しかった。

「今日はそこ(勝利)が一番必要だった。(リーグ戦で)3試合勝てていなかったので、チームとして嫌な流れもあったと思う。バイエルンにああいう負け方をしたので、そういう意味でもしっかりと自分たちは結果で示さなくてはいけなかった。みんながハードワークして勝ち切れたことが一番良かったと思う」

 序盤はホームのマインツの勢いに押される場面もあったが、前半18分にGKのロングキックからこぼれ球を拾ってMFヘンリク・ムヒタリアン、FWピエール・エメリク・オーバメヤンとつなぎ、最後はPA内でフリーになったMFマルコ・ロイスが左足でゴールに流し込んだ。

「難しい試合だったけど、何より先制点は大きかった」と振り返った香川は「相手がすごく良く守って、すごくプレスをハメ込んできた。なかなかキープすることができなかったけど、それは割り切るしかなかった。こういう試合もあるので、しっかりチームとして割り切って戦えたと思う」と指摘。「もちろん質を上げていかないといけないけど、今は勝てたことが良かったのかなと思う」と、9月20日のレバークーゼン戦(3-0)以来となる約1か月ぶりの勝利に胸をなで下ろしていた。

●欧州組完全ガイド
●ブンデスリーガ2015-16特集

2度の逸機を悔やむ武藤「FWとして決め切れるように…」

元の記事へ移動

2度の逸機を悔やむ武藤「FWとして決め切れるように…」
[10.16 ブンデスリーガ第9節 マインツ0-2ドルトムント]

 ブンデスリーガは16日、第9節1日目を行い、FW武藤嘉紀の所属するマインツはホームでドルトムントと対戦し、0-2で敗れた。武藤は1トップで先発したが、得点に絡めず、後半38分に交代した。

 2度の逸機を悔やんだ。前半6分、左サイドをオーバーラップしたDFピエール・ベングトソンの折り返しに走り込み、左足で合わせたが、シュートはミートし切れず、GKにキャッチされた。

「もう少し前にボールが来てくれれば最高だったけど、(クロスが)マイナスになってしまって、うまく当てることができなかった」

 立ち上がりの決定機の場面を振り返る武藤は「だけど、そういうズレは絶対に生じるし、すべてがすべて思いどおりのところにボールが来るわけではない。フォワードとして決め切れるようにしていかないといけない」と反省した。

 1点ビハインドで折り返した後半にもチャンスはあった。後半14分、MFユヌス・マリのラストパスに反応。DFマッツ・フンメルスと競り合いながらゴール前に抜け出し、フィニッシュにまで持ち込んだが、シュートは至近距離でGKに阻まれた。

「どこを狙えばいいか分からなかった。キーパーの位置も近かったし、(GKを)かわすべきだったのか、上をチップで狙うべきだったのか。もう一回しっかり(映像を)見直したい。どっちが正しかったか今は分からないけど、ああいうチャンスは少ないと思うので、ああいうのを入れていかないといけない」

 これで6試合連続のノーゴール。チームも最近4試合で3度目の無得点に終わり、1勝3敗と失速気味だ。1トップを任されている武藤は、自分自身の結果もチームの結果も出ない現状に責任を感じていた。

●欧州組完全ガイド
●ブンデスリーガ2015-16特集

10月18日(日)大分戦 当日券販売のお知らせ

元の記事へ移動

ジェフユナイテッド千葉では、10月18日(日)に行われる大分トリニータ戦の当日券を下記のとおり販売いたします。当日、チケット販売所は混雑が予想されます。また、キックオフ時刻直前の当日券のお買い求めはキックオフに間に合わない場合もございますのであらかじめご了承く

終了間際の痛恨の被弾…新潟Sは4戦ぶり白星ならず

元の記事へ移動

終了間際の痛恨の被弾…新潟Sは4戦ぶり白星ならず
[10.16 Sリーグ第22節 バレスティア・カルサ1-0新潟S]

 シンガポールリーグは16日、各地で第22節を行った。アルビレックス新潟シンガポールはホームでバレスティア・カルサと対戦し、0-1で敗戦。4試合ぶりの白星とはならなかった。

