負けたら終わりの決勝Tへ…手倉森監督「サッカー人生で一番大切な10日間になる」

元の記事へ移動

負けたら終わりの決勝Tへ…手倉森監督「サッカー人生で一番大切な10日間になる」
 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権)を戦うU-23日本代表はサウジアラビアを2-1で下してグループリーグ3連勝を飾った翌20日、準々決勝イラン戦に向けてトレーニングを行った。

 前日のサウジアラビア戦に先発出場した11選手はランニングなどで汗を流し、控え組はミニゲームやPK練習をこなした。負傷により軽めの調整が続いていたDF室屋成(明治大)は全体練習に復帰して、控え組とともにトレーニングを消化。だが第3戦サウジアラビア戦の前日練習を股関節痛のため、「一日安静。強制安静」(手倉森誠監督)したFW鈴木武蔵(新潟)はこの日も別メニュー調整が続いた。

 鈴木に加え、負傷明けのDF松原健(新潟)のコンディションは気になるところだが、指揮官は「負ければ終わりなので、彼らは出る覚悟を持っているだろうし、やらせるぞと声を掛けている」と明かした。

「間違いなく、あと10日で世界に挑戦できるかが決まります。ここを契機にA代表に成長した先輩を見たら、彼らのサッカー人生の中で一番大切な10日間を過ごすことになる」

 必ずリオ五輪への切符を獲得するため、総力戦で決勝トーナメントに臨むU-23日本代表は、22日にベスト4を賭けてU-23イラン代表と対戦する。

(取材・文 折戸岳彦)

●AFC U-23選手権2016特集

「日本は誰が出ても強いと証明できた」…U-23代表GK杉本、“腐りかけた自分”からの変化

元の記事へ移動

「日本は誰が出ても強いと証明できた」…U-23代表GK杉本、“腐りかけた自分”からの変化
 正直、腐りかけた時期があるという。14年9月、アジア大会前に千葉県内で行ったトレーニング中に負傷したU-23日本代表GK杉本大地(徳島)。発足当初から手倉森ジャパンの常連として活動してきたが、その後、招集の機会はなかなか訪れなかった。

「ケガの影響もあってなかなか本来のプレーができずに、しんどかったです」と当時を振り返る。そして、コンディションが上がってきたと感じても年代別代表には招集されない時期が続くと、「よくないことですが」と前置きをしつつも、「腐っていましたね。『何で入れないんだろう』と思ったし…」と葛藤の日々を送っていたことを明かした。

 ただ、そのときに気付けたこともある。「悪い自分に気付けた」と。「僕は人の評価を気にし過ぎることがあるので、それを治そうと。周囲から何を言われようとも、とにかく自分に自信を持とうとしました」。周囲の評価に振り回されず、自分らしく自信を持ってプレーする。結果は後からついてくると信じて――。

 そして、アジア大会から1年1か月後の15年10月、再び手倉森ジャパンに名を連ねた杉本は、見事にリオ五輪アジア最終予選メンバーに選出される。「悪い時期を過ごすこともありましたが、手倉森監督が選んでくれましたし、評価してくれる人がいると感じられた。それは自分自身にとっても大きかったです」。

 自分を評価してくれた指揮官。だからこそ、杉本はこのチームのために全てを捧げようとしている。最終予選ではグループリーグ第1戦、第2戦とGK櫛引政敏(鹿島)がゴールマウスを守り、杉本に出場機会は訪れなかった。「昔だったら、試合に出ている選手がミスをすれば自分が出れるんだと思ったこともありました」と若かりし日を懐かしむように話すと、「ただ今は自分が出なくても腐らずにやれるし、チームの勝利のために何をすべきかを一番に考えています」とたとえ試合に出られなくとも、チームに貢献できると考えられるようになった。

 迎えたGL第3戦サウジアラビア戦、ついに杉本に出番が回ってくる。手倉森ジャパンの一員として公式戦のピッチに立つのは、14年1月16日のAFC U-22選手権オーストラリア戦以来、約2年ぶりとなった。

 前半15分にPA内から放たれたFWアブドゥラハマン・アルガムディのシュートを弾き出すと、「1本止められたのは自信になったし、その後の集中力につながった」とその後も安定したセービングを披露してゴールを守り続ける。さらに後半8分に生まれたMF井手口陽介(G大阪)のゴールの起点になるなど、フィードでも魅せた。不運なPKによる1失点こそ喫したが、90分間ピッチに立ち続けて2-1の勝利、チームのGL3連勝に貢献した。

 先発メンバー10人を入れ替えて臨んだ試合での勝利に、「日本は誰が出ても強いんだと証明できたと思う」と充実した表情を見せた。一時は腐りかけたのかもしれない。しかし、一回りも二回りも成長して手倉森ジャパンに戻ってきた守護神は、今後もチームの勝利のためだけに戦い続ける。

(取材・文 折戸岳彦)

●AFC U-23選手権2016特集

“鬼門”に挑むU-23代表、DF植田「今回は違った結果になる」

元の記事へ移動

“鬼門”に挑むU-23代表、DF植田「今回は違った結果になる」
 準々決勝。ここが手倉森ジャパンの鬼門となっている。リオデジャネイロ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権)でグループリーグ3連勝と勢いに乗るU-23日本代表は、22日にベスト4を賭けてU-23イラン代表と対戦する。

