[サンティアゴ・ベルナベウ杯 2016] レアル・マドリードCF vs スタッド・ドゥ・ランス

元の記事へ移動

2016年08月16日に行なわれたプレシーズンマッチ「第37回サンティアゴ・ベルナベウ杯」、レアル・マドリードCF(スペイン1部)対スタッド・ドゥ・ランス(フランス1部)のYouTube […]

続きを読む

【動画】[CLプレーオフ]ステアウア・ブカレスト 0-5 マンチェスター・シティ(2016/08/16)

元の記事へ移動

UEFAチャンピオンズリーグ・プレーオフ1stLeg、ステアウア・ブカレストvsマンチェスター・シティ戦のハイライト動画です。

Steaua Bucuresti 0 - 5 Manchester City
13' 0 - 1 ダビド・シルバ
41' 0 - 2 セルヒオ・アグエロ
49' 0 - 3 ノリート
78' 0 - 4 セルヒオ・アグエロ
89' 0 - 5 セルヒオ・アグエロ

【動画】[CLプレーオフ]ヤング・ボーイズ 1-3 ボルシアMG(2016/08/16)

元の記事へ移動

UEFAチャンピオンズリーグ・プレーオフ1stLeg、ヤング・ボーイズvsボルシア・メンヘングラッドバッハ戦のハイライト動画です。久保裕也は先発出場、73分までプレー。

Young Boys 1 - 3 Borussia Moenchengladbach
11' 0 - 1 ラファエウ
56' 1 - 1 ミラレム・スレイマニ
67' 1 - 2 アンドレ・ハーン
69' 1 - 3 ラファエウ

[1781号](表紙)文月の十一傑(裏表紙)紫紺の勇者、夏の大学日本一に

元の記事へ移動

17811781h4

[2016年8月17日発売 エルゴラッソ1781号]

月間EGアワード 7月

7月のMVPは全試合でゴールを挙げた小林悠


J2第29節・東京V vs 横浜FC マッチレポート

耐えて、直して、スキを突く。横浜FCが4連勝を達成


J1・2nd第8節・福岡 vs 鹿島 マッチレポート

鹿島、課題を残しながらも連敗止める


**************************INDEX****************************
[明治安田J2第29節 マッチレポート]

■札幌 vs 山形
今季の札幌らしい手堅い試合運び。誰が出ても不安なし

■清水 vs 山口
長年の課題を露呈。勝ち点2を落とした清水

■京都 vs 町田
流れるような決勝点で京都は6戦無敗

■岡山 vs 讃岐
讃岐の戦略を上回り、地力の差を見せ付けた岡山

■岐阜 vs 徳島
岐阜、反撃及ばず10試合勝利なし

■北九州 vs 愛媛
両軍、選手起用が奏功したドロー

■長崎 vs 金沢
両者疲労の色濃く、均衡は破れず

■群馬 vs 水戸
群馬、7年ぶりに“鬼門”突破

■熊本 vs 千葉
快勝を生んだ、選手間の距離とバランスの良さ

■C大阪 vs 松本
大阪夏の陣を制したのは信濃国の緑の軍団

[総理大臣杯 決勝]

■明治大 vs 順天堂大
悲願達成

[目指せ! 敏腕サッカー新聞記者]

■ジェフの夏休み2016 サッカー記者体験ワークショップ開催!!

《エル・ゴラッソは、PC、スマホでも読める♪》
①fujisan…日本最大級の電子書籍サイト
http://www.fujisan.co.jp/product/1281692744/
②honto…電子書籍と紙のハイブリッド型総合書店
http://honto.jp/ebook/pd-series_B-900085-000000-11110022.html

[8月17日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
MF野田紘史(金沢、1986)*スピードだけでなく、空中戦での強さと高さを持つDF。
GK岩舘直(浦和、1988)*至近距離でのシュートストップに定評があるGK。
DF大岩一貴(仙台、1989)*両足で正確なプレーができるDF。対人守備にも強い。

