[MOM1768]武南MF奥村晃司(3年)_埼玉を代表するMF目指すボランチが攻守で奮闘

元の記事へ移動

[MOM1768]武南MF奥村晃司(3年)_埼玉を代表するMF目指すボランチが攻守で奮闘
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[5.5 埼玉県1部リーグ第3節 大宮南高 2-5 武南高 西武台高第2G]

「チームとしては結果を出すこと。個人としてはまずは埼玉で色々な人に知られて、相手から怖がられるプレーヤーになりたい。あまり知らないですけれど、昌平の7番(針谷)とか、西武台の昨年から出ているボランチ(今井)、その人達には負けたくない」。埼玉を代表するMFたちに肩を並べる存在になることが現在の目標。終盤の連続ゴールで勝ち点3を獲得した武南高は推進力ある動きで攻撃をサポートし、守備にも奮闘したMF奥村晃司(3年)の存在が大きかった。

 前半はボランチの位置からの思い切った飛び出しで同点ゴールに繋がるPKを獲得。44分の勝ち越しゴールも奥村が右サイド後方から入れたPAへのクロスボールのこぼれ球から生まれた。得点シーンに絡んだMFは展開力を活かして武南自慢のサイド攻撃を演出。そして終盤は落ち着いてゲームをコントロールしながら連続ゴールに繋げた。

 それでも本人はより相手にとって嫌なところへの配球や飛び出しの部分を発揮することを口にし、「もっと昌平とか(対戦相手の)レベルが上がってくるとできなくなってくるところがあるので、そういうところでできるようにしていきたい。持久力がそんなにないので終盤になるとディフェンスとかが落ちるので、そこで頑張れる選手になりたい」と誓う。現状維持では足りないと感じている実力を引き上げて高いレベルで勝負することのできるMFとなる意気込みだ。

 兄がサッカー部に在籍していた12年に武南は全国総体準優勝。「全国出れるチームに」と中体連から強豪・武南への進学を決めた。昨年は主に途中出場で、プリンスリーグ関東入れ替え戦は先発も経験したが「先輩たちの代で何もできなかった」と実力不足だったことを悔しがる。全国のピッチに立つことができず、プリンスリーグ昇格が叶わなかった先輩たちの悔しさを知るだけに今年はチームを引っ張る意気込み。この日はそれがチームメートたち以上に表現された80分間だっただけに、チームの先頭に立つようなプレーを続けて今年は埼玉を制するチームの柱となる。

(取材・文 吉田太郎)

[MOM1767]西武台MF今井祐太朗(3年)_午前7時前からの自主練でシュート向上、ゴール連発中の攻撃的ボランチ

元の記事へ移動

[MOM1767]西武台MF今井祐太朗(3年)_午前7時前からの自主練でシュート向上、ゴール連発中の攻撃的ボランチ
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[5.5 埼玉県1部リーグ第3節 西武文理高 0-6 西武台高 西武台高第2G]

 昨年は中盤の底の位置でバランスを取り、守備面でチームを支えることが主な役割だった。だが、元々SHなどを主戦場としてきた西武台高MF今井祐太朗主将(3年)は今年、攻撃的なボランチとして高い攻撃性能を発揮している。

 この日は試合開始直後にいきなり先制点を挙げた。PAで近くでパスワークに絡むと、一旦右サイドのFW向山哲平(3年)へパス。その向山がDFを引きつけて出した折り返しを右足でゴールへ叩き込んだ。この日は中央、右サイドでボールに良く絡み、攻撃をコントロール。サイドにボールが入った時はサポートし、また前線を追い越してスペースへ飛び出して攻撃を活性化した。そして攻撃の組み立てでは1タッチでサイドへボールを叩いたりするなど攻撃のテンポを変化。1年時にSBを経験するなど自信を持っている守備面でもチームの守りを引き締めつつ、右サイドから決定的なクロスを上げるなど、チームの中心として快勝に貢献した。

 昨年も主軸を担ってきたが、今年は特に攻撃面の向上に取り組んできた。「去年は結構守備的な意識でやっていた。今年は攻守に渡って関わる意識を持って、特にミドルシュートを日頃から意識している。試合中でも狙う意識を持っていますし、それがきょうの点にも繋がったと思います」と今井。東京都練馬区の自宅を午前6時前に出発し、埼玉県新座市の西武台高グラウンドで7時前から自主練習を行ってきた。「ボールを入れるカゴを味方の壁に見立てて跳ね返ったボールをトラップしてミドルシュートする練習をいつもしてきた」という努力の成果は関東大会予選での4ゴールなど結果に繋がって来ている。

 守屋保監督も「攻守に渡って貢献してくれる。視野も広がってきている」と信頼を置く大黒柱。まだまだ守備時の距離感やヘディングの競り合い、攻守の切り替えの部分などチームに課題があると感じている。「自分が中心というよりはみんなと一緒になってやっていきたい。その中で自分は去年から出ているので、引っ張っていって(タイトルを)取りにいく。個人としては、攻撃も守備もできて、なおかつ点も取れてチームに貢献できる選手になりたいです」と今井。イニエスタが憧れの選手でファーストタッチの上手さや攻撃参加のタイミングなど「見習っていきたい」というMFが、守備面だけではなく、攻撃面でもより結果を残して、チームを引っ張る存在としてタイトル獲得に貢献する。


(取材・文 吉田太郎)