 14年1月に行われたAFC U-22選手権ではイラク(●0-1)、そして同年9月のアジア大会では韓国(●0-1)に準々決勝で敗れた。ともに先発フル出場を果たしているDF植田直通(鹿島)はサウジアラビア戦翌日に、「やっときたという感じがありますが、いつもここが僕たちの壁になっているので、必ず乗り越えなければいけない」と静かに闘志を燃やした。

 アジア大会から約1年4か月。当時と比べて「雰囲気は違うと思うし、競争意識もより生まれているので、そういう部分はプラスになっています」とチームの成長を感じている。何よりも2度の苦い経験を味わったことで、準々決勝突破に賭ける意気込みが違う。

「ベスト8に対する思いは皆強いです。今回は違った結果になると思うので、しっかりとチーム全員で乗り越えていきたい」

 リオ五輪出場権を獲得するには3位以内に入る必要があり、そのためには鬼門を必ず突破しなければならない。「最後まで集中力を切らさないこと。1点がものすごく大事な展開になってくるので、相手にやらせず、まず点を取ることを意識してやっていきたい」と勝利へのポイントを挙げた。2度の屈辱を味わった舞台で植田は真価を発揮し、ただ勝利だけを目指す。

(取材・文 折戸岳彦)

●AFC U-23選手権2016特集

爆発間近のU-23代表MF南野、連係向上に手応え「チャンスは来る」

元の記事へ移動

爆発間近のU-23代表MF南野、連係向上に手応え「チャンスは来る」
 確実にチームにフィットしてきている。そして、自らの持ち味も発揮しつつある。U-23日本代表MF南野拓実(ザルツブルク)が爆発する時は確実に近付いているようだ。

 グループリーグ第3節サウジアラビア戦、3試合連続出場となった南野は4-3-3の右ウイングで先発出場を果たす。前半はボールに絡む回数は限られたが、PA内まで進入してフィニッシュの場面に顔を出すなど、ゴールへの意欲を示す。そして、後半に入るとよりボールに絡む回数を増やすだけでなく、チームメイトとの連係で相手守備網を切り裂く場面を作り出した。

 右サイドでボールを受けると、中央に向かってドリブルを開始。周囲の仲間とのパス交換で敵陣深くまでボールを運んで好機を生み出そうと奮闘。「試合を重ねるごとに、そういう場面が多くなっていると思うし、いい形で攻撃ができたと思う。個人的にも良くなってきています」と連係向上に自信を覗かせる。

 そして、アシストという結果もきっちりと残した。後半8分、後方のDF松原健(新潟)からパスを呼び込むと、右サイドから切れ味鋭いドリブルでPA内に進入。相手DF数人に囲まれながらも、落ち着いてMF井手口陽介(G大阪)へとラストパスを通してチーム2点目を演出した。「何か結果がほしかったので、アシストを記録できたのは個人的に良かったと思います」と安堵の表情を見せる。

 しかし、ここで満足することはない。「チームが勝つことが一番大事。チームのためにやるだけ」と強調しつつ、「ボールをつなぐことができたらチャンスは来ると思うし、大事なところで試合を決めるゴールを取れるように準備しておきたい。次ですね」と力を込める。連係面が向上して迎える決勝トーナメントで、ついに爆発のときを迎えるか。

(取材・文 折戸岳彦)

●AFC U-23選手権2016特集

[FA杯]再び若手主体で臨んだリバプールが4部エクセターに快勝、4回戦進出決める

元の記事へ移動

[FA杯]再び若手主体で臨んだリバプールが4部エクセターに快勝、4回戦進出決める
[1.20 FA杯3回戦再試合 リバプール3-0エクセター]

 FA杯は20日、3回戦の再試合を行った。リバプールはホームにエクセター(4部相当)と対戦し、3-0で勝利した。30日の4回戦ではウエスト・ハムと対戦する。

 8日の第1戦で格下相手に先制点を許すなど2-2と引き分け、ふがいない結果に終わっていたリバプール。再試合となったこの試合でも若手主体で臨んだが、本拠地アンフィールドでは26本のシュートを浴びせるなど格の違いを見せつけた。

 リバプールは前半10分、FWクリスティアン・ベンテケのリターンをPA左の深い位置で受けたDFブラッド・スミスがマイナスに折り返したボールをMFジョー・アレンが右足で流し込み、先制点。後半9分には、ショートコーナーの流れからMFジョードン・アイブが放った左足シュートはクロスバーを叩いた。

 優勢に試合を進めながらもなかなか追加点を挙げられないでいたリバプールだが後半29分、PA左でパスを受けたFWシェイ・オジョが独特のリズムから相手を抜き切る前に左足を振り抜き、ゴール左隅に決めて、2-0。37分にはベンテケが相手DFをひきつけて出したラストパスをMFジョアン・カルロス・テイシェイラがきっちり決めて、3-0でリバプールが快勝した。

●プレミアリーグ2015-16特集