World
DFフィル・ジャギエルカ(エバートン、1982、イングランド)*粘り強いマークと反応の速さが売り。

Former
DFヤン・ハインツェ(元PSVほか、1963、デンマーク)*元デンマーク代表の左SB。代表通算83試合出場。
DFジョルジーニョ(元鹿島ほか、1964、ブラジル)*元ブラジル代表の右SB。94年W杯優勝メンバー。
FWティエリ・アンリ(元アーセナルほか、1977、フランス)*抜群の決定力とスピードを持ち、長身でテクニックも兼ね備えたストライカー。14年12月に現役引退を表明した。
DFウィリアム・ガラス(元アーセナルほか、1977、フランス)*フィジカルの強さを生かした守備と空中戦の強さが持ち味のDF。14年10月に現役引退した。

Others
ロバート・デ・ニーロ(俳優、1943)
赤井 秀和(俳優、1959)
華原 朋美(歌手、1974)
蒼井 優(女優、1985)
戸田 恵梨香(女優、1988)
舞川 あいく(ファッションモデル、1988)
堂林 翔太(野球、1991)

9月~11月の日程 大きなヤマが2つ

元の記事へ移動

先日、9月から11月のキックオフの時間が発表されました。

ナイトゲームが終わり、デーゲームになります。

夏が終わったと実感し、リーグも佳境に入ったと実感する時です。


日程は以下の通りです。

第31節  9月11日(日)18時  H山形

第32節  9月18日(日)16時  H水戸

第33節  9月25日(日)14時  A松本山雅

第34節 10月 2日(日)14時  AC大阪

第35節 10月 8日(土)15時  H町田

第36節 10月16日(日)16時  A金沢

第37節 10月23日(日)13時  H北九州

第38節 10月29日(土)17時  A群馬

第39節 11月 3日(木)14時  H京都

第40節 11月 6日(日)13時  A讃岐

第41節 11月12日(土)15時  H岡山

第42節 11月20日(日)14時  A徳島


ポイントは松本、C大阪のアウェーの連戦でしょう。

ここで、今シーズンの最終目標が定まりそうです。


また38節~40節は過密日程となります。

ここでの勝点が順位に大きな影響を及ぼすでしょう。

いくつかの結果がでる頃かもしれません。



にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

上位対決セレッソ大阪に競り勝つ!パウリーニョの移籍後初ゴールで1-0の勝利

元の記事へ移動

自動昇格を狙いどちらも負けられない一戦になったこの試合。引き分けも負けもいらない、欲しいのはただ勝利だけ、勝点3が何よりも大事な戦いだった。

山雅はここ3試合全て引き分けで負けてはないものの、勝てそうな試合を逃してきているだけに、どうしても勝ちきりたい!そんな週末でもありました。


試合の方はパウリーニョの移籍後初ゴールを守りきり1-0で勝利!相手陣内でボールをカットしてからの一線、いいミドルシュートでした。これでホームで敗れた借りをきっちり返すことに成功!!

この勝ちは本当に大きい!!

守備ブロックは両チームとも固く、最後まで崩しきることがなかなか難しい展開でしたが、こういうところでミドルを決めてくれるのは本当に嬉しいですね。終盤、クローズのところもベンチ・選手・サポが一丸となって跳ね返す事ができました。やりきった感満載でしょ。


雷雨の影響もあって開始が遅れた中での試合でしたがゴール裏はめいいっぱい入ってメインにも沢山のサポが。大阪まで2000人行くとか流石です。アウェイのゴール裏とか最高なのでまた行きたいですね。

<FW浅野拓磨(アーセナル)>レンタルなら宇佐美所属アウクスブルク有力

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/15(月) 11:39:17.40 ID:CAP_USER9.net

リオデジャネイロ五輪日本代表FW浅野拓磨(21=アーセナル)が、
ドイツ1部アウクスブルクに期限付き移籍する可能性があることが14日、分かった。

広島からアーセナルに完全移籍したが、
英国の労働許可証を取得できなかった場合は他国クラブに期限付き移籍することが濃厚。

その際の有力候補に挙がった。

取得可否は週明けにも判明する見通しだが、
申請が認められなければ、プレミアリーグではなくブンデスリーガで欧州デビューする。

先月18日に渡英し、ロンドンで身体検査や推定4年契約の手続きを済ませた。
初対面したベンゲル監督からも高く期待された。

ただ、労働許可証を取得する際の基準の1つにA代表歴があり、昨年8月にデビューしたばかりの浅野が、取得できるかは微妙。
特例につながる五輪でのメダル獲得も果たせなかったため、今回の話が進んだ。

