サッカーって肩書きでやるんだっけ?

元の記事へ移動

ACL開幕まであと10日。 出場チームも決まって、あとは開幕を待つだけ。 そんな中、グループHは最後に浦項が入ったことにより、死の組に。 ???????????????? 確かに広州恒大は厄介な相手だけど。 浦項はアジア王者になったことあるけど、09年の話でしょ。 レッズも07年のことだしね。 シドニーFCの今シーズンは、そこまで良くなさそうだし。 リーグはどこも難しいし、どこが簡単でもないし。 昨シーズン、アントラーズの組が死の組と言われてたけど、実はリーグ戦中の成績では、レッズの対戦相手のほうが良かったりしたしね。 肩書きだけでは評価できないってことだよ。 それと中国クラブの爆買いに関して。 確かに広州恒大は恐いけど、他の3クラブに関して、中国人の質はどうなのか。 広州恒大が中国代表ばかりを集めているということは、他はそれ以下? サッカーはけして3人でやるわけでは無いから、レベルの低さに嫌気がさすのでは無いかな~。 そう考えると、この現象は一時的かもね。 そんなクラブにサンフレッチェやガンバやFC東京が負けるとは思えないけど。

ワイヤーママ徳島版3月号の掲載内容について

元の記事へ移動

ワイヤーママ徳島版にて徳島ヴォルティスの特集ページ『ヴォルティスのこと知りたくて“渦ウズ”』が連載されています。第33回となる今回は前川大河選手が登場。ぜひご覧ください!■誌名ワイヤーママ徳島版3月号■発行毎月14日発行■ページコーナー名・ヴォルティ

2016シーズン 横浜FCスタジアムMC しゅうちゃん、ぶうちゃん、まいちゃん継続決定のお知らせ

元の記事へ移動

日頃より、横浜FCへの熱いご支援、ご声援ありがとうございます。このたび、横浜FCホームゲーム会場のニッパツ三ツ沢球技場を盛り上げるスタジアムMCのしゅうちゃん、ぶうちゃん、まいちゃんが2016シーズンも継続して「横浜FCオフィシャルピッチサポーター」として、スタジア

本日のトレーニングゲームの結果について

元の記事へ移動

本日行われた早稲田大学とのトレーニングゲームの結果をお知らせいたします。ジェフユナイテッド千葉 vs早稲田大学(45分×2本)1本目 1-12本目 0-0合計 1-1【得点】1本目 28分 菅島弘希1本目 35分 (早稲田大学)1本目GK 藤嶋栄介FP 北爪健吾、佐藤勇人、長澤和輝、比嘉祐介(→

佐々木が主力組へ昇格?

元の記事へ移動

シーズンオフもあっという間に過ぎ去り、
今週末20日(土)は、もう今シーズンの開幕です。
本当に早いですね!

シーズン開幕は、富士ゼロックススーパーカップ
今年は、日産スタジアムで開催されます。
相手はもちろん天皇杯王者のガンバ大阪

昨日吹田の新しいスタジアムでの杮落としの
名古屋グランパスとの試合がありました。
ガンバ大阪にはさすがの強さを感じましたが、
どちらかと言うと昨日は、スタジアムの素晴らしさに
目が行ってしまいました。

あのスタジアムの光景を見ると羨ましい気持ちが
いっぱいですが、大阪の新スタジアムの素晴らしい
光景が広島でどんどん露出することで、
広島での新スタジアムの建設機運がじゃんじゃん
盛り上がってくれると良いのですが。

さて本題ですが、横浜Fマリノスとのトレーニングマッチ
の先発メンバーを見る限り、今シーズンから佐々木
主力組に昇格しそうですね。

さすがに昨年末からの守備や攻撃の好パフォーマンスを
見ると主力組への昇格も頷けます。

決して水本の力が劣っているということはないのでしょうが、
特に昨年セットプレーでのファーストディフェンスや
得点源としてのヘディングに力を発揮していたドウグラス
移籍したこともあり、水本より佐々木がファーストチョイス
されたように思います。

佐々木の空中戦での強さは、やはり魅力的です。
今年は佐々木のヘディングでの得点が多く見られそうですね。





ゼロックス杯の国歌斉唱の歌手はT.M.Revolutionの西川貴教に決定!

元の記事へ移動

ゼロックス杯の国歌斉唱の歌手はT.M.Revolutionの西川貴教に決定!
 Jリーグは15日、今月20日に日産スタジアムで開催される富士ゼロックス杯での国歌斉唱の歌手が「T.M.Revolution 西川貴教」に決定したことを発表した。

 今季幕開けを告げる富士ゼロックス杯はJ1リーグ王者のサンフレッチェ広島と、 天皇杯優勝のガンバ大阪が出場。キックオフは13時35分を予定している。

ミハイロビッチがバロテッリに戦力外通告?「これ以上ミランでプレーさせるわけにはいかない」

元の記事へ移動

ミハイロビッチがバロテッリに戦力外通告?「これ以上ミランでプレーさせるわけにはいかない」
[2.14 セリエA第25節 ミラン2-1ジェノア]

 ミランは14日、セリエA第25節でホームにジェノアを迎え、MF本田圭佑の1ゴール1アシストで2-1の勝利をおさめた。シニシャ・ミハイロビッチ監督は本田やMFリカルド・モントリーボを名指しで褒めたたえた一方で、FWマリオ・バロテッリのプレーに失望している。英『ESPN』が報じている。

 ミランは2-0の状況から追加点を狙い、バロテッリを後半43分にピッチに送り込んだが、同アディショナルタイムにゴールを許し、あわや同点とのところまで追い込まれた。それでも、試合はなんとかミランが逃げ切り、2-1で勝利をおさめたが、ミハイロビッチ監督は貢献度の低くかったバロテッリに憤慨。試合後、バロテッリのもとへ駆けつけ、怒りをあらわにしたという。

「私たちは3得点目を奪うべきだったし、終盤あのようなリスクを犯す必要もなかった。あれはチームのために自分を犠牲にできない選手を入れてしまった私の責任でもある。あのような選手はもうこれ以上ミランでプレーさせるわけにはいかない。バロテッリのことだけを言っているのではない。他にも彼のような選手が2、3人いた。私が誰のことを言っているのか自分たちもわかっているだろう」

 バロテッリを今後起用しないと示唆したミハイロビッチ監督。一方で、勝利に大きく貢献した本田とモントリーボについては「モントリーボはチームのバランスをとってくれたし、本田は本当によくやってくれた。2人ともファンたちにブーイングを受けていた時があったが、くじけずに自らの価値を証明してみせた」と称賛した。

●欧州組完全ガイド
●セリエA2015-16特集