[UAチャレンジカップ]「引っ張っていける選手を増やそう」明秀日立が前年優勝の韓国・彦南破り、決勝進出!

元の記事へ移動

[UAチャレンジカップ]「引っ張っていける選手を増やそう」明秀日立が前年優勝の韓国・彦南破り、決勝進出!
[3.24 アンダーアーマーチャレンジカップ準決勝 彦南高 1-1(PK6-7)明秀日立高 富士緑の休暇村]

 日韓の強豪8校が真剣勝負で成長を目指すと同時に、栄養講習会やリカバリー講習会を通して体作りの知識などを身につけている「アンダーアーマーチャレンジカップ2016 SPRING」は24日午後に準決勝を行い、明秀日立高(茨城)が1-1で突入したPK戦の末、前年優勝の彦南高(韓国)に勝利。25日の決勝へ駒を進めた。

 明秀日立が8人目までもつれ込んだPK戦を制して13年夏のアンダーアーマーチャレンジカップ以来となる優勝に王手を懸けた。彦南のPK戦1人目をGK鈴木翼(2年)がいきなりストップ。CB黒宮渉(2年)、左SB岩谷拓汰(1年)、MF武藤淳主将(2年)、FW岡本和馬(2年)と4人連続で成功した明秀日立は決めれば勝利の決まる5人目・右SB伊里隼人(1年)のシュートがポストを弾いてしまったが、続くMF松永健太(2年)、MF篠崎圭人(1年)が冷静にコースへシュートを沈める。すると8人目に彦南がフィールドプレーヤーのCBイ・ジソルをGKに起用する奇策を採用。それでも、MF柚木寛明(2年)が右隅に決めた明秀日立は直後に鈴木がMFイ・ソクジュのシュートを右に跳んで止めて熱戦に決着をつけた。

 今大会、明秀日立は登録の20選手をローテーションしながら起用。2チーム分の選手たちが高いレベルの試合の中で経験を積みながら結果も4連勝と、いい形で大会を進めてきている。この日は前半17分、10番MF小磯克文(2年)のスルーパスからFW石川皐己(2年)が右足で先制ゴール。その後、彦南のMFイ・サンジンに左足シュートを叩きこまれて同点に追いつかれたが、後半、怪我明けの主軸MF大野拓朗(2年)やMF前川翔梧(2年)、小磯が交代する中でも代わった選手たちが懸命なプレーを見せて勝ち越し点を許さない。

 チャンスの数こそ少なかったが、CB有金理久(2年)や黒宮が高さを発揮するなど守り切ってPK戦勝利に繋げた。PK2本を止めてヒーローになった鈴木は「最初に点取れたことが感謝しないといけないこと。あとDFラインが大会通じて成長している。フィールドの人に助けられた」と感謝。チーム全員で決勝の切符を勝ち取った。

 昨年は3年ぶりとなる全国高校総体出場を果たすと、全国高校選手権にも初出場。茨城北部の新鋭は初陣で三重の名門・四日市中央工高を破って見せた。新チームは新人戦で準優勝し、今大会でも決勝進出するなど高いレベルを維持しているが、萬場努監督は「選手権に出ていた選手と他の選手との差がある」と指摘する。厳しい戦いを実際に経験してきた選手と新チームになってから出場機会を得ている選手たちの差。鈴木が「怒られたり、指導された時に(意識、モチベーションの)上がるのが選手一人一人の温度差がある。最近では『引っ張っていける人を増やそう』という話をしている」と説明したように、「引っ張っていける人」を増やして、より高い意識を持って日々成長を目指す。アンダーアーマーチャレンジカップはラスト1日。秋田商高との決勝を制して、シーズンの本格的な開幕に繋げる。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
アンダーアーマーチャレンジカップ2016 SPRING特集ページ

第832回toto 飯塚健司の儲カルチョ

元の記事へ移動

 水曜日(23日)のナビスコ杯では主力を温存し、若手にチャンスを与えるチームが多かった。今回も若手が多くなると、どんな結果になってもおかしくない。とはいえ、実戦からあまり遠ざかると試合勘が鈍ってしまうため、今回は主力が出場すると予想される。そうなると波乱は少ないかもしれない。

【動画】[ロシアW杯アジア予選]日本代表 5-0 アフガニスタン代表(2016/03/24)

