働き方はサッカー感覚が良い理由

元の記事へ移動

私はセレッソサポーターのかたわらサラリーマンをしています。仕事をしているとよく、仕事ってサッカーに似ているなぁと思います。

例えば…。

限られた時間で活動していること。サッカーも試合時間が決められ、その中で結果が求められます。

自分のポジションが決まっていること。決まったポジションはないですが、なんとなく攻撃的か守備的かはあります。

組織で動くこと。会社には方針という戦術があり、管理者の求めるゲーム展開があり、組織で動きます。

ファールはしない。コンプライアンスのルールのもとプレーする必要があります。

などなど。サラリーマンは毎日サッカーをしているようなものです。仕事が辛い時、私は常にサッカーのフィールドにいる気持ちで仕事をしています。

仕事というサッカーで気をつけること

仕事で気をつけることはサッカーと同じです。その内容を紹介します。

パス回しは早く

報告、連絡、相談。質問への回答。他の関係者への協力要請。これは全てボールという案件が手元にある状態です。

自分にボールがある時は早くパスを回す。ボールをコネクリまわすとボールを失いピンチになる。(案件がたまりパンクします)

また、パスを出す準備で重要なのはトラップ。案件が自分に来た時、正確に内容を理解すればトラップはうまく行き、パスをスムーズに出せるようになります。

球際に強く

上手く行かないときも諦めない。ギリギリまで足を伸ばすことが必要。追い込まれても活路があるのが仕事。ギリギリの攻防がそこにはあります。

簡単に言えば「根性」サッカー好きなら「球際」と思おう。私は追い込まれたらいつも思います「今は勝敗を分ける局面の球際」だと。

ペース配分

仕事がない時は休む。よく常に走り回っている人がいますが、意外とボールとは関係ないところで走っている。

そして、スタミナを消耗しボールが来た時にはへばっている。忙しくない時は休むのも仕事。仕事の時間は決まっています。ここぞの時に備える、休む時間も必要だと思います。

来る時に備えるためスタミナを確保。仕事もサッカーも同じです。試合終了まで出場したいから気をつけたいです。

一番大事なポジショニング

ポジショニングはサッカーでも仕事でも重要です。特に重要なのは流動的にポジションを変えること。

チャンスと見れば攻撃参加。ピンチなら守備に入る。ポジションはどこであろうと展開に合わせたポジショニングをとる。

これがスゴイ大事。みんなが決められたことだけしていると、勝てる試合も勝てない。サッカーでも気が利くプレーヤーは重宝されます。

どんなポジションにも得点するチャンスはあり、MVPになる機会がある。サッカーも仕事も同じです。

私はここのポジションですからという選手(サラリーマン)に夢もロマンも感じない。そんなんじゃバルセロナでプレーできないよ。

なんて思います。とにかくサッカー感覚で働けば、辛さは軽減する。サッカーは仕事に通ずる。あぁサッカーが好きで良かった。

チェルシー、レミーが1点返すも及ばず…好調レスターに敗れ今季9敗目で16位に

元の記事へ移動

チェルシー、レミーが1点返すも及ばず…好調レスターに敗れ今季9敗目で16位に
[12.14 プレミアリーグ第16節 レスター・シティ2-1チェルシー]

 プレミアリーグ第16節の1試合が14日に行われ、FW岡崎慎司の所属するレスター・シティはホームでチェルシーと対戦した。前半34分にFWジェイミー・バーディのゴールで先制したレスターが後半のチェルシーの猛攻を耐え凌ぎ、2-1で勝利。首位をキープしている。なお、2試合連続でベンチスタートの岡崎は後半42分から途中出場している。

 レスターは立ち上がりから出足の早いプレスで主導権を握る。前半2分、右サイドの浅い位置でボールを受けたMFリヤド・マフレズが相手を嘲笑うかのようなドリブルでPA手前までボールを運んで、そのまま左足シュート。ゴール前まで運ぶチャンスは少ないが、強豪チェルシーを相手に球際でも負けず互角以上にやりあった。

