[総体]京都高校サッカーを牽引するチームに相応しい競争原理、京都橘が盤石V

元の記事へ移動

[総体]京都高校サッカーを牽引するチームに相応しい競争原理、京都橘が盤石V
[6.5 総体京都府予選決勝 京都橘高 4-2 洛北高 西京極]

平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」サッカー競技(広島)の京都府予選決勝が5日に行われた。京都橘高洛北高が府大会のファイナルで顔を合わせるのは昨年11月の高校選手権予選と、今年2月の新人戦に続いて3度目となる。18時キックオフのナイトゲームとなった試合は、全国への切符を賭けるにふさわしい熱戦となった。

試合開始早々の2分に早くもスコアが動く。京都橘はDF清水駿(3年)のロングフィードに反応したU-19日本代表FW岩崎悠人(3年)が相手GKに競り勝って先制点を奪う。その後も主導権を握って攻撃を仕掛けると、24分にはFKからDF吉水太一(3年)がヘッドであわせて追加点。新人戦でも延長戦で決勝点を奪った男の一撃でリードを広げる。対する洛北はなかなかリズムをつかめない。守備に回る時間が長く、ボールを奪ってからもパスやクロスの精度を欠いた。それでも前半アディショナルタイム、セットプレーの流れから相手を押し込んだ状況でMF柴田匡晴(3年)がゴール前へパスを送ると、相手DFに当たったこぼれ球をFW今井駿(3年)が左足で流し込んでゴール。前半唯一のシュートがネットを揺らし、1点差で前半を終えた。

 後半、洛北の前田尚克監督が動く。得点を決めた今井らをベンチに下げてFW中村匡克(3年)、FW樋口岳(3年)、MF石橋亘(2年)を投入。準決勝・東山高戦で試合を決める活躍を見せた3選手に反撃を託した。後半3分に速攻からFW堤原翼(3年)にゴールを奪われて再び点差が開いたが、その3分後に交対策が実る。GKからのロングキックを中村が空中戦で競り勝って味方へつなげると、足を止めずに前方のスペースへダッシュ。FW中尾和樹(3年)からのスルーパスを受けてPA内に侵入したところでGKに倒されてPKを獲得すると「監督から『点を取って来い』と言われていた」という中村自身が成功させて、再び1点差に詰め寄った。その後も組み立てが機能し初めたことで攻撃の時間が増え、サイド攻撃などから相手ゴールに迫る。前半から一転して攻勢を強める洛北。だが、その流れでもう一点を奪うことができなかった。苦しい時間帯を耐えた京都橘は26分にFKから岩崎がダメ押しとなるゴールを決めて4-2。残り時間もゲームをコントロールして、全国への切符をつかんでみせた。

 試合後、洛北の前田監督は「これが今の実力やな。まだまだ京都橘のレベルにはない」と敗戦を受け入れた。シュート1本に抑えられた前半、攻勢に転じながら追いつけなかった後半。善戦はしたものの、そこから先に踏み込むためには更なるレベルアップが必要だと再認識した様子だった。中村も「PK以外にもチャンスがあったけど、そこで決めきることができなかった。それにファウルも減らさないといけない」とFKから2失点を奪われた守備も含めて課題を口にする。それでも、大会を通じて収穫があった。「(高いレベルの)ボールや人のスピードが体感できた。王者の力を肌で感じたはず。選手権に向けて自分たちで目標を持って、しんどいことも積極的にやるなかで、どれだけ伸びてくれるか」と前田監督は選手たちの変化に期待を寄せる。この日、交代枠を全て使って16人の選手がピッチに立った。準決勝は15人、準々決勝でも16人がプレーしている。もちろん目の前の試合に勝つことが第一だが、なるべく多くの選手が少しでも何かを感じて今後への足がかりにして欲しいという思いも存在する。ゴールを決めた中村は新人戦ではスタメンだったが、その後に調子を崩して、台頭してきた今井にポジションを奪われた。今大会、中村はベスト8以降の3試合で、交代出場から4得点を記録してアピール。今井も前線で身体を張るなど献身的なプレーを見せており、ポジション争いは熾烈だ。チーム内で日々競い合って、チーム力を高めることができるか。選手権予選でリベンジを果たせるかどうかは、それにかかっている。