元の記事へ移動

FIFAロシアワールドカップ・アジア2次予選 グループE 第9節、日本代表vsアフガニスタン代表戦のハイライト動画です。

Japan 5 - 0 Afghanistan
43' 1 - 0 岡崎慎司
58' 2 - 0 清武弘嗣
63' 3 - 0 オウンゴール
74' 4 - 0 吉田麻也
78' 5 - 0 金崎夢生

5発大勝にご満悦、饒舌のハリル「少しは良いこと書いて」

元の記事へ移動

5発大勝にご満悦、饒舌のハリル「少しは良いこと書いて」
[3.24 W杯アジア2次予選 日本5-0アフガニスタン 埼玉]

 試合後の記者会見は饒舌だった。FW本田圭佑、MF香川真司をベンチスタートとする中、4-4-2の新システムにトライし、FWハーフナー・マイク、FW小林悠といった新戦力もテストした。結果は5-0の大勝。バヒド・ハリルホジッチ監督は「本当に美しい勝利だった。選手は勇敢に戦ってくれた。やる気と、私が要求したアグレッシブさを出してくれた」と満足げに振り返った。

 中盤をダイヤモンド型にした4-4-2については「すべてがパーフェクトだったわけではない」と認める。「選手が“うまくやろう”としすぎていた。そのためにパスが速すぎたり、判断が早すぎたりして、正確さを欠いた」。とはいえ、練習できたのは前日23日の一回のみ。「バルセロナでさえ、1回目の試合で理想の形はなかなか出せない。我々が考えているよりフットボールは難しい」と、選手を擁護した。

 先制点が生まれたのは前半43分。それまでは「(0-0に終わった昨年6月の)シンガポール戦が頭をよぎった」というが、同時に「選手はアグレッシブさ、やる気に満ち溢れていた。5秒さえ惜しまずに努力していた。得点を取るだろうなという確信はあった。だから、そこまで不安ではなかった」と、目の前の選手たちを信頼していた。

「評価したいのはチームスピリットが素晴らしかったことだ。このようなアグレッシブさを私は要求していた。相手は我々の16mの中に入ってこれなかった」

 何度も「チームスピリット」という言葉を繰り返し、選手に称賛の言葉を送ったハリルホジッチ監督。「ロジック(論理的)な結果だった。7点目、8点目が入っていてもノーマルだったかなと思う」と述べ、「みなさんにも少し評価してもらえればと思う。全部でなくてもいいが、少しは良いことを書いてもらえれば」と冗談交じりに語り、報道陣の笑いを誘った。

「私は批判してもらっていい。ただ、チームを褒めてあげてほしい。今日は本当にチームスピリットが素晴らしかった。このグループを本当に誇りに思う。このチームで成功したいとあらためて思った」。ご満悦の指揮官は、選手への賛辞を惜しまなかった。

(取材・文 西山紘平)

●ロシアW杯アジア2次予選特集
●ロシアW杯各大陸予選一覧

ハリルから“呼び出し”の長友…『お前が中なら俺は外』でリズム生む

元の記事へ移動

ハリルから“呼び出し”の長友…『お前が中なら俺は外』でリズム生む
[3.24 W杯アジア2次予選 日本5-0アフガニスタン 埼玉]

 一人が中に入れば、一人が外に開く。その逆も然り。左SBの位置に入ったDF長友佑都は、彼の前にポジションを取るMF柏木陽介やMF原口元気とは逆に動くことで自らのリズムを生み出した。

 この試合は従来のシステムである4-2-3-1ではなく、中盤をダイヤモンド型にした新システムの4-4-2が採用された。初めてのシステムに長友は「特に陽介や(右サイドから)流れてくる元気とのポジショニング、距離感やバランスというのを意識していた」と試合に臨んだものの、なかなかリズムをつかめない。その理由を「被っていた」と明かした。

 前方に位置する柏木はタッチライン際まで張り出すことが多かった。そして、長友もサイドに張ってボールを受けようとしたため2人が縦に並び、「相手がマークしやすい状況」になっていた。しかし、一つの出来事によって、この状況に変化が生まれる。前半28分に相手選手が負傷してピッチ上に倒れ込み、わずかな時間を利用してMF長谷部誠を中心に円陣が組まれた後、長友と柏木はバヒド・ハリルホジッチ監督から“呼び出し”を受ける。

