U-17イングランドのエースFWサンチョが離脱、日本はベストメンバーで決戦へ

元の記事へ移動

U-17イングランド代表のエースFWジェイドン・サンチョ(ドルトムント)がチームを離脱
 U-17日本代表に追い風が吹いた。17日にU-17W杯インド2017決勝トーナメント1回戦で対戦するU-17イングランド代表のエースFWジェイドン・サンチョ(ドルトムント)が所属クラブの事情により、チームを離脱した。

 11番のサンチョはU-17欧州選手権で大会MVPに輝いた逸材で、ドルトムントではFWウスマン・デンベレの背負っていた7番を受け継いだ期待の新星。グループリーグ3試合に先発し、チーム最多の3ゴールを記録。3戦全勝でF組を首位通過したチームの攻撃の起点だったが、すでにチームを離れた。17日に行われるUEFAユースリーグ、アポエル戦に帯同すると見られる。

 公式会見に出席したイングランド代表のスティーブ・クーパー監督は「ジェイドンは帰った。ドルトムントがドイツに戻るよう要求した」と説明。落胆の色を隠さず、「もちろん非常に失望している。みんなが彼のプレーを楽しんでいたし、彼自身もガッカリしている。彼はW杯でのプレーを楽しんでいた」と言及した。

 追い風ムード漂う日本は16日、インド・コルカタのソルトレイク・スタジアム近くの練習場で公式練習を行った。練習場には再びインドメディアが殺到。冒頭15分のみの公開となり、戦術練習は非公開となったが、イングランド戦の先発はグループリーグ第1戦ホンジュラス戦(6-1)と同じ11人が濃厚。第3戦ニューカレドニア戦(1-1)からMF福岡慎平(京都U-18)を除く10人を入れ替える可能性が高い。

 4-4-2のフォーメーションでGK谷晃生(G大阪ユース)、最終ラインは(右から)DF喜田陽(C大阪U-18)、DF菅原由勢(名古屋U-18)、DF小林友希(神戸U-18)、MF鈴木冬一(C大阪U-18)。中盤は福岡とMF平川怜(FC東京U-18)のダブルボランチで、右サイドハーフはMF中村敬斗(三菱養和SCユース)、左はMF上月壮一郎(京都U-18)。FW宮代大聖(川崎F U-18)とFW久保建英(FC東京U-18)のツートップが予想される。

(取材・文 佐藤亜希子)

●U-17W杯インド2017特集ページ

【J1 第29節 甲府×FC東京】リンス先制弾も甲府は3連勝ならず…ウタカ退場のFC東京とドロー決着【動画】

元の記事へ移動


news_228520_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2017/10/15(日) 00:00:00.00 ID:000
[10.15 J1第29節 甲府 1-1 FC東京 山梨中銀スタジアム(8,643人)]
得点:
23' リンス

60' 丸山 祐市


ヴァンフォーレ甲府とFC東京の一戦は、1-1で引き分けに終わった。
甲府は3連勝とはならず、FC東京は3試合白星なし(2分1敗)とした。

入りが良かったのはFC東京だった。
前半14分、右サイドからMF室屋成が上げたクロスをFW永井謙佑がヘッドで落とし、FWユ・インスがバイシクルシュート。

20分には、自陣からのMF高萩洋次郎のロングフィードを永井が胸トラップで反転し、PA内で左足を振り抜くも、先制点を奪うことはできなかった。

劣勢だった甲府だが、ワンチャンスをモノにして先制する。
前半23分、右サイド中央でFKを獲得し、DF島川俊郎がゴール前に蹴り込む。
これをFWリンスが打点の高いヘディングシュートを右隅に決め、スコアを動かした。

1点ビハインドとなったFC東京は、前半44分にFWピーター・ウタカがMF田中佑昌へのファウルで一発レッド。
数的不利に陥った。

後半開始からはDF徳永悠平に代え、FW前田遼一を投入。
15分にはMF橋本拳人を入れて攻勢を強めると、直後に同点に追いついた。

後半15分、左サイド中央で獲得したFKからMF太田宏介が左足で高精度のクロスを供給。
フリーで飛び込んだDF丸山祐市がヘッドで合わせ、1人少ないFC東京が試合を振り出しに戻した。

その後は一進一退の攻防が続いたが、数的優位に立つ甲府が勝ち越しゴールを決めることができず、1-1のままタイムアップ。
降格圏内16位・広島と勝ち点2差とした。

一方、FC東京はカップ戦、J2も含めて14勝5分1敗と得意としている相手から勝ち点3を奪うことはできなかった。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?228520-228520-fl

明治安田生命 J1リーグ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/j1/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/goal.html?s=J1



スポンサーリンク




続きを読む

【J1 第29節 浦和×神戸】神戸が開始早々に先制も…ACL控える浦和とドロー決着、勝ち点1を分け合う【動画】

元の記事へ移動


news_228435_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2017/10/14(土) 00:00:00.00 ID:000
[10.14 J1第29節 浦和1-1神戸 埼玉スタジアム2002(29,931人)]
得点:
19' 矢島 慎也

