2016 J1-2nd第6節 vs湘南 レポート 緊迫

元の記事へ移動

おはようございます。昨日は、アウェイBMWで湘南戦、神奈川ダービーでした。ダービーと銘打たれているとおり、こういう戦いは、総じて順位に関係なく、白熱した試合になるものですが、この試合も例に漏れず、緊迫した試合となってしまいました。勝ったからいいものの、本当はもっと楽に見たかった。


7/30(土)19:00 J1 第6節 湘南  2 - 3  川崎  Shonan BMWスタジアム平塚
得点:32' 車屋 紳太郎(川崎)、48' 大久保 嘉人(川崎)、60' 小林 悠(川崎)、63' 大竹 洋平(湘南)、90' アンドレ バイア(湘南)


湘南ベルマーレ 3-4-2-1
-----------------17端戸---------------------
----------23高山----------19大槻------------
---10菊池-------------------------14藤田征--
----------22下田-----------16石川-----------
-------6三竿------4バイア-----36岡本拓-------
------------------1村山------------------
55分 19大槻 周平OUT → 7大竹 洋平IN
61分 14藤田 征也OUT → 15長谷川アーリアジャスールIN
68分 17端戸 仁OUT → 29ウェズレーIN


川崎フロンターレ 4-2-3-1
------------------13大久保----------------
---7橋本----------27大塚--------11小林悠---
----------14中村-----------21Eネット---------
---20車屋----5谷口---4井川------18エウソン---
-------------------1成龍------------------
66分 27大塚 翔平OUT → 17武岡 優斗IN
75分 18エウシーニョOUT → 23 エドゥアルドIN
80分 7橋本 晃司OUT → 6田坂 祐介IN


序盤は、湘南の鋭いブレスにもかかわらず、うまくいなし、川崎がペースをつかむことに成功します。ケンゴのポストを叩いたミドルや、コウジのバーを叩いたFKなど、ここらで1点入っていれば、もっともっと楽になった試合でした。


しかし、得点を決められないでいると、徐々に湘南の時間帯へと傾き、湘南のカウンターを喰らうようになります。CKからの菊池のヘディングで、ソンリョンが弾いた場面など、やられたと思いましたよ。


そんな悪い流れになりつつあった時間帯に、シンタロウがやってくれました。ケンゴさんから受けたパスをドリブルから自らDFを突破し、シュートまで打ち込みます。ここにヨシトも詰めていましたが、シンタロウのシュートですでにゴールしていたとされ、シンタロウのJリーグ初ゴールです。


それでも、前半は、拮抗した展開が続き、得点こそはいらなかったものの双方はいらかったものの激しい攻防が続きました。前半は、0-1で1点リードして折り返しましたが、決して、快勝できる流れではなかったです。


それでも、後半が始まり、やなり流れを変えたのは、シンタロウでした。左サイドを突破すると、タイミングを計りながらのドンピシャのクロスでした。そこに走り込みながら、体制を合わせたのは、ヨシト。ヨシトが体ごと合わせて、追加点をあげます。


さらに、CKからは、あたまでユウが合わせて、6試合連続ゴールと調子の波を切らせません。ここでほぼ勝負あったのですが、これで終わらせられません。


そのすぐ3分後に代わって入った、長谷川のスルーパスに抜け出した、これまた代わって入った大竹に決められてしまいます。これで2点差とされてしまったことで、湘南の息が切れません。


この後湘南の猛攻にたえながらも、右サイドでパスカットしたヨシトから入れられたクロスに頭で合わせた途中出場のタサのシュートは、ゴールに入ったように見えましたが、GKが取ったとして、その流れの中、試合が続行されます。タサとユウが抗議するも聞き入れられず。


そのすぐあとには、湘南に左サイドでFKを与えてしまうと、エドゥが競り負けて、バイアに頭で押し込まれて、ついに1点差とされてしまいます。その後も流れは、湘南のまま、押し込まれ、アディショナルタイムもこんな日に限って6分と長く、いつ追いつかれてもおかしくない展開のまま、最後の最後のところは守り切り試合終了となりました。