アウクスブルクは6月、アーセナルより早い段階で正式オファーを出していた。
浅野は好印象を抱き、情報共有もできており不安は少ない。

13日に帰国した際は「まだ連絡がない」と移籍の動向を明かさなかったが、
アウクスブルク移籍となれば、日本代表FW宇佐美との共演となる。

◆アウクスブルク 1907年創設。本拠地はバイエルン州、WWKアレナ(3万人収容)。
主要タイトルはなし。元日本代表MF細貝が在籍した10-11年シーズンに2部で2位となり初の1部昇格。
1部での最高成績は14-15年シーズンの5位で、昨季は9勝11分け14敗で12位。新シーズンからディルク・シュスター新監督が就任。

日刊スポーツ 8月15日(月)7時58分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160815-00000031-nksports-socc

写真
http://lpt.c.yimg.jp/amd/20160815-00000031-nksports-000-view.jpg

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1471228757
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

山口蛍の悲壮な決意「代表に半年は呼ばれない覚悟」。欧州からJ2へ、復活への厳しい挑戦

元の記事へ移動

1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/08/16(火) 19:26:19.39 ID:CAP_USER9.net

ブンデスリーガからC大阪へ復帰した山口蛍。欧州からJ2への移籍となり、厳しい声もあった。さらにチーム状態も良くない。苦しい時期を過ごす山口蛍の胸中はいかに。J1昇格と日本代表復帰を目指す本人を直撃した。(取材・文:元川悦子)

2位再浮上狙うも敗戦。歯車が合わないC大阪

 14日にキンチョウスタジアムで行われたJ2第29節・セレッソ大阪対松本山雅のJ2上位対決。28節終了時点で2位・松本山雅が勝ち点53、3位・C大阪が51で、C大阪は勝って順位を入れ替え、J1自動昇格圏への再浮上を狙っていた。

 しかし、C大阪は松本山雅の手堅い守りを攻略しきれず、逆に前半42分、パウリーニョの豪快なミドル弾を浴びてしまう。山口蛍が玉田圭司とのワンツーを狙って出したパスをカットされ、そのまま決められるという場面であった。

「俺はワンツーで行けると思った。ああいうシーンでムダなクリアはしたくないし、つないでいくチームではあるから。そういうことも後ろの人とも話しましたけどね」と山口蛍は明確な意図を持ったプレーだったことを話すが、結果的に裏目に出てしまったことは事実だ。

 猛攻に出ていた後半37分にも、彼は渾身のミドル弾を相手GKシュミット・ダニエルに止められる苦渋を味わった。松本山雅のキャプテン・飯田真輝が「山口選手のシュートシーンが一番の脅威だった」と安堵感を吐露しただけに、その一撃が勝負を分けたと言っても過言でないだろう。この敗戦でC大阪は4位に落ち、2位との差は5。悲願のJ1復帰に再び暗雲が漂いつつあるのは確かだ。

 山口蛍がドイツ・ブンデスリーガ2部降格を強いられたハノーファーでの挑戦をわずか半年で打ち切り、古巣復帰の道を選んでから2ヶ月。C大阪は足踏み状態に陥っている。彼が戻った7月3日の第21節・ロアッソ熊本戦以降、チームは3勝2分4敗と黒星が先行。失点も急増した。一体何が起こっているのか。

加入当初の迷い。自分からアクションを起こす必要性を痛感

 大熊清監督は3バック採用など改善策を講じているが、ボールの奪いどころが明確でないといった課題は多い。

「2~3年前ならサイドバックに入ったら取りに行くとか、そういう共通理解があったからみんなの狙いどころもハッキリしていた。今はそれもないし、誰かがスイッチを入れるわけでもない。

