広島vsオークランドシティの試合評を書いているうちに,話が壮大になりすぎて手に負えなくなってしまった件

元の記事へ移動

仮にサッカーのチーム戦術がジャンケンだったとして,グーチョキパーが goo→ゲーゲンプレッシング cheeky→ポゼッション Paul→籠城カウンター だったとします。 この前のオークランドシティは,パーは強いけどチョキは得意ではないチームです。 この前のオークランド戦,サンフレッチェは長いシーズンの直後で,とても疲れていました。 なのでパーをチラつかせて相手にチョキを出させ,難なくパーでチョキを砕きました。 なんで広島のパーはオークランドのチョキを砕けたのか? それは広島がオークランドより圧倒的に強いチームだから。 来週日本に来なさるバルセロナは,世界レベルのグーチョキパーを揃えたチームです。 たぶんどこも勝てないでしょう。 広州とリバープレートが,バルサに対してどう足掻くかが非常に楽しみです。 ちなみにバルセロナは3年前まで,銀河レベルのグーとチョキを持っていました。 これに対抗したのが,いかにも感じの悪いモウリーニョ監督。 主に青いチームで銀河レベルのパーを磨きあげ,バルセロナを散々苦しめました。 実はイイ奴というオプションを持ったモウリーニョは,メディアにとっては完璧すぎるヒール(悪役)でした。 彼がバルサのライバルクラブ,レアルマドリッドの監督に就いていた時は大変でした。 ダービー戦のクラシコは,100年に1度の矛盾(ホコタテ)対決に世界中が湧き注目されました。 あまりの熱量は当事者の理性すら奪い,当事の両チームの監督は,現在ドイツとイングランドで心のリハビリ中です。 当事の詳細はコチラの書籍が一番面白いです↓ モウリーニョ vs レアル・マドリー「三年戦争」 明かされなかったロッカールームの証言 作者: ディエゴ・トーレス,木村浩嗣 出版社/メーカー: ソル・メディア 何が言いたいかというと,当時のバルサですら明らかな格下相手の試合では,オークランド戦の広島のようにチマチマとパーをチラつかせて勝ちを拾っていました。 そうやってパワーを温存して,最強のグーチョキをもってダービー戦に臨んでいたわけです。 これはサッカーの基本です。基本ですが知る必要も特にありません。オークランド戦「なんか」を地上波中継した読売テレビに問題があるのです。 で,ここから先はプロ監督でも見解が分かれるクエスチョン。 Q1.チーム作り チームのグーチョキパー,全てをアベレージまで引き上げるのか?それとも,同じカテゴリーチームのグーチョキパーぐらいなら簡単に砕けるような一手を磨くのか? Q2.試合戦略 デリケートな例題を挙げます。ブラジルW杯日本対ギリシャ戦。 日本は長所のチョキを,相手ギリシャの長所であるパーに砕かれました。 ギリシャの短所は恒久的にチョキです。 では日本は,ギリシャにチョキを出させれば日本のパーで勝てたのでしょうか? 正解はわかりません。だからハリルホジッチは試行錯誤しています。 そしてサッカーには女神様がいらっしゃるので,この方を口説ける男らしさがあれば,広島はマゼンベやリバープレートに勝つかもしれません。 だからサッカーは世界中の人々を虜にします。 これらの点を踏まえれば,FIFAの汚職やカタールゲート,ヴァルブエナ脅迫疑惑などは,非常に腹立たしいトピックスです。 野球や相撲と同じ轍を踏んではいけない。 日本サッカーは,反社会的団体となかなか関係を切れずにいる,昭和的な日本プロスポーツ像からの脱却のためのアイコンであってほしい。 そういう願いもあって私は,ここ20年ほどサッカーを集中的に応援しています。 少し話し過ぎたようです。練習に行ってきます。

G大阪ユース・梅津監督、敗戦に「残念の一言に尽きる」

元の記事へ移動

 サッカーの高円宮杯U-18チャンピオンシップは12日、埼玉スタジアムで行われ、プレミアリーグ東地区代表の鹿島ユースが、西地区代表のG大阪ユースに1-0で競り勝ち、初優勝した。G大阪ユースは堂安と市丸のゲームメーカー2人が相手の素早い寄せに苦しみ、攻撃は終始単調だった。ことし5月にトップチームでデビューした堂安は「鹿島のペースでサッカーをしていて楽しくなかった。悔しい」と、うつむいた。

サガン鳥栖次期監督、マガト氏と1年契約で基本合意!「チームにインパルス(衝撃)を持ち込む」「佐賀からサッカーのパッション(情熱)を発信していきたい」

元の記事へ移動

サッカー・J1サガン鳥栖は10日、フェリックス・マガト氏(62)との来季監督の契約交渉を都内で行い、単年度契約で基本合意に達した。近く正式契約を交わし、就任を発表する。

