ポグバは“赤の革命”の重要なピース…マンU、8人放出で獲得資金を捻出か

元の記事へ移動

ポグバは“赤の革命”の重要なピース…マンU、8人放出で獲得資金を捻出か
 マンチェスター・ユナイテッドはどうしてもユベントスのフランス代表MFポール・ポグバを獲得したいらしい。英『サン』によると、ポグバ獲得資金を捻出するために8選手の放出を検討しているようだ。

 16-17シーズンからユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は入団会見の際に「我々は4人のターゲットを獲得すること」と語っており、コートジボワール代表DFエリック・バイリーと元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンに次ぐ4人目が注目されている。

 ユナイテッドの下部組織出身で11年にトップ昇格も出場機会を求めてユベントスに移籍したポグバ。移籍初年度からユベントスの連覇に貢献するなど、今ではユベントスに欠かせない選手へと成長を遂げた。そのため、現在では1億ポンド(約134億円)もの値がつけられている。

 同紙によると、ポグバはモウリーニョ監督の“赤の革命”の重要なターゲットとなっているとのこと。また、モウリーニョ監督はトップチームを22人で構成したいと考えており、8人の選手をレンタルや売却し、ポグバ獲得の資金を捻出しようとしている。

 すでにDFマルコス・ロホやMFモルガン・シュネデルラン、MFバスティアン・シュバインシュタイガーは退団の可能性ある3選手として名前が挙がっている。

 他には15-16シーズンの前半にドルトムントにレンタル移籍していたMFアドナン・ヤヌザイ、チェルシー時代にモウリーニョ監督から移籍を進められ、ユナイテッドに移籍したMFフアン・マタ、ルイス・ファン・ハール政権でセンターバックとしてプレーしたMFダレイ・ブリント、エールディビジ得点王としてユナイテッドに加入もわずか2得点にとどまったFWメンフィス・デパイなどの名が挙がっている。

●プレミアリーグ2016-17特集

トレーニングから徹底して技術、ドリブル磨く東北王者・聖和学園(22枚)

元の記事へ移動

6月の東北大会で初優勝を果たし聖和学園
「東北のドリブル軍団」聖和学園高(宮城)は6月の東北高校選手権大会で初優勝。全国から集まったドリブル好きの少年たちが徹底して足下の技術を磨き、今年も全国舞台でその武器を披露して観衆を沸かせる。そのドリブラーたちがアスレタ社の発売した「ATHLETA O-Rei Futebol A001」「ATHLETA O-Rei Futebol T001」をトレーニングでテスト。その能力を体感した。

▼関連リンク
アスレタのシューズの詳細はこちら

新潟、ラファエル弾で連敗止める「状態は100%」

元の記事へ移動

 新潟は11日、第2ステージ第3節川崎F戦(13日・等々力陸上競技場)に向けての練習を行った。第2ステージに入って0-1の敗戦で2連敗の中、FWラファエル・シルバ(24)が連敗阻止に燃えている。  「とにかく得点したい」。ラファエル・シ…