 俺が行けばスイッチになると後ろの選手も言ってくれているけど、真ん中を空けると逆にやられがち。山雅戦の前半も後ろが3枚で引いていたから、ますます前から取りに行けなかった。だけど、もう少し割り切って行ってもいいのかなと思います。

 今季はメンバーも変わったし、戻ってから今までは若干の遠慮というか、俺が合わせる形になっていた部分があるんで、もっと自分から周りを動かしていってもいいのかなと思う」と山口蛍は自らアクションを起こす必要性を改めて痛感している。

 この苦境でチームの雰囲気を劇的に変える存在感と統率力を示さなければ、わざわざJ2に戻った意味もなくなってしまう。日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督も苦言を呈していた。

「蛍が2部に帰ってくると聞いて『うれしくない』と本人に伝えた。ドイツは2部でもフィジカルの戦いが違う。ドイツで成長するはずの選手だったが、今の状況ではA代表の先発になるのは難しい」と語るように、山口蛍の古巣復帰の選択には、依然として厳しい声も少なくない。

「(ハリル)監督もそうだけど、いろんな人から『早く帰って来過ぎ』とか『逃げて帰ってきた』とか今もすごい言われるし、そう思われてもおかしくない。自分の中ではそれを受け止めているし、そのうえで自分が何を成し遂げていくか、変わっていくかが大事やと思っています」

 山口は自身への批判を認識している。そしてこう強調した。

「俺はセレッソで何も成し遂げてない」
2 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/08/16(火) 19:26:33.25 ID:CAP_USER9.net

「宇佐美(貴史=アウグスブルク)も浅野拓磨(アーセナル)も、Jリーグで優勝してから出て行った。自分は最高でも4位、どうしても優勝したい気持ちが強い。J2優勝でも、カップ戦でもいいから、とにかくこのチームでタイトルを取りたい。

 ドイツに行ってから、このチームに対しての思いがこんなにもあるのかと分かったし、セレッソのユニフォームを着る自分以外、全然想像できなかった」

 山口をはじめC大阪の選手たちはチーム愛が強い。タイトルを獲らぬまま移籍した後悔はあったのだろう。とはいえ、日本代表のポジションを争う立場としては不利な状況にある。

「(C大阪に)戻ると決めた時、代表には半年は呼ばれない覚悟はしていました。去年は(ハリル)監督も就任1年目だし、自分もJ2・1年目だから呼ばれたけど、今はそう簡単ではない。だからまずJ1にしっかり上がって、代表に選ばれるようなプレーをして戻るのが一番いい。今は代表のことより、チームをどうにかしなくちゃいけないから。

 どこにいても自分自身、意識を変えてやっていけば必ず成長できるはず。J2の方が絶対フィジカル的にはきついし、マイナスにはならへん。今のような、勝ったり負けたりしている状況を抜け出して、勝ち切っていくことができれば、チームも自分も、もう一段階上にいける。ここから連勝すれば再び自動昇格圏にだって上がれる。そう信じています」と山口蛍は率直な思いを切々と口にした。

 C大阪は山口、柿谷曜一朗など一線級の選手を揃えるが、チーム状態は決して良いとはいえず、J1へ確実に復帰できる保証はない。だが、その可能性を高めるために、自ら率先してチーム状態を改善していくことしか、今の山口にできることはない。

 日本代表として2年後のロシアW杯へ行く道を閉ざさないためにも、山口蛍にはメンタル・プレー両面で大きな変化が求められる。強引に周りを動かして、流れを変えるくらいの大胆なリーダーシップを示す必要がある。

 代表を我慢してまでチームの昇格に注力し、その後代表復帰へ――。山口蛍は、悲壮な覚悟で厳しい道のりに挑もうとしている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160816-00010012-footballc-socc&p=2
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1471343179
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

◆Jリーグ◆磐田の練習に謎の白人選手がいると話題に!

元の記事へ移動

138: U-名無しさん@実況・\(^o^)/ 2016/08/16(火) 17:27:37.78 ID:EHrNoNUT0 磐田の練習に謎白人がいるらしいけど枠無いよな Cには見えないし
no title

no title

引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart7915

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)