マガト氏は佐賀新聞社の取材に「チームにインパルス(衝撃)を持ち込む」と抱負を述べた。

マガト氏は8日に来日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムなどを視察した。
10日深夜まで交渉し、契約内容を最終的に詰めた。
契約は単年度で、今後は弁護士を交えて手続きを進める。

マガト氏は「(鳥栖の要請に)最初は驚いたがうれしく思っている。日本で指揮することは一種の挑戦」とした上で、「若い選手の育成に力を入れようとしている鳥栖だから行く価値がある。このチームなら自分のやりたいことを持ち込み、十分に戦っていける」と決断した理由を述べた。

スタジアムや練習場、アカデミーの施設などを訪れ、「コンパクトにまとまっていて仕事がしやすそう」と印象を語った。

運営会社サガン・ドリームスの竹原稔社長は「三日三晩にわたり交渉を続けてきた。佐賀からサッカーのパッション(情熱)を発信していきたい。そのためにマガト氏を選んだ」と期待を寄せた。

ドイツ人のマガト氏は選手時代、西ドイツ代表で活躍。
監督としては、ドイツ1部の強豪バイエルン・ミュンヘンやウォルフスブルクでリーグ優勝の実績を持つ。
選手に厳しい練習を課すことで知られ、ウォルフスブルクでは長谷部誠選手、シャルケでは内田篤人選手を指導したこともある。

http://www.saga-s.co.jp/sp/sagantosu/news/258579



関連記事:
サガン鳥栖、新監督に鬼軍曹マガト氏を招聘へ ドイツで長谷部&内田指導
http://blog.livedoor.jp/keydrop/archives/1045286473.html
サガン鳥栖、新監督に“鬼軍曹”マガト氏就任へ!ブンデスリーガで実績
http://blog.livedoor.jp/keydrop/archives/1046581960.html
川崎・大久保嘉人がマガト監督の“変人”ぶり暴露「試合前日は必ず全員で映画を見に行った」「分からないこと多かった」
http://blog.livedoor.jp/keydrop/archives/1046614226.html
サガン鳥栖、マガト監督合意!有力スポンサーが、破格の獲得資金を捻出
http://blog.livedoor.jp/keydrop/archives/1046703012.html
サガン鳥栖、マガト監督とすでに基本合意!!年俸1億円以上。中国クラブからのオファーも断り。竹原社長「5年後により繁栄するための計画」
http://blog.livedoor.jp/keydrop/archives/1046704463.html
来季の鳥栖監督マガト氏来日 かつてバイエルンMを率いた名将 年俸も税抜きで推定250万ユーロ(約3億3500万円)
http://blog.livedoor.jp/keydrop/archives/1047170477.html




スポンサーリンク







5 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2015/12/11(金) 05:37:46.79 ID:/fWcKTyt0.net

なんにせよ楽しみ楽しみ


18 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2015/12/11(金) 05:45:46.14 ID:wubaFIGH0.net

ラグビー日本代表HCの方があってそう


23 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2015/12/11(金) 05:49:15.18 ID:OTW4qJ7k0.net

1年の辛抱だ
鳥栖の選手がんばれよ(´・ω・`)


27 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2015/12/11(金) 05:50:28.73 ID:K1oCyj9M0.net

メイリン!フォースシルエットを!


30 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2015/12/11(金) 05:53:50.17 ID:hVyyA9T20.net

衝撃の鬼トレとか衝撃のミーティングとか

続きを読む

サガン次期監督、マガト氏と1年契約で基本合意!「チームにインパルス(衝撃)を持ち込む」「佐賀からサッカーのパッション(情熱)を発信していきたい」

元の記事へ移動

サッカー・J1サガン鳥栖は10日、フェリックス・マガト氏(62)との来季監督の契約交渉を都内で行い、単年度契約で基本合意に達した。近く正式契約を交わし、就任を発表する。

マガト氏は佐賀新聞社の取材に「チームにインパルス(衝撃)を持ち込む」と抱負を述べた。

マガト氏は8日に来日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムなどを視察した。
10日深夜まで交渉し、契約内容を最終的に詰めた。
契約は単年度で、今後は弁護士を交えて手続きを進める。

マガト氏は「(鳥栖の要請に)最初は驚いたがうれしく思っている。日本で指揮することは一種の挑戦」とした上で、「若い選手の育成に力を入れようとしている鳥栖だから行く価値がある。このチームなら自分のやりたいことを持ち込み、十分に戦っていける」と決断した理由を述べた。