手に汗握りました〜東京Vvs岡山(7月10日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

元の記事へ移動

2日連続で味スタへ。 ■前半 前半のヴェルディは、なかなかの災難続き。序盤からアクシデントが発生します。まず、ゴール前の競り合いのなかでドウグラスヴィエイラが倒れる。しばらく立ち上がらない。「またまた〜、ブラジル人特有の大げさなアレですか!?」とか思って眺めていたら、いったんピッチに復帰した後、次の接触プレーで再びうずくまり、そのまま負傷交代。前半の終わりの方では、今度は井上潮音が倒れる。やがてピッチに復帰する。そして再びうずくまって負傷交代。同じパターンで2人の選手交代を余儀なくされた富樫監督。災難でございました。     それでも、先制点を奪ったのはヴェルディ。ヴェルディのサッカーは伝統のショートパスサッカー。インサイドキックの連続で相手を崩せれば、それが一番良いという哲学。その分、球足の長いパスが少なくなるのですが、そこを補うのが、中後であり、新加入の二川。先制点につながるPKは、二川のダイレクト浮球裏抜けパスからの流れで奪ったもの。二川としては、これ以上ない名刺代わりとなりました。     対するファジアーノは、お隣のサンフレッチェを意識したわけではないでしょうが、それによく似たメリハリのあるサッカー。最終ラインと両WBがピッチ幅を使ってゆっくりポゼッションしつつ、相手に隙ができたら、縦パスを入れていき、それを号砲として、一気にギアアップしていくスタイルです。しかも、その縦パスの狙いや精度が良い。今季好調な理由の一端が伺い知れました。     ちなみに、ワタクシがこの試合で最も期待していた選手は片山瑛一です。サイドに転向してから、そのロングスローが猛威を振るってるとか、振るってないとか。というか、どういうわけだか、もともと攻撃的だったのに、少しずつポジションを下げていくタイプの選手が昔から好きなんですよね。カンビアッソとか、望月重良とか、最近のヴェルディ関係なら喜山とか、ファジアーノ関係なら久木田とか。でもね〜、この試合は欠場でした。。。       ■後半 後半になると、早い時間帯に岡山が追いつきます。前半から鋭い縦抜けを繰り返した岡山アタッカー陣ですが、ハーフタイム明けとともに送り出された豊川が見事な飛び出しでチャンスメーク。パチンコ状態になった中、最後は押谷が決めきりました。というか、ヴェルディGKの鈴木椋大、どうにかできなかったか?遠目で、よくわからなかったので、この失点は致し方ないのかもしれませんが、それとは別に、キックの精度はなかなかアレだったぞ。     話をファジアーノに戻すと、岡山の長澤監督は後半頭からボランチの渡辺を下げてFWの豊川を投入しました。で、シャドーの伊藤を1列下げたわけですけど、この伊藤と豊川のWボランチコンビが圧巻でしたね。2人とも、最終ラインに近い低い位置でゲームをコントロール。正確なパスを次から次へと前線に届けていた。ヴェルディがプレスをかけようとしても簡単にいなしてしまう。後半のある時間帯までは、完璧に岡山の試合となってました。     ヴェルディ側からこの現象を解説すると、前半のハードプレスのツケを払わされたような感じですかね。先に述べたように岡山は広島みたく最終ラインでじっくりパスを回して相手の隙を窺いますから、その最終ラインに思いっきりハイプレスをかけるというのは、理に叶った塞ぎ方ではありますが、如何せん、真夏に等しい気象条件下での試合でしたから、どうしても、もたなくなってしまいますよね。ヴェルディとしては厳しい展開となります。     しかし、サッカーとは面白いもので、そういう展開のもと、勝ち越しゴールを奪ったのはヴェルディ。押し込まれながらも懐に刀をちらつかせるカウンターを仕掛け続け、最後はCBの井林が押し込みました。凄かったですね〜。それまでも「押し込む岡山、カウンターのヴェルディ」という構図で手に汗握りまくりだったのですが、これでさらに岡山が圧力を高め、ヴェルディは必死に逃げ切りを図る。気持ちと気持ちのぶつかり合い。昨日のFC東京vs甲府よりも圧倒的にエキサイティングな試合が堪能できました。       ■日本代表への推薦状 □推薦者 ・矢島慎也 □推薦理由 リオ五輪の代表にも選ばれたばかりですし、今更感を否めない人選ですけど、そこは勘弁くださいませ。尤も、この試合の前半に限れば、そのネームヴァリューに恥じないほどの目立ち方をしていたかというと、さにあらず。どうしてもボランチの選手は試合序盤は埋没しまいがちなんですが、この日の矢島も、その例外ではありませんでした。まあ、精度の高い縦パスが飛び交っていたので、その立役者の一人ではあったんでしょうけど。     この選手の存在感が際立つようになったのは後半になってから。本文中でも述べたように、伊藤とともに試合を完璧に掌握しておりました。この選手の長所はなかなか把握しがたいのですが、正確なキック。それから視野の広さ。そして、特に素晴らしいのが、ピンチの直後とかの場面においてペースを落とせるところですね。最適なポジションは2列目なのか3列目なのかの判断が難しいところも含めて、遠藤保仁みたいですよ。遠藤の後継者としては柏木が台頭してますが、この選手にも頑張ってもらいたいところです。

月刊!元鹿島組の成績・・・J2 6月編~後編~!