 しかし、前半17分にアクシデント発生。中盤で攻守に貢献していたMFダニー・ドリンクウォーターが腿裏を痛め、MFアンディ・キングとの負傷交代を余儀なくされた。チェルシーも同31分にMFエデン・アザールがFWペドロ・ロドリゲスと交代し、お互いに前半のうちに交代カードを1枚ずつ使うことになった。

 試合が動いたのは前半34分。レスターはFWレオナルド・ウジョアからパスを受けたマフレズがPA右角からクロスを上げる。中央からニアへ斜めに走りこんだバーディが右足で合わせて、レスターが先制に成功した。対するチェルシーは流れからチャンスを作ることができず、同36分のMFウィリアンの右CKからMFネマニャ・マティッチがヘッドで合わせるもクロスバー上に外れた。

 後半もレスターの効果的なプレスがチェルシーを苦しめた。同3分には、MFマーク・アルブライトンが左から上げたクロスをPA右でマフレズが足もとにおさめ、鋭い切り返しでDFセサル・アスピリクエタの体勢を崩させて、抜き切る前に左足を振りぬく。これが左サイドネットに突き刺さり、後半開始早々に2-0とリードを広げた。

 たまらずチェルシーは後半8分にDFジョン・テリーに代えてMFセスク・ファブレガスを投入し、3バックにして中盤の枚数を増やす。同15分、PA手前右からMFオスカルがふわっとしたボールを入れ、相手の中途半端なクリアをPA中央でペドロが受けるもシュートは打てず、同17分にはセスクの絶妙な浮き球パスで裏を取ったFWジエゴ・コスタがトラップから右足シュートもGKカスパー・シュマイケルに止められてしまった。

 なおも攻め込むチェルシーは後半21分、ウィリアンがゴール正面から放った右足シュートは相手DFのブロックに遭い、こぼれたボールがPA右でフリーのペドロのもとへ転がるも焦ったのか右足ボレーはクロスバー上にふかしてしまう。それでも同32分、ペドロが高速ドリブルで左サイドを突破し、ピンポイントクロスをPA中央のFWロイク・レミーが頭で押し込み、1-2と反撃ののろしを挙げた。

 この勢いで同点に追いつきたいチェルシーだが、後半42分に岡崎を投入したレスターの前線からの守備に苦しみ、チャンスを作ることができず、1-2のまま試合は終了。ミッドウィークに欧州CLのグループリーグ突破を決めたもののプレミアリーグでは今季9敗目を喫し、順位も16位に下げた。一方のレスターは9試合負けなし(7勝2分)で首位をキープしている。

●欧州組完全ガイド
●プレミアリーグ2015-16特集

片道切符で完全移籍

元の記事へ移動

愛媛に期限付き移籍をしている内田と藤田が完全移籍で愛媛に移籍することが発表されました。


2選手ともエスパルスでは勇姿を見せる事はできませんでした。

来季は同じカテゴリで戦うことにことになります。

エスパルスとやるときは相当なモチベーションで望んでくることとなると思います。

新天地での活躍を期待しますと言いたいところですが、複雑ですね。

今後、片道切符のリリースが中心に出されるのでしょうか?


【内田健太選手コメント】
『清水エスパルスでは、チームの力になれず申し訳なく思います。ファンやサポーターの方々の声援はとても熱く、心に響くものでした。チームメイトにも恵まれ、良い経験をさせていただく事が出来ました。清水を離れる事になりますが、僕は静岡が好きですし清水の街が大好きです。本当にありがとうございました。』


【藤田息吹選手コメント】
『このたび、愛媛FCに完全移籍することになりました。試合にはほとんど出ることが出来ませんでしたが、サポーターの方々には、いつも変わらずに声をかけてもらったことは忘れません。これから成長した姿をお見せしたいと思いますので、一選手として応援してもらえたら嬉しいです。3年間本当にお世話になりました。ありがとうございました。』




にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村


サッカー ブログランキング