スタジアムや練習場、アカデミーの施設などを訪れ、「コンパクトにまとまっていて仕事がしやすそう」と印象を語った。

運営会社サガン・ドリームスの竹原稔社長は「三日三晩にわたり交渉を続けてきた。佐賀からサッカーのパッション(情熱)を発信していきたい。そのためにマガト氏を選んだ」と期待を寄せた。

ドイツ人のマガト氏は選手時代、西ドイツ代表で活躍。
監督としては、ドイツ1部の強豪バイエルン・ミュンヘンやウォルフスブルクでリーグ優勝の実績を持つ。
選手に厳しい練習を課すことで知られ、ウォルフスブルクでは長谷部誠選手、シャルケでは内田篤人選手を指導したこともある。

http://www.saga-s.co.jp/sp/sagantosu/news/258579



関連記事:
サガン鳥栖、新監督に鬼軍曹マガト氏を招聘へ ドイツで長谷部&内田指導
http://blog.livedoor.jp/keydrop/archives/1045286473.html
サガン鳥栖、新監督に“鬼軍曹”マガト氏就任へ!ブンデスリーガで実績
http://blog.livedoor.jp/keydrop/archives/1046581960.html
川崎・大久保嘉人がマガト監督の“変人”ぶり暴露「試合前日は必ず全員で映画を見に行った」「分からないこと多かった」
http://blog.livedoor.jp/keydrop/archives/1046614226.html
サガン鳥栖、マガト監督合意!有力スポンサーが、破格の獲得資金を捻出
http://blog.livedoor.jp/keydrop/archives/1046703012.html
サガン鳥栖、マガト監督とすでに基本合意!!年俸1億円以上。中国クラブからのオファーも断り。竹原社長「5年後により繁栄するための計画」
http://blog.livedoor.jp/keydrop/archives/1046704463.html
来季の鳥栖監督マガト氏来日 かつてバイエルンMを率いた名将 年俸も税抜きで推定250万ユーロ(約3億3500万円)
http://blog.livedoor.jp/keydrop/archives/1047170477.html




スポンサーリンク







5 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2015/12/11(金) 05:37:46.79 ID:/fWcKTyt0.net

なんにせよ楽しみ楽しみ


18 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2015/12/11(金) 05:45:46.14 ID:wubaFIGH0.net

ラグビー日本代表HCの方があってそう


23 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2015/12/11(金) 05:49:15.18 ID:OTW4qJ7k0.net

1年の辛抱だ
鳥栖の選手がんばれよ(´・ω・`)


27 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2015/12/11(金) 05:50:28.73 ID:K1oCyj9M0.net

メイリン!フォースシルエットを!


30 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2015/12/11(金) 05:53:50.17 ID:hVyyA9T20.net

衝撃の鬼トレとか衝撃のミーティングとか

続きを読む

フロンターレ日記に「第5回日本アンプティサッカー選手権大会2015」を追加

元の記事へ移動

皆さんこんにちは。先月、11月22日(日)、23日(月・祝)川崎区の富士通スタジアム川崎にて、「第5回日本アンプティサッカー選手権大会2015」が開催されました。「アンプティサッカー」とは、主に上肢、下肢の切断障害を持った選手がプレーするサッカーで、フィールドプレーヤー

【U-15】2015関西U-13ヤマトタケルリーグ vs.セレッソ大阪U-13 試合結果のお知らせ

元の記事へ移動

12月12日(土)に行われました、「2015関西U-13ヤマトタケルリーグ vs.セレッソ大阪U-13」の試合結果をお知らせいたします。■日時:12月12日(土)11:40kickoff■場所:万博大阪サッカーグラウンド■対戦相手:セレッソ大阪U-13■結果:4-4(前半1-4/後半3-0)■得点者:西川、山本、小