勝つには勝ちましたが、まったく勝った感のない印象で試合を終えました。それでも、冷静に考えると、シンタロウの初ゴール、ヨシトの通算ゴール記録169へと更新、ユウのジュニさん越えの6試合連続ゴールと素晴らしい記録が出ました。


ただ、事前に変な予測を立てて、打ち合いになりそうな気がしていたのですが、0-3になった時には忘れていました。しかし、スタイルの確立してる2クラブの試合で結局、1stステージ同様の打ち合いになってしまいました。


また懸念はしていたのですが、1得点はしたもののヨシトはやりずらそうでしたね。アシストとなったシンタロウのクロスはともかく、ほかに、出してほしいところでボールがこなくて、少しばかりイラついているヨシトが何度か見られました。


ショウヘイやコウジあたりがそこで出せていないことが多かったように思います。もちろん、ヨシトがすべてではないし、100%正しいわけでもないのですが、ヨシトに通っていたら、それも足元にピタリという形で通っていたら、というシーンがいくつかあったので、もっと点が取れていたかもしれないと思います。


また、僕には0-3になってから川崎の足が止まり、一方の湘南は代わった選手を中心に走り、最後まであきらめなかったこと。さらに不運も重なり、4点目が幻に終わったことで精神的にも厳しくなったことで後半追い詰められたのかと思います。


それでもこの緊迫した試合を勝ち切った、勝ち点3を獲ったというのは、アウェイでは、上出来だとも思っています。なので、追い詰められた原因のところをしっかり修正して、さらに無敗記録を伸ばしてもらいたいと思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


次のエントリを書く励みになります。また読みたいと思っていただければ、押していただきたいと思います。


にほんブログ村



ブログランキング

岐阜戦 サッカーの格言が当てはまるチーム

元の記事へ移動

前回の対戦では攻めあぐねて、セットプレーからの1点にとどまりドローでした。

相手の術中にハマった感のある、イライラの募る試合でした。


ただその岐阜は現在6連敗中です。

監督解任もあり試行錯誤している状況です。


前節も監督交代の劇薬も効果なく、首位の札幌に0-5で破れています。

また直近3試合では得点も取れてていません。


この相手に対して、エスパルスとしては勝点を落とすわけには行きません。

是が非でも勝点3が欲しい試合で、取らなければ取りこぼしということになり、PO圏外に落ちることになるかもしれません。


エスパルスは3試合連続で失点中です。

後半戦はわずか1試合しか無失点試合がありません。

GKが変わった7節まで遡っても、無失点試合はわずか5試合です。


これはチームの傾向として受け入れるべきですね。

ここまで来て守備の安定というのは難しいのかもしれません。

ならば不安定な戦いになるかもしれませんが、勝点を伸ばすには得点を取るということにフォーカスをしていけばいいと思います。


得点を取るイメージはできていると思います。

ただ、取れるときに取らなければなりません。

取れる時間帯でしっかりと得点をあげなければ、必ず相手のターンになります。

その時間帯で決定機を外しているシーンも目立ちます。


前半で3点取るくらいでないと安心できないということを、前節で示されました。

サッカーの格言で2点差が一番危ないというのですが、数字的には決してそんなことはないことは証明されています。

しかし、エスパルスに関しては当てはまってしまう印象が強いですね。


3得点を上げるというのは簡単ではないと思いますが、3.5試合に1回は3得点をあげています。

リーグ1位の得点力を見せつけられるかどうかが、これからの戦いのカギになりそうです。


大敗後のチームは守備の意識が高まり、堅くなる思いますが、勝点3のためには3回以上こじ開けて欲しいですね。


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

名古屋、ゴール遠く14戦勝利なし…DF安田「信じて戦うしかない」

元の記事へ移動

 明治安田J1第2ステージ第6節(30日、横浜M0-0名古屋、日産ス)名古屋は第2ステージの5試合で10失点と崩れていた守備陣が無失点と踏ん張ったが、ゴールは遠く14戦勝利なし。5バックを採用し、てこ入れした小倉監督は「現状では勝ち点1でよしとしないと」と話したが、表情はさえない。J2降格圏からは脱出できず、DF安田は「どうしても外圧はあるが、自分たちを信じて戦うしかない」と声を絞り出した。