C大23vs鹿児島 試合記録

元の記事へ移動

【J3第20節】(金鳥スタ)
C大23 0-2(前半0-0)鹿児島


<得点者>
[鹿]藤本憲明(46分)、藤井貴之(90分+3)

<退場>
[C]池田樹雷人(90分+1)

<警告>
[C]小暮大器(7分)
[鹿]赤尾公(9分)、永畑祐樹(74分)、井上渉(89分)、田上裕(90分+1)

観衆:1,085人
主審:眞鍋久大
副審:金次雄之介、浜本祐介

<出場メンバー>
[セレッソ大阪U-23]
先発
GK 45 北野貴之
DF 25 小暮大器
DF 28 温井駿斗
(88分→DF 37 池田樹雷人)
DF 39 庄司朋乃也
DF 42 森下怜哉
MF 30 木本恭生
MF 34 阪本将基
MF 35 沖野将基
MF 43 舩木翔
(71分→MF 38 西本雅崇)
FW 40 岸本武流
FW 49 斧澤隼輝
(77分→FW 44 中島元彦)
控え
GK 32 アン・ジュンス
監督
大熊裕司

[鹿児島ユナイテッドFC]
先発
GK 31 山岡哲也
DF 27 冨成慎司
DF 6 田中秀人
DF 23 水本勝成
DF 18 関光博
MF 5 井上渉
MF 7 赤尾公
MF 24 金久保彩
(71分→MF 11 新中剛史)
MF 17 中原優生
(84分→FW 19 藤井貴之)
MF 8 永畑祐樹
(77分→MF 33 田上裕)
FW 9 藤本憲明
控え
GK 21 武田大
DF 4 吉井孝輔
監督
浅野哲也

●[J3]第20節1日目 スコア速報

浦和4発快勝3連勝!ホーム500試合の節目を飾る 湘南は泥沼5連敗

元の記事へ移動

[8.6 J1第2ステージ第7節 浦和4-1湘南 埼玉]

 浦和レッズがホームで湘南ベルマーレを4-1で下した。浦和は3連勝。第2ステージの勝ち点を19に伸ばすと、年鑑勝ち点でも52とし、首位川崎Fをしっかりと追走している。湘南は5連敗となった。

 浦和が快勝した。先制点は前半8分、GK西川周作からのロングボールで裏を取ったMF関根貴大が前に出たGKに競り勝ってヘディングで流し込み、試合を動かす。同42分にはゴール前の混戦でシュートコースを作ったFW武藤雄樹が右足で蹴り込み、リードを2点に広げた。

 湘南も前半44分、DF三竿雄斗が出した浮き球パスでMF菊池大介が粘ってクロスを入れると、FW大槻周平がこれまた粘りながら押し込み、前半のうちに1点を返した。

 しかし浦和の勢いは弱まらない。後半18分にCKがファーサイドに抜けると、待ち受けたDF槙野智章がワントラップからボレーで蹴り込み、リードを再び2点とする。同36分に裏を取ったDF宇賀神友弥のシュートはポストに嫌われたが、同アディショナルタイムに武藤がこの日2点目を決めて、大勝劇を締めくくった。

 浦和にとってこの試合は、ホームでの公式戦通算500試合目の節目のゲームだった。2発の武藤は「節目のゲームを勝利で飾ることができてうれしい」と喜ぶと、「おいしいゴールを決めさせてくれるチームメイトに感謝したい」と笑顔で話した。


●[J1]第2ステージ第7節 スコア速報

浦和vs湘南 試合記録

元の記事へ移動

【J1第2ステージ第7節】(埼玉)
浦和 4-1(前半2-1)湘南


<得点者>
[浦]関根貴大(8分)、武藤雄樹2(42分、90分+2)、槙野智章(63分)
[湘]大槻周平(44分)

<警告>
[湘]岡本拓也(11分)

観衆:29,104人
主審:村上伸次
副審:西尾英朗、植田文平

<出場メンバー>
[浦和レッズ]
先発
GK 1 西川周作
DF 46 森脇良太
DF 4 那須大亮
DF 5 槙野智章
MF 24 関根貴大
(46分→MF 7 梅崎司)
MF 10 柏木陽介
MF 22 阿部勇樹
MF 3 宇賀神友弥
MF 13 高木俊幸
(62分→MF 16 青木拓矢)
MF 9 武藤雄樹
FW 20 李忠成
(62分→FW 21 ズラタン)
控え
GK 15 大谷幸輝
DF 2 加賀健一
MF 18 駒井善成
FW 11 石原直樹
監督
ペトロヴィッチ

[湘南ベルマーレ]
先発
GK 1 村山智彦
DF 36 岡本拓也
DF 4 アンドレ・バイア
DF 6 三竿雄斗
MF 23 高山薫
MF 16 石川俊輝
MF 28 神谷優太
MF 10 菊池大介
FW 19 大槻周平
(68分→FW 9 ジネイ)
FW 17 端戸仁
(61分→MF 22 下田北斗)
FW 15 長谷川アーリアジャスール
(53分→FW 7 大竹洋平)
控え
GK 21 梶川裕嗣
DF 20 坪井慶介
MF 24 奈良輪雄太
FW 29 ウェズレー
監督
チョウ・キジェ

