【セレッソ大阪・短期集中連載】第1回「8番のいる風景」

元の記事へ移動

C大阪にとっての激動の2シーズン(2014-2015)と再起の序章を描いた『桜は、かならず返り咲く』が2月24日に発売する。発売に向けて、ブロゴラでは短期集中連載を企画。第1回は『8番のいる風景』。スイス・バーゼルから約1年半ぶりに戻って来た柿谷曜一朗、彼がC大阪にいる意味について。

 1月25日から8日間に渡って行われた、C大阪のタイでの1次キャンプ。時に40℃近くまで気温が上がるという灼熱の地で、フィジカルトレーニングを中心にハードに鍛え上げ、今季1年間を戦うベースを培った。帰阪した選手の顔はこんがりと焼けており、逞しさを増した様子が伺えた。

 開幕前にキャンプを送る意義は、トレーニングや練習試合だけではなく、大所帯で共同生活を送ることで、コミュニケーションを深める意味合いもある。

 今季、バーゼルからC大阪に復帰した柿谷曜一朗と、タイキャンプで同部屋だったのは、柿谷と同じくC大阪のアカデミー出身で、今季、ドルトムントから復帰した丸岡満だった。

 必勝祈願も行われた5日の練習後、ピッチ内外で柿谷とどのようなコミュニケーションを深めたのか、丸岡に話を聞いてみた。

「一緒にいる時間も長かったので、スイスでの経験も聞きましたし、セレッソのこと、J2のこと、いろいろな話をしました。プライベートな部分では、男と男の会話もしました(笑)。セレッソの8番を背負っているぶん、プレッシャーも懸かっていると思う。僕のプレッシャーなんて、小さいものだと感じました。(ドイツでは香川選手とも食事をしたり、話もしていたと思うが、また違う?)そうですね。彼(柿谷)は大阪中の大阪の人なので。トークも面白かったです(笑)。真司くんが面白くないとは言ってないですよ(笑)。真司くんとのエピソードも聞きましたし、いろいろな経験を僕らに伝えてくれています。10日間も一緒にいさせてもらって、一緒にトランプしたり、朝ご飯も一緒に食べたり、僕にとって、本当にいい時間になりました」

 その話を聞いた後に、柿谷に「かわいい後輩がまた一人増えた?」と尋ねてみると、「かわいい後輩は(山口)蛍ぐらいです」と、変わらぬ愛(?)を強調していたが、柿谷がセレッソにいる意味、それはこのクラブにとって本当に大きいと感じる。ピッチ内外で得てきた自らのさまざまな経験を仲間に伝え、引っ張り、C大阪をさらに大きなクラブにしていく。そんな使命を抱き、今季、そしてこれからも、柿谷はセレッソで唯一無二の存在としてプレーしていく。

(※C大阪は8日から宮崎で第2次キャンプを開始。連載では、キャンプの様子も伝えていきます)

img_cerezo_blogolabtn

『桜は、かならず返り咲く』
セレッソ大阪、激動の2年と再起の始まり
2月24日発売予定(先行予約受付中)
定価:本体1,600円+税 判型:四六判 頁数:256頁
ISBN 978-4-908324-06-2

背番号は6に決定!! FC東京DF室屋が誓う恩返し

元の記事へ移動

背番号は6に決定!! FC東京DF室屋が誓う恩返し
 FC東京に加入する明治大3年生のU-23日本代表DF室屋成が8日、都内で記者会見を行った。

 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選にU-23代表の一員として唯一大学生として出場した室屋は、5試合でピッチに立ってリオ五輪出場権獲得と優勝に貢献。「技術的な部分よりもメンタル面が一番成長したと思う。自分自身に自信を持てるようになった」と大きな自信を手に入れた。そして、最終予選を経験したことで「もっともっと上のレベルに、Jリーグに挑戦したい思いが強くなった」。

 昨年4月からFC東京の特別指定選手となった。「練習に参加して雰囲気の良さ、質の高さを感じられた」ことがFC東京加入の理由の一つとなったが、出場機会をつかむことができなかった悔しさがあったからこそ、多くのオファーがある中からFC東京への加入を決断した。

「最初はベンチ入りできるかなという甘い気持ちがあった中で、ベンチにも入れない悔しい思いをしました。その中で悔しさがすごい残っていたので、絶対にここに戻ってきてポジションをつかみたいという気持ちが強くなりました」

 背番号は昨季までDF太田宏介が背負っていた6番。クラブから提示され、「自分でいいんですか」と最初は戸惑ったようだ。しかし、「東京の6番と言えば太田選手というイメージがあると思いますが、この1年で背番号6と言えば室屋と言われるくらいの活躍をしたい」とピッチ上で結果を残して、6番を自らのカラーに染めていこうと意気込みを示した。

 明治大側としては大きな戦力を失うことになる。だが、栗田大輔監督は「登録メンバーが18人となる五輪に送り出したい気持ちがありました。選手として旬な時期、非常に伸び盛りで勢いがある時期にプロの世界でプレーすることでさらに成長できるはずです。あくまでスタートラインに立ったと思うので、どん欲に五輪出場、夢に向かって邁進してほしいと期待しています」と教え子の背中を押した。