4' 小川 慶治朗


14日、埼玉スタジアムで開催されたJ1第29節、浦和レッズ対ヴィッセル神戸の一戦は、1-1で引き分けに終わった。

試合は開始早々に動いた。
神戸は前半4分、GKキム・スンギュがロングパスを送ると、裏に走り込んだFW小川慶治朗がDF宇賀神友弥に競り勝ち、PA左から左足で流し込み、先制点。
埼スタに駆け付けた浦和サポーターを黙らせた。

1点ビハインドの浦和は前半18分、右サイドからDF森脇良太が鋭いクロスを上げ、FW興梠慎三がトラップから右足ボレーもGKキム・スンギュに止められてしまう。
それでも19分、右サイド深くからMF柏木陽介が右足でクロスを入れると、相手のクリアボールを宇賀神が左足シュート。
ゴール前のMF矢島慎也が右足でコースを変えてゴール左隅に流し込み、試合を振り出しに戻した。

FWルーカス・ポドルスキが中盤に降りてきて攻撃の組み立てに絡む神戸は、右サイドを中心に攻め込んだ。
前半38分、DF藤谷壮が縦に仕掛けてクロスを供給すると、小川が胸トラップから右足を振り抜く。
だが、惜しくも枠に飛ばすことができず、前半を1-1で終えた。

浦和は後半開始から宇賀神を下げてDF平川忠亮を入れる。
12分、矢島がPA右脇からクロスを送ると、セットプレーで残っていたDFマウリシオが右足ボレーを放つが、GKの正面に飛んでしまう。

18分には、柏木のパスを敵陣中央あたりで受けたマウリシオが右足ミドルを放つ。
無回転気味のシュートが枠を捉えたが、GKキム・スンギュに弾き出された。

押し込まれる展開が続く神戸は後半19分、MF大森晃太郎を下げてFW田中順也を投入する。
一方、浦和は37分、サイドチェンジから右サイドでボールを受けた森脇のクロスを興梠がヘディングシュート。
これはGKキム・スンギュに防がれたが、互いに勝ち越しの1点を貪欲に狙いに行った。

浦和は後半アディショナルタイム1分に絶好のチャンスが訪れたが、興梠のシュートはGKキム・スンギュの正面。

試合はそのまま1-1で引き分けに終わり、浦和が18日に行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦・上海上港戦(中国)に弾みをつけることはできなかった。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?228435-228435-fl

明治安田生命 J1リーグ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/j1/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/goal.html?s=J1



スポンサーリンク




続きを読む

U-17日本vsイングランド 試合前日の森山監督会見要旨

元の記事へ移動

公式会見に出席した森山佳郎監督
 17日にU-17W杯インド2017決勝トーナメント1回戦でU-17イングランド代表と対戦するU-17日本代表は16日、インド・コルカタのソルトレイク・スタジアム近くの練習場で公式練習を行った。練習前には森山佳郎監督、キャプテンのMF福岡慎平(京都U-18)が公式会見に出席した。

以下、会見要旨
森山佳郎監督

―――イングランドをどうやって上回りたいか。
「みなさんご存知の通り、イングランドはドルトムントに所属する選手やマンチェスター・ユナイテッドでプレミア出場を遂げたような選手ばかり。市場価値で言ったら200億対10億。だが、サッカーはいい選手がそろったほうが勝つとか、『1+1』、足し算じゃないところが面白いところ。日本人の得意な組織的なサッカーで対抗していきたい。ただ、現実的にならないといけない部分もある。状況の中で一番いい判断ができる選手がそろっていると思うので、明日のゲームに期待したい」

―――ニューカレドニアと引き分けて、雰囲気を変えるためにどんな取り組みをしたか。
「先のことを考えてもしょうがない。イングランドと全身全霊で戦う。ニューカレドニア戦はプレーした選手が久しぶりに出場した選手で、気温30度、湿度80%と呼吸するのも難しいような気候だった。大観衆の中でプレーしたことがない選手も多かった。逆に大きな経験をしてくれた。ただ、途中からミスを恐れたようなプレーをしていた。僕自身が選手にチャレンジしろと言いながらミスを許していなかったから選手がちっちゃくなってしまったんだなと選手たちに謝った。ここまできたらやるしかない。全員でカバーしあったり、ミスを取り返したりして向かっていきたい。昨日のオフを挟んでみんな元気で明るい表情になった。(ニューカレドニア戦の)影響はない。明日、いいゲームを迎えられると思う」

●福岡慎平主将
「グループリーグ3試合を通して決勝トーナメントにいくのが目標だったので、それが達成できたのは良かった。3戦目をしっかり勝ちたかったけど、これがW杯だなと感じさせられた。イングランドには物怖じせず、チャレンジャー精神を持って、自信をもって戦いたい」

―――戦い方は。
「延長がないので3枚の交代枠を使いきれるということもあるし、90分で決着をつけたい部分もある。状況によってはPK戦も十分にありえる。それについてはあまり言えない」