●[J1]第2ステージ第7節 スコア速報

仙台奥埜V弾!鹿島が今季初3連敗/鹿-仙7節

元の記事へ移動

 セカンドステージ9位対10位の対戦。前半は開始4分に仙台FWハモンがオーバーヘッドを放ち、14分に得たFKではMF梁がカーブをかけた球で直接狙う。鹿島は、29分に柴崎が前線へ送ったパスをMF遠藤が頭で落とし、FW土居ががシュート。ネッ…

第1S王者・鹿島は3連敗…仙台が鬼門カシマで指揮官J1デビュー戦以来の約14年ぶり白星!

元の記事へ移動

[8.6 J1第2ステージ第7節 鹿島0-1仙台 カシマ]

 ベガルタ仙台鹿島アントラーズを1-0で下し、2002年4月6日の第1ステージ第5節(2-0)以来、約14年ぶりに鬼門・県立カシマサッカースタジアムで白星を飾った。なお、同試合は渡邉晋監督がJ1デビューを果たした試合だった。

 敵地に乗り込んだ仙台は前半25分、左クロスをMF奥埜博亮がダイレクトで中央に折り返し、FWウイルソンが受けるもDF昌子源にクリアされてしまう。それでも3試合連続ゴール中のウイルソンを中心に鹿島にゴールに迫ると、同35分に先制のゴールネットを揺らす。ウイルソンへのパスはDF西大伍にカットされたが、西が中央の味方に出したパスに反応した奥埜が左足ダイレクトでゴール左に流し込み、1-0とした。

 第1ステージは17試合10失点でステージ優勝を果たした鹿島だが、第2ステージはここまで6試合で11失点。この日もミスから先制点を許し、守備が安定しない。さらに前半アディショナルタイム2分には、MF遠藤康がMF鈴木優磨と交代。仙台も負傷したDF平岡康裕に代わってDF菅井直樹が入り、お互いに前半のうちに交代カードを1枚ずつ使った。

 さらに鹿島は後半開始から3試合ぶりの先発となったMF杉本太郎を下げて、MF中村充孝を投入する。後半3分にFW金崎夢生がボールを奪い、左サイドの敵陣深くまで運んでクロスを上げるも逆サイドへ。同12分にはFW土居聖真がPA手前から右足を振り抜くもGK関憲太郎にキャッチされ、なかなか同点のゴールネットを揺らすことができない。

 後半はほとんどの時間帯で鹿島がボールを支配する。後半31分に西が右サイドから上げたクロスを金崎が足もとにおさめてシュートを放つも、GK関の好セーブに阻まれる。さらに終了間際には金崎がPA内から左足を振り抜いたが、GK関のセーブに遭い、最後まで1点が遠かった。試合はそのまま0-1で終了。第1ステージ王者が3連敗を喫した。

●[J1]第2ステージ第7節 スコア速報

鹿島vs仙台 試合記録

元の記事へ移動

【J1第2ステージ第7節】(カシマ)
鹿島 0-1(前半0-1)仙台


<得点者>
[仙]奥埜博亮(35分)

<警告>
[仙]三田啓貴(72分)

観衆:13,982人
主審:飯田淳平
副審:中野卓、権田智久

<出場メンバー>
[鹿島アントラーズ]
先発
GK 21 曽ヶ端準
DF 22 西大伍
DF 14 ファン・ソッコ
DF 3 昌子源
DF 16 山本脩斗
MF 10 柴崎岳
MF 40 小笠原満男
MF 25 遠藤康
(45分+2→MF 34 鈴木優磨)
MF 32 杉本太郎
(46分→MF 13 中村充孝)
FW 8 土居聖真
(81分→FW 18 赤崎秀平)
FW 33 金崎夢生
控え
GK 29 川俣慎一郎
DF 24 伊東幸敏
DF 28 町田浩樹
MF 6 永木亮太
監督
石井正忠

[ベガルタ仙台]
先発
GK 21 関憲太郎
DF 27 大岩一貴
DF 13 平岡康裕
(45分+3→DF 25 菅井直樹)
DF 3 渡部博文
DF 5 石川直樹
(64分→MF 26 藤村慶太)
MF 17 富田晋伍
MF 18 三田啓貴
MF 7 奥埜博亮
MF 10 梁勇基
(83分→MF 31 茂木駿佑)
FW 9 ウイルソン
FW 20 ハモン・ロペス
控え
GK 1 六反勇治
MF 29 水野晃樹
MF 36 パブロ・ジオゴ
FW 30 西村拓真
監督
渡邉晋

●[J1]第2ステージ第7節 スコア速報