 一方、勝った京都橘は磐石の優勝だった。準決勝までの4試合を失点ゼロで勝ち抜き、決勝戦でも相手をねじ伏せての勝利。大会優秀選手にも5人が名を連ねるなど、いい流れで18日から行われる近畿大会、そして7月末からの全国高校総体へ挑めそうだ。新人戦に続いて京都を制したわけだが、米澤一成監督は「二冠という気はしない」と話した。新人戦は主力以外のメンバー、いわゆる12番目以降のサブメンバー中心で挑んで優勝。今回は現状でのベストメンバーで臨んでの優勝という違いがあるからだ。

 選手たちの気持ちも、それぞれだ。例えば新人戦には出場していないDF清水は「いい緊張感を感じながらやれた」と今大会を振り返る。サブ組中心の新人戦で優勝しただけに、主力選手が出た総体予選で負けたとなれば様々な声が出るのは想像に難くない。そうしたプレッシャーと向き合い、結果を出したことは今後への糧となるだろう。一方、新人戦に出場しているDFの吉水は「この大会で手応えはつかめたけど、満足はしていない」と気を引き締める。新人戦を制して歓喜に沸いたサブ組の選手たちだったが、その後に待ち構えていたのは再びベンチからチャンスを伺うというシビアな現実だった。何度かスタメンの機会を与えられた選手もいたが、序列を覆して定位置を確保した選手は出てこなかった。それでも練習やBチームの公式戦でアピールを続けたことで、総体予選直前にチャンスが訪れている。吉水は最終ラインの一角をものにし、新人戦でMVP級の活躍を見せたGK西川駿一郎(3年)は大会直前から正GKを任されてゴールマウスを守り続けたのだ。2人の台頭はチームの総合力を高めたに違いない。だが、その地位が安泰でないことも確かだ。今大会はサブに甘んじた矢田貝は、西川の活躍を称賛しつつ「ここから(ポジションを)取り返しますよ」と目を光らせる。京都の高校サッカーを牽引するチームに相応しい競争原理を持って、京都橘は更なる成長を目指す。

(取材・文 雨堤俊祐)
▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2016

札幌vs長崎 試合記録

元の記事へ移動

【J2第18節】(札幌ド)
札幌 2-1(前半2-1)長崎


<得点者>
[札]都倉賢(26分)、ヘイス(33分)
[長]永井龍(19分)

<警告>
[札]石井謙伍(90分+2)
[長]村上佑介(76分)

観衆:10,607人
主審:野田祐樹
副審:大友一平、田島宏則
札幌、鮮やか逆転劇で首位奪還

<出場メンバー>
[北海道コンサドーレ札幌]
先発
GK 25 ク・ソンユン
DF 5 櫛引一紀
DF 18 増川隆洋
DF 24 福森晃斗
MF 23 マセード
(87分→DF 35 進藤亮佑)
MF 10 宮澤裕樹
MF 8 深井一希
MF 31 堀米悠斗
MF 11 ヘイス
(75分→MF 19 石井謙伍)
FW 9 都倉賢
FW 13 内村圭宏
(79分→MF 7 ジュリーニョ)
控え
GK 1 金山隼樹
DF 14 上原慎也
MF 20 上里一将
MF 4 河合竜二
監督
四方田修平

[V・ファーレン長崎]
先発
GK 1 大久保択生
DF 7 李栄直
DF 5 田上大地
DF 3 趙民宇
MF 20 中村慶太
(63分→DF 15 岸田翔平)
MF 6 前田悠佑
(84分→MF 10 養父雄仁)
MF 16 田中裕人
MF 23 梶川諒太
MF 13 パク・ヒョンジン
(75分→DF 27 村上佑介)
FW 18 佐藤洸一
FW 9 永井龍
控え
GK 31 三浦雄也
MF 22 宮本航汰
MF 25 北川滉平
MF 8 木村裕
監督
高木琢也

●[J2]第18節2日目 スコア速報

2016明治安田生命J3リーグ第12節終了

元の記事へ移動

順チーム勝点(勝分負) 得失
01 鹿児島23 (7 2 2) +8※
02 大 分22 (7 1 4) +8
03 栃 木21 (6 3 3) +4
04 長 野21 (6 3 3) +4
05 秋 田21 (5 6 1) +3
06 相模原21 (6 3 2) +3※
07 富 山19 (5 4 2) +6※
08 琉 球19 (5 4 3) +1
09 G大阪15 (4 3 5) +4
10 福 島14 (3 5 4) +1
11 藤 枝14 (4 2 6) -1
12 C大阪12 (3 3 6) -4
13 F東京10 (2 4 6) -8
14 鳥 取09 (2 3 6) -8※
15 横 浜08 (2 2 8) -13
16 盛 岡07 (1 4 7) -8
※相模原、富山、鹿児島、鳥取は1試合少ないため、上記は暫定順位