―――やりたいサッカーと現実的な勝負。監督はどんな指示を出していきたいか。福岡選手はピッチ上でどうゲームコントロールするか。

「明日のゲームプランについてコメントはしたくない。先ほどキャプテンも言ったようにチャレンジャー精神を持って、物怖じせずに自分たちの持っているものを全部ぶつける。
 当然、相手に対して修正できるところはできるし、その状況を見て的確な状況判断をするというのは選手に要求しているところ。ニューカレドニア戦で選手が息ができないくらい苦しかったと、試合が終わってから聞いた。相手の速さとか強さを感じた選手が、周りの選手と連携を図りながら修正する。システムをいじるようなことはこちらがやるけど、ピッチの中で選手が判断しなければならないところも大きい。そういう選手の数が増えてきているので期待したい」

●福岡慎平主将
「イングランド戦は難しい時間が続くと思う。外から監督に言われて変わるより、ピッチにいる選手同士で会話をしながら修正できるのが強いチーム。どれだけコミュニケーションをとって打開していくかが大事になってくると思うので、僕もそういうことを意識しながらイングランド戦に臨みたい」

―――スタジアム環境について。
「芝自体はスタートに比べると荒れてきてるが、わりとフラット。問題はないし、わりといい状況。スタジアムの雰囲気というか、このゲームに5、6万人の観客が集まっていただける。注目度の高さ、関心、素晴らしい環境の中で緊張する選手もいるだろうけど、それが選手にとってかけがえのない経験になる。選手にはこういう舞台、対戦相手、ピッチ、観衆だからこそさらに燃えるという状態で、ワクワクしながらピッチに立ってほしい」

(取材・文 佐藤亜希子)

●U-17W杯インド2017特集ページ

[AFC U-19女子選手権 グループステージ 2017] U-19日本女子代表 vs U-19ベトナム女子代表

元の記事へ移動

2017年10月16日に江寧体育中心(南京)で行なわれた「AFC U-19女子選手権 中国 2017」グループステージ第1節、U-19日本女子代表”ヤングなでしこ”対U-19ベトナム女子 […]

続きを読む

アウェー相模原戦を振り返って・・・

元の記事へ移動



20171014_114711



先日の土曜日に応援に行った


ブラウブリッツ秋田の相模原アウェー・・・ 







感じたこと


思ったことを



少し振り返ってみたいと思います。









20171014_112454



1.親愛なる相模原サポの皆さん



相模原サポさんは


とにかく気さくで温かかったです。



気軽に声を掛けて頂き


秋田サポに観光案内を配ったり・・・








20171016_210026



相模原サポさんのお話では


ギオンスタは照明設備の工事に入ったとか。




スタジアムの設備整えば


J2ライセンスは目の前かも・・・













20171014_120357











2.多くの邂逅




相模原のギオンスタジアムで


沢山の再会(邂逅)がありました。





ギオンスタジアムって


決して交通の便が良いとは言えないし


ゴール裏は傾斜緩い芝生席で観にくいし


土曜日は氷雨だったし・・・・









20171014_133043


そんなギオンスタに


予想以上のサポが来てくれました。










20171016_210038


とっても懐かしいサポさんにも会えました。



Honda FC のパンフをもらったり・・・










中でも一番のサプライズは・・・









20171016_210113


フロンターレ兼任サポさんが




同日開催の等々力のMPを



買ってきてくれたこと!






。゜゜(´□`。)°゜。ありがとうございます




奇跡です!












3.戦う気持ち





20171014_152400



結果は引分けでした。


でも(特に後半)


選手たちの気合というか


勝ちたいという気持ち


必死に戦う気持ちが



凄く伝わってきた試合でした。











20171014_152613



もちろん結果は大事。





でも、僕らの心震わすのはやっぱり・・・



「戦い」なんです。










4.試合後



相模大野駅まで路線バスで行き


そこでサポ仲間たちと別れました。



「Fサポさん、軽く飲みに行きませんか?」



誘って頂きましたが・・・


一人帰路につきました。






実は冷たい雨に打たれ


仕事の疲れか



かなり体調不良で




立っているのも辛くて




一刻も早く帰路につきたくて・・・






m(__)m ごめんなさい!












20171014_175313


でもその後一人


御徒町で味噌ダブル(※)を食べたのは




内緒の方向で・・・





(※)麺2倍、モヤシ2倍











5.そんなわけで・・・




20171014_150408



人を好きになる


サッカーを好きになる


クラブを好きになる





それって、論理的に語れない世界なんです。





人を好きになるって 


とても不思議な感情で・・・





サッカーにハマるのも


無条件でクラブを愛しちゃうのも



同じような感情なのか・・・





こればっかりは・・・





(;´∀`) 説明できない













20170422_163919



はい、こうして




ブラウブリッツ秋田のアウェー応援




2017年も全部行きます(たぶん)!












20170422_165016



今シーズン残るアウェーは・・・




長野 富山 藤枝 鳥取・・・












20170702_174235


次の長野戦は前泊して



善光寺へ良縁祈願に行こうかな・・・




(´▽`) ← 








20171014_150649



んだらまつ




へばな!












また、どこかのスタジアムで




お会い致しましょう!








にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村



人気ブログランキング