 その思いは室屋も十分に感じている。「僕がFC東京に行き、ピッチで活躍することで恩返しできると思うので、五輪代表やA代表になって活躍することでしっかり恩返ししていきたい」。FC東京のSBにはDF駒野友一、DF徳永悠平ら実力者がライバルとして待ち構えている。しかし、自らの夢、そして支えてくれるすべての人たちのためにも、まずはFC東京でレギュラーを奪取し、その先の道へとつなげていく。

(取材・文 折戸岳彦)

トレーニングマッチ vs大田シチズン

元の記事へ移動

8日に行われました、大田シチズン(韓国)とのトレーニングマッチの試合結果をお知らせいたします。2016年2月8日(月)12:00キックオフ(45分×4本)・指宿いわさきホテル内サッカー場浦和レッズ 4-2(1本目1-1、2本目2-1、3本目0-0、4本目1-0) 大田シチズン(韓国)[1本目]GK 西川DF

ドイツで輝き取り戻したチチャリートにバイエルンが興味?

元の記事へ移動

ドイツで輝き取り戻したチチャリートにバイエルンが興味?
 バイエルンレバークーゼンのFWハビエル・エルナンデスに興味を示しているようだ。スペインメディア『フィチャシス』が報じている。

 出場機会を求めて昨夏にマンチェスター・ユナイテッドからレバークーゼンに移籍したチチャリート。今季は公式戦25試合で21得点とこれまでのうっ憤を晴らすかのような活躍を見せている。

 ドイツで自信を取り戻したチチャリートに対して、エースFWロベルト・レワンドフスキの移籍が噂されるバイエルンが興味を示しているという。同クラブは来季からカルロ・アンチェロッティ氏が監督に就任することが発表されており、同氏がレアル・マドリーを率いていた昨季にもレンタルで加入したチチャリートを指導しており、同選手を高く評価しているとみられている。

●ブンデスリーガ2015-16特集

ハーフナー5戦連続フル出場のADOデンハーグ、2度追い付かれドロー(8枚)

元の記事へ移動

後半25分にPA付近で前を向き、惜しいシュートを放ったFWハーフナー・マイク
[2.6 エールディビジ第22節 ADOデンハーグ2-2ローダ]

 エールディビジ第22節が6日に行われ、FWハーフナー・マイクの所属するADOデンハーグはホームでローダと対戦。2度のリードを守れず、2-2の引き分けに終わり、今季初の連勝を逃した。

●欧州組完全ガイド

【ほぼフロ 】20160206

元の記事へ移動





【#ほぼフロ 】20160206 練習試合 vs札幌 結果がわからないので何とも言えないけどね。 #frontale #jleague #川崎フロンターレ #kawasakifrontale 記録媒体は#ほぼ日手帳 #ponta日付シート #shirodasheet #hobonichi #手帳ゆる友 #ほぼ日手帳カズン #ほぼ日avec  Pray for Taiwan.

kumin'(Kuh or Kumi)さん(@skycafe0419)が投稿した写真 -




   にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

山形退団のDF中村英之が現役引退を表明

元の記事へ移動

 モンテディオ山形は8日、DF中村英之が現役を引退することを発表した。

 順天堂大から07年に水戸に加入し、プロデビューを飾った中村。草津、岐阜を経てを昨年、山形に加入したが、リーグ戦の出場はなく、ナビスコ杯1試合と天皇杯1試合の出場にとどまった。

 クラブを通じて中村は「プロサッカー選手としての9年間、どんな時も応援して下さったファン・サポーターの皆様には本当に感謝しています。そして、これまで関わってきたスポンサーの方々、トレーナーやドクター、そして僕を取り巻く全ての方々に大変感謝申し上げます。丈夫な身体に育ててくれた両親、サッカーをするきっかけを作ってくれた兄、これまで携わってきた指導者の方々に、今まで以上に感謝の気持ちを伝えたいと思います」と、感謝の気持ちを述べた。

 また、これまでのプロ生活を振り返り、「プロのキャリアをスタートしてからの9年間、毎日を全力で生きてきました。ただ、満足したことは一日もなかったです。振り返ればケガと向き合う時間も多く、どちらかと言えば辛いことの方が多い選手生活だったように思います」と語り、今後については「アメリカで英語力を身につけながら、将来のための準備をしていきます。近い将来、日本のスポーツ界やサッカー界の成長・発展の手助けができるように努力していきたいと思っています」とコメントした。

 以下、クラブ発表のプロフィール

●DF中村英之
(なかむら ひでゆき)
■生年月日
1984年6月3日(31歳)
■身長/体重
186cm/78kg
■出身地
埼玉県
■通算出場記録
J2リーグ戦:164試合10得点
カップ戦:1試合
天皇杯:7試合

●2016年Jリーグ移籍情報