「ミーティングでも話していましたが、陽介と僕が同じように張るのではなく、陽介が中に入れば僕が張る、陽介が張るなら僕が中で受ける。距離感のことを話されました」

 この時間を境に左サイドは躍動する。指揮官の言葉に耳を傾けるだけでなく、2人で話し合うことで連係はよりスムーズになり、長友は幾度となく敵陣深くまで侵入して好機を創出しようと奮闘し続けた。「試合中の話し合いで陽介が中に入り、僕が高く張る状況が多くできてリズムがつかめてきたと思います」と試合中の修正がうまくいったことに充実の表情を見せた。

(取材・文 折戸岳彦)

●ロシアW杯アジア2次予選特集
●ロシアW杯各大陸予選一覧

これぞキャプテン長谷部の力…“わずかな時間”で組まれた円陣で意思統一

元の記事へ移動

これぞキャプテン長谷部の力…“わずかな時間”で組まれた円陣で意思統一
[3.24 W杯アジア2次予選 日本5-0アフガニスタン 埼玉]

 普段着である4-2-3-1を脱ぎ捨て、中盤をダイヤモンド型にした4-4-2という新たな戦闘服を身にまとって試合に臨んだハリルジャパン。しかし、試合序盤はこの新システムがいまいちしっくりこなかったようだ。すると、一瞬生まれた時間を使ってキャプテンのMF長谷部誠が動いた。

 前半28分、相手選手がピッチ上に倒れ込むと、なかなか起き上がることができずに試合が止まる。わずかに生まれた時間で長谷部がチームメイトに声を掛けると、選手全員がセンターサークル付近に集まって円陣が組まれた。そして試合が再開されると新システムが徐々に機能し始め、後半のゴールラッシュへとつながった。

 少し遅れて円陣に加わったGK東口順昭が「『セカンドも取れているのでもっと放り込んでもいい』ということ」、MF柏木陽介が「落ち着いてやろうと話した」と語ったように、話された内容は複雑なものではない。しかし、この“わずかな時間”がチームに与えた影響は大きかったようだ。

「ちょうど相手が倒れていてハセさん(長谷部)が集めて話し合いましたが、その時間があったのは良かったし、大事なこと」と柏木がキャプテンの動きを称賛すれば、MF清武弘嗣も「試合中にハセさんが集めて話すことはあまりない。ちょっとの時間だったけど、皆の意見を共有できて、後半は流動的な良いシーンをたくさん作れた」とこの時間での意見交換がチームにリズムをもたらしたと振り返った。

「前半は相手のマンツーマンを外し切れない部分もあったので、きれいにやるよりは少しロングボールを狙ったりということはした」とバヒド・ハリルホジッチ監督の「ピッチの中で臨機応援にやれ」という言葉を実践した長谷部。しかし、「SBをもう少し上げる予定だったけど、少し低くなった。低くなった分、サイドの裏のスペースもうまく使えれば良かったと思う」とまだまだ試合の流れの中で修正すべき点はあったと話した。

 1ボランチに入った新システムに関しては「やっている感覚としてはそんなに悪くなかった」と手応えを感つつも、「今日は危ない場面は作られなかったけど、最終予選に行ったときに守備の部分はもう少し周りとコミュニケーションをとらないと難しい」とさらなる強敵が待ち受ける最終予選に向けて、システムの熟成は不可欠だとしている。

(取材・文 折戸岳彦)

●ロシアW杯アジア2次予選特集
●ロシアW杯各大陸予選一覧

完封のGK東口「実質1試合目のA代表。第一歩を踏み出せた」

元の記事へ移動

完封のGK東口「実質1試合目のA代表。第一歩を踏み出せた」
[3.24 W杯アジア2次予選 日本5-0アフガニスタン 埼玉]

 守備機会がほとんどない中でも集中力を途切れさせなかった。相手のシュートは前半19分のCKからの1本だけ。後半に至っては数えるほどしかボールに触ることがないという難しい試合を日本代表GK東口順昭(G大阪)はしっかりと守り切った。

 スコアは5-0。W杯アジア2次予選での連続無失点を7試合に伸ばし、「安心している。予選では失点していないというのがあったし、勝つことが大事だったので、無失点でキーパーとしての仕事はできた」と胸を張った。

 国内組で臨んだ昨年8月9日の東アジア杯・中国戦で代表デビューを果たしたが、結果は1-1のドローと、不完全燃焼に終わっていた。海外組も参加しての試合ではこのアフガニスタン戦が初出場。「これが実質1試合目のA代表だと思っているので、第一歩を踏み出せた」と晴れやかな表情だ。