C大阪が2000年生まれの瀬古歩夢ら7選手、神戸も4選手2種登録

元の記事へ移動

C大阪が2000年生まれの瀬古歩夢ら7選手、神戸も4選手2種登録
 Jリーグの追加登録選手が6日に発表になった。セレッソ大阪は育成組織のU-15チームからU-18チームへ今春昇格したばかりのU-16日本代表DF瀬古歩夢(写真)ら7選手、ヴィッセル神戸も瀬古と同じく2000年生まれのU-17日本代表DF小林友希ら4選手の登録を完了させている。なお、C大阪は同時にC大阪U-23チームへの登録も済ませている。

以下、2種登録が発表になった選手
【ヴィッセル神戸】
DF小林友希
DF堂鼻起暉
MF野田樹
MF安井拓也

【セレッソ大阪】
MF荒木秀太
MF有水亮
DF梅木絢都
DF小林洵
DF瀬古歩夢
MF坪井一真
FW中島元彦

地震の影響で中止の鹿児島vs相模原は8月開催

元の記事へ移動

 地震の影響により延期となっていたJ3第5節の鹿児島ユナイテッドFCSC相模原の一戦が、8月13日に開催されることが決定した。場所は鹿児島県立鴨池陸上競技場で17時にキックオフする。

 なお、当初開催予定だった4月17日開催分のチケットは、8月13日に代用可能。新たなチケット購入方法は発売日が決まり次第、鹿児島のホームページで発表になる。払い戻しは5月9日から同23日まで実施される。

08節:ベガルタ仙台レディース対日テレ、8日(日)13時、アウエー

元の記事へ移動

2016なでしこリーグ 08節 5月8日(日)13:00 ベガルタ仙台レディース-日テレベレーザ 江戸川区陸上競技場

前節、最下位浦和Lに対して、疲れの中でもホームでアグレッシブな攻守を見せ快勝したベガルタ仙台レディースは、開幕以来トップを走る日テレと対戦。

日テレは、前節、新潟Lに0-1と、今季初黒星を喫し、ベガルタとの勝ち点差3と射程圏内に入ってきた。これまで勝ち星のない相手ではあるが、浦和Lで見せた積極的な揺さぶりで、勝ち星をもぎ取りたい。

ただ、日テレは球際も厳しく、キープ力のある選手がどんどん攻撃参加してくるので、相手が前にいる時の自陣での横パス、不用意なバックパスは避けたい。まずは割り切って相手の背後に蹴り出して、前線の追わせた方がいいだろう。

中2日、中3日と連戦で、互いに疲労はピークにきている。フレッシュな選手を効果的に入れて、まずは岩清水に圧をかけるところから始めたい。

前節、ポイントゲッターの川村、有町が得点を上げて、チームも盛り上って来ているだろうが、きれいな崩しとか形に拘るのではなく、意表をつくミドルから、こぼれに詰める、といった揺さぶりで、クイーンの牙城を崩していきたい。

試合は、トップチームと同日開催のアウエーということで、応援も少数精鋭と思われますが、参戦の方は、後押しよろしくお願いします。

“奇跡”のプレミア王者レスターが来季の新ユニフォームを発表! 岡崎をモデルに採用

元の記事へ移動

“奇跡”のプレミア王者レスターが来季の新ユニフォームを発表! 岡崎をモデルに採用
 プーマは6日、今季のプレミアリーグ王者レスター・シティの2016-17シーズンの新ユニフォームを発表した。来季に向けたユニフォーム発表の写真にはエースのFWジェイミー・バーディと主将DFウェズ・モーガン、守護神のGKカスパー・シュマイケルとともにFW岡崎慎司もモデルとして採用されている。

 昨季プレミアリーグに復帰したレスターはは残り9試合の時点で最下位と降格の危機に瀕していたが、7勝1分1敗と驚異的なラストスパートで奇跡の残留を果たした。その勢いは指揮官がクラウディオ・ラニエリ監督に代わった今季も継続され、2試合を残して22勝11分3敗でクラブ史上初のプレミアリーグ優勝を決めた。

 来季はUEFAチャンピオンズリーグに参戦するレスター。チームカラーである青一色のホームユニフォームには、チャンピオンだけがプライドとともに身につけることが認められるゴールドのリーグバッジが施されており、大胆不敵という信条を示している。

 レスターの下部組織出身で背番号10をつけ、リーグ1(イングランド3部相当)、チャンピオンシップ(2部相当)、プレミアリーグで優勝を果たしたMFアンディー・キングは、「フロントとバックに施されたゴールドのパイピングが素敵で、私たちがピッチで目立つことをサポートしてくれることでしょう。私たちはリーグタイトルを防衛するため、このシャツを着て2016-17シーズンのピッチに立つことが待ち切れません」と興奮を抑えきれない様子だった。

●欧州組完全ガイド
●プレミアリーグ2015-16特集

リオ五輪審判員に日本人4人を派遣「レフェリングの幅を広げたい」

元の記事へ移動

リオ五輪審判員に日本人4人を派遣「レフェリングの幅を広げたい」
 リオデジャネイロ五輪サッカー競技の審判員に日本人4人が選出されたことが発表になった。サッカー男子の主審として佐藤隆治氏、副審に相樂亨氏と山内宏志氏、そしてサッカー女子の副審に手代木直美が派遣される。

 日本サッカー協会(JFA)を通じコメントを発表した佐藤氏は「FIFAのスタンダードをしっかり理解・整理した上で自分の強みを活かしたゲームコントロールに努めたい。大会に参加するにあたって、世界のサッカーを肌で感じ、また各種セミナーや世界から集まってくる審判員との交流を通して、多くのことを吸収して自分のレフェリングの幅を広げたい」と意気込みを語っている。

●リオデジャネイロ五輪特集