[選手権予選]ユース取材ライター陣が推薦する「選手権予選注目の11傑」vol.5

元の記事へ移動

[選手権予選]ユース取材ライター陣が推薦する「選手権予選注目の11傑」vol.5
特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校選手権予選注目の11傑』」

 ゲキサカでは各地で熱戦がスタートしている全国高校選手権予選の注目選手を大特集。「選手権予選注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター5氏に選手権予選注目の11選手を紹介してもらいます。第5回は、“ユース教授”こと、安藤隆人氏による11名です。

 安藤氏「恒例になりつつある『選手権予選11傑』。毎回選出する際には、どういう縛りで選ぶか、それとも縛りなしで選ぶか。あの選手も良いけど、この選手も良い。すでに何人かに選ばれてしまっている場合は、その選手を止めるなど、色んな考えが渦巻いて本当に大変です。今回は考えた結果、今年はプロ内定選手が多く、3年生を入れたら、かぶってしまう選手も多くなると考え、よく自分がやる1、2年生縛りで行こうと思いました。

 今回のフォーメーションは4-3-3。GKは安定感が増してきた山ノ井拓己(静岡学園高)をチョイス。廣末陸(青森山田高)、矢田貝壮貴(京都橘高)も考えましたが、今回は山ノ井にしました。
 DFラインは誰をCBに置くかがポイントで、タビナス・ジェファーソン(桐光学園高)と杉岡大暉(市立船橋高)のコンビにして、日大藤沢や優勝した和歌山国体で神奈川県選抜のCBとしてプレーしている工藤泰平(日大藤沢高)をサイドバックに移しても面白い。だが、タビナス・ジェファーソンは今年、左サイドバックをやっており、そのまま彼を左に置いて、右に垣智也を置いて、工藤と杉岡のCBコンビが一番安定するかもしれない。CBでは190cmのソ・ヨハン(駒大苫小牧高)を入れて、高さを補強することも考えました。
 中盤はインターハイ王者・東福岡高の攻守の要・鍬先祐弥をアンカーに置き、2シャドーには藤川虎太朗(東福岡高)と高橋壱晟(青森山田高)をチョイス。ここには高宇洋(市立船橋高)も考えました。
 3トップはずば抜けた得点力を誇るリャン・ヒョンジュ(東京朝鮮高)をセンターフォワードに置き、サイドには突破力のある岩崎悠人(京都橘高)と、決定力とパスセンスが光る高橋大悟(神村学園高)を配置し、破壊力重視の布陣にしました」

以下、安藤氏が注目する11名

GK山ノ井拓己(静岡学園高2年)
「物怖じしないハートの持ち主で、大きな声でのコーチングが光るGK。セービング、キャッチングの質も向上し、求めていたビルドアップの技術の研鑽も怠っていない」

DFタビナス・ジェファーソン(桐光学園高2年)
「左サイドバックとして迫力あるアップダウンを繰り返す。躍動感溢れる仕掛けだけでなく、ヘッドと1対1の強さもあり、攻守に渡って貢献出来る」

DF工藤泰平(日大藤沢高2年)
「判断力と瞬発力に優れ、全体を見渡しながら、コントロール出来る頭脳派CB。和歌山国体は神奈川県選抜のキャプテンとしてチームの2連覇に大きく貢献し、自信をつけた」

DF杉岡大暉(市立船橋高2年)
「堅実な守備はチームに大きな安定感をもたらす。球際に強く、鋭い出足でボールを奪いきれる。U-17日本代表ではサイドバックをテストされるなど、可能性を広げている」

DF垣智也(中京大中京高1年)
「181cmの高さを誇り、高い守備能力を見せるルーキー。チームではサイドバックとしてプレー。将来的にはCB、ボランチ、サイドハーフでも活躍出来そうなマルチワーカー」

MF鍬先祐弥(東福岡高2年)
「中盤の底で幅広いプレーエリアを誇り、鋭い読みとアジリティー、そして落ち着きを持って、攻守のバランスを支える。2年生ながら攻守の要として君臨する」

MF藤川虎太朗(東福岡高2年)
「パスを出すタイミング、質が絶妙で、ギャップで巧みにボールを受けて、スルスルとシュートエリアまで持ち込んでいくプレーが魅力。非常にクレバーなMFだ」

MF高橋壱晟(青森山田高2年)
「高い攻撃センスを持つが、青森山田では守備の意識とスペースを埋める意識が高まり、攻守を繋ぐ役割もこなすことが出来る。ここでは鍬先とのコンビネーションで、質の高いプレーを見せてくれそうだ」

FW岩崎悠人(京都橘高2年)
「言わずと知れた来年の超目玉選手。U-18日本代表の一員として、AFC U-19選手権予選(ラオス)に参戦。キレのあるドリブルはアジアでも効力を発揮した」

FWリャン・ヒョンジュ(東京朝鮮高2年)
「とにかく一度見て欲しい。脅威の決定力を誇るストライカーは、バイタルエリアではまさに『虎』。迫力満点の仕掛けと、パンチ力あるシュートでゴールを射抜く」

FW高橋大悟(神村学園高1年)
「1年生とは思えない、非常に技術レベルが高く、冷静でエレガントなプレーヤーだ。常に周りを見渡し、一撃必殺のパスと、自ら持ち込んで決めきれる力を持つ」

[写真]安藤氏が注目するひとり、京都橘FW岩崎

執筆者紹介:安藤隆人
1978年2月9日生まれ。元銀行員の経歴を持ち、ユース年代は自身の大学時代から取材を続けている、この年代のエキスパート。日本列島、世界各国を放浪するサッカージャーナリスト。育成年代を精力的に取材する“ユース教授”。主な著書は『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)、『高校サッカー聖地物語』(講談社)、『 星稜高校サッカー部優勝への軌跡―北陸のサッカーを全国へと導いた河崎護の30年』(サッカーマガジン)など。

▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015

なでしこ、11月に敵地でオランダと国際親善試合

元の記事へ移動

なでしこ、11月に敵地でオランダと国際親善試合
 日本サッカー協会(JFA)は15日、なでしこジャパン(日本女子代表)が11月下旬にオランダ遠征を行うと発表した。11月29日にはオランダ女子代表と国際親善試合を行う。キックオフは日本時間30日午前0時30分を予定している。

 これまでオランダに3戦3勝と一度も負けていないなでしこ。佐々木則夫監督は、今回の遠征について「いよいよ、リオデジャネイロオリンピックに向けた強化がスタートします。こうした狙いをもって、強豪であるオランダと対戦できることはチームにとって非常に有益なことです」と喜んだ。

 また、オランダについては、「組織的でありながら、高さがあり、前線にスキルフルな選手が揃っています。現状のなでしこジャパンが、カナダでの女子W杯の反省を踏まえてどこまで対応できるかを確認したいです。遠征のメンバー構成については、11月まで時間がありますので、視察を重ねながら方向性を決めていきます」とコメントしている。

ジョビンコ、代表戦翌日の試合に途中出場し「ファンタスティックゴール」

元の記事へ移動

ジョビンコ、代表戦翌日の試合に途中出場し「ファンタスティックゴール」
 イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコが、代表戦から所属するアメリカ・MLSのトロントFCに復帰後、その日の試合でスーパーゴールを決めた。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 現地時間13日にローマで行われたEURO2016予選第10節ノルウェー戦に後半17分から出場したジョビンコ。試合翌日の朝の便で約9時間のフライトを経て、トロントに戻ったジョビンコは、移動の疲れを見せず、その日ホームで行われたNYレッドブルズ戦にベンチ入りした。

 すると、先制して迎えた後半26分から途中出場。さらに同33分、相手陣内の左サイドでパスを受けるとゴールへ向かってドリブルを開始。追ってきた相手をショルダータックル、目の前の相手も鮮やかにかわして前進すると、PA手前で相手2人を一気にかわして左足一閃。GKの届かないゴール右隅に決め、トロントの2-1の勝利に貢献した。

 この活躍に同紙も「ファンタスティックゴール!」と称賛。今季ユベントスから加入したジョビンコはここまで31試合22ゴール、15アシストを記録している。

群馬、「ドリームマッチ群馬2015-remember 松田直樹-」開催を発表! 田中隼磨、中田英寿らが出場

元の記事へ移動

群馬、「ドリームマッチ群馬2015-remember 松田直樹-」開催を発表! 田中隼磨、中田英寿らが出場
 ザスパクサツ群馬は15日、群馬県サッカー協会主催の「ドリームマッチ群馬2015-remember 松田直樹-」の開催決定を発表した。同試合は12月23日に正田醤油スタジアム群馬で開催され、午後1時キックオフを予定している。

 ドリームマッチ群馬は、サッカーを通じてスポーツの楽しさや素晴らしさを体験していただくために開催される。また、群馬が生んだ故松田直樹氏の功績を称え、その遺志を継承するため、ドリームマッチでの収益でAED(自動体外式除細動器)を購入し、各種団体に寄贈する。

 対戦チームや選手については、群馬出身や群馬にゆかりのある現役・元プロサッカー選手と、日本を代表するトップレベルの現役・元プロサッカー選手で構成。現在、小島伸幸氏や中田英寿氏、田中隼磨(松本)、稲本潤一小野伸二(以上、札幌)、服部浩紀(群馬)、田中亜土夢(ヘルシンキ)、渡辺凌磨(インゴルシュタットU-23)らの出場が予定されている。

【10/21放送】磐瀬 剛選手 ラジオ(α-Station/FM京都「SUNNYSIDE BALCONY」)登場のお知らせ

元の記事へ移動

10月21日(水)、α-Station(FM京都)で放送されます「SUNNYSIDE BALCONY」におきまして、磐瀬剛選手のインタビューが放送されます。ぜひお聴きください。■放送局:α-Station(FM京都)※周波数:89.4MHz■番組名:「SUNNYSIDE BALCONY」 (毎週月曜日〜金曜日 11:00〜16:

[高校・ユース]Jクラブ16年加入内定者一覧(10/15)

元の記事へ移動

【高校・ユース】Jクラブ加入内定選手(10/15現在)

青森山田高
DF常田克人(→仙台)
MF神谷優太(→湘南)

ベガルタ仙台ユース
DF小島雅也(→仙台)

鹿島アントラーズユース
DF町田浩樹(→鹿島)
MF田中稔也(→鹿島)
MF平戸太貴(→鹿島)
FW垣田裕暉(→鹿島)

ジェフユナイテッド千葉U-18
DF岡野洵(→千葉)

市立船橋高
MF椎橋慧也(→仙台)
FW永藤歩(→山形)

東京ヴェルディユース
MF林昇吾(→東京V)
MF井上潮音(→東京V)
FW郡大夢(→東京V)

横浜FMユース
MF遠藤渓太(→横浜FM)
FW和田昌士(→横浜FM)

横浜FCユース
MF前嶋洋太(→横浜FC)
FW齋藤功佑(→横浜FC)

東海学園高
MF光崎伸(→清水)

四日市中央工高
MF森島司(→広島)

京都サンガF.C.U-18
MF荻野広大(→京都)
FW沼大希(→京都)

ヴィッセル神戸U-18
DF藤谷壮(→神戸)
DF東隼也(→神戸)

ガイナーレ鳥取U-18
DF曽我大地(→鳥取)
MF磯江太勢(→鳥取)

作陽高
MF伊藤涼太郎(→浦和)