 先発を言い渡されたのは試合前日の練習だった。夜にはハリルホジッチ監督から守備陣だけが集められてミーティングを行い、「『なかなかボールは来ないと思うけど、しっかりお前がリーダーシップを取って声をかけろ』と言われた。『取ったらすぐに展開しろ』とも言われた」と振り返った。4万8000人を超える観衆の中でも試合中に東口の声が2階席まで聞こえることがあるほど、指揮官の要求に忠実に応えた。

「代表は特別な舞台。今日出たことであらためてもっと出たいと思った」。ハリルジャパンでは昨夏以降、GK西川周作がゴールを守ってきたが、GK川島永嗣も代表復帰を果たす中、激しさを増す正GK争いに東口も名乗りを上げた。

(取材・文 矢内由美子)

●ロシアW杯アジア2次予選特集
●ロシアW杯各大陸予選一覧

原口「僕の性格上、ゴール前に入っていきたかったけど…」

元の記事へ移動

原口「僕の性格上、ゴール前に入っていきたかったけど…」
[3.24 W杯アジア2次予選 日本5-0アフガニスタン 埼玉]

 4-4-2の右サイドハーフとして先発フル出場した日本代表MF原口元気(ヘルタ・ベルリン)も、新システムへの対応に苦しんだ。
 
「練習日数が短くて、この役割を完璧に理解して、完璧にこなすというのは難しかった」と、率直な言葉が口をついた。

 ただ、手探りの中でも前半5分にはクロスを上げ、前半12分にはセカンドボールを拾ってシュートを打つなど、戦術が意図するところをピッチで表現した場面はあった。後半39分のクロスはMF香川真司のヘディングシュートにつながった。ゴールとはならなかったが、時間を追うごとに戦術をものにしていった。「アーリークロスも1本入れられたので、ある程度は見せられたと思う」と話す表情には自らに及第点を与えている様子も浮かんだ。

「強いて言えば、ゴール前に入っていきたいというのはあった。僕の性格上、入っていきたかったけど……。でも、現にセカンドからシュートも打てたし、どこでもできるというのはもっと見せていきたい」

 ドイツでプレーの幅を広げている原口が、ハリルジャパンで着実にポジション確保へ前進している。

(取材・文 矢内由美子)

●ロシアW杯アジア2次予選特集
●ロシアW杯各大陸予選一覧

戸惑いも手応えもあった柏木「今までのサッカー人生でなかった役割」

元の記事へ移動

戸惑いも手応えもあった柏木「今までのサッカー人生でなかった役割」
[3.24 W杯アジア2次予選 日本5-0アフガニスタン 埼玉]

 ダイヤモンド型の中盤の左サイドで先発した日本代表MF柏木陽介(浦和)は、ワイドに開いた位置でボールを受けてアーリークロスを入れるという狙いに縛られ、臨機応変にプレーできなかったことを反省した。

「練習は昨日だけ。決して悪かったとは思っていないけど、サイドに流れるというのは今までのサッカー人生でなかった役割だったので、その位置でどうしなければいけないか迷いながらプレーした。正直、僕が一番戸惑っていた」

 その言葉どおり、立ち上がりから20分過ぎまでは左サイドバックのDF長友佑都とポジションがかぶるるような場面もあり、動きが窮屈そうだった。

前半29分にベンチから「中へ入ってきたり、外に開いたりしろ」との指示を受けてからは修正に成功したが、「そこ(サイドのスペース)を埋めたり、中へ入ってきたりというのを、もう少しタイミングを計りながらやれれば良かったし、もう少し下がって受けたら(長友)佑都がもっと高い位置を取れたかなというのがある。一つのオプションを試したというところで、俺じゃないほうがうまくいったかなというのがあるかな」と苦笑いを浮かべた。

 それでも、攻守の切り替えや球際でのファイトなど、やるべきことはしっかり出せたという手応えもある。

「今日はアピールできたわけではないけど、丁寧にプレーできたし、切り替えの速さも出せたので良かった。監督は『良かった。みんなファイトしていた』と言っていた」。29日にはシリア戦が待っている。「総力戦になる。だれが出てもおかしくない状況」と、すぐに連続先発へと気持ちを向けた。

(取材・文 矢内由美子)

●ロシアW杯アジア2次予選特集
●ロシアW杯各大陸予選一覧