ブラウブリッツ秋田は1-3で敗北し、今季初黒星
順位は暫定2位から暫定5位に後退
(5勝6分1敗、得点15、失点12、得失+3)

秋田1-3 鹿児島
  (1-2)
  (0-1)
得点者(秋田):7分田中

勝ち点:21(変更なし)
得失点差:+3(-2点)

<その他の試合>
横浜0 - 1 栃木
長野2 - 0 琉球
富山2 - 1 C大阪
鳥取0 - 4 G大阪
福島3 - 1 盛岡
大分3 - 0 相模原
F東京1 - 1 藤枝

2位の秋田と3位の鹿児島との上位対決は鹿児島が勝利し、首位の相模原が敗れたため、鹿児島が首位に浮上。
秋田は鹿児島に勝利していれば、首位に浮上していました。
また、首位の相模原に3-0で勝利したのが大分で、5位の栃木、6位の長野も勝利しました。
その結果、上位の順位は次の通りとなりました。(チーム名、勝ち点)

1位鹿児島+23、2位大分+22、3位栃木+21、4位長野+21、5位秋田+21、6位相模原+21、

今季のJ3リーグは、勝ち点2の中に首位から6位までが入り、勝ち点4の中に首位から8位まで入る混戦です。
首位が2連敗、8位が2連勝すれば順位が逆転してしまいます。

今季、俺が目標とするのは、リーグ戦で15勝7分8敗(勝ち点52)で順位が7位以上。
これを達成するには、2試合ごとに1勝、4試合ごとに2勝1分1敗(勝ち点7)のペースで試合を重ねるとともに、最後の2試合で1勝する必要があります。

シーズン15勝するには、12試合終了時で、6勝3分3敗(勝ち点21)とする必要があります。
今季初黒星となったブラウブリッツですが、12試合終了時点で勝ち点21を獲得し、シーズン15勝のペースは維持しています。

しかし、今節の敗北でシーズン15勝の貯金がなくなったので、次節からは2試合ごとに1勝、4試合ごとに2勝1分1敗(勝ち点7)のペースで勝ち点を重ねる必要があります。

残り試合を全勝することは期待していませんが、まずは、2試合ごとに1勝。
これを期待したいと思います。
また、可能であれば、2試合ごとに1勝1敗ではなく、1勝1分のペースで進んでほしいと思っています。

今季のJ3は混戦となっているので、今後も上位陣が潰し合い、また、上位陣が下位に勝ちきれない展開が続けば、1勝1分のペースでも優勝争いが出来るかもしれません。
また、次節の藤枝戦に勝利すれば、その次の大分戦も首位攻防戦となる可能性があります。

まずは、藤枝戦の勝利!

そして、2試合ごとに1勝!

これらを目指して頑張ってほしいものです。

頑張れ、ブラウブリッツ!!

次節の藤枝戦には俺も参戦します!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

[総体]全国大会開催地・広島、広島皆実が第1代表、瀬戸内が第2代表に

元の記事へ移動

 平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」サッカー競技の開催地である広島県代表2校が決まった。

 広島県予選は11日に勝者が全国大会出場の決まる準決勝を行い、広島皆実高がFW安原修平河野秀汰のゴールによって2-1で山陽高に勝利。また瀬戸内高がMF中間俊亘のゴールなどによって崇徳高に4-1で快勝し、全国切符を獲得した。

 なお、決勝は広島皆実が注目MF藤井敦仁とMF疋田優人のゴールによって2-1で競り勝ち、第1代表の座を手にしている。

【広島】
[決勝](6月12日)
広島皆実高 2-1 瀬戸内高
[準決勝](6月11日)
広島皆実高 2-1 山陽高
瀬戸内高 4-1 崇徳高
▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2016

【蹴/川崎】〔メディア〕music frontier 4・5月放送分ダイジェスト

元の記事へ移動


毎週水曜日17時から、コミュニティFMの FM salusで放送されている応援番組です。

MCは隔週ごと(山口真奈ちゃん、高木聖佳さん)、ということで選手の個性を引き出すことが求められますが。

→→過去にかいたのを
    2016/6/8放送
    2016/6/1放送
    2016/3/16放送
    2015/12/2放送
    2015/11/11放送
   
※情報について http://ameblo.jp/skycafe-ac/entry-12092424739.html
※公式 http://www.fm-salus.jp/MusicFrontier.htm




まず4/13の放送分ですが、この日のゲスト選手は谷口彰悟選手でした。3月の放送の時は某若手選手たちが「敷居が高くて入りづらい」みたいなことを言うてましたが果たして…?