【白鳥城の騒霊】雪国A県に住む人に聞いてみたい。雪国A県で秋春制シーズン移行は可能なのでしょうか? ~村井チェアマンの秋春制の認識を問いたい~

元の記事へ移動

村井さん、あなたは日本の降雪時期をいつからいつまでとお考えなのでしょうか。 昨日のセッション22でチェアマンが秋春制について「冬でもスポーツの練習や観戦ができる施設を整備することは必要だが、現状では全くできていない。いまは施設が使える時期にスケジュールを入れていくしかない」というような趣旨の話をしていた。 https://t.co/tZWs4oYCXv— kamijun (@kamijun3104) 2015, 12月 11   ラジオのインタビューの中では「1月と2月」をどう解決するか、をそこを問題点と認識されているようです。 たぶん村井さんは、現状12月第1週でリーグ戦が終了し、あとは元日の天皇杯までサッカーはつづくので「1月2月」をウインターブレークにすれば、今の春秋制スケジュールをそのままひっくり返せば8月開幕の5月閉幕の秋春制シーズン移行ができると考えてるんでしょうね。 騒霊の問題視するのは、あくまでリーグ戦です。 現状リーグ戦は12月第1週でリーグ戦が終了するわけです。なぜ終了するかは日本の降雪地域では12月くらいから本格的に雪が降り始めるからです。 12月は天皇杯がありますが、天皇杯は一発勝負で雪国で試合開催されないように、スケジュールが組まれています。 雪国のクラブの選手は手を抜いているつもりはないのですが、クラブもサポも天皇杯まで勝ち抜けとは正直本心からは望んでないんですよね。 だって雪と戦っても勝てないのは知ってますからね。 日本の降雪時期は一般的には12月から2月までの3か月間です。 だから。たぶんウィンターブレークを3か月間とっていただけるんなら、雪国クラブもそのサポータも秋春制移行に反対しないと思います。 ※ちなみに現行の試合数でウィンターブレークを3か月とったシーズン移行は不可能って記事を以前書きました。そっちも読んでみてください。 【白鳥城の騒霊】秋春制移行はJ2にとっても死活問題であり、その影響はJ3にも及ぶはずです   だからです。 シーズン移行の話を聞いてると今回の村井さんのように「1月2月」を。といってるところで「あれ?」と不安になるんですよね。 以前、原博実理事は、12月まるまるとリーグ戦をいれた秋春制をしたいみたいなことを発言してた時期もありました。 ほんとわかってないなぁと思いますよ。雪国のことが。。 今現在も秋春制を推進されている原さんや村井さんの頭のなかは降雪時期は「1月と2月」だけでしょ、的な認識のような気がします。 ラジオインタビューの発言時につっこんで聞いてくれるような気の利いたファシリテータではなかったので、村井さん自身がどう思っているのか、イマイチはっきりしないのですが。 すくなくとも「12月にリーグ戦ができる」と認識でない限り「1月2月」にウィンターブレークをとればシーズン移行ができる、と言わないと推察されます。 たぶん。今の春秋制スケジュールをそのままひっくり返せば8月開幕の5月閉幕の秋春制シーズン移行ができると考えてるんでしょうね。 だとしたら、ほんとわかってないと思いますよ。 雪国クラブに降雪施設を作ればシーズン移行できると、サラッという人がいますがそんな金どこにあるんですか? そのお金を協会やJリーグが払ってくれるんですか? たぶん新国立競技場なみにお金が必要ですよ。それも新潟と山形で一つや二つ建てれば済む話じゃない、ほぼ日本全国に建設って話になるのですから。 ■雪国A県で・・ 結局、秋春制といっても、今のスケジュールそのままで開幕時期が夏に変わるだけなんだよね。反対派の多くがそこを誤解している。1月2月に毎週試合すると思っている。— 秋春制推進派 (@akiharuseisuish) 2015, 12月 11 秋春制推進者の方のなかにはこんな発言をする人がいます。発言者の紹介欄には雪国A県出身。と書かれてますが。この方は本当に雪国A県出身なのでしょうか。本当に雪を知ってる人なんでしょうか? おっと。そこは個人情報でした。もうしわけない。だから言葉を変えます。 雪国A県。青森か秋田か知りませんけど。 できたら両県出身の方で発言者以外の方(だれでもいいです)に聞いてみたいです。 あなたの住む青森で秋春制のJリーグ開催が可能ですか? あなたの住む秋田で秋春制のJリーグ開催が可能ですか? 騒霊は青森や秋田に住んだことがないのであの地の事情はよくわからないのですけど。 もし本当に雪国A県で秋春制が可能ならば。 たぶん秋春制推進派 (@akiharuseisuish)さんのおっしゃるとおりJリーグの秋春制シーズン移行が可能なのでしょう・・・。 でもそうなのでしょうか? 騒霊には、そう思えないんですよね。 ほんと教えてください。青森と秋田のみなさん。「秋春制はできますか?」><; にほんブログ村サッカーランキング クリックありがとうございました。ブログ更新の励みになってます。 https://twitter.com/sorei_swan https://twitter.com/apperside

鹿島、G大阪下し初タイトルに 高円宮杯

元の記事へ移動

 サッカーの18歳以下の日本一を決める高円宮杯U-18プレミアリーグ・チャンピオンシップは12日、鹿島ユースは個人技にたけたG大阪ユースを封じ、ワンチャンスをものにして初の頂点に輝いた。熊谷監督は「トップチームと連携がスムーズで、少しずつ成長してタイトルを取った」と勝因を語った。