元の記事へ移動

昨日に引き続き、今回は後編です。


やはり、あまり試合に出られてない選手が気になりますね。


C大阪

MF山村和也

J2第16節vs讃岐(ホーム):フル出場

J2第17節vs長崎(アウェイ):フル出場

J2第18節vs岐阜(アウェイ):後半30分まで出場

J2第19節vs徳島(ホーム):後半32分まで出場

J2第20節vs東京V(ホーム):後半27分まで出場


FW田代有三

J2第16節vs讃岐(ホーム):出場せず(ベンチ外)

J2第17節vs長崎(アウェイ):出場せず(ベンチ外)

J2第18節vs岐阜(アウェイ):出場せず(ベンチ外)

J2第19節徳島(ホーム):出場せず(ベンチ外)

J2第20節vs東京V(ホーム):後半41分から出場


岡山

DF岩政大樹

J2第16節vs熊本(ホーム):フル出場

J2第17節vs徳島(アウェイ):フル出場

J2第18節vs松本(ホーム):フル出場

J2第19節vs金沢(アウェイ):フル出場

J2第20節vs讃岐(アウェイ):フル出場


FW岡本英也

J2第16節vs熊本(ホーム):出場せず(ベンチ外)

J2第17節vs徳島(アウェイ):出場せず(ベンチ外)

J2第18節vs松本(ホーム):出場せず(ベンチ外)

J2第19節vs金沢(アウェイ):出場せず(ベンチ外)

J2第20節vs讃岐(アウェイ):出場せず(ベンチ外)


FW豊川雄太

J2第16節vs熊本(ホーム):後半29分まで出場

J2第17節vs徳島(アウェイ):後半35分から出場

J2第18節vs松本(ホーム):後半24分から出場

J2第19節vs金沢(アウェイ):後半15分から出場

J2第20節vs讃岐(アウェイ):後半28分から出場


徳島

DFアレックス

J2第16節vs町田(アウェイ):出場せず(ベンチ外)

J2第17節vs岡山(ホーム):出場せず(ベンチ外)

J2第18節vs愛媛(アウェイ):出場せず(ベンチ外)

J2第19節vsC大阪(アウェイ):出場せず(ベンチ外)

J2第20節vs金沢(ホーム):出場せず(ベンチ入り)


愛媛

DF鈴木隆雅

J2第16節vs群馬(アウェイ):出場せず(ベンチ外)

J2第17節vs山口(アウェイ):出場せず(ベンチ外)

J2第18節vs徳島(ホーム):出場せず(ベンチ外)

J2第19節vs町田(アウェイ):出場せず(ベンチ外)

J2第20節vs長崎(ホーム):出場せず(ベンチ外)


北九州

DF石神直哉

J2第16節vs松本(アウェイ):フル出場

J2第17節vs群馬(ホーム):フル出場

J2第18節vs金沢(ホーム):フル出場(1得点)

J2第19節vs札幌(アウェイ):フル出場

J2第20節vs千葉(アウェイ):フル出場


MF川島大地

J2第16節vs松本(アウェイ):出場せず(ベンチ外)

J2第17節vs群馬(ホーム):出場せず(ベンチ入り)

J2第18節vs金沢(ホーム):後半42分まで出場

J2第19節vs札幌(アウェイ):フル出場

J2第20節vs千葉(アウェイ):後半49分まで出場


MF本山雅志

J2第16節vs松本(アウェイ):後半13分から出場

J2第17節vs群馬(ホーム):後半開始から出場

J2第18節vs金沢(ホーム):出場せず(ベンチ入り)

J2第19節vs札幌(アウェイ):後半42分から出場

J2第20節vs千葉(アウェイ):後半49分から出場


熊本

GK佐藤昭大

J2第16節vs岡山(アウェイ):フル出場

J2第17節vs金沢(ホーム):フル出場

J2第18節vs群馬(アウェイ):フル出場

J2第19節vs讃岐(ホーム):フル出場

J2第20節vs岐阜(アウェイ):フル出場

J2第8節vs京都(アウェイ):フル出場


まず、岡本の山口への移籍が決まりました。

岡山では、あまり試合には出られませんでしたが、能力が高いのは事実なので、新天地で頑張って欲しいと思います。


あまり試合に出られなかった田代・アレックス・川島が復帰しつつあります。


そして、オリンピック出場が叶わなかった豊川は、この悔しさをリーグにぶつけて、さらに奮起してもらいたいですね。

現在はスーパーサブ的な扱いになっていますが、スタメンで出ても充分やれるというのを見せて欲しいなと思います。


本山や隆雅は、この夏が勝負の時になりそうです。