チェルシー退団報道も現状変わらず…テリー「契約延長の話はまだない」

元の記事へ移動

チェルシー退団報道も現状変わらず…テリー「契約延長の話はまだない」
 チェルシーのDFジョン・テリーが自身の去就についてコメントした。英『スカイ・スポーツ』が報じている。

 今季限りでチェルシーとの契約が満了するテリー。先月31日には同クラブから更新のオファーがないことで今季限りでの退団が報じられていた。その後、フース・ヒディンク監督が、「クラブ側は彼との対話を望んでいる。まだ何も決定していないし、扉は開かれている」と語り、残留の可能性は残されていると話していた。

 しかし、7日のプレミアリーグ第25節マンチェスター・ユナイテッド戦後、この話題にふれたテリーは、「自分が把握している限りはなにもない。僕はここに残りたいとはっきり言っている。でも、現時点で契約延長に関する話は受けていない」と、状況に変化がないことを明かした。

「ここでの思い出は一生忘れないし、チェルシーは僕の中で一緒に永遠にあり続ける」。14歳から在籍するクラブへの感謝の気持ちを語るテリー。ユナイテッド戦ではスタンドにテリーの残留を願う横断幕を掲げるなど、サポーターも契約延長を望んでいる。なお、テリーに対してはアメリカや中国、カタールのクラブが獲得に興味を示している。

●プレミアリーグ2015-16特集