次に5/11の放送分ですが、これまた仲良しの車屋・三好両選手がゲストでした。でも最初があれあれ…?服に季節感がありません(苦笑)誰が、というのはおいといて。

いずれもMCは高木さんが担当されています。結構前からの転がってたネタも活用してのトークなので、気になった人はバックナンバーを視聴しちゃってください。
(※バックナンバーについてはこのあと説明します)


この番組ですが、毎週水曜日17:00にやっていますが、再放送として金曜日23:00にもやっています。放送時間が『ファイフロ』終わった直後なのでぜひぜひ。

また、IT'SCOMの専用アプリにも番組バックナンバーとしてあるのでおすすめです。インストールしちゃえばこっちのものです、多分


☆FM salusって、どう聞くの?という方向けに。
フツーのラジオやradikoでは聞くことができません。コミュニティFMだからです。
その方法はこちら。

※FMsalusはインターネットでは次のサイトから聞くことができます。
「サイマルラジオ」 http://www.simulradio.info/
「Listen Radio」  http://listenradio.jp/

[総体]西京が9人目までもつれ込んだPK戦制し、3年ぶりV!:山口

元の記事へ移動

 平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」サッカー競技(広島)への出場権を懸けた山口県予選決勝が12日に行われ、西京高が3年ぶり4回目となる全国大会出場を決めた。

 高川学園高と対戦した西京は先制したものの、追いつかれる展開。1-1のまま延長戦でも決着がつかず、PK戦へ突入した、ともに1人ずつが外して迎えた9人目、西京が成功したのに対し、高川学園のシュートは西京GK松田悠太がストップ。熱戦を制した西京が全国切符を獲得した。

【山口】
[決勝](6月12日)
高川学園高 1-1(PK7-8)西京高
▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2016


元ノルウェー代表DFリーセが現役引退…リバプール在籍時にCL制覇

元の記事へ移動

元ノルウェー代表DFリーセが現役引退…リバプール在籍時にCL制覇
 かつてリバプールに在籍し、04-05シーズンの欧州チャンピオンズリーグ優勝に貢献した元ノルウェー代表のDFヨン・アルネ・リーセ(35)が今季限りで現役を引退した。古巣のリバプールがクラブ公式ウェブサイトで伝えている。

 地元のオーレスンでプロデビューを飾ったリーセは、モナコを経て、01-02シーズンにリバプールに加入。7シーズンを過ごすと、その後はローマ、フルハムでプレーし、14-15シーズンからキプロスのAPOELに所属していた。

[総体]岡山学芸館が作陽破り、2連覇!新人戦との2冠達成!:岡山

元の記事へ移動

 平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」サッカー競技(広島)岡山県予選は12日に決勝を行い、岡山学芸館高が3-1で作陽高に勝利。2年連続3回目の全国総体出場を決めた。

 岡山学芸館はMF池平直樹とMF竹内盛真、そしてMF浅野達郎がそれぞれゴール。強敵・作陽を撃破して新人戦に続く2冠を達成した。

【岡山】
[決勝](6月12日)
岡山学芸館高 3-1 作陽高
▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2016

慶治朗 オレ!!

元の記事へ移動

サンフレッチェ戦から戦線復帰するであろうと言わ
れていたMF小川ですが、ベンチにも入っておらず残念
だった人は多かったはず。
今はどんな状態なんでしょう?
まだコンディションがよくないのか・・・

view慶治朗

サンフレッチェ戦のマッチデープログラムの表紙が
ちょうどMF小川だったので期待した人は多かったで
しょう。でもメンバーを見たらどこにもおらず。

ピッチ外のアイドルのイベント会場にはいたようですw
(メンバーの一人が従兄弟とかで)

早く#13が攻守に走り回る姿が見たい!


_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|
↓ ↓ ポチお願いします ↓ ↓

Jリーグ ブログランキングへ

にほんブログ村 トラコミュ ヴィッセル神戸へ
ヴィッセル神戸
↑ ↑ ポチお願いします ↑ ↑
_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|