 第21節のウォーリアーズ戦がヘイズ(煙害)による大気汚染のため延期となり、1か月ぶりのリーグ戦となった新潟S。カップ戦を含めて今季6度目の対戦となるバレスティア・カルサに勝利し、優勝争いへ望みを繋げたいところ。新潟Sは前半24分、MF木暮郁哉のCKをファーサイドのDF斉藤孝裕が折り返し、最後はDF山田樹がシュートも相手GKにキャッチされた。

 前半26分にも遠い位置からMF水野輝が意表を突く無回転ミドルを放つもGKの正面。同36分には、木暮のパスで裏へ抜け出したFW井畑翔太郎が右サイドから折り返すと、水野がスライディングで合わせる。これは決定機だったが、相手GKのファインセーブで先制とはならず、前半をスコアレスで終えた。

 後半開始早々の3分にも新潟Sにチャンスを迎える。CKの流れから右サイドの斉藤が鋭いクロスを上げると、飛び込んだ井畑が完璧なタイミングでヘッドで合わせたが、ワンバウンドしてゴール上に外れる。同6分にも今季初先発のMF向井勇祐がダイビングヘッドを放つなど、新潟Sは後半開始から攻め立てた。

 しかし、均衡した状態が続いたが先制したのはバレスティア・カルサだった。後半43分、裏に飛び出した相手FWを新潟S守備陣が捕まえきれず突破を許し、先制のゴールネットを揺らされた。ワンチャンスをモノにされた新潟Sはそのまま0-1で敗れ、今季6敗目を喫した。なお、新潟Sの次節は、敵地で行われ、19日にハリマウ・ムダと対戦する。

(提供 アルビレックス新潟シンガポール)

G大阪vs浦和 スタメン発表

元の記事へ移動

[10.17 J1第2ステージ第14節](万博)
※14:00開始
主審:廣瀬格
副審:馬場規、植田文平
<出場メンバー>
[ガンバ大阪]
先発
GK 1 東口順昭
DF 22 オ・ジェソク
DF 3 西野貴治
DF 5 丹羽大輝
DF 4 藤春廣輝
MF 15 今野泰幸
MF 21 井手口陽介
MF 13 阿部浩之
MF 39 宇佐美貴史
MF 7 遠藤保仁
FW 24 赤嶺真吾
控え
GK 18 藤ヶ谷陽介
DF 14 米倉恒貴
DF 6 金正也
MF 17 明神智和
MF 19 大森晃太郎
FW 20 長沢駿
FW 9 リンス
監督
長谷川健太

[浦和レッズ]
先発
GK 1 西川周作
DF 46 森脇良太
DF 4 那須大亮
DF 5 槙野智章
MF 24 関根貴大
MF 8 柏木陽介
MF 22 阿部勇樹
MF 3 宇賀神友弥
MF 7 梅崎司
MF 19 武藤雄樹
FW 30 興梠慎三
控え
GK 15 大谷幸輝
DF 17 永田充
MF 14 平川忠亮
MF 16 青木拓矢
MF 33 橋本和
FW 21 ズラタン
FW 31 高木俊幸
監督
ペトロヴィッチ

▼関連リンク
[J1]第2ステージ第14節 スコア速報

親善試合 イラン戦雑感(短め) ~拮抗したと言って良い試合~

元の記事へ移動

日本のスタメンは、西川、酒井高徳、吉田、森重、米倉、長谷部、柴崎、本田、香川、宇佐美、武藤でいつもの4-2-3-1
イランのスタメンは、省略で、4-4-2
先日のシリア戦と異なるメンバーは、森重、米倉、柴崎、宇佐美、武藤。宣言通りほぼ50%の入れ替え。



イランが強かった。ビルドアップの精度も攻撃の精度も今までのワールドカップ予選の相手とは違っていた。
あと、昔のイメージと違って、結構前からプレスに来てたなぁという印象。

試合はというと、ざっくりいうと、ボールが飛び交う前半とボールが落ち着きそうで落ち着かない後半。
どっちも勝つチャンスがあったという意味では、妥当な引き分けという結果だと思う。
日本は、試したい選手や戦術(武藤右サイド)を一通りできてそうなのが収穫と言えば収穫。

■大まかな試合展開
序盤は、両陣営とも、はまりそうではまりきらないプレスと長いボールによるプレス回避とチャンスメイクとなった。
ちなみに、短いボールを使った攻めは、概ねカウンターの餌食となっていた。

10分頃から両チームとも、ビルドアップからの攻めも見られるようになるが、徐々に、日本が攻めて、イランがカウンターを狙う形に推移していく。

後半、立ち上がりにピンチを迎えるが、日本が攻めて、イランがカウンターを狙う構図、時々、イランビルドアップ失敗→日本のカウンター。
日本は、DFからの長いボールを右サイドへ入れて攻める形が多くなった。点が入ったのもこの形から。前半は特にこだわっていなかったので、前半の推移からなんかデータ分析でもしたのかな。
イランは、ビルドアップを色々と工夫(落としたり、開いたり、ずらしたり)していたが、使いこなせてない印象(日本が上手く守ったとも言えるのか)。結局蹴って前線に出した方が速いじゃんみたいな。

試合終了

日本とイランは、実力的にも拮抗していたが、フラストレーションの溜め具合も拮抗していたといって良いだろう。
と、変なものがふきだしすぎないようにこの辺で、この稿、了

広島vs川崎F スタメン発表

元の記事へ移動

[10.17 J1第2ステージ第14節](Eスタ)
※14:00開始
主審:中村太
副審:相樂亨、渡辺智哉
<出場メンバー>
[サンフレッチェ広島]
先発
GK 1 林卓人
DF 33 塩谷司
DF 5 千葉和彦
DF 4 水本裕貴
MF 14 ミキッチ
MF 8 森崎和幸
MF 6 青山敏弘
MF 27 清水航平
MF 9 ドウグラス
MF 30 柴崎晃誠
FW 11 佐藤寿人
控え
GK 13 増田卓也
DF 19 佐々木翔
MF 16 山岸智
MF 24 野津田岳人
MF 25 茶島雄介
MF 28 丸谷拓也
FW 29 浅野拓磨
監督
森保一

[川崎フロンターレ]
先発
GK 21 西部洋平
DF 17 武岡優斗
DF 5 谷口彰悟
DF 8 小宮山尊信
MF 16 大島僚太
MF 14 中村憲剛
MF 18 エウシーニョ
MF 22 中野嘉大
FW 35 田坂祐介
FW 11 小林悠
FW 13 大久保嘉人
控え
GK 30 新井章太
DF 20 車屋紳太郎
DF 4 井川祐輔
MF 10 アルトゥール・マイア
MF 19 森谷賢太郎
MF 6 山本真希
FW 9 杉本健勇
監督
風間八宏

▼関連リンク
[J1]第2ステージ第14節 スコア速報

横浜FMvs神戸 スタメン発表

元の記事へ移動

[10.17 J1第2ステージ第14節](日産ス)
※14:00開始
主審:山本雄大
副審:宮島一代、武部陽介
<出場メンバー>
[横浜F・マリノス]
先発
GK 21 飯倉大樹
DF 13 小林祐三
DF 22 中澤佑二
DF 5 ファビオ
DF 23 下平匠
MF 28 喜田拓也
MF 6 三門雄大
MF 29 天野純
MF 10 中村俊輔
MF 39 アデミウソン
FW 16 伊藤翔
控え
GK 31 鈴木椋大
DF 24 奈良輪雄太
DF 4 栗原勇蔵
MF 11 齋藤学
MF 25 藤本淳吾
MF 7 兵藤慎剛
FW 37 富樫敬真
監督
エリク・モンバエルツ

[ヴィッセル神戸]
先発
GK 30 徳重健太
DF 6 高橋峻希
DF 5 岩波拓也
DF 8 高橋祥平
DF 31 安田理大
MF 24 三原雅俊
MF 16 チョン・ウヨン
MF 32 前田凌佑
MF 9 石津大介
MF 10 森岡亮太
FW 19 渡邉千真
控え
GK 28 吉丸絢梓
DF 26 山口真司
DF 3 相馬崇人
DF 4 北本久仁衛
MF 17 田中英雄
MF 20 増山朝陽
FW 29 田代容輔
監督
ネルシーニョ

▼関連リンク
[J1]第2ステージ第14節 スコア速報